フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« さくら荘のペットな彼女 第8話 感想 | トップページ | 神様はじめました 第9話迄 感想 »

2012年11月29日 (木)

ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第8話迄 感想

 運命の人は、あなたでいいや

・・・いつの日からか、運命の人はあなたでいいや

・・・ではなく、運命の人があなたで良かった・・・と言ってもらいたいと思うようになっていた。

この人だけは裏切らない。そう誓って永遠の愛と共に指輪を交換したんだ。

Photo

三千院家の秘宝「クロツバキ」

それは持っているだけで不運を呼ぶと言われている呪われた時計だった。

だが、命を持って不運を乗り越え、二つの針が、8の数字で重なったとき、奇跡の全てはその手の中に!!

それは不運を乗り越えた褒美!考えられない幸運が舞い込む。

 だが・・・過去すべての者が・・・不運に押しつぶされ、幸運まで到達しなかった・・・・

それをほしがるツグミ・ルリ・・・いや謎のカラス人間達一味。

3

さあ!いよいよ物語は三千院家の秘宝を巡ってアメリカへ!!!



ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU
                2ndインプレッション 8話迄

ニコニコ動画配信ページ

ハヤテのごとく!! 2nd Season 感想
劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH 感想
※以上アメブロへリンク

ファーストインプレッション 6話迄  
3rdインプレッション 9話
4thインプレッション 10話 

↓公式HP
 Hayate


●あらすじ  (ネタばれ注意)

 ナギの父シンハイエックが盗んだと言われる、三千院家の秘宝「クロツバキ」。

アメリカで見つかった遺品がどうやらそれらしい。

あと3日でラスベガス警察の保管期間は過ぎ、処分されてしまうと言うことだった。

 取りに行く気が皆無のナギに対し、どうしてもそれが欲しいツグミだが、先立つものがない。

 どうしてもクロツバキが欲しいツグミは、優勝者がニューヨークに行けるクイズ大会に出場すると言う。

 ナギはツグミ・ルリに警告するがそれでも出ようとする彼女に付き合い、クイズ大会にペアで出場する。

 ルカのラスベガスライブに行きたいというハムスター西沢歩を初めそのクイズ、
結局出場者はよくみるメンバー(伊澄・咲夜ペア、歩・ヒナギクペア、ナギ・ツグミペア)で、
しかも司会はあの!日々野文!!

 挙げ句の果てにニューヨークに行ける航空券は片道のみ。
そして・・・クイズの内容はもう・・・・ハヤテのごとく!クオリティ!!

 結果、優勝者は西沢歩・桂ヒナギクペアとなった。

1 2

何をしているツグミ!!クロツバキだ!それを手に入れる為に・・・お前はいるのだろう?

 アメリカに行けなくなり、ショックで走って逃げるツグミの前に突如現れて話しかけるのは・・・(多分)鳥のツグミ

 だが、それは・・・伊澄がお札を投げつけたら・・・木で出来た人形に変わってしまった。

あなた達何者?何故ナギに近づく!?

伊澄がツグミ・ルリを追い詰めた瞬間・・・

家族ごっこはここまでにしてもらおうか。

カラスの姿をした謎の者に、つれて行かれそうになるツグミ・ルリだった。

 だがハヤテ・伊澄・ヒナギクがそのカラス人間を追い詰め、ツグミ・ルリは助かった。

しかしナギの元には帰らない上に、そのカラス人間と普通に話す。

だったらお前は、母親を裏切ろうとするのか?
平和的に解決する方法を見つけたんだから手を出すな!

と。
ツグミ・ルリはなんと狂言誘拐を使い、脅迫状をナギに送り、アメリカに呼び出す。

まあいい、そんなにゴミが欲しいならくれてやる。行くぞ!ラスベガスだ!

