フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 神様はじめました 第11話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第11話迄 感想 »

2012年12月16日 (日)

ガールズ&パンツァー未完 11話・12話は3月放送へ

9話記事のコメントで教えていただきました

水島努監督ブログ「月夜の上機嫌」記事:「お詫び」並びに、
ガールズ&パンツァー公式ブログより、

ガールズ&パンツァーの11話が10.5話として総集編放送、

10話も未完成のまま放送、

11話と12話は後日(来年3月)放送になることが発表されました。

「ガールズ&パンツァー」第10.5話の放送と今後の展開に関するお知らせ

 残念ですが、仕方ありませんね。

このクオリティーを保とうとする努力をされたのですが、結局は2回実質「落ちた」訳ですから。

監督としては問題ですね。責任を問われても仕方ありません。

 

 ですが、この作品はそれに対して「仕方ないかぁ」って思わせる出来でしたから、
非常に残念でなりませんが、ここは気持ちを入れ替えて3ヶ月待つしかありませんね。

 まずは来週の10.5話を視て、ひとまずガールズ&パンツァーは未完でこの秋は終了。

来年3月、おそらく決勝戦になるであろう11話・12話、楽しみにしています。

 寒い冬、あんこう鍋食べて、あんこう音頭踊って、身体を温めて春を待ちましょう(笑)

 

 ※ブログ記事ですが、今週はハヤテのごとくがクライマックス、中二病でも恋がしたいが最終回と言うこともあり、
10話・10.5話を来週まとめて感想を書こうと思います。

ファーストインプレッション 3話  2ndインプレッション 4話  
3rdインプレッション 5話      4thインプレッション 6話迄  
5thインプレッション 8話迄    6thインプレッション 9話  

↓公式HP
Bg_index20120809_2

 

●キャラクター(メイン5人)&戦車

20121023_150024bmp

西住みほ(cv淵上舞):装填手兼通信手→車長。主人公。西住流戦車道の後継者の一人だが
トラウマで逃げだし、大洗女子学園に転校してきた。

武部沙織(cv茅野愛衣):車長→通信手。恋バナ大好き思いっきり女の子。

五十鈴華(cv尾崎真美):操縦手→砲手。元々は華道をしていて嗅覚がよいお嬢様

秋山優花里(cv中上育実):砲手→装填手。極度の戦車(ミリ)オタ。

冷泉麻子(cv井口裕香):操縦手。学年首席の頭脳の持ち主だが朝がしこたま弱い。遅刻の常習犯。

むちゃくちゃキャラクター多いので、それ以外のキャラクターは公式ページ参照ください。

あんこうチーム   -みほ達5人:Ⅳ号
アヒルさんチーム -廃部になったバレー部4人組:
89式今回フラッグ車
カバさんチーム   -歴女グループ4人組:
Ⅲ突
ウサギさんチーム-1年生6人組:M3
カメさんチーム    -生徒会の3人:
38(t)
カモさんチーム
  -風紀委員の3人:
ルノーB1bis

------------------------------------------------

  最後にちょっとした想像をば。。。。(これは私の勝手な妄想です)

今回こういう事態が起きた理由の一つに、クオリティを落とさないために無理をしたというのもありますが、
それだからこそ、この影響が少なからずあったのでは・・・と、個人的には思います。
  
  

アニメ会社へ集団指導――新宿・池袋労基署合同

東京の新宿・池袋の両労働基準監督署は、アニメ制作会社に対する集団指導を行った。昨年100社あまりに実施したアンケートに基づくもので、36協定(3 割)や割増賃金(2割)など労働時間関係を中心に違反回答がめだった。アニメーターの長時間労働やサービス残業が懸念されることから、適正な労働時間管理 に加えて医師面接などの過重労働対策に取り組むよう指示している。

労働新聞11月26日記事より引用
  

 

