フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ROBOTICS;NOTES 第9話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第10話迄 感想 »

2012年12月11日 (火)

CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第10話迄 感想

何故そのような事を!!

コード:ブレイカーを救うため・・・と言ったら、君は信じるかい? 

あの子供達が、ずっと笑顔でいられる、そんな世の中にしたい。
誰も悲しみに泣く事のない、そんな世の中に・・・

Episodeimageep10

もしも自分の死が近いとしたら・・・私は最後の一瞬まで、誰かを救う者でありたいな・・・

僕が先に死んだら・・・ 

そんな事はさせない!君は私が守るよ

コード:エンドだと!?これがコードブレイカーの運命だというのか?

彼らに、普通の生活を送らせる!!

やはり人見はとても良いヤツだった!!

・・・だが、良い心の向かう方向がちょっとだけ・・・ずれてしまったのだ。



CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 3rdインプレッション 
10話迄

ファーストインプレッション 6話迄  
2ndインプレッション 8話迄  
3rdインプレッション 10話迄  
クライマックスインプレッション 12話迄 
ラストインプレッション 13話 

↓公式HP
Bgpage1210

●キャラクター

Charactersakurakoji

桜小路桜(cv日笠陽子):ヒロイン。コード:ブレイカーの異能が通じない珍種
大神零(cv岡本信彦):コード06。異能は青い炎。ロストは気絶。
刻(cv鈴村健一):コード04。藤原総理の息子で姉に藤原寧々音がいる。異能は磁力。ロストは子供化。
平家将臣(cv木村昴):コード02。ジャッジマン。
  

Characterhachioji

八王子泪(cv斎賀みつき):コード05。バイク乗り。面倒見がよい。実は女性。 
天宝院遊騎(cv豊永利行):コード03。にゃんまる(cv伊藤かな恵)好き。ロストは猫化。
神田先生(cv甲斐田裕子):エデンのエージェントで桜のクラス担任。
藤原総理(cv中田穣治):エデンの幹部。刻の父親。
人見(cv三木眞一郎):元コード01。エデンに歯向かいコード:ブレイカーの敵に。異能は電撃と、異能を操る能力。


●あらすじ   (ネタバレ注意)

 あちこちで爆破事件が起き、まさに無差別テロとなってしまった人見平家の総理&桜誘拐。

 ただを誘拐したのは、コード:ブレイカーの異能を消してしまう力がある“珍種”だから、手元に置いておきたかっただけ。

 平家が人見側についたのは“エースだった人見の真意”に気づいたから・・・らしい。
だが人見は平家を完全に信用したわけではないと言う。

 潜伏先を見つけた神田先生は、大神より先に乗り込んでいく。

だが神田も、大神と遊騎が到着して、平家と戦う時点ですでに捕らわれて、なおかつ人見nの能力で操られていた。

大神を撃った後、最後の弾丸で自殺するよう操られていた神田を、大神と桜は止め、
そして桜の“珍種”能力で人見による神田の操作も解放された。

 何故なんですか?昔のあなたはこんな事をする方ではなかったのに・・・・どうして?

人見の目的は、エデンという組織と共に藤原総理を多くの国民の犠牲と共に処刑し、
この国の国民に恐怖を刻み込ませ、暗躍しかできないコード:ブレイカーを必要と思わせ、表舞台に立たせる
こと。

 だが大神は、悪を裁くコード:ブレイカーも所詮は人殺し!報われる必要は無い!!
と人見の考えを真っ向から否定する!

再度戦おうとしようとした大神と人見の前に、コード:ブレイカー刻と人見の仲間氷の異能者雪比奈(cv津田健次郎)が現れる。

総理を連れて目的の為に動く二人に・・・なんと自分からついていく、だったのだ。

Episodeimageep09

 そんな、他のコード:ブレイカー達がどうしても信じられない行動を取る人見。

彼は16歳の時にコード:ブレイカーのコード06に任命された。

人見はエデンの藤原総理の下、正義のため、笑顔のためと一生懸命戦った。

だが、悪との戦いの中で先輩達は次々と死んでいった・・・・

いつの間にか人見のコードは06から05・・・・01、エースになっていた。

仲間が殺されていく・・・いや死んでいくのがとても辛い人見は
エースになった以降もう誰も死なせない、最強のコード:ブレイカー、絶対的な存在になっていた。

悪を倒すことに執念を燃やす大神達に対し、ちゃんと子供達を守る!その任務を果たす人見。

また、かつてコード01~04の先輩を殺した悪の異能者達が帰って来ても人見は頑張ってつぶした。

そんな人見を、大神を初め、みんなはエースとして絶対的に信頼していたのだ。

 ところがそんなある日、人見の依頼で平家が調べていた事からとんでもないことがわかる。

コード:エンド!!異能の暴走を止めるための“ロスト”。その感覚が長くなっていき、“ロスト”しない事による異能の暴走で死にいたる!!

