フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ROBOTICS;NOTES 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第8話 感想 »

2012年11月25日 (日)

ストライクウィッチーズ 劇場版 感想

私は戦争が嫌い!!

宮藤さんが私達に言った最初の言葉ですわ。

故郷をネウロイに踏みにじられていた私達を前に・・・

そんな子が何をしに来たの!?って凄く腹が立ちましたわ。

だけど不思議ね。あの子が入った501は以前よりもっと強くなりましたわ。

いかなくっちゃ!!みんなのところに・・・いかなくっちゃ!!!

宮藤・・・おまえは・・・守りたいんだろ!!

はい!!!

10月26日にBD・DVDが発売された劇場版ストパン。

11月17日より全国13劇場でアンコール上映、今週金曜日までの2週間限定公開されています。

私、実は最初の公開時いろいろばたばたしていて結局行けませんでした。

あと、やっぱり「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」アニメでしたからね~。

やっぱ躊躇しました(そらおと行っておいて言うのも何なのですが・・・笑)

 でも、今回運良く近く(イオンシネマ岡崎)で公開してくれたので、これは!と行ってきました。

まさかの・・・劇場で大泣きしてしまいました。傑作じゃん!!

正直そらおとよりも・・・完成度は上でした!!



ストライクウィッチーズ 劇場版 インプレッション


第1期インプレッション
第2期インプレッション    (※共にアメブロにリンク)     

↓公式HP
Sutopan



●あらすじ 
 (ネタバレ注意 新キャラ以外cv省略 一回しか観ていないのでかなり曖昧)

1945年8月

 宮藤芳佳が全ての魔法力を使い果たして巨大なネウロイを倒してロマーニャを解放してからひと月。

だが、ネウロイは完全に断たれたわけではなかった。まだあちこちに残党が残っている状態だったのだ。

 そんな中、ベルギーでハイデマリー少佐はネウロイに遭遇する。

今までと違い、通信が途切れ、しかもこのネウロイ、変形したのだ。

そこでは撃墜するも、同じ形態の通信妨害・変形するネウロイがヨーロッパのあちこちで出現する。

 そんな中坂本少佐は、新人のウィッチ軍人・服部静夏(cv内田彩)に指示。
欧州最先端の医学校への留学話を芳佳に持ってくる。

喜んで受ける芳佳は、静夏と一緒に船で日本から欧州へ向かう。

ところが根っから軍人の静夏は、士官なのに軍服も持っていない、それに料理をしたり船の雑用をしたり、
軍人以外の勤務員や部下に対しても普通の女の子として軍人らしからぬ行動をする芳佳に疑問を持ってしまう。

 しかも氷山でぶつかって起こった、静夏の魔法でも対処できない誘爆を伴う可能性のある弾薬庫での事故に
艦長命令を無視し、中に取り残された人命優先で飛び込む芳佳。

そんな命令無視の芳佳の行動に静夏は、益々軍人として疑問だらけ、いや怒りさえ出てくる。

 だが途中で再会したリーネペリーヌに宮藤芳佳という娘は、どういう娘なのかを教えてもらう。

 2人と別れ、目的地に向かう途中で崖崩れの事故に遭った村に遭遇。
芳佳はいてもたってもいられず治療に向かう。

 そんな中、ミーナの指示でネウロイの巣の可能性があるところにバルクホルンハルトマンは調査に行く。

 そこで出てくる、例の変形するネウロイ・・・の大群!!案の定通信も・・・通じない。
通信が切れて心配になって追いかけてきたミーナも合流する。

国境を突破し・・・ネウロイの行く先は・・・偶然にも芳佳の目的地の方面だった。

 静夏は初戦闘。最初は善戦するが、中盤からの反撃で怪我をしてしまう。
その為、芳佳は魔法力が無い中、ジープとライフルだけでネウロイと相打ちになり、
大けがを負いながらも身を挺して村の人達と静夏を守る。

 芳佳の全戦も虚しく・・・いや、芳佳と静夏のいたところこそが、巨大ネウロイが変形ネウロイを打ち出す、「ネウロイの巣」だったのだ。

 通信妨害の中必死に助けを求める静夏の声が・・・ついにストライクウィッチーズ達に届く!!

(※もうこの辺から涙がぽろぽろでてきて止まりませんでした)

無数のネウロイのいる中、絶望する静夏とは逆に、みんなの声が届いた芳佳は・・・・

いかなくっちゃ!!みんなのところに・・・いかなくっちゃ!!

魔法力が復活するのだった!!

芳佳の魔方陣に引き寄せられるよう集結する旧501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」のメンバー!

坂本少佐に至っては戦艦大和に浮き輪をつけてライン川を上ってくるという荒技で!!

そうまでして坂本少佐が持ってきたものは・・・・芳佳の父が作った最強のストライカー「震電」。
(2のラストで芳佳が使ったやつですね)

 フルメンバー揃ったストライクウィッチーズにより、巣になっていた超巨大ネウロイは・・・倒された!!

よくみておけ、アレがお前の目指す・・・真のウィッチ達だ!!

ここに、501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」を再結成します!!

了解!!

・・・・・・・・・つづく。

※これ、3期有るよ!!

Sutoapn2



●感想

 いやぁ~泣いた泣いた!!

すばらしすぎる完璧なストーリーでした!!

芳佳の魔法復活が果たしてあるのか無いのか???

