フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« バクマン。3 BAKUMAN 第17話迄 感想 | トップページ | AMNESIA 第4話迄 感想 »

2013年1月30日 (水)

さくら荘のペットな彼女 第16話迄 感想

明日はバレンタインだよ!ましろさんと七海さん、どっちが本命なの?

優柔不断はだめだぞっ!

15_2


ましろ
vs七海の空太争奪戦第2ラウンド!クリスマスの次、いよいよバレンタインデーへ!

ずっと・・・好きでした!

ええええっ!!!ついに七海・・・渾身の告白!??



さくら荘のペットな彼女 13thインプレッション 16話迄

ファーストインプレッション 2話迄    2ndインプレッション 3話     3rdインプレッション 4話  
4thインプレッション 5話
          5thインプレッション 6話     6thインプレッション 7話  
7thインプレッション 8話       8thインプレッション 10話迄   9thインプレッション 11話 
1stクライマックスインプレッション 12話 11thインプレッション 13話  12thインプレッション 14話  
13thインプレッション 16話迄    14thインプレッション 17話   15thインプレッション 18話 

16thインプレッション 20話迄    17thインプレッション 21話前半  

 

 

↓公式HP
20121016_143641bmp

●キャラクター

20121016_144145bmp

左から
101号室:神田空太(cv松岡禎丞)~属性:ふつう
  主人公。拾った猫を飼うために普通の寮からさくら荘へ強制移動させられ、そしてましろ当番になる。

202号室:椎名ましろ(cv茅野愛衣)~属性:天才
  メインヒロイン。天才画家でマンガ家を目指しているが自分でパンツをはけないほどの要介護認定者

203号室:青山七海(cv中津真莉子)~属性:努力家
  空太のクラスメイト。
声優志望でバイトしながら生活している頑張り屋さん。どうやら空太を好きな様子。

201号室:上井草美咲(cv高森奈津美)~属性:宇宙人
  脱ぐと凄いのよ~~!!。自書アニメが大ヒットした天才アニメーターだが、いつも脱ぐ!

103号室:三鷹仁(cv櫻井孝宏)~属性:モテブルジョワ
  美咲の幼なじみ。脚本家志望で人妻にまで手を出す女ったらし。

102号室:赤坂龍之介(cv堀江由衣)~属性:ひきこもり
  高校生にしてすでに企業と契約している天才プログラマー。ひきこもりで伝達事項はメイドちゃん(cv???)が代行している。

管理人室:千石千尋(cv豊口めぐみ)~属性:アマゾネス
  Lv.30(29歳と15ヶ月)の美術教師でありさくら荘の管理人(監視要員)。ましろの従姉妹にあたる。
  
  

●あらすじ     (ネタバレ注意)

 クリスマスイブの夜、空太はましろと仲直り、そしてゲーム作ろうぜの審査も通った。

だがさくら荘では年末問題が起きていた。
管理人の千尋先生が年末年始バカンスで不在の為、さくら荘が閉鎖されるのだ。

 ところがましろも七海も帰省予定を立てていなかった。そして帰りたくないモードの美咲先輩も。

結局千尋先生の提案で3人とも空太の実家のある九州・福岡へ。

 女の子3人引き連れて帰って来たブラコン妹優子はめっちゃびっくり!

変わり者のお母さんは大喜び、一方父親は一夫多妻制は認めていないとぶっ飛んだ挨拶。

15_1

 その優子、兄空太がいる水明芸術大学附属高校を第1志望にするが、父親は当然反対している。

 学力的にも厳しい優子に、七海達は優子の勉強をみてあげることにする。
また優子はMasiroのファンだった。マンガ家のMasiroましろと知り舞い上がる優子。

一方七海と空太はお互いのオーディションのことを話しお互いの健闘を祈る。

でも本当は・・・努力は報われるって事を、青山に証明して欲しいだけかもしれない・・・

最近、わからないことがたくさんある・・・

そんな2人をみて、またマンガのモデルになった仁と美咲を見て・・・ましろはわからないことだらけになる。

空太が好きな私はマンガを書くのが大好きな私なの。仁が好きなのは、どんな美咲?