 おそらくギリギリのスケジュールでやっていた中、この勧告が来ましたので、
経営者としてみればそれでも強引にやるわけには・・・行かないです。

勧告された以上、しばらくは良い子にしていないといけませんから・・・

 結果、スケジュール的にぎりぎりだったのが、徹夜等の無理な製作が不可能になり、
ぎりぎり→不可能になったのでは・・・・

 じゃあ他の作品もそうなってしかるべきなのですが・・・。

ガールズ&パンツァーの作画クオリティはハンパ無かったので本当に余裕がなかったのでしょうね。

 これを期に、アニメ業界の労働現場が少しでも改善されると良いのですが。

のど元過ぎれば・・・で、またしばらくしたら元に戻るんだろうなぁ・・・。

 

 でもまあ、前回が6話目を落として5.5話、そして今回は11話目を落として10.5話。

きっちり5話で落としていますから、コレは関係なく、単に無理なスケジュールで落としただけなのでしょうね。f^_^;。

以上、いつもの戯言でした。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


ガールズ&パンツァー 応援 PROJEKT by 茨城交通

 


そこあに

« 神様はじめました 第11話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第11話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

水島努作品」カテゴリの記事

コメント

あーsign04だうdownwardrightdowndownwardright

話数が増えるので、そこは良いんですが3月ってなんですか?
大洗の人達もガッカリしますよ。
忘れますよ。事実エウレカAOはスッカリ内容忘れてました。

と言ったものの我々は待つしかないですね。ラフを見せられても困りますしねぇ。
しかしコレで最後のハードルが上がったので、待って待って良いものを見せてもらいましょう。

残念だが待つしかないですね。
ついでに二期も待つ。
三月とのことですが番組改編期に枠を取るつもりでしょうか

>たーさんさん
おっしゃるとおり3月は遠いですよね~。。。。
エウレカのように忘れられてしまうか、まどか☆マギカのように逆に盛り上がるのか・・・
今回はエウレカのようなオリンピックイレギュラーでも、まどか☆マギカのように天災でのイレギュラーでもなく、スタッフの完全なミスですからね~。
  おっしゃるとおりハードルはあがりましたので、是非越えてくれるような11話・12話になって欲しいですね。

>としおさん
 こうなってきますと、早い2期発表も期待したいですね。その時はこのようなことの無きよう。
 私の予測はまどか☆マギカのパターンで、2話一挙テレビ放送ではないかなって思います
さすがにレギュラー放送が放送できなくなった訳ですので、テレビ放送しないといけないと思いますので。ネット配信は(今もやってるバンダイチャンネル以外)ないかと思っています。
 でも、おっしゃるとおり、番組改編期の3月に・・・枠・・・とれるのでしょうか?

実は東京MXとBS11は、タイトルは不明ですが1~3月期で10話で終わる作品があり、その枠2週分をバンダイビジュアルが抑えたのではないかという未確認情報が出ています。
番組改編時期って実は意外と番組の穴が起きやすくて、1話とか2話を特番でぶっ込む時の狙い目なんですよ。
東京MXは12月もそれがあって、「えびてん」の枠がそうでした。
「えびてん」が10話で終了して、そこの枠は残り2週を通販番組で埋めてます。(笑)
3月にしたのは、この辺の理由もあると思いますよ。
1月と2月は番組スケジュールがほぼ決まっているだろうし、決まっていないとおかしい。
番組改編時期の頭の月頭も本来は狙い目なんですが、1月は「明けましておめでとうございます」番組があるんで、それで埋められるから入る余地ナシってところですね。

>ふれいくさん
 関東はMXなのでそうかもしれませんが、中部・関西はその10話終了放送やっていませんからねぇ・・・。だからニコ道で土曜日視ている私(苦笑)。
なので、その枠が角川でもありますし、違う枠ではないかなって思っています。
 ですが、おっしゃるとおり改変期は逆にポコって開く枠が有るのも確かでしょうね。
3月の放送日程発表を気長に待ちたいと思います。
 1話だけなら1月もあったと思いますが、2話も落としましたからね・・・。2013冬アニメの製作もあるでしょうから、そのままガルパンばかり出来るとは思えませんので、1月には出来ないと思います。
 冬アニメと同時進行で2話作るには・・・やはり3ヶ月必用なのでしょうね。咲~Saki~の13~15話配信決定が3ヶ月かかったのも今回のガルパンやエウレカでわかったような気がします。

