フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第10話 感想 | トップページ | 新世界より 第12話迄 感想 »

2012年12月23日 (日)

ROBOTICS;NOTES 第11話迄 感想

あきちゃんの夢は、万博に行くこと?ガンつくを完成すること?

結局・・・戦うしか道はないのね・・・・ロボットは。

うちが知ってるガンヴァレルは・・・こんな話じゃないのに・・・・

忘れなさい。君島コウのことを・・・忘れなさい!!

11img3

じわじわ来ていたなか、一気にストーリーが進展!!

いろいろとつながった第11話!!

来ました!!!

ハンパ無く面白いですよ!この作品!!

 その11話迄を、ニコニコ動画で年明けの1月5日(土)に一挙放送されます。

ニコニコアニメスペシャル「ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ」1~11話一挙放送
(番組ID:lv118643680) 2013/01/05(土) 開場:20:30 開演:21:00   

TV組も、この一番良いところで年明けまでお預けですので、ご覧になってない方で興味ありましたら是非ご覧になって、
続きの12話をテレビで視ましょう!!

STEINS;GATE視てないとわからないんじゃない?とお考えの方、
私はCHAOS;HEADもSTEINS;GATEも未視聴でこのようにどっぷりはまっていますから大丈夫です!

 逆にシュタゲはまった人がつまらないって言っていたりして・・・(^^ゞ



ROBOTICS;NOTES thインプレッション 11話迄

ファーストインプレッション 3話迄   2ndインプレッション 7話迄  
3rdインプレッション 8話        4thインプレッション 9話   
5thインプレッション 11話迄      6thインプレッション 13話迄  
7thインプレッション 15話迄      8thインプレッション 16話  
9thインプレッション 19話迄      ラストインプレッション 22話迄 

↓公式HP
Main_bg_s2

 

●あらすじ     (ネタバレ注意)

 やっぱりチートだよ。全一(全国1位)のTAKANO_EYEも。

キルバラで上位者にどうしても勝てない海翔。そこへ落ちてくる謎の石。

それは・・・ゲジ姉曰く・・・モノポールとのこと。

 ※モノポール:磁気単極子、磁気モノポール(英: magnetic monopole)とは単一の磁荷のみを持つもののことである。
2009年現在に至るまで素粒子としては発見されておらず、現在では、宇宙のインフレーションの名残として生み出されたと仮定されるものの一つである。
磁石にはN極、S極の二つの磁極が必ず存在し、この組み合わせを磁気双極子という。
N極のみ、およびS極のみを持つ磁石、磁気単極子(モノポール)は現在まで観測されておらず、存在しないと考えられている。 (Wikipediaより)

に相談する海翔だが、そこに現れるはあき穂
昴曰く、もし本物なら世紀の発見で、凄いエネルギーを発生させる可能性が有るとのこと。

 エネルギーや発見のお金がガンつく1の改造費に使えないか考えるあき穂だったが、それは夢みたいな話。

10img1

昴は何故ガンつく1が動かなかったのかをシミュレーションして、ロボ部のメンバーとJAXAの天王寺綯にプレゼンテーションをする。

あき穂に、ガンつく1に拘るのをやめて綯の・・・JAXAの提案に乗ってもらうために。

 ガンつく1は・・・重すぎるのだ。それでも(少し)動いたのだから設計のコンセプトは間違っていなかった。

あの格好でガンつく1を動かすとしたら素材をアルミ・ダイヤモンド皮膜・カーボンにしないと・・・動かない。

予算的に動かすとするならば、ガンつく1は・・・はっきり言って骨組みだけ。

 淳和が気づいたことから、海翔はポケコンのAR(バーチャル機能)を使って、
ポケコンを通してそれをガンつく1に見えるようにすれば・・・と提案する。

 昴をはじめみんなの言っていることはわかるが、どうしても納得いかないあき穂。出てきた答えは・・・

10img6

ガンつく2:ガンヴァレルをつくろうプロジェクト試作2号機

をJAXA主導で作ること。ガンつく1もあきらめず作り続けるが、まずは5人でガンつく2を作り万博に行く事にする。

 あき穂・昴・淳和を中心にガンつく2の構想に入っていく。

 一方海翔達が愛理を頼りに君島コウの事を探り始めたことを知った瑞榎は、
愛理に消えろと言うほど、危機感をつのらせていた。

 瑞榎の気持ちとは裏腹に、
ガンヴァレルの最終話が流出しているというネットの情報をきっかけにして海翔フラウと君島レポートナンバー3を探すミッションに入る。

 3日連続でジオタグを2時間フォーカスしろとか、鳥居の上に石を36個積めとか(審判員:愛理)、
相変わらずめちゃくちゃなミッションに、

ハードモードと言うより、ナイトメアモード!!爆死にも程がある!!無理ゲー!!