普通に疑問で聞いたましろだったが、その言葉に自分を取り戻したのは・・・美咲先輩だった。

 一方水高を受験するため、必死で勉強する優子を援護するため、風呂場で父親にお願いをする空太

空太・ましろ・七海・美咲、そして優子・空太の両親・・・・それぞれの思いと願いを乗せて、新年のご来光が昇った。

15_4

  
 年が明け、さくら荘に戻ってきた空太達。だがはあれ以来帰って来ていなかった。
友人で元生徒会長の館林総一郎君の家に居候することにしたそうだ。

 美咲先輩は復活、仁脚本のアニメを作り始めていた。
その脚本を読んだ七海は声優事務所のオーディションの自由課題に使わせて欲しいとお願いする。

七海のオーディションの日は・・・2月14日、バレンタインデーだった。

そして前日、2月13日は・・・優子の水明芸術大学附属高校受験の日。

だがその前に・・・いよいよ空太のゲーム作ろうぜプレゼンの日がやってきた。

 緊張の中始まるプレゼンだったが、空太は無事プレゼンを終了。

空太の企画をそのまま使うことは通らなかったが、
藤沢和希達と共に企画をブラッシュアップ、進行していくという意味では半分合格となるのだった!

空太のプレゼンは結果ひとまず大成功!

16_th

おめでとう会で七海と空太が仲良くなっているのに更にモヤモヤするましろ。
そのもやもやはマンガにぶつけろとましろにアドバイスする、飯田綾乃編集だった。

次は・・・優子の受験と七海のオーディション。

七海空太に告白する。

実はね、ずっと言いたかった事があるの。
私、ずっと・・・ずっと好きでした。大好きです!!

・・・というセリフの練習の手伝いをして欲しいと・・・(笑)

 そんな中、ついに優子が受験のため上京してくる。

試験当日、一日早いバレンタインチョコを兄空太に渡す優子は、

優子、2人には負けませんから!お兄ちゃんも頑張ってね。

明日はバレンタインだよ!ましろさんと七海さん、どっちが本命なの?

優柔不断はだめだぞっ!

と、空太をたきつけるのだった!クリスマスイブに続いて嵐呼ぶバレンタイン!

果たしてましろと七海の気持ちは空太へ届くのか?そして七海のオーディションは・・・

Pcwp_480x640

 


●感想

 優子GJ!

 前回のクリスマスイブ、空太はましろ=目標、七海=同志というレベルで、恋とかどうとか考えるレベルではなかった。

ですが今度は違います。半分とはいえ、空太はましろと同じステージに・・・
自分のやりたいことが認められたポジションまで上がって来ました。

一方七海の方はまだ結果が出ていません。つまり空太の心に少し余裕が出来たわけです。

 そこへ優子ちゃんが来て見事に空太の気持ちを変えていってしまいます。

今度はクリスマスイブとは違う、完全に2人を女の子として意識するバレンタインデーになってしまうのでしょう。

 そしてその当の2人。七海の方が今回は有利ですね~。

今度はクリスマスイブと完全に逆です。もしオーディションがうまく行けば・・・七海の方に追い風が吹きます。

ましろは、バレンタインデーで何をすればよいのか正直わかっていませんからね。

 空太を喜ばせようとするとか、応援するとか、どうして良いのかわからない。

それは当日の七海励ましメールのことをおめでとう会の時に聞いて慌ててメールするレベル。

 何をして良いかわからないから、空太が言ったことしか出来ないんですよね。
逆に空太・・いやいや、視聴者の私達がびっくりするようなサプライズが彼女に出来ればましろ安泰ですが・・

これではましろ非常につらい。しかもだからとって、彼女は手作りチョコを作れるわけでもない。

個人的なイメージですが、今回はましろが七海の返り討ちに遭いそうです。

あのクリスマスイブ、七海が味わった気持ちをましろが味わうことになりそうな・・・気がします。

 そこでましろの気持ちがどうなるのかが楽しみですね。もやもやのままなのか、何かに気づくのか?

