フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 琴浦さん 第2話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第2話 感想 »

2013年1月19日 (土)

ビビッドレッド・オペレーション 第2話迄 感想

尻から登る日の出!

Twitter_icon11

オペレーション成功じゃ!
それがわしの究極の発明、ビビットシステムじゃ。

よく聞け二人とも!ドッキングじゃ!

ドッキングぅ?

Wp04_1024

そしてブルーの武器はシティーハンターの槙村香ちゃん顔負けの1000tハンマー!

いやはや!何の問題も無い期待通りの作品です!

なんかこう・・・ビビッときたの!!!

夢と希望と友情の尻アニメ、スタート!

Cap0105



ビビッドレッド・オペレーション VIVIDRED OPERATION
                 ファーストインプレッション 2話迄

ファーストインプレッション 2話迄  
2ndインプレッション 4話迄    
3rdインプレッション 6話迄  
4thインプレッション 8話迄 
クライマックスインプレッション 11話迄  
ラストインプレッション 12話  

 

ニコニコ動画配信ページ

 毎週日曜日22:00~ニコ生なのですが、その直後の22:30~キャスト達によるトークが繰り広げられます。

また本編もゆるゆり同様1話は佐倉綾音さん以下キャスト達のコメントがありました。2話もおそらく同様ではないかと。

 キャストやスタッフの皆様は大変ですが、こういう企画は個人的に好きなので本当日曜日の楽しみになりました。

 

↓公式HP
Photo



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 示現(じげん)エンジン。

相模湾上にうかぶ人工島「ブルーアイランド」と衛星によって地球上に供給される。
主人公一色あかね(cv佐倉綾音)の祖父一色健次郎(cvてらそままさき)らによって5年前発明された画期的なエネルギー。

 今日もあかねはお祖父ちゃんの作ったわんこと名付けた浮遊バイクで新聞配達のバイトをする。

Twitter_icon25

 一見平和な世の中に見えたある日、突如現れる謎の物体。
それは、ネウロイ・・じゃない、アローンと呼ばれ、示現エンジンを狙っていた。

 7年前、示現エンジン実験中にそれに遭遇した健次郎は、いつかまたそれが現れることを危惧し、対策のための発明をしていた。

 それが「ビビッドシステム」。キーのようなものを健次郎はあかねにそれとなく渡す。

だがその後健次郎は事故に遭い魂があかねの妹ももから送られたかわうそのぬいぐるみ・うそくんに乗り移ってしまう。

Omake_ill01

 あかねは7年前のその事故でトラウマになり、極度の高所恐怖症になっていた。

だが、あかねの親友で、でも病弱の二葉あおい(cv村川梨衣)が乗ったヘリがアローンにより撃墜、
彼女が放り出されたその時、ビビッドシステムのキーが発動し、何とあかねは変身し、空を飛んでいた。

Twitter_icon38

そしてあおいをたすけたあかね。そこへ聞こえてくるはうそくん(健次郎)の声。

オペレーション成功じゃ。それがわしの究極の発明、ビビッドシステムの力じゃ!!

あかねだけでなく、キーはあおいにも用意されていた。あおいも変身してアローンと戦う。

ビビッドシステムにより空を飛び、強大な力と武器を持ち、敵からの攻撃をシールドで守る。

二人はみごとアローンと戦いアローンは動作を止める。
トドメを刺すには・・・ドッキングオペレーション!!それは・・・おでこにキスだった。

ところがドッキングは失敗。原因は・・・なんと二人の友情の力が弱かったのだ。

原因を調べるうそくんと、もう一度ドッキングを試そうとするあかね。

 だがその前に、岸から一本の矢が放たれた。黒騎れい(cv内田真礼)が放った矢は止まっているアローンに命中。
 アローンは活動を再開する。

それに立ち向かうあかねとあおいだったが、やはり単独ではアローンにとどめを刺せない。

実はあおいが(本当はトマトが嫌いという)嘘をついていたのが原因だった。だがそれを知っていたあかね。

2人の心のわだかまりが無くなったとき、オペレーション・ビビットブルー!ドッキングが完成!

なんと2人が1人になってしまう。

ビビットブルーの活躍でアローンにトドメを刺し、なんとか最初の危機を逃れた。

翌日、あかねたちが登校すると・・・学校が(昨日の戦いで)消えて無くなってしまっていた。

そこへ現れる謎の女性。彼女の口からは・・・・

あなたたちには転校してもらいます!!

