フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 2012年 秋アニメ レビュー (アニメ調査室) | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第2話迄 感想 »

2013年1月18日 (金)

琴浦さん 第2話 感想

あなたは何ができるの?

こんな風に超能力者をエロイ妄想でかわいがることができます!

あ~楽しかった!
だって私の力を怖がらない人が一気に増えたんだもん。大快挙だよ!

0202

 

消えてよ!!○○モノ!!

どうしてあいつの味方ばかりするのよ!

好きだからだ!文句あるか!!

  

 1話の衝撃は嘘じゃなかった!2話も凄かった!!

衝撃は確信に!これ間違えなく今期ナンバーワンですわ。



琴浦さん 2ndインプレッション 2

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話  
3rdインプレッション 3話      4thインプレッション 4話 
5thインプレッション 5話      6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話      8thインプレッション 8話   
9thインプレッション 9話      10thインプレッション 10話  
クライマックスインプレッション 11話  ラストインプレッション 12話 


ニコニコ動画配信ページ
  

↓公式HP
20130112_150344bmp

OP「そんなこと裏のまた裏話でしょ? 」:中島愛

ED「希望の花」:春香



●あらすじ
   (ネタバレ注意)

 翌日、自分から真鍋君に「おはよう」と挨拶する琴浦さん

普通に「おはよう」とかえす真鍋君に心からの笑顔をみせる。

だが相変わらずのエロ貴公子に変わりはない。

ところが仲の良い2人をみるクラスメイトの中には不穏な空気が・・・

0201

 そこへ突如やってくるはESP研究会の御舟百合子(cv花澤香菜)

琴浦さんが心の中を読めるのを知り、ESP研にスカウトしに来たのだ。

いつも一緒にいる約束をした真鍋君もついてきて、ふたりはESP研に入部する(させられる)。

ESP研には、副部長の室戸大智(cv下野紘)もいた。と言うより在籍者2人だけの部活だった。

 心の中が読まれても嫌われない人が一気に3人現れて喜ぶ琴浦さんだったが・・・
この御舟百合子・・・琴浦さんの登場を・・・エスパーを待っていたのには理由があった。

実は百合子の母親もエスパーで千里眼を持っていた。
琴浦さんと同じ運命をたどり、ついには自殺してしまったのだった。

 そう。琴浦さんによってエスパーの存在を世間に知らしめ、
母親は嘘つきではない、正しかったことを証明したいというのが彼女の本心だった。

ゆりこは琴浦さんを使ってESP研として超能力占いイベントを企画する。

 案の定ずばずば当たる占い師琴浦さん。

0203

 一方真鍋君を好きでいつもモーションをかけるも、なかなか振り向いてくれない、
家が空手の道場をやっている森谷ひより(cv久保ユリカ)ちゃん。

超能力占いをしてもらいにやってくる。ひよりが真鍋を好きなのが心を読んでわかってしまう琴浦さん。

実は私、好きな人がいるんだけど、最近変な女に横取りされちゃったんだよね!!

 そして心の中で琴浦さんへの妬み、イヤミ、すべてを彼女へぶちまける!それが一気に心に入って来る。

何でこんなの転校してきたのよ。付きまとわれて真鍋もかわいそう・・・

消えてよ!バケモノ!!

さらに周りの女共の気持ちまで入って来たため、それが原因で琴浦さんはその場で吐いてしまう。

げろ浦とあだ名をつけられ、一気に自分の心が元に戻ってしまう琴浦さん。

 琴浦さんがイジメに遭っているのはESP研部長の百合子の耳にも入る。
そうなるのは想像できただろうと大智に言われ、自分の責任と百合子も自分を責める。

 背中にも貼り紙を貼られ、また1人になってしまう琴浦さんをみた真鍋はその貼り紙を剥がし、ひよりにたたきつけて言う。

 アイツは全部、自分で抱え込んでしまうんだ。(琴浦が)好きだからだ!文句あるか!!

 真鍋君の王子様っぷりに百合子と一緒に後ろでそれを聞いて号泣の琴浦さん、
そして真鍋に助けられた百合子。

琴浦さんに心から謝る百合子、そして部活を通して元気を取り戻す琴浦さんだった。

私にたくさんの初めてが出来ました。部活、先輩、そして・・・・

Main_2



●感想

 すげえ・・・・・1話の衝撃は嘘ではなかった!!

