フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第7話 感想 »

2012年11月15日 (木)

ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第6話迄 感想

ク・・・クロツバキ・・・三千院家に伝わる、クロツバキという秘宝を・・・さがしているの。

ああ、それなら13年前に盗まれて行方不明じゃ。

Photo_2

三千院家に伝わる秘宝クロツバキ。

紫子を裏切り、それを13年前に盗み出したのは・・・・

Photo


・・・やっと話が動いた!!

こういうぐだぐだな展開のあと突然話しが動き出すのは、

やはりこのアニメのストーリープロットを原作の畑健次郎先生が作っているからだろうなぁ。

まさに今のハヤテのごとく!原作のぐだぐだ展開そのもの・・・f^_^;。



ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU
                ファーストインプレッション 6話迄

ニコニコ動画配信ページ

ハヤテのごとく!! 2nd Season 感想
劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH 感想
※以上アメブロへリンク

2ndインプレッション 8話迄
3rdインプレッション 9話
4thインプレッション 10話 

↓公式HP
 Hayate



●各話の構成

・アバン:ハヤテ(cv白石涼子)が物語の解説をするが、みんな好き勝手やってまとまらない
・OP:原作の畑健次郎先生が作詞、eyalisというユニットによる、「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」

・本編Aパート
・CMまたぎ劇場Aパート:小ネタ
・CMまたぎ劇場Bパート:小ネタのオチ
・本編Bパート
・ED:映画以来のルカ推し。水蓮寺ルカ starring 山崎はるかによる「Precious Nativity」

・Cパート:アバン同様ハヤテの解説と予告、それを他のキャラがかき回して終了。

 キャラクターデザインが畑健次郎先生の絵のタッチが変わった最近の絵に似せているので、
過去アニメしか視ていない方々には違和感がばりばりでしょうねぇ~。

 その昔ルパンⅢ世が2ndシーズンからパートⅢになったとき原作準拠にして違和感が多く
原作じゃない2ndの方が元っぽくいわれ、
パートⅢのキャラデザはこれじゃない感で言われたのと同じでしょうね。

ですが、私個人的にはこれじゃないというのは無いですが、
元のキャラデザの方が(原作もアニメも)好きでしたね~。

ですが、これは好みの問題なので、世間で言われているほどこれじゃない感は私には無いです。

 ただ、1期・2期・映画・3期・・・・全部監督・キャラクターデザインが違う、
そして製作会社も1期・2期・3期全部違う(映画は3期と同じマングローブ)アニメってのも・・・
どうかとは思いますがね・・・

Photo_5

 

●あらすじ  (ネタばれ注意)

9月25日11時5分。

 死ぬ・・・死んでしまう・・・
このままではネバダ砂漠で身元不明の美少女の亡骸が発見されてしまう・・・

ハヤテ~~~!

・・・来るわけ無いか・・・ハヤテはもう・・・私の執事ではないのだから・・・

 何故か1人、ネバダ砂漠で壊れた車に乗って遭難寸前のナギ(cv釘宮理恵)

そして話はシルバーウィーク前の9月18日に飛ぶ。

三千院家で相変わらずだらけた生活をしているナギに突如ネバダ州の警察から電話が入る。

父親の遺品と思われるものが出てきたので10日以内にアメリカまで来て確認して欲しい

・・・と。

ナギの父親は、ナギが生まれる直前、ラスベガス近くで交通事故に遭って亡くなったらしい。

 そんな2人の前に突如現れるは・・・ツグミ・ルリと名乗る少女(cv井口裕香)

しかも・・・ナギの妹だと名乗る。しかもハヤテが手こずるほど何故か強い。

明らかに怪しい彼女をナギは紫子アパートに住まわせる。

Photo_3

3話:ヒナギクとハヤテのデート

4話:ナギ・ツグミとカユラ(cv日笠陽子)・千桜(cv藤村歩)のサブカル談義

5話:雪路とハヤテのファミレス食い逃げバトル

を経て、シルバーウィーク後半になってやっとマリア(cv田中理恵)
ナギのお祖父さん三千院帝(cv西村知道)に、ナギの父親について聞く。

三千院ナギの父親の写真や記録は帝が全て処分。

アメリカで事故死したナギの父親はナギの母紫子(cv皆口裕子)の元執事だったが、
本当は三千院家の秘宝を盗み出すために近づいてきた詐欺しで、
彼は三千院家の汚点以外何者でもないと怒る。

