フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | 2013年 冬アニメ 予習 (愛知県放送スケジュール) »

2012年12月31日 (月)

新世界より 第13話 感想

守・・・何でこんな事したの?

だってしょうがないじゃないか!僕は・・・死にたくなかったんだ!!

守を見つけて連れ戻れば良いという甘い目論見は・・・粉々に撃ち砕かれてしまった。

私達はこれからどうすればいいのだろう・・・・

Img002


どうすればいいのよーーーーーー!と絶望しか見えないところで、1クール終了!!



新世界より 4th インプレッション 13

ファーストインプレッション 6話迄   2ndインプレッション 10話迄  
3rdインプレッション 12話迄     4thインプレッション 13話 
5thインプレッション 14話       7thインプレッション 15話   
8thインプレッション 18話迄     9thインプレッション 19話  
10thインプレッション 21話迄    11thインプレッション 23話迄 
クライマックスインプレッション 24話  ラストインプレッション 25話 

ニコニコ動画配信ページ (最新話のみ無料)

↓公式HP
Bg_main

キャッチフレーズは偽りの神に抗(あらが)え



●キャラクター

↑の絵の手前から
渡辺早季(種田梨沙):主人公。父は町長・母は図書館の司書をもつ。

朝比奈覚(梶裕貴):早季の幼なじみで仲良し。

秋月真理亜(花澤香菜):早季の親友。守とも仲がよい。

伊東守(高城元気):物静か。真理亜に従っている。

青沼瞬(村瀬歩):早季の幼なじみでエリート。リーダー格だった。業魔となり死亡。



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 守・・・大丈夫かな?

行方不明になった守を捜す早季・真理亜・覚の3人。

Img001

雪の中、ソリの跡を見つけ、それを追いかけていくと・・・バケネズミの足跡が見つかる。

しかもソリの跡と並行に進んでいる。

 もしかしたら守が悪鬼になっているかもという想定をもし始める早季。

そんな中、崖でソリの跡が消える。崖を降りていくと・・・下に埋まっているソリを発見する。

だが守は居なかった。バケネズミと人を引きずったような跡を見つけ、それを追いかけていくと・・・

守はいた。バケネズミのスクォンクが救助していたのだ。

それは・・・なんと2年前水路に落ちたのを早季が(タブーを破って)呪力で助けたバケネズミだった。

 何故こんな事をしたのか・・・守は逃げ出したのだった。

ネコダマシ(不浄猫)が来たので、自分は処分されてしまうと思って・・・・

Img006

先生が真理亜を先に帰し、守に仕事を与えて一人にし、ネコダマシに狙わせた(模様だった)のだ。

 何故守を狙ったのか・・・成績が悪いから??

守は言う。消されたらしい記憶の中に、過去中庭でネコダマシが出てきたのをみたことがあったことを。

そして・・・そのことは、真理亜も記憶の片隅にあったのだ。

 (瞬が消されたとき二人は偶然みてしまっていますものね。その時の記憶ですね。)

わたしも・・・そこにいた!!

 ※呆然とする3人と、絶望の守。果たして・・・・

Img01


●感想

 守は生きていました。まさかの早季が水路で助けたバケネズミの伏線がここだったとは。

あの時点では伏線がこういう良い方に回収されるのか、言い伝え通り子供は処分という方で回収されるのかわかりませんでしたものね。

前者で回収されました。

バケネズミにしてみると、人間はやはり神様なのですね。

結局のところ、あの時点では神様である人間がバケネズミを使役して子供を処分していたなんてこれっぽっちも思いませんものね。

 それをちゃんと考えれば、大人から指令を浴びていない限り、バケネズミにとっては
大人も子供も人間は神なのでしょうね。

 そしてついに、その使役されているネコダマシが・・・守を狙い始めました。

しかもそれは明らかに自分を殺すために狙っているというのが、守ははっきりわかってしまいます。

瞬を処分するとき守と真理亜はみて、聞いてしまったから・・・そのシーンと言葉を。

しかもその後、出来の悪い子供は処分されるという憶測を聞いてしまいましたからね。

守の性格からしてこれは恐怖そのものでしょう。

そりゃ逃げ出したくもなります。

 そんな守を・・・早季は悪鬼化が近いのでは思い始めます。

全て前回の富子議長から真実を聞いてしまったからですね。

これもきついですね。しかも早季以外は知らなくて、口外してはならないのですからね。

 まさに

私達はこれからどうすればよいのだろう・・・

です。守が悪鬼化しなければどうって事はないのです。

・・・が、ネコダマシが来るって事は、悪鬼化を恐れて大人達が処分しようとしているとみて良いわけですから・・・

 さてこの先どうなるのか。まだまだ先がみえません。

2クール目もこういう胃が痛くなる展開なのでしょうね。

ですが、これがまた面白くなってきましたよ!!

 

 と言うことで、2012年はこの記事が最後になります。

 今年はアメブロからココログへ引越し、メインブログを変更致しましたが、
サブにしたアメブロのアクセス数もほとんど減らず、
ココログではおかげさまで一昨日10万アクセスを達成することが出来た等、本当に感謝な一年でした。

 本年も一年本当にお世話になりました。ありがとうございました。
みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

 ※3日までのブログはすでに完成、予約配信となります。
私の家は田舎のお正月と言うことも有り、基本親戚が集まって酒~のパターンになるので、
コメントの公開やお返しが不定期でレスポンスが悪くなるのと、iPhoneでの返信になることをご容赦くださいませ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | 2013年 冬アニメ 予習 (愛知県放送スケジュール) »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

いやー、重い現実ですね。
教育委員会側は不適合者は間引きする。
でも友人だったのに・・・
助けたいけれど、助けると後で大変な事になるかもしれない。
良い所で終わりますよね。

普通は決断なんて出来ないけれど早季は・・・?

>ぬる~くまったりとさん
助けるとより悪い事態になる可能性が高い・・・というのはとってもつらいですよね。
その決断を冷静にしないといけないので、早季のようなタイプでないと議長は務まらない。
富子議長の判断は正しいのでしょう・・・が、今はまだそこまで行っていない多感な少女。
 本当良いところで終わりますよね。どういう決断をするのか、気になって仕方ないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56380352

この記事へのトラックバック一覧です: 新世界より 第13話 感想:

» 新世界より第13話「再会」レビュー・感想 [ヲタブロ]
だから、探すしかないだってば!失踪した守を追って雪道を捜索する早季たち、不安に揺れる真理亜の心は・・・ [続きを読む]

» 新世界より テレ朝(12/25)#13 [ぬる~くまったりと]
第13話 再会 公式サイトから町から姿を消した守を捜すため、早季、覚、真理亜の3人は、降り積もる雪の中、捜索を開始した。守が使っていると思われるソリの跡を手掛かりに後を追う。 すると、ソリの跡は八丁標の外にも続いていた。ひとたびそれを超えれば、取り返しがつかない事態になりかねないことは分かっていたが、一人で町を出た守を 放っておくことなど到底出来ない。3人は意を決して八丁標を越え、深い雪山へと歩を進めた。 捜索開始から数時間。3人は、守のソリを追跡するような、バケネズミの足跡があることに気づく。守が... [続きを読む]

« CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第13話迄(最終回) 感想 | トップページ | 2013年 冬アニメ 予習 (愛知県放送スケジュール) »