2話で確信しました。私の中では今期のナンバーワンです。この作品は傑作ですよ。

あの1話で自ら作ったハードルを越えてくるとは・・・恐れ入りました。

 前回真鍋君のおかげで復活した琴浦さん。

前半のほんわかコメディムードから一転、中盤から一気に空気が変わり後半はもう・・・・

1話の完全に逆でしたね。

ですが、そのままで終わらせず、ちゃんとラストは戻してくれるのがすばらしいです。

あのままですと1週間心が重いままですので。これから先はどうかわかりませんが、
ラストをきれいにおさめてくれるのでこの作品は途中がどんなに重くても終わった後良い心地よさが有ります。

まあEDが恐ろしいほどにすばらしい「希望の花」ですからね~。どろどろのままあのEDは聴けませんからね。

 ED「希望の花」。歌手名は春香。作詞作曲は川嶋あい。春香は新人かな?とても良い声と歌です。

 

 さて、ESP研の御舟百合子部長と室戸大智副部長が出てきて、これでキービジュアルの5人が揃いました。

 百合子も重い過去を持っていますね。ESP研を立ち上げた理由が母親の無念を晴らすためとは。

それを琴浦さんに期待するのですが、それイコール母親と同じ運命をたどるって事ですね。

 母親の無念は晴らしたい、でもそれによって琴浦さんを母親と同じ結末にしてはいけない。
彼女は琴浦さんの良い理解者になっていくのでしょうね。

 そして冷静にそのことを彼女に話す、琴浦さんに「飛び級?」とまで言われてしまう大智も良い役です。

何故大智がESP研にいるのか、百合子の過去を知っているのかもこの先はっきりしてくるのでしょうね。

 cvの花澤香菜さんも下野紘さんも良い演技しています。お二人としては珍しい役ですから共に新鮮です。

下野さんがcvだから多分あんな感じのキャラクターなんだろうなって思っていた自分は大智君に本当驚きました。

 また、キービジュアルでもう一人いる、今はすっごく嫌な女の森谷ひよりちゃん。

 小学生では気味悪がれ、中学生では嫌われて避けられますが、
高校生になると攻撃対象に変わるのですよね。まあ好きな男の子をとられたと言うのもありますが。

ですがその好きな男の子にズバッと言われて・・・・

果たして彼女がこの先どう変わっていくのかも楽しみです。
こ のまま嫌われ役で行くのならキービジュアルであんな良い場所にはいないでしょうし、あんな表情はないでしょうから。

 ところでひよりの家は空手の道場。でも原作では森谷教という宗教だとか。(原作公式ページより)

これもうまいこと改変しましたね。確かにアニメで宗教やるとあまりよい印象になりませんものね。

 

とにかく1話の衝撃は嘘じゃなかった。
この先も良い話と辛い話がミックスされ、真鍋エロ王子様がそれを中和してくれる展開なのでしょう。

一気に今期のトップに飛び出た琴浦さん。これから先も目が離せません。



  
  

●コラボ

 前回のブログコメントでふれいくさまより教えていただきましたが、早くも地方自治体がコラボしているとのこと。

それは・・・・鳥取県琴浦町。

町のホームページ、名前の隣という特等席に・・・琴浦さんのバナーがいました!!

20130116_191221bmp

 人口1万8千人の町。

ホームページに空き家ナビがあるぐらい、やはり人口流出、過疎化は大変なのでしょうね。

実際この琴浦町、鳥取市と米子市の中間ぐらいで、交通の便も正直良いとは言えません。

20130116_191644bmp

 産業も農業と漁業が中心、有名な観光資源も温泉とかもあるわけではない。

 たまゆら~hitotose~や、ガールズ&パンツァーのような聖地とはちょっと違うのですが、
こういうところこそ、是非とも琴浦さんがヒットして人気作品となり、できればイベント等も行い、
町の活性化の一つになって欲しいなぁ~って思いますね。

ファンがそこへ足を運び、イベントグッズやご飯食べるだけでも、町にお金を落としていくことになるのですから。

 すでに琴浦町では「琴浦さん」×「琴浦町」観光PR名刺も作成。

現地へ行かなくても通販で作ってくれて郵送してくれるそうです。

 ファンが名刺を買うかどうかはちょっと微妙だと思いますが、もし良かったら是非。
(こういうのこそ、金元寿子さん達キャストが宣伝で配布用に使うとか、
名刺持っているファンだけ何か公式から特典もらえるとかやるべきだと思うんですよね~。
それがコラボって意味だと思います。グッズ作るのをOKするだけがコラボじゃないと思いますので。)

