フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ちはやふる2 第2話 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第13話迄 & 新世界より 第15話 感想 »

2013年1月21日 (月)

ヤマノススメ 第3話 & まんがーる! 第3話 & 僕の妹は「大阪おかん」 第4話迄 感想

まんがーる!まさかの実話を自虐パロ!!

2012年4月号の月刊コミックアーススター。1周年記念の巻頭グラビアは悠木碧ちゃん。

その中のグラビア写真の一枚・・・・この右下の写真

Yukiaoi

よくみると何か人のようなものが写ってる・・・・心霊写真?

・・・と当時はネットで結構騒ぎになりました。

Yukiaoi2

結局この写真は、ミラー部分にスタッフが写り込んでいて、それを気づかず修正も無しで掲載してしまった・・・と相成りました。

まんがーる3話、まさかそのネタを・・・しかもグラビアアイドルのcvに本人の悠木碧ちゃん使って自虐パロをするとは・・

やるなぁ~~~(笑)




ヤマノススメ 2ndインプレッション 3

ファーストインプレッション 2話   2ndインプレッション 3話  
3rdインプレッション 5話迄     4thインプレッション 9話迄   
ラストインプレッション 12話迄  

 

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Photo



●あらすじ 
 (ネタバレ注意)

 あおいあおい、どの山にする?

ひなたあおいは、再会後初の、一緒に登る山を決める。

前夜山登り対策と女子力を見せつけるためのお弁当作りに励む。

ところが翌日、完全装備のあおいに対して学校の制服でやってきたのはひなた。

最初に登る山は・・・なんてことはない天覧山だった。

標高197m、ちいちゃい子供でも登れる、(伊能市)地元の方の散歩コースとしても親しまれている山だった。

 あっという間に山頂に着くが、でもとっても見晴らしが良い。

ひなたの持ってきたガスカートリッジでお茶を、そして女子力をみせたサンドイッチを一緒に食べるひなたとあおいだった。

次はどこ山登ろう?   え!?もう次の話?  当然よ!



●感想

 前回、ショートアニメではもったいないと書きましたが、この作品恐ろしいほど1話の完成度が高いです。

もちろん長くじっくりと視たいのには変わりありませんが、ここまでの3話、全て変な詰め込み感もなく、
それでいて一つのテーマを1話かけてちゃんと描いてくれています。

1話で2人の再会を描き、2話であおいの山への気持ちが少し戻り、3話で再会後初めての山登り。

 確かに15分あれば各話をもっと掘り下げられ、お話の奥が深くなるのにな・・・とも思います。

ですが、全然視たり無い、もっともっとみたいと思うこの脚本・展開は、ショートアニメとしては正直完璧だなぁ~と感動しました。

 そして聖地巡礼はまだまだ軽装でも大丈夫な埼玉県伊能市天覧山。

早くも聖地巡礼動画とか上がって来ているのも良いですね~。

ところで天覧山の標高、劇中やWikipediaだと197m。伊能市の観光ページだと195m。

たった2mの差ですが、果たしてどっちが正しいのだろう。間をとって196mだったりして(笑)。

 ショートアニメだからと侮るなかれ。心暖まる、とっても良い作品ですよ。

でも、くどいようですがこのアニメに感化されて、
軽装備で山登りしたり聖地巡礼して遭難することの無いよう気をつけてくださいませ!



まんがーる! 2ndンプレッション 3

ファーストインプレッション 2話   2ndインプレッション 3話  
3rdインプレッション 5話迄     4thインプレッション 9話迄
クライマックスインプレッション 12話迄   ラストインプレッション 13話 

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Photo_2



●あらすじ 
 (ネタバレ注意)

 今回は創刊号の巻頭グラビア撮影。

編集部全員同行しての撮影会。モデルは桜台きいろちゃん(cv悠木碧 あおちゃんがきいろちゃんw)。

待ち合わせに来ていない上に携帯も忘れていた佐々山はな編集長・・・なんと現地で待っていた。
しかも名刺まで忘れるという体たらくぶり。

撮影場所はとしまえん。

はな編集長は良い写真になってもらうよういろいろ手伝うが全て裏目。

そして問題の場所・・・カメラマンから「ミラーに写り込まないようにしてください」の指示。

 できあがった写真の修正指示を入れるとて写真をチェックする4人。

かわいく撮れているきいろちゃんがもたれていたところの鏡には・・・注意されたにもかかわらずはな編集長が写り込んでいた・・・


●感想

 このネタ実話のパロディなんですよね。キャッチフレーズ通り、本当に実話をネタにしているんだ!!(爆笑)

月刊アーススター2012年4月号のことでした。でも実際は写り込んでいるの気づかなかくて、
発売後心霊写真騒ぎになったんですよね。

 もうそのネタを再現してくれただけで大爆笑でした。

悠木碧ちゃん本人にcvしてもらうとか、どれだけコミック・アーススター編集部自虐(笑)。

これって、原作にもあるのかな?