しかし1クールで2話も落とすとは前代未聞作として後々まで
 語り継がれそうですね。
ガッカリですねぇ・・・

本当に3月に放送できるのかも、期待半分、不安半分ですよ。
各スタッフが次の仕事を行いながらになるでしょうし・・・
今期の期待作だったのに・・・制作が他の会社ならとは考えたくないですが・・・

しかも次回の10話も不完全とは情けない・・・
労働条件に関しては、単価が安いのが問題なのでしょうねぇ。

>ぬる~くまったりとさん
 まさにおっしゃるとおりだと思います。
客観的にみて、放送もそうですが、製作側は2本分余分にTV放送の費用がかかるわけで。
 でも、BD・DVDは1巻増えるわけではありませんので、実質のインカムは一緒。
これで製作側がもくろんでいるほど売れなかったら、しゃれならないでしょうねぇ・・・。
 正直監督の見通しが甘い、責任問題と言われても仕方ないと思います。
 労働条件で落としたとは思いたくありませんが、徹夜してでも強引に作ろうというスケジュールではなかっただろうと・・・思いたいと思います。
 これでまた海外への外注が増えそうですよね。アニメ業界。
 ネットで文句言っているやつら、サムゲタンどうこうよりも、こういう現状についてもっと考えて文句や発言をして欲しいですね。

「1クールで2回落とし」は第11話と第12話の出来が素晴らしければ逆に伝説として語り継がれますよ、きっと。(笑)
ま、笑ってちゃいけない話ではあるんですけどね。
水島監督自身も「アザゼルさん」第2期を睨みながらの仕事継続になるし、円盤の毎巻に10分程度の新作OVAを入れる事になっているのも今となってはネック要素の1つとも言えなくもありません。
これまでの話も円盤用にブラッシュアップをかけているそうですし、実は第9話でノンナが見ていた照準器から見た映像がIS-2のものではなくⅣ号のものだと指摘され、それに対して「直します」と答えているように、微妙な間違いの修正もやっているようです。
本編を作成後、円盤用にブラッシュアップするのは、「モーレツ宇宙海賊」や「輪廻のラグランジェ」で佐藤竜雄監督も「やらなきゃいけない作業」と言っていたので、避けて通れないものです。
これはTV放送用の信号処理とBDやDVDの再生用の信号処理が違っている部分があるので、しょうがない部分があるんですよね。
こういった事を考えると、もっと製作者側に製作期間を与えてあげるべきとも思うんですが、現実はなかなか難しい問題です。
監督とはいかにしんどい作業かと感じます。
佐藤監督も以前、NHKで「学園戦記ムリョウ」を作った際、放送日当日納品をやって、NHKの担当者に「「ナディア」でも前日はあったけど、当日はなかった」と愚痴られたと夏のイベントの時に話していました。

>ふれいくさん
 ただアニメに詳しくて、しかもすばらしい作品を作ることが出来る感性だけではアニメ監督は務まらない、しかも作品に何かあったら責任は監督がとらないといけない。
やはりおっしゃるとおり大変な仕事ですね。
 TV放送が終わってもその作品の製作は続く・・・BD・DVD全巻出るまでが"遠足”ですね。
よりすばらしい出来映えになっていることを期待して3月を待つことにしましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56330488

この記事へのトラックバック一覧です: ガールズ&パンツァー未完 11話・12話は3月放送へ:

« 神様はじめました 第11話迄 感想 | トップページ | BTOOOM! 第11話迄 感想 »