    

   
※1/19 23:40追記。

ニコ生放送、来場者が前回の17000人弱から28000人越えに増加。
1話のアンケート、1:とても良いが89%、そしてニコ動は1週間で60万再生越えという凄い状態になっています。
そして今回、2話のアンケートは・・・・

20130119_232512bmp

1:とても良いが94%越え!この数字は個人的にはモーパイ以来ですね。
いやはや・・・どんどんと期待のハードルがあがっていくのですけれど・・・3話大丈夫???(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


  
  


そこあに

« 2012年 秋アニメ レビュー (アニメ調査室) | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第2話迄 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

太田雅彦作品」カテゴリの記事

コメント

一言だけ。
米子市は鳥取県ですよ。
高校野球で春や夏の甲子園にたまに米子東高校や米子商業高校が鳥取県代表で出てきます。
高校スポーツを見るのが好きだと、意外と日本の地理に詳しくなります。(笑)

>ふれいくさん
あ・・・ありがとうございます。
速攻で削除しました。さすがの私も米子市は鳥取と知っていまして。。。なぜか島根県ってタイプしていました。
恥ずかしすぎる・・・・(^◇^;)
ちゃんと記事あげる前に読み直せよーって・・・・はい、大変申し訳ありません。
いつもミスをご指摘頂き、恥書く前に訂正変更でき本当に感謝致します。ありがとうございました。

もちろん直接的につながるわけではないのですが、御舟百合子の思いはの元ネタになった御船千鶴子のことを知っていたらより切実さが伝わるのではないかと思います。
完全にほのぼの路線で行くのかと思いきや、ESP研でシリアスやるとは思いませんでした。
下野紘さんも花澤香菜さんもいつもとは違う演技を要求されてますが、金元寿子さんがリアル琴浦さんと妄想琴浦さんで大変だなあ、とw
金元さんパーソナリティでラジオやると相当面白いと思うのですが、そこまで余力は無いでしょうねえ…。
原作も読んでみたいですが、今月は雑誌だけで五千円ぐらい使う月なので…。
(萌えミリが過ぎて隔離された『MC☆あくしず』の本家みたいな『ミリタリー・クラシックス』発売月なのです。大和・武蔵特集はともかく、KV重戦車特集なんてガルパン無ければやってたのだろうか?)

>ヴィーさん
 御船千鶴子。
千里眼の持ち主で明治時代の超能力者だったが、自分の能力を認めてもらえないことで24歳の若さで自殺・・・。
ありがとうございます。モデルになった人が本当にいたのですね。存じませんでした。
こうなってくるとよりいっそうシリアス部分が、切実さが伝わってきますね。
今でも超能力は科学的に証明されず、信じられていませんからね。マジックになってしまっていますし。
 キャストの皆さんがいつもとちょっと違う役柄を演じてみえ、本当に新鮮です。
金元さんはイカちゃんで喜怒哀楽のジェットコースター演技をして見えましたから切り替えはいけると思いましたが、それにしても落とされた後の深さがハンパ無いので演技は大変だと思います。
 ラジオで両方やれとなると切り替えスイッチ壊れそうなほど大変でしょうね。
 原作は私も頑張って手を出さないようにします。最終回終わってから読むんだ~。
ガルパン関係の・・・いや、ガルパン効果でのミリタリー本やプラモの発売具合が凄い上に、売れていますから手に入れておかないと売り切れてしまいますからね。
こんなところにもガルパン効果があるのが・・・本当あの作品はいろいろなところに経済効果を生んで凄いです。円盤自体もブルーレイ1巻絶賛売り切れ中ですしね。

ドラマCDでは琴浦さんは門脇舞以さんだったそうで、それはそれで素晴らしい演技をされていたのだろうと思います。
金元さんは恐らくはキュアピースが評価されたんじゃないですかね。
明るい時は本当に無邪気ですが、絶望時の演技は絵や演出含めて子供にトラウマ植え付けるレベルですから。
御船千鶴子については漫画『Q.E.D.~証明終了~』にも当時使われたトリックが紹介されてますし、『リング』の貞子がまんまですよね。
超常現象を扱った本では、日本の超常現象研究の例として、またずさんな実験手法や改竄は悪意がなくても起きる例として紹介されてます。

>ヴィーさん
 演技力もそうですが、キュアピース=プリキュア声優をやると一気に知名度も上がりますから、やはりプリキュアは強いですよね。
 最近は水島努監督作品に出演した新人・若手声優がプリキュア声優になっているとか。やはり水島努バブルですね。今絶好調です。
 御船千鶴子は知っていて当然の人間なんですよね。調べてみますと。知らなかった私・・・f^_^;。リングの貞子もそうだったとは!ありがとうございます!!