逆にそちらの方が気になってきてしまいました(笑)

 そして、サービス担当は意外や意外、はな編集長ですか。

前回に続き今回もパンチラ、そしてラストはヌードの大サービスでした。

まあ、完全にボケ役の編集長ですからこういうサービスシーンにも使いやすいと言ったら使いやすいですね。

 




僕の妹は「大阪おかん」 2ndインプレッション 
4話迄

ファーストインプレッション 2話迄   3rdインプレッション 5話 
4thインプレッション 6話       

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
Okan_web_3


●あらすじ
 (ネタバレ注意 大阪ルール等おいしいところは一部伏せ字にしています)

第3話:「俺の妹がこんなに大阪おかんなわけがない

いよいよ楓ちゃん(cv井口裕香)登場!!

「なんや、妹でも○○ズにできるんかぁ~?」

・大阪ルール6:自転車には「○○べえ」と「ひったくり防止○○ー」がマストアイテムらしい
・大阪ルール7:日常会話の中で、ひとがもっているものの○○を聞くのは普通のことらしい
          そして自分が安く買ったものは自慢したいらしい
・大阪ルール8:基本的に疑い深いが、ちょこっと○する話には弱いらしい

ED:♪『さすべぇはいつも雨』
   
   

第4話:「大阪おかんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

ついにサブタイトルから「妹」という言葉が無くなった(笑)。
このサブタイトル、今さらながらですが妹もの作品タイトルのパロディなんですよね~。

「今日のパンツは○○ガースやで!」

・大阪ルール9:女子は高校生になると「○○ちゃん袋」を持ち始めるらしい
・大阪ルール10:「○○ときます」は「ごめんなさい」という意味らしい
・大阪ルール11:魅力的な男性の最重要項目は「○○ロい」らしい

ED:♪『浪速のラブソング』



●感想

 4話のキャスト!楓・先生・おばさん・男子生徒A・B・C・男1・2全部キャスト名が井口裕香!!(大爆笑)

 これって、妹・浪花役の阿澄佳奈さんが武装神姫6話でアスミス無双・キャスト名全部阿澄佳奈だった奴をパロったんじゃないの?石舘光太郎さん!

・・・ってtwitterでつぶやいたら(もちろん@無しで)、脚本の石舘光太郎さんがなんとリプライしてくださいました。

20130120_170624bmp

あ・・・やっぱしそうなのね・・・(爆笑)。石舘さん、ありがとうございました。

 

とにかく井口無双には笑いました。そしてその初登場!楓ちゃん

 楓ちゃんも何かキャラに特徴があるのかと思いきや、京介と同じポジションでした。
男(兄)相手にぼけるか女(友達)相手にぼけるかの違いですね。

 ところで、ニコ動とかで純粋な関西人ではないアスミスを何故起用した?という疑問が出ていましたが、
それも石舘光太郎さんがツイッターで説明されてみえました。

20130115_84835bmp

 まあそう言う事でしょうね。コメディとして、それもアニメでやるなら妙に現実っぽくない方が良いと言う事なのでしょう。

 ケンミンショーとかで出ているおかん達も実際どこまでリアルでどこから演技なのかわかりませんですしね。

そうそう、先週のケンミンショーOSAKAタイムで、さすべぇ使っていたおかん出てましたねぇ~。
爆笑してしまいました。

 そのうさんくささがこういったバラエティー作品では面白いと私は思いますので。

この大阪おかん、当初本命だったgdgd妖精sとワンセットで感想書けばいいかなぁ~って思っていましたが、
そのgdgd妖精sがまだ私、面白さを完全につかめていませんf^_^;。

面白いんだけど・・・・面白いんだけどなにかが・・・・って感じになっています。困った・・・(汗)

 逆に大阪おかんの方が面白いと感じるって事は私には石舘光太郎さんの感覚が肌に合ってるのかなぁ。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

« ちはやふる2 第2話 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第13話迄 & 新世界より 第15話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

石ダテコー太郎作品」カテゴリの記事

コメント

ヤマノススメはおもしろいっすねー
個人的に今期で一番好きです。
あおいとひなたの雰囲気というか関係性がすごく微笑ましい。
5分という限られた時間できっちり収めてくる。