・・・え!?転校??

Photo



●感想

ストライク・ウィッチーズじゃん!

ネウロイがアローンになって、魔法がビビッドシステムになっただけじゃん(笑)
あと舞台がヨーロッパから日本へ、時代がちょい昔からちょい未来へ。

 高村監督・・・内容はストライク・ウィッチーズと大して変わらないから、
きっと魔法少女モノの変身バンクと百合要素をやってみたかったんだろうなぁ~~~(爆笑)

昔も今も女の子の変身バンクに外れなしですからね~。

しかもあかねが赤、あおいが青。公式ページみるとももちゃんがピンク、わかばが緑、ひまわり黄色、黒騎れいが黒ですか・・・。

・・・プリキュアもやりたかったんだろうなぁ・・・・笑

そして百合要素は咲-Saki-・ストライク・ウィッチーズに代表される今一番のこの手のアニメの旬ですからね。

しかもドッキングで2人が一人になるって・・・超人バロム1?それともウルトラマンエース??もう大爆笑!!

あ、男同士がバロム1、男と女がウルトラマンエースだから、女同士は(私の記憶の中では)初なんだ(爆笑)

でも・・・だからこそ最高に面白いです。期待通りの出来である意味何の不満もない安定作品になりました。

Wp01_1024

 逆にこれを1クールでやること自体、非常にもったいないと思います。

ピンク・緑・黄色で1話ずつ、黒が悪なのか途中で変わるのかわかりませんが。

登場人物紹介だけであっという間に半分終わってしまいそう。2クールでやるべき作品ですよ。これ。

 でも、この何の死角もない、間違えなく人気作品になるであろう内容でしたからすでに2期決定しているようなものですね。

相当これ、練られています。一部には吉野弘幸シリーズ構成が不安って言う方もいますが、
私はアクセル・ワールドもソ・ラ・ノ・ヲ・トも良かったので心配していません。

きっとストライク・ウィッチーズ3期の後にビビッドレッド・オペレーションの2期があるのでしょう。

内容はほとんど変わらないのですから・・・・笑

 とにかく完璧に楽しませてくれる出来のこの作品、
まずは最終回まで変身&合体少女と尻と百合と友情とかわうそくんを堪能させて頂きます。

あ、もちろん戦艦を初めとするミリタリー関係もストパン同様GOODですよ~!

武器はアサルトライフルから現代っぽくなってしまいましたが。

しかし、香ちゃん1000tハンマーがブルーの武器とはまいったなぁ~。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります



そこあに
ビビッドレッド・オペレーション

« 琴浦さん 第2話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第2話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

コメント

もう何から何まで想像出来る安心で安定の作品ですね。

でもプリキュアの変身バンクはもっと凄いですよ。
一説では5000枚と噂されてますから。
30分番組は3000枚なら少ない、3500枚程度のセル画が必要なのに
 5000枚は有り得ないでしょうが・・・
ただし3パターンほど有ってフルや短縮版が有るのでストーリー的には
 邪魔にならない様に作られています。

脚本は監督と吉野弘幸なので大丈夫とは思いますが、ノイタミナの
 2クールオリジナル、ギルティクラウンで彼は失敗しているので不安はあります。

1クールでもストライクウイッチーズと同じで可愛ければ良しで
 特にストーリーも無くても大丈夫でしょう。
逆に2クールだと相手を描いて謎が判明すると短命になる?かもで
 楽しみが減るかもしれないなと思ったりします。

>ぬる~くまったりとさん
 私全く視ていませんが、プリキュアの変身バンクってそんなに凄いんですか!?
さすが気合いの入れるところがわかっていますね!!
 そっか、ギルティクラウンを失敗していますか。だからあちこちで吉野ストーリー構成に不安視する方が多かったのですね。理解致しました。
 確かにストライク・ウィッチーズも1期・2期共に1クールで、内容はデジャブ?みたいな回もあり大して変わらないですものね。
それでいて人気作品、今度3期が有るわけですから、おっしゃるとおりこれもストーリーを追う作品ではありませんから、1クールずつかわいいキャラクター達のがんばりを見られればそれで充分ですね。
 ストーリーを追うわけではないから1クールの方が良い!納得です。ありがとうございました。