いやぁ、凄い展開でした。
ドラマでしたね~。
面白かったです。

なお、千里眼とか透視、念写能力については明治の昔に東京帝国大学で研究した教授がいたそうです。結局、能力者の女性達は世間の奇異の目に耐えられずに自殺、教授も大学を追放されてしまったそうですが、この「琴浦さん」もそんな史実を素にしているのかもしれませんね。
面白い資料なので今度スキャンしてお見せしましょう。

>HARIKYUさん
 登場人物それぞれの思いが交錯した、まさにドラマでしたね。
恋・トラウマ・母親の思い・・・・すべてが混ざり合いそれが見事にミックスされていました。
 千里眼・透視・・・まじめに研究していた教授がいたのですね。まあ当然いるでしょうね。うわぁ~みてみたいです。楽しみにしています。

ED曲「希望の花」の情報が出てきました。
作詞&作曲はなんと川島あい。
ちょっとビックリ。
アニメへの楽曲提供は初めてじゃないかな。
歌っているのは「春香」。
ということは、「CV:〇〇〇」となっていないので確証は持てませんが、恐らく春香役の金元が歌っている可能性が高くなってきましたね。
ただ、これまで聴いた事のある金元の歌声じゃないんで、ちょっと「ホント?」って感想なんですけどね。

>ふれいくさん
私もオンタイムの時は半分興奮していたのと眠かったのとセットでしたので気づかなかったですが、
ちゃんとEDクレジットに乗っていました。本文は修正致しました。ありがとうございます。
 そっか・・・春香は私新人かと思いましたが、役として考えると金元寿子さんの可能性が高いですね。
 とにかくこの歌は最高によいです。川嶋あいさんと聞いてめっちゃ納得なんですけどね。
もし川嶋あいさんがFlyingDog所属だったら本人歌っていたのかなぁ・・・。それも聴いてみたいと心から思いました。

いやー最初の試練を乗り越えた自分を誉めてやりたいですね。
この作品を見ている人は全員あの試練を乗り越えた人達。そして良い作品に巡り会えた人達。と言いつつガルパン並にココでの反響が多いので勇者は沢山居たのですね。皆さん素晴らです。

琴浦町ですか。少し難しそうですね。
アニメの舞台とか学校が有るとかなら違って来るかもしれませんが、はがないや氷菓があるわりに盛り上がりに欠ける地方がありますからね(苦笑)

そう言えば岐阜放送枠内のCMで岐阜県赤十字が何やらやってました。詳しくは調べて無いので分かりませんが氷菓のコラボらしいです。
やるなら本放送時にやって他地方にもCM打たないと駄目だろ!なにやってんだか。

>たーさんさん
 1話のアレを乗り越えて2話を視聴されて見える方々は、間違えなく2話感動していますよね。
おかげさまでたーさんさんを初め、皆様にたくさんのコメントをくださり、フォローして頂いています。
ありがたい限りです。
 まさにドラマ。琴浦産と真鍋君は、二人で会えた奇跡ですよ。
そして視聴者である私達も、本当の意味ですばらしいキャラクターに出会えました。
視ている方々、そしてESP研のキャラクターのみんながすばらです!
 今アニメを使って町おこしを企んでいる自治体は非常に多いですからね。
生半可や適当な取り組みではまずその波に乗れませんから・・・・
深夜アニメでこの波にリアルに乗ったのは最近では大洗ぐらいなのでは。
あとは中途半端に人気ってぐらいで・・・。
 そういえばはがないの2期も(CBCは)昨日が1話でしたね。
・・・琴浦さんに集中してまだ視ていませんでしたf^_^;。岐阜や名古屋、そして名鉄は今度も出てくれるのかな~~。
 岐阜赤十字と氷菓がコラボですか!?お隣の県、愛知県氷菓放送していなかったんですけど・・・爆

今AT―Xで見ました!
感動の嵐です!
特に真鍋くんが「俺は琴浦が好きなんだ!」
と言ったところは、感動したし、涙が出てきました!
(真鍋くん、よくぞ言った!)