と音を上げるフラウを強引に引き連れて、海翔は何とか君島レポートナンバー3を手に入れる。

11img1

・君島レポートNo.3
 プロジェクトアトゥムは300人委員会の中でもタヴィストック研究所が主導する人類牧場化計画承認第114号計画だ。
具体的には、極大活動期に入っている太陽に直接干渉し、人為的に太陽コロナ、及びそれにより放出される太陽磁気嵐を発生させ地球環境を激変させるものだ。予想される被害は50億人と設定されており2015年には実行するべく動き出しているという。それにともない300人委員会の息のかかったメーカーが2012年までにこぞってロボットの研究開発に名乗りを上げるだろう。アメリカのUSロボコム、イギリスのリバープールテック、日本のエグゾスケルトン。

 つまり、君島レポートNo.2にあった、人類の人口を10億まで減らす一つの方法だった。
ロボットを使い、太陽磁気嵐を発生させ地球環境を激変させ、人類を自然のせいにして50億人殺そうというのだ。

 そのロボット研究開発に名乗りを上げている(だろうという)のが、みさ希の仕事先、エグゾスケルトンだった。
 

 ところで君島レポート3ミッション中、海翔はキルバラ全一のTAKANO_EYEについに勝つ!

だが、その後海翔の試合を観戦モードにしていたフラウのコンピューターから・・・ウイルスが発見されたのだ。

 そのウイルスを調べるためフラウはサークル仲間に手伝いを依頼するが・・・
その仲間が上位3人の家に行ったら・・・その3人が・・・死んでいた!!

全員事故死!しかも死後半年。さらに・・・なんとさっき海翔が倒したキルバラ全一のTAKANO_EYEも・・・すでに死んでいたのだ。

 ウイルス発見以降・・・キルバラのチート疑惑だった上位ランキング者も・・・キルバラゲーム内のランキングからことごとく消えていた。

じゃあ・・・幽霊が(キルバラを)やっていたとでも言うの?・・・こなちゃん(フラウ)・・・。

フラウは、母の失踪と関係があるのかもと勘ぐり始める。

 みさ希はみさ希で、仕事のパワードスーツで死者が出る程のトラブルに見舞われていた。
記者会見で責任を追及されるほどに・・・

みさ希・愛理の事を海翔は瑞榎に聞くが、聞く耳持たず。
仕方ないので海翔はエグゾスケルトンのことや君島レポート等、
みさ希に「君島コウについて教えて欲しいんだけど」とメールをする。

11img2

 そんな中・・・ついに流出した!!ガンヴァレル最終話が!!

それは・・・まさに君島レポートNo.3と同じストーリー!

ガンヴァレル達 ロボットは動力炉が暴走、ロボット達はそのままレーザーとなり太陽の黒点を直撃、
太陽嵐によって敵は滅びるが・・・同時に地球人類も滅びてしまう

という内容だった。

一番ショックを受けたのは・・・あき穂

うちが知ってるガンヴァレルは・・・こんな話じゃないのに・・・・

太陽嵐到達まで・・・あと75日04時間。

タイミングが・・・・絶妙すぎる・・・・やはり・・・

 忘れなさい。君島コウのことを・・・忘れなさい!!

そう、海翔に電話してくるみさ希だった。

※この状態で年明けまで、3週間待てってかぁ~~~~~~~~~~~~~!!!

11img4


 

●感想

 いや凄いですね!!前半の締めくくりで一気に来ました!!

 君島レポートとガンヴァレル最終話、300人委員会、みさ希が豹変した理由、そしてフラウの母失踪ならびに関係者死亡。

全てがつながりました。

つながりましたが、つながったと言うだけでどういう風につながっているのか?