いやー自衛隊と協力して戦うのはかっこいいです。
ミリタリー的つっこみどころは無視したほうがいいですね。
1つ気になったのはトマトの嘘で艦隊が壊滅したところですかね
イージス艦の乗組員が三百人ほどで空母とかだと数千人ほどですが
トマトのせいでかなりの死者が出たことは個人的に胸糞悪い。
シュールな笑いになるのかな。
ストーリーは気にしないほうがいいです。
  

>としおさん
ウィッチが主役で、しかも軍に所属しているというストパンと違い、こちらは普通の女の子ですからね。
 ブルーアイランドは自衛隊所属?おそらく違うと思いますが、その局長のあの女の人が自衛隊に協力を求め、訳がわからない中でも一緒に戦おうとするところは良かったですよね。
 ストパンと違い、今回は軍事考証の鈴木貴昭さんがスタッフに(今のところ視る限りでは)いないんですよね。
なるほど!ミリタリーに疎い私はGOODだと思いましたが、お詳しいとしおさんからみると突っ込むな!レベルなのですね。ありがとうございます!
 確かにトマトで一艦隊と一山吹っ飛びましたからね。それにショックで二人がアローンに突っ込むところまでは良かったですが、その後平和に笑って仲直り、そしてドッキング。艦隊壊滅でたくさんの人が死んだというところがスルーしていますね。
あそこは艦隊じゃなくて、学校吹っ飛ばした山一つにした方が良かったですよね。
 艦隊が壊滅すると自分の仲間が死んだという概念だったストパンに対し、何かこちらはこれからもたくさんの戦艦での死者。それも演出の為の無駄な死が多くなりそうですね。確かにおっしゃるとおりそこ考えるとちょっと・・・です。
 自衛隊との共同戦線をこれからどうやっていくのか、彼女達の転校先がブルーアイランドなのか、軍なのかわかりませんが、これからどうしていくのかでちょっと気になるところですね。

自分が戦う理由に躊躇しないこと、防衛軍はやられ役であり、犠牲は省みられないなど、古いアニメや特撮の臭いがしますね。
ゲームの地球防衛軍も地球を守るのであり、建造物を守るのではない!というのが良かったので特に気にしないです。
エヴァでもアスカが来日したときにボコボコ沈んでますけど、特に何もなかったのでガイナの伝統芸?という気も。
1クールでどんだけ詰め込もうとしてるのか疾走感が凄いので、これは波に乗れなければ終わりの作品でしょうね。
こちらは高村監督のやりたいことを極めて欲しいと思いますが、改めてストライクウィッチーズはスタッフの絶妙な綱引きで成り立ってたんだと実感しました。
変身シーンのガキーン!と音が鳴りそうな重さや溜めを見てるとスパロボに出れるんちゃうか?という気までw
とにかく欲張りな内容なので頭を空っぽにして流れ込んでくるものを受け止めたいと思います。

>ヴィーさん
 ウルトラマンとかでウルトラマンが来る前の科学特捜隊のハヤタの時は何もせず、
ただ怪獣に片っ端からやられていく自衛隊とかの飛行機や戦車・戦艦・・・っていう、
あの古いアニメや特撮の臭いですね。
なるほど言われてみれば確かにその通りです。ドッキングもウルトラマンエースですし(笑)。
 なんといいますか、息をもつかない疾走感がありますね。気がついたら終了~また来週!みたいな。
なので、ヴィーさんはじめみなさまおっしゃって見えるように、何も考えず、突っ込まず頭空っぽにしてこの疾走感を楽しむアニメなのでしょうね。
 やはりミリタリー系は突っ込んではダメってことですね。本当ストパンはスタッフの絶妙な綱引きで成りたっていたんですね~。

いきなりですが僕もこの手の展開では何時も思うことがあります。
今回で言うと空母に戦闘機を降ろした後などの絡みが嫌いです。
どんな作品でもそうですが、既に戦闘に入っているんだから話して無いでとっとと行けよ!と思います。