 そう・・・そしてツグミがナギに近づいてきた理由は・・・三千院家に伝わるクロツバキという秘宝を探しに来たのだ。

 しかし・・・クロツバキは13年前に盗まれ・・・行方不明だった。

しかも盗んだのは・・・帝曰く、ナギの父親「シン・ハイエック(cv杉田智和)」だと・・・。

Main

 

●感想

4話の島本和彦先生推しには爆笑しました(笑)

個人的にナギと千桜の絡みも好きなので、4話は結構楽しかったです。

Photo_4

 これ、今連載している原作よりも後の話なんですよね。

ハヤテとナギが会い、執事になったのが12月24日。原作が34巻迄やっているのにまだ7月。
そして映画が8月。んでもってこの第3期が9月なんですね。

映画もこの3期も畑健次郎先生がプロット書いてみえるので、パラレルワールドではなく、
1本の時間軸上に有ると考えられます。

・・・とすると、この後原作はどうするのだろう・・・。

最新刊を読むとなんと3期用に書いたネームは800ページに及ぶとか。

そのままそれを書くのか、それともそれは単行本だけ出だすというゆるゆり 9巻 方式なのか。

C9d32d89

 まあそれはこの先のお楽しみと言うことにして、そう言う意味では原作的にも結構なネタバレが入っているわけなのです。

紫子アパートからナギ達が戻って来ているとか、ルカがラスベガスに行っていてアイドルに戻っているとか、
6話になっても未だに天王州アテネ(cv川澄綾子)が出てこない・・・というよりすでにアパートにいない!?とか。

 そして明かされるのは、ナギの父親の話。

詐欺師で行きずりの、しかも泥棒に入ったところを紫子は執事にして、
しかもナギという子供まで作ってしまったのですね。

なんちゅ~・・・まあ紫子ならあり得ますか・・・・。

と言うことは、ナギはハーフだったのですね。

でもアメリカとは・・・三千院家の別荘がミコノスにあるので、その辺りかと思いきや・・でした。

2

 ということで、6話でやっと話が進みました。

最近の畑先生、個人的には迷走している?と思えるほど原作が個人的に残念(横道にそれすぎ)なので、
もしかして小学館が引き延ばししているのかな・・・って思っちゃいます。

メインのストーリーは出来ているはずなので、それが進まないと言うことはそうじゃないのかなと。

・・で、その原作のノリがアニメにも来ています。これがハヤテのごとく!と言われれば確かにそうなのですけどねf^_^;。

 私にとって原作はアテネ編が面白さのピークで、それ以降が絵のタッチも変わり、
ちょっと思い入れが落ちてきてしまっているせいなのかもしれませんが、原作同様アニメも今イチの感が有ります。

しかも、「輪るピングドラム」他に影響されたのか?、またもや「リンゴ」がキーポイントになってる。

リンゴをこういう話のキーに据える作品・・・増えましたね・・・(×_×;)。

とはいうものの、メインのストーリーは良いはずなんですよ。
だってもともとハヤテのごとくという作品のプロット(最終回)は出来ているわけですから。

 そしてこのアニメ、ちゃんとメインヒロインのナギ中心のストーリー。

アテネ編やるとアテネばかり、その後のアパート編やるとルカばかり出てくるから、
アニメでは敢えて飛ばしたんじゃないかと思いますので、これは好感が持てます。

ぶっちゃけ私はこのメインストーリーの為に3期を視ていると言っても過言ではありません。
(だからハヤテのごとく、今までブログ書かなかったんですけどね。話進まなかったから)

・ナギの父親と三千院家の秘宝クロツバキとは?
・ナギの妹として出てきたツグミ・ルリの正体は?
・何故ナギはネバダ砂漠で1人なのか?ハヤテはどうしてもう来ないとなっているのか?

これがこの3期のメインストーリーでしょうからこれを楽しみに残り半分を視て行きたいと思います。

ですが、出来たら、

・何故ナギ達はアパートから三千院家に戻れたのか?
・子供に戻ってしまい、記憶を封印された天王州アテネはどうなったのか?
・ルカがラスベガスに行っているのはなぜ?