結び目はまだブラックボックスの中・・・謎です。

 考察好きの私ですので、いろいろと書きたいですが、残念ながらまだ頭でまとまって無く、
無い頭では文章に出来ません(^^ゞ。

ですが、太陽嵐を使って地球人口を一気に50億人減らそうという計画があるのは、はっきりとわかりました。

そこにみさ希のいる会社エグゾスケルトンも絡んでいる。しかもはっきりと太陽嵐到達までの時間を把握している。

 問題はエグズスケルトン社がこれを阻む方にいるのか?、推進する方にいるのか?・・・ですね。

単純に考えると推進する方なのですが・・・・

 そしてそれを阻止するべく?つぎつぎと裏で隠れていた内容が表に出てくる!!

君島レポートと、タイミングを計ったように流出するガンヴァレル最終話。

果たして君島コウは本当に死んでいてもう居ないのか?
それは、ガンヴァレル最終話を作っていた監督でフラウの母親にも言えます。

 全ての情報の中心が海翔に集まっているのも良いですね。

そして物語はここだけで起きているのではなく、9年前のアネモネ号集団失神事件から始まっているのでしょう。

 エレファントマウス症候群、そして今回落ちてきたモノポール、まだまだつながっていない謎はたくさんあります。

ですが、こういう感じで少しずつ謎が浮き彫りになり、そしてつながる。
そうしたらまた新しい謎が生まれて、物語の核心に徐々に迫っていく展開は・・・
本当にたまりませんね!!

わたし、今回の11話ガンヴァレル最終話流出の内容を視ておおおおおおおおお!って声出してしまいましたもの。

 果たして地球は・・・いや人類は太陽嵐から助かることが出来るのか?

それとも一部の人類史か生き残れないのか・・・

いやはやハンパ無く面白いです!!この状態で3週間待ちはきついです。

Main_bg_bd1_s

 ところで、居る夫にハッキングかけるのはフラウでもあきらめているほどセキュリティ凄いんだ。

だいたい石置くの愛理がチェックしているって言っていたけど、愛理見ていなければ無効だとか、
居る夫君恐ろしく凶悪です(笑)。
ですが見ていなければ良いんだったら、鳥居の石見ていないときにこっそり落としてしまえばいいんじゃね?

だめなのかなぁ・・・(^^ゞ。こなちゃんこと神代フラウが今回かわいかったですね~。

私どっちかというと苦手キャラの部類に入るんですけどね(^^ゞ。

でも今回の表情や目の輝き、そして仲間が全員事故死していたときの戸惑い・・・いや、良かったです。

 そして、こういう重い話を一生懸命軽くしてくれているあき穂ちゃん。

彼女が居るから多分私この作品すっと入れたと思います。

もし彼女居なかったらSTEINS;GATE同様、うわぁ~これ重い内容だし訳わかんないし私に合わないなぁ~。

と切っていたかもしれません。

そんなあき穂がさすがに大ショック!!ガンヴァレル最終話があれでは・・・ねぇ。

ここから彼女がどう立ち直ってガンつく2に向かうのか、そしてその先のガンつく1に向かうのか。

これも楽しみの一つです。

 そして・・・東京に出かける天王寺綯さん、シャツ、汗ですけすけらしいですが、描写はないのですね・・・残念すぎる(笑)

Img3

揚げ足取り:あき穂はちゃんとシミュレーションって言いましたが、昴君はシュミレーションって言っちゃいましたね。

Simulation = シミュレーション なんですよね。

趣味っぽい単語なのでシュミレーションでも良いような気もしますけどね(笑)。

なんでも、“シミュ”という発音は日本語にはほとんど無いと言うこととか。

私のような揚げ足取りが多いので、最近は音響監督が気をつけていると聞いたことがありますが、
今回は細谷佳正さん・・・言っちゃいましたね~(^^ゞ。

私のような奴が居ますので、皆様も必ず“シミュレーション”って言いましょうね。

 ・・・すみません・・・・こんな揚げ足取りで<m(__)m>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります

そこあに 20121027_181233bmp

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第10話 感想 | トップページ | 新世界より 第12話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

色々と進展しましたねhappy01
居る夫にハッキングするのはCERNに・・・CERNがシュタゲの敵なのでサービスでしょう。
そのCERNにハッキングしたのがシュタゲではダルなんですよ。
オタクでオカリンの相棒です。

フラウが今はギャグ担当で面白いですね。
今回キルバラにも謎が発覚、謎が繋がったら新たな謎がと小出し感が良いですね
エグゾスケルトン社に全てが集まっていきそうですね。
フラウの失踪した母親は今どこに?