まあ直ぐに頭の中切り替えて見るんですがね。

ところで、この作品は自動車メーカーに話しなかったのかな?ラグランジェの日産かプレアデスのスバルなら乗ってくれたかもしれないのに。カギしかありませんけどねw

あとEDは2話だけ特別なのか?円盤CMで2話ED収録となっていましたし、どうなのでしょう?
人が増える度に変わるのか?(ガルパンパターン?)注目点です。

追記
ドッキング後のあの絵にするのなら声を替えて欲しかった。
ちょっと歳上の声と脳内会話で3人分の声が欲しかったな。

最近はハンマー見ると戦国乙女ヒデヨシを思い浮かべます。

>たーさんさん
こうして見るとこの作品、他の皆様もおっしゃって見えるとおり結構アラがありますね。
逆に言うと深く突っ込んでみると、疑問ばかりでてきそうですね。
 私はあおいちゃんが戦闘機をおろしたシーンは大して気にならなかったんですよ。
この2人、戦闘には素人で普通の女子校生、あおいは病弱で良いところのお嬢様として考えると、戦闘中でマジモードと言うより単にうれしくて楽しいだけなのかなと。
 逆に周りの軍人(自衛隊員)の方がぼけてるなーって。
としおさんもご指摘されて見えましたが、その辺りがこの作品の評価の分かれ目になりそうですね。本当の戦闘で人が死んでいるのに、戦う本人正義の魔法少女ヒロインモードみたいな。これからかなりの無駄な人達が死んでいきそうですね。
 ヴィーさんがおっしゃるとおり昔の正義のアニメか特撮みたいな気分で視ないといけないのかもしれません。
 自動車メーカーはどうだったのでしょうね。カギだけだから話無かったかもしれませんね。また内容が愛と勇気と友情って言っていますが、所詮は尻アニメですし(笑)。むしろヤマハあたりがわんこくんの浮上バイクの似たようなの出せば面白いかもです。
 合体後は・・・私たーさんのツッコミ以前に、ビビットブルーなのにレッドがメインでしゃべってるって思いました(笑)。ブルーだからブルーがしゃべるよね普通・・・って、やっぱりツッコミどころたくさんありますね(^^ゞ。
 勢いのアニメなのでしょうね(笑)。
ハンマーをみて何を想像するかで年齢や作品の好みが分かれそうですね~。 
他のブログをみると勇者王ガオガイガーのゴルディオンハンマーとか、リリカルなのはのヴィータとかいろいろおっしゃって見えますので。ヒデヨシちゃんのハンマーですと私も111で大当たり・・・って想像してしまいますよ(笑)。
 EDは変わるでしょうね。ストパンでも歌う人変えて11パターン作りましたから。
きっとEDは歌だけか絵か、それとも両方か・・・変えていくのでしょうね。

これ、ミリタリー系ですか?
「ストライクウィッチーズ」の高村監督だから、みんな勘違いしてませんか?
…というのが、まず感じましたね。
いえ、ケチをつけているのではないんですよ。
第1話と第2話を見た限り、前評判通り面白い。
でも軍事考証を誰も付けてないし、あかね達のパレットスーツがもっとジェット戦闘機のような形態だったらわかりますけどね。
だから、これはあくまでも「女の子の友情」と「尻」をテーマにした作品だと思います。(ぉぃ)
プロデューサーも「テーマは“フレンドヒップ”です」と言ってますから。(笑)
空駆けて闘うスピード感がいいですよね。
私は「合体」だと「ドラゴンボール」の“フュージョン”の方がしっくりくるかな。
いや、「超人バロム1」も「ウルトラマンエース」もよ~っくわかりますけどね。(ぉ)
ハンマーはこの場合は「勇者王ガオガイガー」のゴルディオンハンマーを連想すると思いますよ、正直。
「セーフティー解除!」で決め台詞が「ファイナルオペレーション!!」ですもん。
「スーパーロボット大戦」やってた私としても、こっちだわ。
相手メカっぽいのもあるし。
音楽担当の深澤秀行は、これまで「ストリートファイター」シリーズや「鬼武者」シリーズ等、ゲーム音楽を中心に活躍してきた人。
その為か、戦闘シーンのBGMなんかは「さすが!」と感じました。
EDは5人のメインキャラの組み合わせで、話の内容に合わせて何回か変えると、某雑誌のインタビューにプロデューサーが語っていました。
シリーズ構成の吉野は、「ギルティクラウン」のコケの印象が強すぎるんでしょうねぇ。
「アクセルワールド」や「マギ」なんかよくまとめていると思うんですが、この2作品も必ずしもよくないんですよね、吉野の評判。
滑り出しは良かったと思います。
個人的不安は製作がA-1 Picturesである事。(ぇ)
ここの作品は当たり外れが激しいんで、良い方向に転がってくれるようにと思っています。