 そして、最大のポイントは、七海が自分に課した告白の条件「オーディションに合格すること」。

前回も書きましたが、オーディション不合格で七海告白できず・・・そのまま大阪へさようなら・・・
だけは絶対にないと心から信じていますので、オーディション合格の後七海告白。

それに空太がなんて応えるのか、そしてましろはどうするのか・・・

うわぁ~~~来週がめっちゃ気になります。

でも、ラノベ作品ですし、まだ17話ですし、ここで進展は無いんだろうなぁ~(笑)。

期待するとがっかりするから、まあ七海がよかったなぁ~って思える次回になることぐらいの期待で一週間待ちます。

 最後に・・・東京-福岡の新幹線往復運賃が指定席で44,240円。高校生だから学割使っても38,860円。

3人で116,580円・・・ウイークリーマンション借りた方が安い・・・かな?

でもまあ、3人が帰るところ無しとわかったのがさくら荘がしまる当日朝だし、
これは間違えなく千尋先生の策略でしょうから、それに見事にはまってしまった空太君でしたね。
(空太へは言っているのに、保護者であるはずのましろの世話を全くやいていない。
普通千尋先生がウイークリーマンションとか借りていてもおかしくない)

 あの母ちゃんと父ちゃんでしたから、神田家は大歓迎だったのでしょうね。

父ちゃん、空太の本命は誰だと思ったのかな・・・とっても気になります。

まさか本当に一夫多妻制とは思っていないでしょうから(笑)

 ・・・ということで、次回。

七海推しの私にとって多分七海のクライマックス回だとおもうので・・・

マジ七海頑張れ~!悔いのないように!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります
 



そこあに

« バクマン。3 BAKUMAN 第17話迄 感想 | トップページ | AMNESIA 第4話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

クリスマスにバレンタインとイベントが見事に重なってますね。
そして後半は恋愛がメインですね。
ちょっとハッピーエンドを意識しているのかな?
なんか出来すぎ感があるので、その後に起伏がありそうですね。
特に空太が・・・

リタと龍之介が気になります。
赤飯を全員しゃもじで食べるって、そんなにしゃもじが豊富なの?と思いましたね。

藤沢和希と千尋先生の過去、恋人同士?も気になりますね。

>ぬる~くまったりとさん
おっしゃるとおりまだ16話でちょっとできすぎの展開ですよね。
と言うことは、盛り上がる恋愛要素はまだまだ先で、ここではやはりうやむや・・・かもしれませんね。
 過度な期待はしない方が懸命かなって思いながらも楽しみにしています。

 しゃもじ・・・・確かに!(爆笑)。きっと博多どんたくのお土産とかで美咲先輩福岡の時に買いだめしてきたのでしょう。

ん~何だろう?僕的にはパワーダウンです。
ましろが悩み出すと空太をドタバタと振り回す事が少なくなるからかな。空太はドタバタしてる方が面白いです。

今回は久しぶりに新井里美さんの人キャラバージョンを聞きました。問題児でも人形の和装ロリで黒子キャラでしたが魔王の一人でしたからね。

>たーさんさん
おっしゃるとおりだと思います。
空太のほうが落ち着いていて、ましろのほうがおろおろしているからでしょうね。
ましろのおろおろは視ていて危なっかしいだけですよね。
一方空太がましろに振り回されるのは安心できますからね。そして楽しめます。
 逆にましろがそうだから七海もガチ女のバトルに持ち込めないのでしょうね。
今回の頑張れメールなんてみていて哀れというか・・・ましろそれは・・・と思いましたもの。
それは多分七海も一緒なんでしょうね。
 ましろが恋の意味を知り、初めてラブコメがはじまるような気がします。それが今回のバレンタインデーじゃないのかなって、勝手に想像しています。
 