魔法力復活しなくても全然良かった、そう思えるほど強くなっていた芳佳でした。

 芳佳の魔法力復活のきっかけが仲間というのも良かったですね。

この作品の1期から貫いているテーマ。

「私に出来ること」「みんなを守りたい」

それの集合体のような作品でした。

これだけ感動とアツイ展開見せられたら・・・そりゃあ泣くし、映画観た人の評価がめちゃくちゃ高かったのも、
先日発売したBDが3万枚オーバーでオリコン週間トップになるのも思いっきり納得です。

廉価版とか、現行版安売り始めたら自分も間違えなく買うな。こりゃ。

 ストパンで私の好きなキャラはペリーヌ

私も昔は、料理は料理人がするものだと思ってましたわ。
そんな環境で育ったのでは、宮藤さんのことが気に障るのも仕方がないですわね。

ペリーヌ大人になったねぇ~~。

あれほど芳佳を目の敵にしていたのにね。

芳佳やリーネちゃんと3人いつも一緒で成長したんですよね~。

まさか坂本少佐ポジション=芳佳フォロー役をペリーヌがやるとは・・・ペリーヌ好きな私はもう涙ちょちょ切れました(大げさ・・・笑)。

 また、ネウロイの巣調査にあーだこーだ文句をつけて行きたくないそぶりをみせていた
バルクホルンが、ネウロイの巣の可能性のあるところに芳佳がいることを聞いた途端
あーも・こーもなく即刻出動したのとハルトマンがそれに突っ込んだのには笑ったと共に、
やっぱいいなぁ~って思いました。

 そのハルトマンが持っていたライフルは折りたたみ式の銃床!!

帰ってから調べたらMP40でした。そんな事も楽しめるようになったのはうぽって!!のおかげですね。

また、冒頭の陸兵戦。戦車のシーンとか、もう頭の中はガルパンがよぎりましたよ。

そう言う意味ではやはりミリタリーアニメで大ヒットした元祖作品だけはありますね。

ストパン→うぽって!!→ガルパン

私の中ではミリタリーアニメとしてこのラインが引かれています。

001l

 閑話休題、魔法力が無くなった芳佳。

どうやって話を展開するのか、2期みたいになるのかなって思いきや、魔法力復活は最後の最後。
ストーリーが芳佳の人柄だけで展開されたのには恐れ入りました。

そんな芳佳の護衛役に出てきたのが新キャラの静夏。

 芳佳に毒されてしまう、ペリーヌ役を彼女がやったって言うわけですね。

それにしても・・・浮き輪をつけて戦艦大和でライン川を上るなんて・・・坂本少佐、恐るべし!!

しかもそうまでして持ってきたものが・・・魔法力が復活するかもわからない芳佳しかつけられない「震電」。

芳佳の魔法力はみんなによってなら復活するって信じていたのでしょうね~。

本当、公開時に行けなかったのが悔やまれましたが、やっと行くことが出来て満足・・・

いやいや、どうして公開時に観なかったんだぁ~~という悔しさがありました、そんな傑作でした。

 映画の最後は、Fin.でもなくENDでもなく、“つづく”

・・・もう3期確定ですね。それとももう一回映画?

どちらでもOKですので、続きを楽しみに待ちたいと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります




そこあに

« ROBOTICS;NOTES 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第8話 感想 »

劇場版アニメ」カテゴリの記事

コメント

2期では震電と烈風丸が並んで終わりだったので、劇場版は何をするのかなと
 思っていたら宮藤由佳の魔力が戻ると聞いて、そうくるかと思った記憶がありました。
世間では他の小隊のシリーズになるとも言われてました。

この作品、エヴァなんかと同じでネウロイが正体不明。
ただ女の子が空を飛んでバトルする作品なのですよね。
高村監督が1期の終わりに登場した人形ネウロイを2期で直ぐに倒されて
 意味を無くしたのですよね、女の子が可愛く描けないからって・・・

この徹底ぶりが凄いとおもったら、今回は熱い作品なのですね。
それは面白そうですね。
コンテンツ不足の角○ですから、売れなくなるまで続編を作って欲しいですね。

お笑いとサービス担当のペリーヌは良いですよね。happy01

>ぬる~くまったりとさん
 私いま世の中で大騒ぎしているエ●ァが苦手で視たくない作品ナンバーワンですので、こっちを観に行ってしまいました(笑)。 そうなんですよね。これ、単なるアクションバトル作品なんですよね。
2期がまず芳佳の魔法力が戻るところから始まったじゃないですか。
戻り方はほぼ同じパターンなのですが、タイミングが絶妙でしたから劇的でした。
3期あったらいきなり魔法力戻っているので映画しらないと「え?なんで芳佳魔法戻ってるの?」ってなりますね。
 敵もあっぱれで、やっぱりちゃんと「映画観てね~。円盤みてね~」となっていますね。。
 ネウロイの正体も2期と同じで全く言及せず。ネウロイって一体・・・と劇中で考えるようになったらそれはこの作品の終演を意味する!?
 おっしゃるとおりさすが●川です(苦笑)。
パンツじゃないから・・・と言うシーンも有りますが、「有る」程度で、テレビでサービス担当だったペリーヌはまさに坂本少佐でしたし、ルッキーニちゃんもあの伝説の浦畑脚本「もぞもぞするの・すーすーするの」初めとする引っかき回し担当ですが・・・今回そう言うサービスが皆無です。お風呂シーンとかもありません。
なので、余計にアツい展開に良い意味で意表を突かれ、裏切られたかな~って想いました。
3期がもしあるならそれまでにはレンタルか何かで是非ともご覧になっておくのをオススメします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56012215

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクウィッチーズ 劇場版 感想:

» ストライクウィッチーズ 劇場版 Blu-ray限定版 レビュー・感想 [ヲタブロ]
呼んでる、501のみんなが・・・行かなくちゃ、みんなのところに、行かなくちゃ!!! かつて父の開発したストライカーユニットと共に大空を駆けたベネツィアとロマーニャの英雄、 ... [続きを読む]

« ROBOTICS;NOTES 第7話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第8話 感想 »