フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« PSYCHO-PASS 第5話迄 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 »

2012年11月14日 (水)

CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第6話迄 感想

目には目を、歯には歯を、悪には・・・悪を!!

ヒーローはね、正義の為なら悪い奴ぶっ殺すから、ヒーローなんだよ。

Episodeimageep05

生きているのに、死んで良いわけがない、殺して良いわけがない!

殺しちゃだめなんだ!!こんな奴でも生きてるんだ。殺しちゃだめなんだよ!!

大神、お前は・・・本当は何より大切だと思っているのではないか?

・・・みんなのことを・・・・



CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) ファーストインプレッション 6話迄

ファーストインプレッション 6話迄  
2ndインプレッション 8話迄  
3rdインプレッション 10話迄  
クライマックスインプレッション 12話迄 
ラストインプレッション 13話 

↓公式HP
Bgpage1210

ロゴを見るとO(オー)ではなくØ(ゼロ)。

CODE:BREAKERではなく、CØDE:BREAKERなのですね。

なんで?ネットの人達が「ソ」と「ン」を逆に書いたり、
同じマガジンで絶望を糸色望を書いたりしていたのと一緒なのかなぁ~(笑)

多分理由があるのでしょうね。コード・ゼロがキーワード!?

Lgsites

インターネットラジオそこ☆あに、11月11日の特集はまさにこのCØDE:BREAKERでした。

約45分強、入江泰浩監督のインタビュー回です。

Gメン’75をイメージして演出したというのが妙に納得。

私がこの作品を面白いと思った理由づけのひとつにも思えました。

それからヒーロー論。勧善懲悪は果たして良いのか?と言うのも自分の考えとぴったりで共感しました。

あと人を殺す→だがCØDE:BREAKERでは死体が転がらない。

作品は違いますが、私がSAOで疑問を持った事への一つの回答をもらったような気がしました。

そして、かなり原作とは違うみたいですね。キャラの出る順番とか、ストーリー自体とか・・・

 もし良かったら聴いてみてはいかがでしょうか。

そこあに



●あらすじとキャラクター

Episodeimageep01

 メインヒロインの桜小路桜(cv日笠陽子)はある夜、人が青い炎で燃やされているのを見た。

それを殺ったのは、主人公で、コード:ブレイカーの1人(コード06)・大神零(cv岡本信彦)だったのだ。

コード:ブレイカー、裏で問題の有る人物を処分するため政府が雇った異能者。スイーパーである。

国家は異能者を雇うどころか、異能を持つ人間を子供の時から・・・拘束していたのだ。

 そんな大神は翌日、何故か桜のいる学校に転入してきた。

 人を殺しているところを桜に見られた大神は、桜も抹殺しようとするが、何故か桜には大神の炎が通じなかった。

 桜は人殺しをしている大神をやめさせようとそれ以降行動を共にするようになる。

そのため桜は・・・どんどんとコード:ブレイカーのいる世界に入っていってしまう。

コード:ブレイカーは6人。

 Gファルコンと呼ばれる暴力集団とそれを雇っている暴力団の新田組をつぶし、
同じコード:ブレイカーの刻(トキ・コード04 cv鈴村健一)と共に臓器売買して何人も人を殺した田畑を殺した。

 そんな折、大神はエデンからの命令の伝えに来た八王子泪(コード05 cv斎賀みつき)に、
バイトしすぎの大神はそろそろロストするぞと警告を受ける。

 ところが学校で大神の歓迎会が行われた日、大神を襲ってきた奴らは・・・すでに死んでいた、
死体を操る、いわゆるゾンビのような集団だった。

それを率いていたのは、元コード:ブレイカーしかもコードナンバー01の人見(cv三木眞一郎)

 コード02の平家将臣(cv木村昴)が見る中大神は戦うが、大苦戦をする。

そこを助けに来たのは・・・なんと神田先生(cv甲斐田裕子)。そしてコード03・天宝院遊騎

結果平家と天宝院の2人でゾンビ達を殲滅する。

しかし大神は・・・倒れたままだった。

ロストです。・・・・そう、私達コード:ブレイカーの宿命。避けて通れない・・運命。 

 ※果たして大神の運命は・・・そしてロストとは一体・・・

Episodeimageep06



●感想

 この作品も1話からなかなか面白かったのですが、「新世界より」同様、内容がつかみきれなかったのと、
ぴかしゃ演じる桜のキャラが個人的に苦手なタイプで、戸惑っていました。

昨日の朱の逆ですね。ヒロインが個人的に今イチだったのです。

が、5話ぐらいから桜がやっとうざく無くなって来ました。

きれい事だけじゃなく、コード:ブレイカー達の気持ちを組むようになったからでしょうね。


 悪人にも人権は有るのか?