>ふれいくさん
 私もそう思います。これは尻アニメですね(笑)。
女の子が変身してドッキングして動き回るのを視て楽しむ作品だと思います。
 でも、雰囲気や展開がストライク・ウィッチーズに非常に似ているのも事実。
だから、軍事考証とか細かいことを予習せずに普通にご覧になると、
またストライク・ウィッチーズのあの細かいミリタリー設定や内容のインパクトも大きかったので、
「ん??」って思われる方も多いと思います。それをご納得頂いた方がこの作品を楽しめるんじゃないかって思います。まだ2話ですしね(*^_^*)。
  
 ドッキングはドラゴンボールのフュージョンですかぁ~。確かにそうですね。
それ吹っ飛ばしてバロム1やウルトラマンエースが出てきたんですよね・・私。やっぱおっさんですね(爆笑)。
 そしてハンマーはやはりガオガイガーですか。私勇者王をほとんど視ていないからかもしれませんね。でも女の子があのハンマー持つと・・・やっぱり香ちゃんかなぁ~(笑)
 とにかく疾走感がすばらしく、視ていて気持ちよくなる作品だと思いました。
変に突っ込まないで、尻みて楽しめばそれでよいのかもしれませんね。

盛り上がってますねー

ハンマーはガオガイガー知らないので、最初に思ったのは凸守早苗で次はヴィータでした。
A-1 Picturesは最近メジャーじゃないかな?
アイマス、マギ、宇宙兄弟、ソードアートオンラインと良い作品作ってるなと思ってます。
ちなみに飛行シーンは別会社のCGの様で爽快ですね。
脚本家の吉野さんは原作があるとそれなりで、オリジナルが怖いイメージですね。
でも悩み苦しむシーンが好きなようで、そのシーンをちょっと引っ張りすぎな気もします。

この作品は女子だけの戦隊物と思って見てますね。

余談ですが、バロム1はアニメ版が有ります。

>ぬる~くまったりとさん
おかげさまで皆様よりたくさんのコメントや視た感想を頂き、こうやってコミュニケーションをとらせて頂けるのが本当にありがたく、そして楽しいです。
前も書きましたが、BBSのような感じになるとうれしいですね。
  凸守早苗!!うおぉ!確かにそうですね。一番直近の作品にいましたデスね。おいしいキャラが(笑)
 飛行シーンは1月4日に放送した放送直前SPでやっていましたね。CGからわざとコマを落としてアニメっぽくするとか。結構興味深くみてしまいましたよ。
 女子だけの戦隊もの!それが一番しっくり来ますね。空中戦ばかりが目立ったので気がつきませんでした。先ほどニコ動で2話とその後のキャストトーク視ましたが、変な話この作品設定とかいろいろ細かいところ気にしたらいけないのかなとさえ思えてきました(笑)。
  バロム1アニメ有るんですか!?!?わたし特撮しか知らなかったです。
バロムクロスでバロム1になると、走るとき足音が低い音でドドドドドドって聞こえるんですよ。それが新鮮で、実は子供の頃好きでした。うわい、アニメが有るのでしたらちょっと視てみたいです。情報ありがとうございました。

CG制作はグラフィニカって会社でガルパンの戦車のCGを担当したところです。(たぶん)

私も直前SP見てみましたが、ストーリー面の説明はすくなかったので
女の子のかわいさに注目したほうがいいですね。

>としおさん
ガルパンのCG担当したところですか!!情報ありがとうございます。
私CG会社の情報は疎くて、Studio五組と仲の良い(事務所も隣同士の)サンジゲンしか記憶に残っていないんですよ。
グラフィニカ。http://www.graphinica.com/
ゴンゾのCG部門が独立して作った会社なんですね。そういういきさつはStudio五組と同じですね(Studio五組はもともとゴンゾ第五スタジオチーム)。
う~ん・・・こうしてみるとあの時、人材流出が激しかったのですね・・・ゴンゾ。
 