森谷さん(←第二話では正直こんなクソ女!って思ったけど)は、エンディングや予告を見る限り、ESP研究会の一員になるんでしょうね!
気持ちは真っ直ぐだから仲良くやっていけると思うけど…

さて、エンディングの曲、『希望の花』はやっぱり金元ちゃんだった(春香って書いてあった!)
出だしの歌い声がイカ娘第二期のエンディングの歌い声に似ていた!
あと、作詞作曲がI WISHの川嶋あい ちゃんだったとは、驚きです!

さあ、第三話が楽しみです!

最後に、オープニングで画面に春香のお母さんがみんなの後ろに歩いているから、もう少ししたら出てくるのかな?

あと第一話で出てきたお爺ちゃん、大好きです!

>ぽん太さん
 前回はアメブロの方でコメント頂きましたよね。続いてのコメントありがとうございます。
 「好きだからだ!文句あるか!」は本当にかっこよかったですよね。
しかも真鍋君、裏表無いから本当の心でそう言っている。だからこその後ろで琴浦さん号泣、そしてそれを支える御舟百合子部長の表情も良くって・・・
私もぱん太さん同様あそこで涙ぽろぽろでした。
 森谷さんがこの先どうなるかですよね。1・2話よくみると、実際は結構良い子で、周りでけしかけているあの2人の女がくそったれのような気がします。でも占いの場所で本音をぶちまけているのも事実ですからね~。
 おっしゃるとおりまっすぐな子みたいですからこれから先どう変わっていくのか、どうやってESP部の一員になっていくのか楽しみですね。
 ED「希望の花」、春香って書いてありましたね。前回おっしゃって見えたとおり多分金元寿子さんなんでしょうね。しかしそれでも春香としか書いていない字幕。まだまだ謎っぽくしているのもうまい演出だと思いました。私は新人歌手かと思ってしみましたもの。
 OPをみるとお母さんとかあの坊さんとかまだまだ出てきそうですね。あと私もあのお祖父ちゃん大好きです。また出てくるのでしょうねきっと。

まとめサイト見ていて指摘あったのが、琴浦さんは背中の貼り紙に気づいていたということ。
言われてみれば、貼ろうとする人の悪意も周囲の人の反応もダイレクトに伝わってきますもんね。
改めてあのときの琴浦さんの様子を見ると受ける印象が全く違ったものに。
さすがに道場は空手とカルトが合体したカルテみたいになってましたが、致し方なしでしょうね。
これはこれでシュールな笑いになってますし。
守谷母は内山夕実さん。
貧乏神の前から君と僕。でモブおばさんをするなど千変万化の人ですが、相変わらず気づかないほど多彩な声だなあとw

やっと見られました。今回も非常に面白かったです。

真鍋くんは本当に琴浦さんのこと好きなんですね。
「好きだからだ、文句あっか!」ってかっこよすぎる。

琴浦さんは心配させたくないので黙っていたけど
この台詞を聞いてこれからどうなっていくか気になります。

森谷は仲間になるんだろうけど印象最悪だよな
ちゃんと過去の行いを懺悔して和解していただきたい。

御舟先輩もまた暗い過去をお持ちで。 
うれしかっただろうな、母の無念を晴らす希望に出会えたのだから。
ただあんな結果になるなんて。

>ヴィーさん
背中の貼り紙、貼られていたのを知っていたというのはあり得ますよね。
なるほど!改めてそのシーンをみると、周りの人達をきょろきょろみながら琴浦さん歩いています。普通の人なら何みているんだろう・・・ですが、彼女はみんなの心の中が入ってくるので、背中の貼り紙のこともげろ浦って読まれていることもわかっていて・・・あの表情なんですね。
 せっかく出来たESP研&真鍋君という味方を失いたくない、それならこんな事は今までもやられていて平気・・・とガマンしていたのでしょうね。。。。あのシーンそれがわかるだけでかなり違いますね。
 内山夕実さんは、私Aチャンネルが好きなのでナギの顔がすぐうかびます。あと最近では咲 阿知賀の灼ちゃんかな。大きな主役はほとんど無いですが、芸達者でいろいろな役を演じて見えますよね。
  