ヒーローがやっていることは果たして正しいことなのか?

 勧善懲悪というけれど、それはヒーローの立場の者が言う、きれい事。

どんなことがあっても、人が人を殺めてはいけない。

・・・と、わかっているけどそれはあくまで表向きの話。

現実でも人は平気で人を殺している。

もし、法律がなければ自分の子供を殺された親は・・・殺したヤツを殺したいと思うはず。

 まさに田畑の娘で異能者のちさちゃんも、そうですよね。

 ヒーローでを「あくまじん」を倒す「ひのタマン」が大好きだったちさちゃん。

だが、あくまじん(父親)が目の前でひのタマン(大神)に殺された途端、ひのタマンは目の敵に変わる。

あくまじんでも・・・パパはパパなのに・・・ひのタマンなんて・・・死んじゃえー!

だから昔は、「仇討ち」が認められていた。

だが当然今の時代はそんなもの許されるはずもない。

法律という盾が邪魔で裁けない悪人を国は影でスイーパーを雇うことで秘密裏に処分するようになっていた。

 国に雇われたシティーハンターですね。

または仮面ライダーやスーパー戦隊が「怪獣」や「改造人間」と戦わずに「悪人」と戦い、
そして殺すということですね。

それは果たして正しいことなのか?

大神が正しいのか・・・・果たして桜が正しいのか。

コード:ブレイカーは何のために戦っているのか・・・・


 これ原作は21巻でまだまだ連載中。当然物語の本筋には1クール程度のアニメでは入れません。

 もっとじっくりやって欲しいなって思います。

やっと物語が動き出して面白くなってきたのですから。

そしてそれは早くも折り返し地点の第6話なのです。

やっぱこういうストーリー系のアニメって最低2クール必要だと思うんです~。

マガジンなんだから2クールやってもイイと思うんだけどな~。

・・・と言うことでアニメのラストはそこあに特集で入江泰浩監督がおっしゃって見えたとおり、

原作の上条明峰先生と話し合っての、オリジナルストーリーになるとか。

どういうラストにするのか、楽しみでもあり不安でもあります。


 最後に・・・

私、1話で出てきて子供がいてよかったとはいえ、桜をかばって死んでしまったあの犬が好きです。

 キャラとしても、そして作画や動画でも。

あの足ばたばたとした走り方は、実際の犬もあんな感じで早歩きするので、凄く共感が持てましたね~。

犬の早歩き、走りをああいう作画・動画で表したアニメって、最近無いと思います。

Ppinu

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« PSYCHO-PASS 第5話迄 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

この作品は終わっていないし、メインのストーリーが見え難く
 バトルものなんですよね。
序盤や全員が寮に住むエピソードは飛ばしていきなり
 人見編を始めて終わる感じですね。
漫画だと迫力あるのですが、アニメだとうーーんな感じです。
1枚のカットを補完するからでしょうか。

さてオリジナルでどんな決着を見せてくれるのでしょう。

>ぬる~くまったりとさん
たしかに、国がコード:ブレイカー達を飼っているのはわかりますが、最終的に何をしたいのか?
またそのコード:ブレイカー達の最終目的は何なのか、はっきりわかりませんね。
物語の本筋は今のことろ無いです・・・が、原作もそうだったのですねf^_^;。
しかもかなり内容をすっ飛ばしているとか。そうして考えるとアニメだけで一つのストーリーを構築して終わらせようという、原作を使ってのオリジナルストーリーと考えると良いかもしれませんね。
 ある意味原作を読んでいない方が素直に入り込めて楽しめる作品なのかもしれませんね。
原作読んで見える方は、ぬる~くまったりとさんのおっしゃるとおり「なんじゃこりゃぁ~」と言う方が多々かとf^_^;。