 新井里美さんの人間キャラは本当に久しぶりですね。黒子以外、すっかり人外キャラ声優になってしまいましたね・・・(×_×)

福岡を直撃したはずの台風はそう大きな被害を現地に残さず東京へUターンすることに。(笑)
ただ、ちょっぴり事情は変わり、優子がましろ寄りに、空太の母は七海に好感と、神田家内に微妙な変化は起きた模様。
そして年は明け、一気に2月。
空太、七海、優子には勝負の月。
先陣を切った空太はかろうじて一歩前進。
しかし今回は、文化祭で「にゃぽろん」を見ていたさくら荘の先輩・藤沢の後押しは少なからずあった。
このチャンスを活かせるか?
続いて優子が水高入試へ。
そして七海は運命のオーディションへ。
それぞれがそれぞれの未来へ挑む第16話でしたね。
「俺にとってはいてもいなくても変わらん」と言っていたが、やはり気になる親父さん。
「優柔不断はいかん!はっきり決めろ!」と優子経由でしたが、グッドタイミングなアドバイスでした。
そして次回は業を煮やしたリタ来襲!
龍之介にバレンタインらしいワンパンチをかまします。
メイドちゃん、卒倒のKO負けか?(笑)
そして七海のオーディションの出来は?
仁の大学受験も気になってくる。
ただ、その影でさくら荘に何やら不穏な風が…。
それはまたちょっと先のお話…。(ぇ)
それにしても、美咲の「ジェロニモー!」に、七海は「怪獣?超人?」ってお前何歳だよ!(爆笑)
※1:怪獣=「ウルトラマン」に出てきた酋長怪獣ジェロニモン
※2:超人=「キン肉マン」に出てきた、人間から転生した正義超人ジェロニモ
それから空太役の松岡と親父役の大川の組み合わせは、「ソードアート・オンライン」のキリトとヒースクリフを連想させてニヤリ( ̄∀ ̄)となる。(笑)

>ふれいくさん
そういわれてみればそうですね。
神田家は優子=ましろ派、母=七海派、父=空太よちゃんと1人に決めろ!
とはっきり意思表示が出来ていて、それがそのまま空太の背中を押す役割を担っていますね。
 そして・・・そうですか!バレンタインにリタが現れるのですか。それはましろにとっては援軍ですね。
リタが絡んでくるとましろがそのままやられるってことは少なそうですね。またリタのドタバタが中和してくれそうですし。
 いろいろな恋模様が絡んでいよいよバレンタインデーですね。
ジェロニモぉ~!美咲先輩、たまに古いネタが飛んで来ますよね(笑)

優子ちゃんグッジョブでしたね(^^)
空太は二人を天秤にかけてたわけではそもそもないので的外れといえばそうなんですけど、これまでのもどかしい状況に一石を投じる効果的な耳打ちでしたv

ところで、今頃になって思ったんですが原作者脚本回の第7話で美咲先輩が蚊帳の外だったのは15話の「可憐で儚げな人がいるよ~!」への布石だったんですねw
美咲先輩が復活した後のお正月がどんな風だったのか気になりますけど、今回(16話)の再会時にはすっかり意気投合してる雰囲気で和みました(^^)

>taraさん
これでお話が進展するバレンタインデーでしたらまさにGJ!ですが、ラノベ作品ですからねぇ・・・うやむやにされるかもと、期待半分不安半分で来週の火曜日を待っています。
でも、あの引きは個人的にはまさに優子GJ!でした。
 
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!本当ですね!
あの時美咲先輩はずっと教習所に行っていて優子とは面識がなかったんですよね。
見事な伏線になっていたのですね。ありがとうございました!