>としおさん
 真鍋君は近年みたこと無いかっこいい!と言えるキャラクターですよね。
最近は恋愛感情に気づかないハーレム男子作品が多くなったのもあると思いますが、こういう自分の心に素直で裏表のない、本当にかっこいい男の子を視るのは久しぶりです。
この真鍋君がいたからこそこの作品がすごい!と思えるようになったと思います。
 森谷さんは一気に好感度がそこまで落ちましたね。でも彼女は本音こそアレであれ、根は良い子だと思うんですよね。むしろまわりの女2人が最悪。占いの時でも女2人は琴浦さんの顔を見て心の声発しているのに、森谷さんだけは目をそらしています。後ろめたいところはあるんですよね。それをここまでたたき落としたあおしま脚本。
完全な嫌われ役の彼女をこの先どうやってESP研に入るようにさせるのか、逆に楽しみです。
 御舟先輩のラストシーン「ごめんね」で涙が出ました。あの占いだって「お母さんのため」というのをわざと琴浦さんに心を読ませ、断れないように持って行ってのことでしたから、本当に心から「ごめんね」だったのでしょうね。本当彼女も真鍋くんに救われたと思います。あと見かけとは全然違う、こちらもとっても良い奴の大智君に。
 本当、2話とも良すぎてこの先がますます期待高まり、その反動で「大丈夫?」って逆に心配になるほどの凄い作品ですよね。

 EDを歌っている春香さん。琴浦春香役の金元寿子さんが本命ですが、
ここでちょっと気になる方が・・・・ミスマクロス30コンテストグランプリを取られた方の名前が、
千菅春香さん
・・・声全く知りませんが、もしかして彼女ではないか?と言う噂も・・・やはり新人歌手というパターンも捨てられません。
 だって・・・千菅春香さん、所属がFlyingDogですし・・・・。
ちょっと気になったのでした~。

ようやく第2話視聴。
第1話は思い切り叩き落としてから引き上げる。
第2話は上げて落としてまた上げる。
まさに噂通りのジェットコースター・ストーリー。
この作品、真鍋に室戸と男衆がいい働きをしてますな。
女性陣が春香も百合子もトラウマを抱えているキャラなんで、余計に男衆2人がしっかりしてないとというのはあるのかも。
そう、今回も原作改変があったようで。(ぇ)
実は原作では真鍋はESP研究会には、春香にそのHな妄想力を「敵を恐怖に陥れる能力」と紹介され、百合子に「それはすごい」となかば強引に近い形で入部させられている。
このアニメ版では自ら売り込んで入部し、春香と一緒に行こうとしている。
この方が春香を守ろうとしている姿勢が原作より強調されるので、良い改変と言えるかも。
さて室戸はESP研で他の3人のストッパーを務めることになるのだが、現状の意外なる二枚目状態をいつまで保てるかが鍵。(笑)
さて、このジェットコースター・ストーリー、今後どうなっていくのか?
ちなみに、OP後の提供画面は、コラボをしている鳥取県琴浦町の名所紹介になっているそうです。

>ふれいくさん
一気に昇るか一気に降下するか・・・真ん中はない本当にジェットコースターですね。
この作品、おっしゃるとおり男が良い働きをしていますね。
ニコニコ静画に原作1巻1話、原作公式ページにも一部が無料配信していたので読みましたが、
この原作、真鍋君が最初琴浦さんに接する態度がまずアニメと違いますね。たった1クールの作品、おそらく各キャラのキャラクターは固定させたかったのでしょうね。
ひよりちゃんも琴浦さんにああは言っていますが罪悪感を持った雰囲気で言っていますので、きっとこれも伏線なんでしょうね。
 ゆるゆりもそうでしたが、4コマ漫画をうまいこと30分アニメにするため、適度に改編している模様で。逆に改編しないとちゃんと1本の筋道通ったストーリーにならないのでしょうね。けいおん!と同じ手法なんだろうなぁ~って思いました。
 あの琴浦さん人形が写っている背景は琴浦の風景でしたか。なるほど!聖地だ。
サザエさんみたいに左下に小さく地名テロップ入れればよいのに(笑)。

この作品、放送局が少ない?・・・TokyoMXは悪評のL字テロップが
 途中で入ってしまいました。
琴浦さん、御船、森谷、母親と女性陣は心に傷を持っている人ばかりなんですね。
それを助ける男性陣なのかな?
母親はOPにも居ますから登場すると思います。
原作でも登場するエピソードがありました。