 SPご覧になられましたか!A-1Picturesのスタジオに行ったとき、高村監督の机はぼかしばかりだったとか、スタッフ忙しくてCG監督以外みんなシカトだったとか、ある意味生々しくて面白かったです。
 恐ろし程ストーリーには言及しませんでしたので、相当箝口令がひかれていますね。もしかしたら途中でええええぇっ??っていうびっくり展開があるのかも。
・・・・ないかなぁ~この作品には(笑)

公開直前SP見ましたよ、ぼかしだらけでしたよね。

GONZOは、ふしぎの海のナディアを制作するための特別部隊が
 解散が勿体ないので起業したのだそうです。
それが、2,3年前?に9社に分裂したそうです。
Studio五組もその一つで、グラフィニカもそうだったのですね。

ストーリーは単純明快に一票ですw
黒騎れいがあかねと一緒に戦う程度がサプライズだと勝手に想像しています。

>ぬる~くまったりとさん
GONZO起業の理由ってそれですか!!初めて知りました。
一時は東証1部の上場企業だったのに・・・一気に墜ちていってしまいましたね。
逆にこれだけ人材流出したのに残っているのが凄いって思います。
ちはやふる2の2話にGONZO製作協力でいましたね~。
 
 黒騎れいちゃんはどうでしょう・・・古くて申し訳ございませんが、逆転イッパツマンのタイムパトロール隊みたいに、次回の3話で同じ学校に転校。
・・・で、敵と気がつかないままクラスメイトとしているのでは・・・
そして途中で気がつき最後は・・・って私は想像していま~す。

・・・といいますか、今みなおしたら、Studio五組の隣はスタジオイースターでした。
あれぇ?サンジゲンじゃなかったっけ?って調べたら、サンジゲンの会社沿革に書いてありました。
http://www.sanzigen.co.jp/company/history.html
スタジオイースターの場所を間借りしてサンジゲンを松浦社長は立ち上げたのですね。
しかも松浦社長もGONZO出身だったとは!Studio五組と仲良いわけです。
で、仕事がうまく行き、2011年12月に晴れて今の場所に移転したわけですか。
  こうして見ますと、もともとGONZOだった人材って本当すごいです。
仕方無いとはいえ・・・惜しいことをしましたね~。

ミリタリー的なことですが
ニミッツ級空母の飛行甲板上のクルーが違う色のジャケット着てるんですよね。
役割ごとに色が違うのですが、どれがどの色かまでは覚えてません。
こういうところは細かくやってますね。

>としおさん
 軍事考証担当はいませんが、この辺りはちゃんとやっているんですね。
といいますか、私はストパンのイメージでミリタリー系の方もご覧になると思いましたので、
逆にちゃんとやると思っていましたから、としおさん他の皆様のコメントでツッコミどころ満載に驚いてしまいましたよ(笑)。
 ミリタリー系も意外にちゃんとやってるんだ!・・・ぐらいのノリで視ると良いのかもしれませんね。
この作品は全ての面で娯楽作品として楽しむ尻アニメなのでしょうね~。

作品には関係ないですが先日のコメント関係で
http://clicccar.com/2013/01/21/211408/
何てのを見つけました

突っ込みどころがあるのは仕方ない話です。
たとえばミサイルの射程距離は長いのであそこまで近づく必要はないし
護衛艦は敵の進行を妨げるために島とアローンの間に置くにしても
空母や戦闘機が近づくのは自殺行為なのですが
どこからともなくミサイルが飛んできてもあまり面白くないかたちになってしまいます。

あとOPに90式戦車がまとまって砲撃していますが、これも自殺行為としか言いようがないですが
派手な演出を優先した結果でしょう。
他にも沢山突っ込みどころはありますが面白けりゃいいです。

>たーさんさん
スバルアイサイト×河森正治
ですか!本当に河森さんの変形は美しいですね~。
昔ぬる~くまったりとさんにも教えていただきましたが、スバルガイナックスと組んで放課後のプレアデスというアニメも作っていましたし、
結構こういう方面に積極的なのかもしれませんね。

>としおさん
なるほど!!思わず笑ってしましました。
そうして考えるとおっしゃるとおり深く突っ込んでは絶対にいけませんね。
ミリタリー系の戦艦や戦車がアニメとしてサービス満点で動いているから良い!
レベルで楽しまないといけませんね。おっしゃるとおり面白ければそれでいい!んですよね(*^_^*)。
 うぽって!!やガルパンが細かく描写してしまったので、これからこういう作品もうるさく言う人が増えていきそうでいけませんね。
おもしろければそれでいい!のですから、楽しまなきゃ。ですね。