 コード:ブレイカーは、いつの日か自分の異能で・・・自らが死に至る。というのだ。

しかもそれを知っていてコード:ブレイカー達を使っていたエデン(藤原総理)。

人見はショックを受けると共に、コード:ブレイカーの仕事は何なのか自問自答してしまう。

その結果が・・・今の人見の行動となって現れてしまった。

彼らに、普通の生活を送らせるため、藤原総理に直談判しに行くも・・・
結果として総理を襲撃、護衛のエージェントを殺害してしまうのだった。

 共に戦う約束をした、当時は建設中だったスカイタワーで、
人見と平家・雪比奈は桜と藤原総理を人質にして、犯行予告をするのだった。

藤原総理・・・そして罪のない5万人の人々殺害まで・・・タイムリミットは1時間!!

果たして大神達コード:ブレイカーはどう動く・・・


●感想

 クライマックスが近づいてきて、いやぁ~原作知らない私は面白くて仕方がありません。

いやぁ~、盛り上げ方がハンパ無いですね~。

しかも緊張感がいい感じ出ています。

コード:ブレイカー&エデン vs 元コード:ブレイカー&異能者

の決戦。だが平家を除いてみんながみんな、人見の真意を知らない。

その人見は、心優しい故に、向くべき方向が間違ってしまった。

誰も殺したくないという優しさはひねくれてしまい、
コード:ブレイカー達の為にと罪のない人々までも巻き込む無差別殺人と化してしまいました。

「人々のため」のコード:ブレイカーから「コード:ブレイカーのため」のテロリストになってしまったのです。

人見が一番嫌っていた行動を、まさに今自分が行っているのです。

果たしてこれからのクライマックス!人見の運命やいかに!?そして藤原総理は?ですね。

 そのラストはそこ☆あに特集の入江泰浩監督インタビューで、
原作にはないオリジナルで決着をつけるとおっしゃっていましたが・・・

これ、もうすでにオリジナル展開になっているのでしょうか?それともまだ原作準拠?

そこあに

・コード:ブレイカーはシティーハンターのようにあくまで闇の中の存在でいるべきなのか?

・それともスーパー戦隊のように誰からも知られて表舞台にいるヒーローで有るべきなのか?

難しい疑問ですよね。と言うより考え方の違いでしょう。

ですが、こういう勧善懲悪もの作品では結構はっきりしていて、やはり表舞台のヒーローはどんなに悪人でも人を殺さないのです。

殺すのは怪人とか怪獣とか宇宙からの侵略者とか・・・必ず人外。
一方シティーハンターに代表される闇の方の正義の味方は人間を殺します。

「正義の味方論」でいえば、やはりコード:ブレイカーは裏の人間、エデンの考えの方が正しいのでしょうね。

「どんな悪者でも人間」ですからね。無条件で殺すのが正義の味方でよいはずがありません。

 そう言う輩の考えをねじ伏せるために5万人を殺し、生活に恐怖を植え付けることにより、
悪人を殺す正義の味方の存在が表に出ても文句言わせないようにしているのでしょう。

ま、確かに気持ちはわかりますが・・・

悪を裁くコード:ブレイカーも所詮は人殺し!報われる必要は無い!!

大神君の言っている方が間違えなく正しいですね。

 そして、ビンビンと立つ人見終了のフラグ・・・

そんな事(人見が先に死ぬようなこと)はさせない!君は私が守るよ!

君が僕の上に立つことが出来たら、(君付けは)やめてあげるよ大神君!

大神に殺されるのか、人見の本当の意図を大神達が知ったあと自爆するのか・・・

ですが、原作知らないのでなんとも言えませんが、何となく人見は最後助かる気がします。

だって・・・コード:エンドを打ち消す珍種がいますからね~。

がヒーリング役ですね。だれでもオチがわかるよね、これ(笑)。

・・っていうか、人見気づけよ!桜にお願いすれば解決って!心やさしいんだから(笑)。

 問題は、どこでそれに気づくか(桜が入って来て暴走を止めるか)ですね。

今度は桜の願い。

もう誰も死んで欲しくはない!!

が発動するのでしょう。

ですから、最後は人見も死なず、総理も死なず、当然5万人の国民も死なず・・・と思います。

 人見がコード:ブレイカーコード01に戻り、総理(エデン)も対策を練り、桜がコード:ブレイカーの異能暴走を止める。

みんなわかり合ってハッピーエンド!!でしょう(多分)。

ただ、人見はすでにたくさんの一般人を殺してしまっていますので、その罪をどう償うのかですね。

多分本人は自爆しようとするでしょうから・・・・

 そして、、この作品の2つの焦点(テーマ)

“正義の味方は表舞台に立つのか?それとも裏世界なのか”
“正義の味方だから、目には目を・歯には歯を・悪には悪を・・・の殺人は許されるのか”

は・・・アニメだけで決着つけてくれるのかな??

いよいよクライマックス近し!です。いやぁ~面白いです。

●CØDE:BREAKERは中二病アニメ?