毎週見てますよ~(^O^) 僕は七海ちゃん派です~
ましろちゃんも可愛いくて空太が羨ましいですわ~(*^o^*)
うーん、思案するに…将来的には七海ちゃんをしっかり者の奥様にして、ましろちゃんは愛人なんていうのも…
(あ~ダメダメ、ドロドロした昼ドラになっちゅう~…海より深く反省…)(笑)

さて、エンディングの画面を見ていて最近思うけど…
みんなが並んで曲に合わせて体を揺らしています!和気あいあいでマッタリとして良いですわ~(^O^)
これって最近の流行りかな?だって、「お兄ちゃんだって愛さえあれば…」もそうだったし、「彼女と幼なじみが修羅場…」もそうですわ~(^O^)
アニメ制作会社の中で主流なのかな?
あと、僕、リタちゃんも好きッスよ~(^O^)
ではでは…

>ぽん太さん
 ぽん太さんも七海派ですか(*^_^*)。一緒ですね~。
七海奥さん、ましろ愛人が一番おさまりそうですねぇ~。ましろなら仕方ないかと・・・
でも多分ましろの方が納得いかないでしょうねぇ。直球な彼女だけに恋を知ったら七海を排除しようとしかねませんし。おっしゃるとおり昼ドラどろどろ展開になりそうですね。
 EDの全員集合和気あいあいは最近の流行かもしれませんね。全員集合は昔から有りますが一緒に踊ったりするのは少なかったですからね~。
でもさくら荘はみんな後ろ向いているんですよね(さくら荘の方を向いている)。
視る私達に背中向けているのは新しい試みかもしれませんね。作る方もそれでは・・・と思ってさくら荘自体も踊らせたのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56640976

この記事へのトラックバック一覧です: さくら荘のペットな彼女 第16話迄 感想:

» さくら荘のペットな彼女 TokyoMX(1/28)#16 [ぬる~くまったりと]
第16話 ずっと、好きでした・・・ プレゼンの準備は整った空太。美咲はダイニングで仁の脚本でアニメを考えていた。見せてもらうと恋愛ものだった、課題に使えると許可を 求める七海。2月14日のオーディションには自由課題もあった。 2月13日は水明高校の入試だから前日に泊まるとゆうこ から電話が掛かる朝から既に緊張している空太に頑張るなとアドバイスする千尋先生。仁を学校で見つけて隠れる美咲。入試までは帰らないらしい。 放課後にプレゼンに向かう空太、七海から頑張れとメール。リズムバトラーのプレゼンを始める。... [続きを読む]

» (アニメ感想) さくら荘のペットな彼女 第16話 「ずっと、好きでした……」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・フォルテ TVアニメ 「 さくら荘のペットな彼女 」 オープニングテーマ 「 夢の続き 」(2013/02/27)鈴木このみ商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日...... [続きを読む]

» さくら荘のペットな彼女 第16話「ずっと、好きでした・・・・・・」 [ボヘミアンな京都住まい]
年明け早々から空太にはゲーム企画のプレゼン。今回は門前払いでなく、なんとかチャンスの尻尾は掴めた様子ですね。実現というか商品化まで漕ぎつけられるかどうかはまだこれからのようですが、藤沢と直で面識できたのは今後にとってプラスかな、と。 そして、ましろと七海、それぞれに連載やオーディションを控えながらもバレンタインのことがチラホラと・・・その意味では今回は溜めの回みたいな感じでしたね。空太が親父から見抜かれてたのにはちょっと笑えましたが(笑)。 10月10日発売の原作最新刊↓鴨志田一『さく... [続きを読む]

» アニメ感想 『さくら荘のペットな彼女』#16「ずっと、好きでした……」 [たらさいと]
前回は冬休みの話でしたが、今回は始業式から一気に2月まで。 桜の季節から始まった本作品。まだ2クール目の前半ということを考えると、季節がもう1巡りするのかも知れませんね(^^)... [続きを読む]

» ◎さくら荘のペットな彼女第16話「ずっと、... [ぺろぺろキャンディー]
空太:後は練習どおりにやればいいナナ)先輩元気になったのかな-)ミサ:もうね胸がキュンキュンだよジンの脚本ナナ)・・・-)どうしたの?)お借りしてもいいですか?オーディションで... [続きを読む]

« バクマン。3 BAKUMAN 第17話迄 感想 | トップページ | AMNESIA 第4話迄 感想 »