入江監督は「Gメン'75」を意識してると発言したのですか。
それは興味深いですね。
何故かと言うと、以前書き込みましたが、「PSYCHO-PASS」の本広総監督は、「PSYCHO-PASS」を「「パトレイバー」+「太陽にほえろ」のイメージで作っている」と雑誌のインタビューで話しているんですよ。
「太陽にほえろ」と「Gメン'75」。
共に'70年代~'80年代に一世を風靡した刑事ドラマが、時を越えてアニメのモチーフとして再び揃って出てくる。
しかもほぼ同時に。
実に面白いですね。
「C0DE;BREAKER」はまだ見れてなかったんで、今週末にでも録り貯めていたのを見てみます。

>ふれいくさん
PSYCHO-PASSとCØDE:BREAKER、確かに持っている雰囲気が古いんですよね。
もちろん内容や絵柄は全然古くないのですが。
そうして考えるとおっしゃるとおり太陽にほえろ・Gメン’75、監督がイメージしている世界が似ていたのかもしれませんね。
 この作品も実写ドラマにしたら面白いだろうなぁ~と思いましたので。
こうして見ると、こういう作品が同じ時期にかぶるのは面白いですよね。
今期少女マンガものが多いとか、業界の方々って結構考える事ってかぶるのかもしれませんね。

面白いネタを見つけましたので・・・

 男性声優の主役数
  マモーはウルトラマンゼロも当ててるけれどカウントされないでしょうね・・・

 男性が読む少女漫画 です。
  神様、となかい、好きなよ、の影響が大きいようです。

 http://www.narinari.com/Nd/20121119605.html
 http://ddnavi.com/pickup/99272/

>ぬる~くまったりとさん
面白いデータをご紹介いただきありがとうございます。
 岡本信彦さんがトップに驚きました。私の感覚ですと、中村悠一さんや小野D、マモーの方が上というイメージがありましたので。
 梶さんとまっつんは同じイメージですね。最近あっちこっちの作品にでてるなーという・・・
 ガラかめ強いですね~~。かくいう私も最近の連載再開後はもう読んでいませんが、昔は大好きでしたからね。
 君に届けが高いのに驚きました。・・・というよりも、今期の好きっていいなよ同様、私が苦手な分野だけなのでしょうね。
 昔はなかなか男が少女マンガを買うのに抵抗有りましたが、最近はそう言う風潮無くなりましたしね。逆に少年マンガどころか青年マンガ買う女性も増えてきましたし。だんだん少年・少女マンガというジャンルの垣根が無くなっていくのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/55851296

この記事へのトラックバック一覧です: CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第6話迄 感想:

» CODE:BREAKER TokyoMX(11/11)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 ロストワン 公式サイトからいずれ全てを失うことが、自明だとしても――遅ればせながらクラスメイトによる歓迎会が開かれる。馴染んでもらおうと腐心する面々の思惑とは裏腹に、大神は受け取ったものを桜の目の前で燃え散らす。『コード:ブレイカー』は存在しない者、何も残さないかわりに、決して忘れない。彼の考えを多少なりとも理解し始めている桜がいた。そんな彼らのいる学校を闇にまぎれて急襲する影の群れ。校舎に入らせまいと応戦に出る大神だったが、その身体に異変が起きる!? 藤原総理と会う刻、実は息子だった。寧々... [続きを読む]

» CODE:BREAKER -コードブレイカー- 6話 [ACAデラックス]
神田先生の銃はHK P7A1にサプレッサー(サイレンサー)とRSA(あるいはZ- [続きを読む]

» ◎CODE:BREAKEREPISODE:06ロストワン [ぺろぺろキャンディー]
{田端茂氏の痛いが発見されました{総理:残念です凸総理:よくきたね、刻!ご苦労だった、久しぶりだな 刻:異能の研究、えげつないことやってますね少しでも、お前達の負担を減... [続きを読む]

« PSYCHO-PASS 第5話迄 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第6話 感想 »