WEBコミックを読んでも面白いとは感じなかった作品ですが、ここまで面白い
 作品に作り上げたスタッフが素晴らしいですね。

ED曲は嵌り過ぎて素晴らしいのですが中島愛さんのOP曲が楽しくて良いですね。

〉ぬる~くまったりとさん
放送局は少ないですね。
CBC、TOKYO-MX、サンテレビ、熊本放送と、地上波は4局のみです。
コラボ先の鳥取県琴浦町で見ようとすると、AT-Xで見るか、ネット配信を見るかって状況みたいですね。

>ぬる~くまったりとさん
放送局はふれいくさまの内容の通りです。
>ふれいくさん
フォローありがとうございます。
 しかも熊本放送は2月3日から放送開始が決まったという・・・でももしかしたらこれだけブレイクしていますので放送する局が増えるかもしれませんね。
 CBC→AT-Xの次がニコニコ動画という、MXやサンテレビよりも早く放送しているのが面白いですね。そういうところもニコ動の再生数が異様に多い理由の一つかもしれませんね。
 
 これは結局、琴浦さんが今まで失ってきた親や友人、そして森谷ひよりが真鍋という一人の理解者に会ったことにより戻って来るって言うお話なのかもしれませんね。
 原作は今イチどころか面白く感じられませんでしたか。
みなみけ・みつどもえが短編漫画、ゆるゆり・琴浦さんが4コマ漫画と考えると、太田雅彦・あおしまたかしコンビは今までこのパターンをかなりこなしていますから、
こういう風に話を膨らませるのはお手の物で、本当にすばらしいですね。
 それは一つ間違えると、原作クラッシャーって、叩かれることもあるでしょうから、作る方としては大変だろうなぁ・・・って思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56537923

この記事へのトラックバック一覧です: 琴浦さん 第2話 感想:

» 琴浦さん 第2話 「初めての・・・・・」 感想 [Garnet Clover~ガーネット・クローバー~]
無いわ(笑) 今期のダークホースでした(笑) ニコニコ動画で何か騒がれてて、見てみたら面白かったというw なので2話以降から感想書き始めますです。 冬期アニメ5分のが多くてあんまり見るのないな~...... [続きを読む]

» (アニメ感想) 琴浦さん 第2話 「初めての・・・・・」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る 戸惑いながらも新しい生活をはじめる春香。ある日、春香の能力を聞きつけたESP研究会部長 御舟百合子...... [続きを読む]

» 琴浦さん #2「初めての……」感想 [サブカルなんて言わせない!]
萌え詐欺アニメ 始まるESP研究会登場、琴浦さんなんか格好の餌ですわね一般人からしたらどちらにせよ気味の悪い存在に変わりはない琴浦さんからしたらありのままの自分を受け入れてくれる、存在を肯定してくれる人達だから嬉しいというか居場所を見つけたのかないい雰囲気かと思いきや、ズドンと落としてくる百合子さん・・・超能力をキッカケとした重い話挟んでくるなよ・・・一方で既に負けフラグビンビンの噛ませ犬候補の森谷さん変な宗教やってるとか・・・新興宗教と超能力の接点は感じざるを得ないな上手いこと羨望に向ければいいん... [続きを読む]

» 琴浦さん 第2話 感想 [深夜アニメ感想ブログ]
冒頭の琴浦の「おはよう」って挨拶した後の「ううん、なんでもない」っていう発言は何でもないようでいて、意味深な感じ。 おそらくは、いままでずっと一人だった琴浦にとっては、だれかと普通に挨拶しあえる...... [続きを読む]

» 琴浦さん TokyoMX(1/21)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 初めての・・・ 公式サイトから戸惑いながらも新しい生活をはじめる春香。ある日、春香の能力を聞きつけたESP研究会部長 御舟百合子が教室に現れ、そのまま勢いで怪しげな部室へと連れ去り、春香は無理やり入部させられてしまう。 はじめての部活を楽しむ春香だが、ある日御舟の心を読んでしまい… おはよう、行ってきますと一人の部屋で話す春香。登校中の真鍋に挨拶する。明日からは一緒に登校しようぜ。良いよ。 ESP研究会の部長が春香を訪ねてくる。心が読めることを確かめて入部しろと拉致される。真鍋も一緒に居るか... [続きを読む]

« 2012年 秋アニメ レビュー (アニメ調査室) | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第2話迄 感想 »