>ぬる〜くまったりとさん
謎の小出し感が絶妙で次が本当に気になる作りですよね。
私にはそれがあったみたいでとても面白いです。
シュタゲのキャラがやはり絡んで来ているのですね。でしたらシュタゲファンも楽しめているのでしょうね。

フラウの言い方だと居る夫にはハッキング出来なくても、CERNには出来るかの様でしたね。ホンマかいな?
シュタゲでは特殊PC経由でしたが、無くても出来るのか?だとしたらスゲェですな。

指摘させていただきます。
事故死した三人はキルバラ上位の三人で、フラウの仲間からの報告で発覚ですね。TAKANO_EYEも死亡していた。チート検出PRGの対戦履歴も対PCになっていた。だから???となった。ですね


しかし大変面白くなってまいりました。謎を解こうとすると新たな謎が出てくる。
シュタゲと同様な展開なのですが、飽きません。とても面白い!

年末なのがうらめしい所です。
その間に、この夏からHDDに貯まった作品を見て待ちます。かめラスカルさんもこの勢いでシュタゲを見てみては?今なら行けますよきっと。

>たーさんさん
 私、このCERNがわからないところが、シュタゲ見ていないところを露呈しています。
この辺りが後になってわかってくるとうれしいですかね~。
まあ、シュタゲを見ればよいだけのことなのですが(^^ゞ
 たーさんさんおっしゃるとおり、シュタゲをこの正月に頑張って一気視すればよいのですよね~。わたしあの主人公に馴染めなかったのと、個人的に苦手な分野のタイムループものと聞いたのもあったからダメだったのですよね。確かに今でしたら視られそうな気がします!!
 それほどこの作品、面白いです!!
 

 ご指摘ありがとうございます。
・・・と同時に・・・えっと・・・申し訳ございません。ちょっと混乱しています。
・・・・・・11話のそのシーン見直し中・・・・・・・・・
 
 サークルの仲間3人ではなくて、キルバラ上位3人(TAKANO_EYEも含む?)が事故死したと言うことを、サークルの仲間から聞いた。
・・・つまりサークルの仲間が死んだと言うことでは無いのですね。
サークルの仲間が上位3人の家に行ったって言っていました!!やっとこさ理解しました。
本分修正させていただきました。感謝します

CERNはシュタゲでは世界征服を企む組織ですが、現実には素粒子加速させてぶつけて何たらやら、光を超える速さの粒子(後に間違いと発表したはず)を見つけたやらの所ですよね。
そんな所にハッキング出来るとは思えません。が、きっとフラウなら出来ちゃうんだろうな~

今回はいろんな人が食い付きそうな小ネタが沢山有りすぎでした。きっと制作側が我々に隅々までチェックして次回が待てる様にしてくれたのデスねw

>たーさんさん
そっか!!フラウが、●●より無理って叫んでいました!!
●●の意味がわかりませんでしたが、それがCERNだったのですね。
ぬる~くまったりとさん、たーさんさんがおっしゃって見えたのにやっと今理解出来ました(^^ゞ。
 いろいろ小ネタがやはり入っているのですね~。うわぁ・・・こうやってシュタゲの世界に引き込まれて・・・行くのですね(;^_^A

これからも「STEINS;GATE」や「CHAOS;HEAD」のワードやキャラは続々出てきますよ。
顔出しするキャラは綯だけですけどね。
「太陽活動活発化による人類滅亡」という話は、昔からSFの定番ネタです。
昔は「それから人類を救うには?」がテーマでした。
有名なのは、「鉄腕アトム」第1作の最終回とか、「宇宙戦艦ヤマト3」とかですね。
しかし、人類が増え過ぎになりつつある現在は、今回出てきている話のように「人類削減の策」とする話になるなんて発想が出るようになってきました。
時代の変化を感じます。
プレアデス君の「シュミレーション」発言は、緊張すると噛みっ噛みになる癖から出たものと笑って見過ごしましょう。(笑)
それくらいの気持ちでアニメは余裕を持って見ないと。(笑)