まんがーるは実話をぶっこんで来るとは思わなかったです。
こんな話があったとは、すごいシュールで笑いました。


>としおさん
本当、おっしゃるとおりうわぁ~もっと視たいなぁ、もったいない。
と思うのですが、だからといって無駄がないんですよね。5分にきっちりと1話をおさめてくれてます。
そしてこの二人の関係と雰囲気が本当に良いですよね。
お互い違う性格で、決して持ち上げるとかそういうことじゃなくて、結構本音で話して、でもとってもほほえましくて、ああ・・・友達だなぁ~っておもいます。
 本当に良い作品で、とっても面白いですね。

 まんがーる、びっくりしましたよ(笑)。
この心霊写真ネタ、当時ネットで悠木碧という名前かなんかでググっていたら「悠木碧の写真に心霊写真が?」とか言う感じで引っかかって、釣られてみてしまっていたんです。
そしたらまとめサイトとかあちこちで取り上げていたのがわかり、ちょっとした騒ぎになっていたので、記憶していたのでした。
 ホームページのキャッチフレーズに「ほぼ実話?」って確かに書いてありましたが・・・ほぼ実話じゃん!っておっしゃるとおり凄いシュールで笑ってしまいました。

ヤマノススメは5分が勿体ない作品ですよね。
もう少し見たい。
まんがーるの映り込みは実話ネタでしたか。
結構中の人ネタとか他でもありますよね。

マキばおーで山田雅人は素人なので演出が出来なかったのではと考えます。
生の関西弁ではない演出も最近は多いのですが・・・
植田佳奈さんの、ぺとぺとさん などは抑えられた綺麗な関西弁でした。
スマイルプリキュアでも抑えた関西弁をしゃべらせてますよ。
メンバーの一人、キュアサニ―が関西弁です。
この役の田野アサミさんは、お勧めです。
元アイドルのメインボーカルで流石の歌唱力です。

>ぬる~くまったりとさん
 ヤマノススメはこれから先もっと話が大きくなってきたとき(冒頭の谷川岳とか)、
5分では無理でしょう・・・と思います。その時どういう風にしてくれるのかに期待ですね。
アーススターですから仕方無いとはいえ、本当5分アニメにするには惜しいです。
ですが、惜しいながらにも良い出来に仕上げていると、個人的には驚嘆します。
 
 まんがーる、アーススター編集部ははきっとあの心霊写真騒ぎ、悠木碧さんにも本当に申し訳ないなあ~って思ったんでしょうね。
結構騒ぎになっていましたので(私は後から知りましたが)。
 ご本人にcvしてもらって、これはそう言う事だったんですよ~って今さらながらお詫びも兼ねて自虐パロしたんじゃないかなとまで深読みしてしまいました。
なのであえてブログにも書かせていただきました。
 
 山田雅人さん、たしかにタレントさんですものね。そうしてみるとまあこの辺の方言ものって結局は作り手の感性に左右されたり、お金が絡んできたりするのでしょうね。
咲-Saki-阿知賀のスタイルキューブごりおしでめちゃくちゃ酷かった関西弁のチームもありましたしね。
 また、地元の声優でなくても坂道のアポロンやちはやふるの細谷佳正さんのようにしっかりと方言指導を受けて演じて見える方もお見えになりますものね。
  最近では、私個人ではさくら荘のペットな彼女で青山七海役をされてみえる中津真莉子さんの関西弁が凄く好きですね。
 方言を劇中で使うときは、その表現方法ってやはり難しいですね~。

「ヤマノススメ」は本当に見進める度に5分なのが勿体ないとしか感じれません。
なんとか15分ものにならんもんかな。
ただ、5分だからこそ、あのクオリティーにできるのかもしれないとも感じたりして。(ぇ)
敢えてクオリティー勝負に出るなら、予算的に5分に絞るしかなかったかもしれませんね。
原作ストックも多くないですし、オリジナルをかませる内容でもない感じがしますから。
これがBestではないけれど、現時点でのbetterなのかもしれません。
「まんがーる」のこのエピソードは、原作にあったと聞いた覚えが…。
記憶違いだったらごめんなさい。
「さくら荘の…」の七海の大阪弁は大きな批判はありませんね。
それもそのはず、七海役の中津は東大阪市出身。
大阪弁がナチュラルなんですよ。
だから大きな批判が出ていないのかもしれないですね。