この辺りも少しぐらい伏線やヒントがあると・・・うれしいなぁ~。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第7話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

全ては繋がっているのですか、アニメだけでは分からない事ばかりです。
色々と設定があるのですか・・・
放送前に2期が再放送されていまして、そちらはヒナギク押しでしたが
 原作以上に可愛くて、それを知っていると3期の原作準拠が悲しい・・・
かつてはアニメキャラが原作に似ていない、可愛くないと非難されたのが
 今は逆なんですね。
アニメスタッフが良い仕事し過ぎです。
2期であったナレーションが無いのも寂しかったりします。

アニメはこんな感じでグダグダ展開から最後に一機に解決なんでしょう。

原作は確かに小学○が引き延ばしをしている感じですね。
今のサンデーはメディアミックスで戦コレやポケモン、1月に始まるささみん、などが
 掲載されていて悲しい内容になってるようにも思えます。
高橋留美子さんも描いてますが・・・
勢いのある骨太な作品が鋼錬の荒川弘さんの作品とか数少ない・・・ような。

>ぬる~くまったりとさん
 軽く原作をネタばれしますと、アニメ2期の最終回が新年度でしたから4月上旬。
そのあとちょっとだけ出てきたハヤテの最初の彼女“天王州アテネ編”に入ります。
この時期がGW、舞台がミコノスです。そこでアテネは結果として記憶を封印され、しかも子供になってしまいます。
 その後、そこでの出来事がきっかけで三千院ナギは三千院家を追われます。
 で、元々はナギの母親紫子の持ち物だったあの古いアパートを買い、アパートの管理人となりめぞん一刻・・・というよりマンガ道のような“アパート編”に突入します。
そこにアイドルだった水蓮寺ルカがアイドルをやめ、マンガ家になると言ってアパートの住人になります。同じように千桜もカルラもナギと気が合いアパートの住人に・・・。
 同様にアテネ・ヒナギク・西沢歩もアパートに入居。そのアパートで事件が起きます。何者かとハヤテでアパートで見つかったあるものを巡ってバトルになっているのですが、原作は今その辺りで話しが横道にそれてうろうろ迷走しています。
 
 なので、原作知っている組からすると、アパートを狙っている組と今回ツグミルリを送ってきた奴らが同一組織なのかも気になりますね。
 
 ただ、この作品非常によく考えられていて、それを(原作を)知らなくても良いようにキャストの配置はしています。
 なのでルカは今のところテレビに出ているアイドルだな~という感じの新キャラとして受け止めることが出来るようになっていますし、そもそもアパート編は無かったとしても違和感無いようになっています。(あのアパートは一体何?という疑問は生じますが)

 物語の謎がアニメのみご覧になっているとこの先どうなるかわからない。
原作組は今の原作の状態から2ヶ月後に何でこうなるの?という謎解きもあっていろいろ想像できる(ナギの父親の話が表面化してきたのはアニメが初)。
なので、結構面白いんですよ。そして原作知らなくても楽しめるようには出来ているのですよ。
 ですがいかんせん、そればかりやるとシリアスになってしまうのか、最近のハヤテのごとくはシリアス一回やって次の回から3話ぐらい話が横道にそれて、んでまた本筋に戻って・・・というパターンなのでそれが本当に残念ですね。
 最初の頃はちゃんと本筋の中で、話を横道にそらしたり、パロネタとか入れていたので本筋も少しずつ進んだのですが、最近は本筋が進まず横道にそれるので・・・
 天の声がいなくなったのも痛いですよね~。アレ目当てにご覧になって見えた方も多いと思いますので。天の声のポジションにルカが入ってしまいましたね。
 もしかしたら迷走しているのは畑健次郎先生ではなく、小●館なのかもしれませんね(苦笑)
 すみません。長文のお返事になってしましました。失礼致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56097971

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第6話迄 感想:

» ハヤテのごとく! 3期 テレ東(11/07)#06 [ぬる~くまったりと]
第六夜 公式サイトからナギとツグミ。(仮)付きの姉妹が一つ屋根の下で二人きり。だが、勢力を拡大している低気圧と、年代物の木造建築の組み合わせは、結構デンジャラスだった!そんなどさくさに紛れて、ツグミルリの目的が、 なんだか明らかになったりならなかったり…!! ハヤテによる、うらしま太郎の紙芝居。ゆかり子作らしい、続く。 貧乏な男は黒椿を盗めば大盗賊になると聞かされる。黒椿を求めて豪邸に盗みに入った男。その奥で美しい姫と出会った、人形劇だった。姫と出会った泥棒は人質にして黒椿を手に入れようと考えるが ... [続きを読む]

» ◎ハヤテのごとく!CAN'TTAKEMYEYESOFFYOU第6話「第... [ぺろぺろキャンディー]
ハヤテ:ウラシマ太郎が住んでいました、カメを虐めちゃいけないよ→ウラシマの話する{貧しい少年がおりました、立派な泥棒になりました、トップの女がいいました{クロツバキ... [続きを読む]

« さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい! 第7話 感想 »