それにしても今回のノイタミナは、2作品共にヒロインをどん底に叩き落として年を越させるというドSぶり。
やってくれますわ。

>ふれいくさん
あ!鉄腕アトムが元祖で、宇宙戦艦ヤマト3でネタとして使っていましたね。確かに!!
ですが、おっしゃるとおり太陽が異変を起こすのではなく、太陽を利用したことにより人口が減ってしまう・・・・わざと、それも科学的にやるというのが最近のSFっぽいですよね。
 言われてみるとガンヴァレル達ロボットが太陽に突撃していく・・・・まるで鉄腕アトムの最終回のごとくです。
 それにしても、人口削減の方法がガンダムのように「戦争」か、「自然災害」かというなか、「自然災害をわざと起こさせる」という手法を使うというのが結構エグイですよね。
 
 昴君はたしかに緊張から言っちゃったのかもしれませんね(笑)。
わたし昔(30年ぐらい前?)聴いていたラジオ(タイトル思い出せない・・・)で、これを突っ込んだ話が有ったんですよ。
それが凄く印象に残っていまして(それまでは私もずっとシュミレーションだと思っていました)、それ以降アニメだけじゃなくテレビのドキュメンタリーとか小説とか、いろんなメディアでシミュレーションと言う言葉を間違えてシュミレーションとしてしまうことが有るたびに突っ込むようになってしまいました(^^ゞ。
 なので、他の言葉では突っ込まないので、ここだけはごめんなさい!過敏になってしまいました(笑)。
  
 本当・・・ノイタミナは両方面白いですが、もう一方の方は今回衝撃を通り越してきつかったですね~。
私のアニメを視る(というよりドラマとかでもそうですが)スタイルが、キャラになりきる(入り込む)のではなく、自分という人間がその場にいるという感覚です。
なので、言ってみれば今回の朱のポジションなのです。
 ですから、今回は朱同様かなり心が折れました。ちょっと気持ちを落ち着かせて感想を書くには、今度視るときはさらに視方として一歩引いて視ないととてもじゃないですが視られないので、あっちの作品の感想は他の作品が終わって、おそらく気持ちに余裕が出来るであろう年明けに持っていこうと思っています。
 それほど心が折れた・・・トラウマになりそうな回でした。(内容は凄く面白かったので、批判するという意味ではないです。完全に心がストーリーにやられました(×_×;))

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56365589

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOTICS;NOTES 第11話迄 感想:

» ROBOTICS;NOTES #11 フラグが達成されました [つれづれ]
 海翔が戦っていたのは誰? [続きを読む]

» ROBOTICS;NOTES 第11話 フラグは達成されました [ゲーム漬け]
フラウから基本、@ちゃんねるではデマという事で落ちついているが、「機動バトラー ガンヴァレル」の最終話が流出したと聞かされる海翔。 それで海翔の君島レポートがどうなってい ... [続きを読む]

» (アニメ感想) ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) 第11話 「フラグが達成されました」感想 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 ヴァイスシュヴァルツ 【愛理】【RR】RNW16-077-RR ≪ロボティクス・ノーツ 収録≫()ヴァイスシュヴァルツ-ロボティクス・ノーツ-商品詳細を見る 海翔はフラウを巻き込み、君島レポー...... [続きを読む]

» エロは強し(武装神姫とかソードアート・オンラインとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【ROBOTICS;NOTES 第11話】君島レポート解放作業と、ガンヴァレル最終話の流出の巻。君島レポートとガンヴァレル最終話の内容の合致、キルバラ上位ランキング者の死亡、と一気にミステ ... [続きを読む]

» ◎ROBOTICS;NOTES#11フラグは達成されました [ぺろぺろキャンディー]
フラウ)はぁはぁ、今日は何にも食べてないよ、ポッチャリが好きと申すか!海翔:はい)睡眠薬がはいってるんですね、眠った私にあんなことやそんなことを話ってなんなの?)ガンバ... [続きを読む]

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第10話 感想 | トップページ | 新世界より 第12話迄 感想 »