何度もコメント申し訳ないです。

私はガンダムが大好きなのですが、ドッキング後の姿がちょっとガンダムっぽくて良いです。
胸部から排熱するところとかガンダムかよって思いました。
これからドッキングのバリエーションも増えてくるとおもうので楽しみです。

>としおさん
 とんでもないです!こうやってコメントいただけるのが凄くうれしく、感謝です。
確かに魔法少女ものやプリキュアとかの変身プラス、ガンダムとかのロボット合体バンクも入っていそうですね。
本当、こうしてみるとおいしいところ取りですね~。
まさにエンターテイメント作品ですよね。楽しませてくれてます。

こんばんは!
先ほどBSで♯3を見ました。
1話からの感想をかきますね!
こちらは面白おかしく見れる娯楽アニメの感じですね!
僕は皆さんと違い、怪盗天使ツインエンジェルを思い出しました!
あのアニメも葵ちゃんがパートナーでしたね!(^O^)
このアニメでイタチに変身したお爺ちゃんがいい味出していますね~~
重くなくて軽すぎもなく、面白おかしく楽しめるアニメですね!
毎回楽しみですねえ~

>ぽん太さん
!!!!!!!!!!!!!!!!
確かにそうですね!私この作品、いろいろな作品の良いところを拝借して作っているなぁ~と思っていましたが、
おたすけマンのタイムパトロール隊が一番近いのかなって思っていましたが、ぽん太さんのご意見が一番近いとお思います!!
あのビビットキー=ポケテン、お祖父ちゃん=おばあちゃんが絡んでいる、ノリが軽い、変身バンクがある、敵と味方が同じクラスにいる。
そうですそうです!快盗天使ツインエンジェルです!!
私どっぷり浸かっていました。ですのですんなりとこの作品に入り込め、しかもはまるわけですよ。
ありがとうございます!私も3話とっても楽しく視られました。毎回楽しみなエンターテイメント作品だと思います。黄色が加わるであろう4話も楽しみですね。

ただいま、予習中!
つくづく世代が同じだなぁ〜と。(笑)

ハンマーは私も「ゴルディオンハンマー」をイメージしました。
ガオガイガーはOVAまで視聴済み。
「ガガガ」ばかりのCDも買いました。(どこやったっけ? 苦笑)

>もっちゃんさん
 やはり勇者王ガオガイガーですか。
本当、何をご覧になって見えたかによって世代や好みが別れますよね。
私、残念ながら勇者王はほとんど視聴していませんでしたが、声だけは檜山修之=勇者王で有名ですので記憶に残っているのですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56539089

この記事へのトラックバック一覧です: ビビッドレッド・オペレーション 第2話迄 感想:

» 2013年01クール 新作アニメ ビビッドレッド・オペレーション 第02話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[ビビッドレッド・オペレーション] ブログ村キーワード ビビッドレッド・オペレーション 第02話 「かさなり合う瞬間」 #vividred2013 #ep02 A1Pictures渾身の萌えアニメ。バトルもあるよ。 サ...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション TBS(1/18)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 かさなり合う瞬間 オペレーション成功じゃ。ドッキングしたお前たちならアローンを倒せる。あおいの鍵が出現する、変身するあおい。あかねの武器が出現する、ブーメラン。戦闘機を捕まえて空母に着艦させるあおい。あおいの武器、ハンマーが出現する。 指令の四条に連絡する一色博士。あなたの言うことが正しかった。ブルーアイランド防衛隊にあかねとあおいを守るように 連絡する四条。 アローンの弱点を発見したあおい、あかねと戦闘機が 攻撃すると動きが止まる。ドッキングして破壊するのじゃ。額にキスするがドッキングでき... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間(とき)」感想 [アニメ好きな俺は株主]
前回までのあらすじ・・・ あかねは祖父である健次郎の開発したビビッドシステムの力によって落下するあおいを助ける事に成功する。 その世界で唯一「アローン」に対抗する事が出来るビビッドシステムの...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間(とき)」感想 [アニメ好きな俺は株主]
前回までのあらすじ・・・ あかねは祖父である健次郎の開発したビビッドシステムの力によって落下するあおいを助ける事に成功する。 その世界で唯一「アローン」に対抗する事が出来るビビッドシステムの...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間(とき)」感想 [アニメ好きな俺は株主]
前回までのあらすじ・・・ あかねは祖父である健次郎の開発したビビッドシステムの力によって落下するあおいを助ける事に成功する。 その世界で唯一「アローン」に対抗する事が出来るビビッドシステムの...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間」 [空 と 夏 の 間 ...]
アローンと戦えるのは、あかねとあおいの二人だけ。 あおいもビビットシステムで変身しドッキングです♪ ドッキングシーンはドキドキしますね(笑) 今回も萌えて燃える戦闘! [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション第2話「かさなり合う瞬間(とき)」レビュー・感想 [ヲタブロ]
そう思ったらね、なんこー、ビビッと来たのわたしとあおいちゃんはずっとずっと仲良しでいられる、絶対親友になれるって!謎の敵"アローン”に立ち向かう少女達。しかし二葉 あお ... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション  第2話「かさなり合う瞬間」 [のらりんすけっち]
既出作品が結構浮かんできますが^^; 面白く見せてるなと。 青の子あおいちゃんがパワー系だったのには意表を突かれましたね。 ぱっと見はセーラーマーキュリーの感じなのでハンマーを手に大立ち回りはイン...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間」 [明善的な見方]
ENERGY(初回生産限定盤)(DVD付) 『あおいちゃんは私の一番の友達だよ!』 監督・キャラクターデザイン:高村和宏 シリーズ構成:吉野弘幸 制作:A-1 Pictures 一色 あかね:佐倉綾音   二葉 あおい...... [続きを読む]

» アニメ感想 13/01/18(金) ビビッドレッド・オペレーション #2 [ニコパクブログ7号館]
ビビッドレッド・オペレーション 第2話『かさなり合う瞬間』今回は・・・あおいも変身しました。なんか戸惑ってるわりには、すげーのりのりで変身してました。変身したらすごい力 ... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話「かさなり合う瞬間(とき)」 [ボヘミアンな京都住まい]
前回‘ドッキング’という言葉が出た時に、もしかしてドラゴンボールのフュージョンみたいなことやるのかなぁ〜思ってたら、ホントにそうでしたw 空海軍と共同で連携攻撃してたシーンや、あかねとあおいがフュージョンしてからのバトル(あれ見てついヴィータのグラーフアイゼンを思い出してしまったwww)は作画も含めてよかったと思うのですが、その間の展開がまるっきり中弛みしてた感じでしたね。やっぱ脚本(吉野弘幸)が足を引っ張ったか〜思ったのは私だけではないはず・・・今後も脚本にはあまり期待しない方がよさそうですね(苦... [続きを読む]

» ハッタリ上等!地球防衛隊【アニメ ビビッドレッド・オペレーション #2】 [腐った蜜柑は二次元に沈む]
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/03/27)佐倉綾音、村川梨衣 他商品詳細を見る アニメ ビビッドレッド・オペレーション 第2話 かさなり合う瞬間 ハッタリ上等! 趣味全開! 少女×空戦×戦隊モノ ... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話 かさなり合う瞬間(とき) [ゲーム漬け]
アローンに次々に沈められていく軍。 あかねとあおいにドッキングだと言う健次郎。 その力があれば、アローンにも勝てるとの事で、自分にそんなすごい事というあお ... [続きを読む]

» 『ビビッドレッド・オペレーション』 第2 [最新アニメ・マンガ 情報局]
1話で、その股間とお尻へのこだわりを魅せてくれた『ビビッドレッド・オペレーション』。 その第2話です。 本格的にバトルが始まりましたが、なんとなく緊張 [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第2話の 感想 [Piichanの Blog]
あかいろと あおいろを 効果的に つかった いろの つかいかたが 印象的でした。もともと デジタルアニメは あざやかな 発色が 特徴でしたからね。 灯台に クロキ・レイ(黒騎 レイ)と ... [続きを読む]

» VIVIDRED OPERATION 第1話の 感想 [Piichanの Blog]
福島第一原発事故後、本格的に エネルギー問題を あつかった アニメは これが はじめてでしょう。日本の アニメや 漫画は 原子力を ゆめの エネルギーとして あつかった 作品が おおか ... [続きを読む]

« 琴浦さん 第2話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第2話 感想 »