先日、NHKのMAGネット・12月号が放送されました。

今回のテーマは「中二病・暴走する戦国キャラ」でした。

・暴走する戦国キャラテーマでは、“戦国コレクション”・“戦国乙女~桃色パラドックス”・“織田信奈の野望”が取り上げられました。

・一方、中二病テーマでは“涼宮ハルヒの憂鬱”・“めだかボックス”・“中二病でも恋がしたい”が取り上げられました。

 内容は、まぁこんなもんだよな~というものでしたが、やはりこういうところでピックアップされると興味深く視てしまいます。

 私のツイッターのタイムラインでも、私を初めフォロワーの友人の皆様もいろいろと感想を述べて見えましたし、
新井輝さん水城正太郎さんの戦コレ組もツイートされて見えました。

また、番組の内容は相互リンクでいつもTBやコメントいただくぬる~くまったりと様にて取り上げて見えますのでをそちらの記事をご覧ください。

 ところで、その中でNHKが中二病を紹介したときに、
中二病な内容としてのラノベ群がカメラに映ったのですが、

“俺の妹がこんなにかわいい訳がない”・“はぐれ勇者の鬼畜美学”・“とある魔術の禁書目録”等々・・・・でした。

俺妹はわかりますが、はぐれ勇者や禁書目録って中二病作品??

・・・と思ったところでふとこのCØDE:BREAKERが頭に浮かびました。

これの1話・2話ぐらいの時、ネットの記事やブログ、インターネットラジオで“中二病全開作品”と結構言われていたのをです。

 もし私の“中二病”という考えがおかしければそれまでなのですが、こういう作品達も中二病作品なのでしょうか?

となると、中学生や高校生が“異能(超能力)”を使う作品全部“中二病作品”になってしまうんですが・・・

 私、こういう作品をみて、“出来もしないのに”出来ると思い込み、そういうまねごとをする連中を中二病と思っていました。

なので、ハルヒとか中二病でも恋がしたいとかは間違えなく中二病作品だと思います。

が、超能力自体を本当に持っているキャラクター達が出ている作品の、
禁書目録やはぐれ勇者も中二病作品?と、ちょっと疑問に思ったのでした。

・・・まあ、中二病作品というジャンル自体が有るのか無いのかわからないようなジャンルですから、
そんな事に疑問持つこと事態がおかしいのかもしれませんねf^_^;。

すいません。ブログのタイトル通り、いつもの戯言でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« ROBOTICS;NOTES 第9話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第10話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

人見の目的が話されて視聴者には分かりました。
コード・エンド異能の暴走で亡くなることを隠していたエデン。
優し過ぎる人見が求める事がコードブレイカーにとっては正しいのか?
でも他の人には・・・
どんな最後になるのでしょうね。

中二病に感染した人の作品と、その影響を与える作品を一緒に紹介した
 様な気がします。
所謂、世界系も一緒に紹介されたのではと思ってます。
禁書目録は与える方だと思いますよ。
というよりも、中二病でも恋がしたい を紹介したいコーナーだったと
 思ってます。
かつて、良く分からない楽曲が全て電波ソングと呼ばれると言った方が
 居ましたが、そんなカテゴリー分けだったのかもしれません。

>ぬる~くまったりとさん
>でも他の人には・・・
ですね。一人一人コード:ブレイカーになっている理由が違いますものね。
刻のように姉の為だけになっている奴もいるわけですし。多分全員が全員理由が違うのでしょう。
 正義のためって思っているのは人見と大神ぐらい?でしょうか。
だからこそ空回りしているとしか思えない人見がちょっとかわいそうと言えばかわいそうですね。
 
 影響を与える作品というわけですか!なるほど納得です。そうするその手の作品の元祖はドラゴンボールになるのかな(笑)。
 たしかに中二病でも恋がしたいと言う作品を紹介したかっただけのように見受けました。日常同様、もしかしてNHKでの再放送が・・・有るのかな???

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56236993

この記事へのトラックバック一覧です: CØDE:BREAKER(コード:ブレイカー) 第10話迄 感想:

» CODE:BREAKER TokyoMX(12/09)#10 [ぬる~くまったりと]
第10話 人の見る世界 公式サイトから臨界を越えた力は終末を呼び、強い想いは覚醒を招く――『エース』それは選ばれし『コード:01』にのみ許されし称号。それは正義を冠するものの証。かつては異能の行使を、法を越え秩序を正すものと信じてやまなかった。しかし時と共に、心の片隅に澱のようにわだかまり始める疑念。異能は何のために存在するのか?生き様を縛られ、報われぬ宿命の意義とは?そして真実を目の当たりにした時、わき上がるその感情を押しとどめることが彼にはできなかった…… 人見16歳、コードブレイカー06となる... [続きを読む]

» MAG・ネット NHK(12/07) [ぬる~くまったりと]
 ・謎が謎呼ぶエヴァQついに公開   200万人動員最短記録   次回作は :||  ・西川委員長シンガポールに降臨   Anime Festival Asia 2012   83,000人来場  ・ミクが電子音楽の巨匠とコラボ   冨田勲(80歳)宮沢賢治の作品、 風の又三郎    注文の多い料理店、アンコールは、リボンの騎士 まぐレボ  戦国キャラをレボリューション    戦国コレクション、織田信奈の野望、戦国乙女-桃色パラドックス    殿と一緒、戦国BASARA   小日向えり(歴ドル)、サ... [続きを読む]

« ROBOTICS;NOTES 第9話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第10話迄 感想 »