>ふれいくさん
 竹書房とアーススターは、完全に原作を売るためのアニメですからね。
しかも角○のような大手じゃないから、予算的に5分のショートアニメしか作れない。
この作品が5分なのは全くもってもったいないですが、逆に5分だからこそ出来るクォリティかもしれない。
・・・アニメ製作って難しいですよね(笑)。
でもおっしゃるとおり、15分アニメだったら本当良かったのに・・・って思いますよね。
 まんがーる、これ原作にあった(かも)でしたか!それを聞きますと、余計やりおったなぁ~っておもいます。今だからこそ笑えるネタですよね。
 中津真莉子さん、生粋の大阪人でしたか!!そりゃぁ~~~~、納得しました。
あの関西弁はネイティブだったのですね。ありがとうございました。

やっぱヤマノススメはもったいないよなー
2期で30分になることとかあるんですかね?
それだったら全力で関連商品買いまくるんですが。

>としおさん
いや本当にもったいないですよね。
アースター・エンターテイメントが自社で円盤出していますので、ポニキャとかスタチャとかが絡んでくることも無さそうですのから、やはり資金的にどうだろう・・・っておもってしまいます。
んで、アースター・エンターテイメントの親会社はカルチュア・コンビニエンス・クラブ。
そう、TSUTAYAなんですよね。レンタル系の会社がお金出すかなぁ・・・。
 でも、やはり円盤が売れることが2期や15分→30分アニメを作るきっかけになるのかもしれませんので、やはり自分達は円盤買うしか、方法がないんでしょうかね~。
※原作コミック売るためのアニメだから原作買ってもアースター・エンターテイメントの目論見通りですから、アニメが長くなる可能性は低いと思いますので・・・

自社で円盤販売しているのですか。
まあPCコピーで作れますからね。
雑誌の売り上げアップよりも円盤売り上げが儲かった場合は、OVAなら作れそうですね。
30分番組の作成は雑誌の売り上げが増えて会社が大きくならないと難しそうですね。
TSUTAYAの子会社ですか、取り敢えず様子見な感じでしょうか。

>ぬる~くまったりとさん
アーススター・エンターテイメント、なんでこんな新しい出版社がレーベル出せるのかな?
って思い調べましたら、バックにTSUTAYAがいました。
そりゃ円盤出せるわけですよね。売れなくてもレンタルで全店に置けば良いわけですし。
おっしゃるとおり、もし円盤が5000枚とか、ヒットしたらOVAとか、本腰入れてくるかもしれませんね。
今はまだ雑誌を知ってもらうのと、コミック売るための円盤&5分アニメなのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56560630

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマノススメ 第3話 & まんがーる! 第3話 & 僕の妹は「大阪おかん」 第4話迄 感想:

» ヤマノススメ 第3話 『登山って、命がけ!?』 何故ひなたは制服? [こいさんの放送中アニメの感想]
休日に外出する時は制服のこと。なんて生徒手帳に書いてあることありますよね。あおいとひなたの再会登山第1弾は「天覧山」。埼玉県飯能市にある標高197mほどの山です。行き先を聞いてなかったあおいは重装備で来ちゃいましたが、用心に越したことはありません。 今週のひみつ道具。頂上でひなたがクッキングストーブを取り出して二人でお茶。あおいもサンドイッチを取り出して野外ランチ開催。因みにクッキングストーブよりも「ポータブルストーブ」という言い方のほうが一般的みたいです。 ひなたが取り出したのは、 プリムス ウ... [続きを読む]

» ヤマノススメ 第3話 「 登山って、命がけ ! ? 」 [HARIKYU の日記]
ヤマノススメ 第3話 「 登山って、命がけ ! ? 」 2013/01/17須王様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2013/01/17634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2013/01/17shinshin様より拍手を頂きました。あ ...... [続きを読む]

» まんがーる! 第3話 グラビア撮影日和 [ゲーム漬け]
明日は巻頭グラビアの撮影で、担当はつぐみ。 撮影スタッフに確認も取り、手配済み。 ロケ地にも連絡済みで、お弁当も手配。 弱小編集部ゆえ、全員が同行するよう。 つぐみは気 ... [続きを読む]

» ヤマノススメ 第3話 登山って、命がけ!? [ゲーム漬け]
最初はその辺の丘と言うあおいですが、そんな中途半端でどうするの、モテないよとひなた。 近所の丘ならと約束するも、山登りって何を持っていけばいいのと、あおいもまともな知 ... [続きを読む]

» 僕の妹は「大阪おかん」 第4話 大阪おかんだけど愛さえあれば関係ないよねっ [ゲーム漬け]
教師や用務員、楓に飴を配る浪花。 大阪では、女子は高校生になると「アメちゃん袋」を持ち始めるとか… モデルをやっている者やら、サッカー部のキャプテンやら、大金持ちで ... [続きを読む]

« ちはやふる2 第2話 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第13話迄 & 新世界より 第15話 感想 »