ナギはラスベガス行きを決意するのだった。

4

 到着後、早速ラスベガス警察で父の遺品を引き取る。それは本当に時計「クロツバキ」だった。

不運が訪れると言うことで、ナギはまずマリアに「クロツバキ」を持たせる。

一気にマリアを襲うスカートめくりの風!!マリアに不運が訪れました(笑)。

結局不幸の固まりであるハヤテが持ち歩くことになる。

 その効果か?いきなりラスベガスで迷子・携帯電話電池切れになる。

だがそのおかげで?一足先にアメリカに来ていた西沢歩・桂ヒナギクと合流できた。

 三千院家の秘宝「クロツバキ」。ナギの父シンハイエックは交通事故で亡くなったという。

果たしてそれは偶然の事故だったのか・・・それとも・・・・

そしてアメリカ・ラスベガスでのナギ達の運命は・・・・

Main

 

●感想

 いやぁ~、やっぱ話動き始めてからは面白いです!!

そうなんですよね、こういうふうにコメディタッチで、
そして話が横道に少しそれてふらふらしながらメインストーリーが進むのがハヤテっぽくて好きです。

 そのせいか、7話で前回書いた内容の構成は終了。CMまたぎ劇場まで無くなりました。

今回そこがOPだったのは憎い演出でしたね。

 ツグミ・ルリ・・・で、出てきた鳥が(多分)ツグミ。そしてカラス人間。

鳥が何か関係していますね。ですが、クロツバキは植物。

 ツグミ・ルリの母親は生きている雰囲気なので、母親はナギとは違う、ゆっきゅん(紫子)では無いみたいです。

でも、カラス人間と2人でもナギのことを「お姉ちゃん」と呼んでいたので、本当に腹違いの妹なのかもしれません。

 カラス人間は海外からLCCで来たみたいですので、海外在住。ツグミ・ルリも!?

彼女の母親もキーポイントになってきそう・・・

 そして、元々不幸の固まりの人生を送っているハヤテ。

今回の不運がクロツバキのせいなのか、それとも・・・クロツバキよりもハヤテの不幸の方が強いのか。

 ですが、もしこれでハヤテが最後まで死なず、クロツバキの効果で幸運に変わっても、
・・・ハヤテの不幸の方が強ければ・・・・変わらないよね(笑)

でもきっと少しだけ良いことが起きるような気がします。

たぶんそれは・・・この作品ですからきっとほろっと来る良い話なんでしょうね~。

そう思いながら、楽しく視ています。

2_2

・・・・ところで・・・・

ヒナギクの必殺剣「白桜」・・・原作読んでいない人わかんねえぇって!!

アニメだけ視ている方、いきなりヒナギク妖術使いになってるぞ!・・・っと(苦笑)。

完全に原作視てない人置いてきぼりにするつもりでしょうかね。

まあ、メインストーリーには関係なさそうなので、気にならなければ良いのですがf^_^;。

でもヒナギク人気ナンバーワンキャラだけに、いきなり謎の剣を妖術のように出したら・・・
唖然とするヒナギクファンも多いような気もするのですが・・・f^_^;。

 あれは、ハヤテの恋人、天王州アテネ編でのクライマックス、アテネ救出時の切り札で、伊澄がヒナギクに託した剣です。

結構良いシーンでしたので、
原作知っていれば「おお!白桜そのままヒナギク使いこなしてるじゃん!」となったと思います。

 もうひとつ、剣で一つひっかかりましたが、ハヤテ

クロツバキって本当に時計だったのですね。昔そう言う名前の剣があるって聞いたことがあるものですから。

って言っていましたね。

夕べの今朝ですので、記憶が無いですが、そう言う記述、原作にありましたっけ??

 この人(畑健次郎先生)、こういう伏線が絶対に過去はられているはずなので、
何巻に記述ありとかわかれば探せるのですが、34巻これだけのために読み直すのは今忙しくて、余裕有りません。

ネットで調べても言及している人いませんでしたね~。

この辺も凄くひっかかります。

 原作好きにな私はとても面白くなってきた、ハヤテのごとく!でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« さくら荘のペットな彼女 第8話 感想 | トップページ | 神様はじめました 第9話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

アニメだけの視聴者ですから、この作品にストーリーがあるとは思ってませんでした。
個性豊かなキャラが何かトラブルを起こして巻き込まれる作品だと
 思ってました。
白桜や黒椿にへえーですからね。
ツグミ・ルリの正体なんて今はどうでも良くて水蓮寺ルカとの関係とか
 リンゴの謎が気になってます。
鳥人間をツグミはシドウとか呼んでたような・・・実は鳥が変化?
薫子が餌を与えてた鳥とか?

一気に話が進んで面白くなってきました、1話の砂漠で遭難するナギに
 話が繋がるのを楽しみに見てます。

>ぬる~くまったりとさん
>この作品にストーリーがあるとは思ってませんでした
 いや、おっしゃるとおりです。
1期はバトルアニメ、2期はオタクアニメでしたからね~。
この作品、根本的にはナギとハヤテを中心にしたラブストーリーなんですよね。
「お嬢様は僕が守る」・・・だからサブタイトルが“Hayate the combat Battler”なんですよね。
 原作の畑先生は久米田先生の弟子だけあってストーリー(物語の骨幹)は最初に作る人なんですね。久米田康司先生も絶望先生の最終回は最初に決まっていたかのような第1話でしたので。
 なので、ハヤテのごとくのストーリーはちゃんと出来ていると思います。
それが3期のこのタイミングになってやっと動き出した・・・というか、原作のハヤテのごとくはずっとこんな感じでした。結構シリアスストーリーやってるのに、そう見えない。重くならないよう1本のシリアスストーリーをふらふらふらふらギャグを混ぜてあっちこっち寄り道しながら進んで行く。
アニメが、ストーリーには関係のないバトルもの、日常もののところだけをやっていたので、アニメだけをご覧になっている方と、原作組との印象が異様に違う、不思議な作品ですね。
 1話アバン、砂漠で1人のナギのシーンまでどう展開していくのか・・・本当おっしゃるとおり一気に面白くなってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56210413

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第8話迄 感想:

» ハヤテのごとく! 3期 テレ東(11/21)#08 [ぬる~くまったりと]
第八夜 公式サイトから「私が誘拐されたらお姉ちゃん、私のこと心配してくれるかなあ?」 フラグは立てたらすぐに回収するのがお約束。襲い来る鳥怪人、姿を消すツグミ、そして届 く脅迫状。ナギとハヤテは、ツグミを助けるべく父の遺品・黒椿が眠るラスベガスへ。こんなことなら、英語をちゃんと勉強しておくんだった! だから信じて、この愛に偽りなど無いんだ。黒椿を手渡す薫子。交通事故発生。 ツグミを連れ去る鳥男。伊澄のお札が効いて落下する二人。ハヤテの攻撃、ヒナギクが白桜で一閃する。 助かったツグミ、今の八割がた鳥の... [続きを読む]

» ハヤテのごとく! 3期 テレ東(11/21)#08 [ぬる~くまったりと]
第八夜 公式サイトから「私が誘拐されたらお姉ちゃん、私のこと心配してくれるかなあ?」 フラグは立てたらすぐに回収するのがお約束。襲い来る鳥怪人、姿を消すツグミ、そして届 く脅迫状。ナギとハヤテは、ツグミを助けるべく父の遺品・黒椿が眠るラスベガスへ。こんなことなら、英語をちゃんと勉強しておくんだった! だから信じて、この愛に偽りなど無いんだ。黒椿を手渡す薫子。交通事故発生。 ツグミを連れ去る鳥男。伊澄のお札が効いて落下する二人。ハヤテの攻撃、ヒナギクが白桜で一閃する。 助かったツグミ、今の八割がた鳥の... [続きを読む]

» ◎ハヤテのごとく!CAN'TTAKEMYEYESOFFYOU第8話「第... [ぺろぺろキャンディー]
{父:だから信じて偽りなんかないんだ{ユカリ:信じてるよ、早くかえってきてね※本当に、コーナーなくなったハヤテ:ツグミさん? ツグミ:これは?>家族ゴッコもここま... [続きを読む]

« さくら荘のペットな彼女 第8話 感想 | トップページ | 神様はじめました 第9話迄 感想 »