フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« みなみけ ただいま 第3話迄 感想 | トップページ | 僕は友達が少ないNEXT 第2話迄 感想 »

2013年1月25日 (金)

琴浦さん 第3話 感想

一度超能力者を・・・解剖してみたかったんだよねぇ!!

悪いけど、君に女優の才能はないよ。特に悪役のね。

だからね・・・私・・・これまで生きてきた中で一番うれしくて楽しいよ。

ばーか、うれしいのも楽しいのもこれから先いくらだってあるんだぜ。

今が一番とかみみっちいこと言うなよ。

0303

もう琴浦ちゃん・・・デレッデレ!

ですが・・・まさかこんな事になるなんて・・・・・

衝撃の引きで終わった第3話。



琴浦さん 3rdインプレッション 3

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話  
3rdインプレッション 3話      4thインプレッション 4話 
5thインプレッション 5話      6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話      8thインプレッション 8話   
9thインプレッション 9話      10thインプレッション 10話  
クライマックスインプレッション 11話  ラストインプレッション 12話 


ニコニコ動画配信ページ
  

↓公式HP
20130112_150344bmp

 前回ブログで書いた、琴浦さんとコラボしている鳥取県琴浦町

ここって本当に琴浦さんの名前の由来になったところだったんですね~。

原作者のえのきづさんのコメントで知りました。
なんでも名前決めるとて地図みて適当に決めたところが鳥取県琴浦町だったとか。

・・・そりゃコラボしますよね。今ブレイクしていますからこのチャンスを町おこしに利用してください!

提供絵はその琴浦町の景色とか。今回はどっかの神社?でした。

あとCMの琴浦さんぬいぐるみが・・・「こんな格好じゃ・・・寒い!」・・・ももしかして琴浦町?
 

OP「そんなこと裏のまた裏話でしょ? 」:中島愛

一昨日の23日発売になりましたね。まめぐ好きな私、当然ゲットしました。

♪そんな琴浦のまた裏話でしょ?そんな琴浦のまた裏話かもね?♪

3曲目の「素直」が良いバラードです。・・・っていうかこれも琴浦さんのこと歌っているのでは・・・

どこかで挿入歌として使われるかも。

 
ED「希望の花」:
千菅春

歌っていたのは琴浦春香cvの金元寿子さんじゃなかった。

ミスマクロス30グランプリをとった、千菅春香さん

ネットでは予想が二分されていましたが、やはり千菅春香さん。FlyingDog所属ですからね。

彼女のデビュー曲は2月27日発売のマクロス30〜銀河を繋ぐ歌声〜主題歌『プラネット・クレイドル/ワンダーリング』で決まっていますから、
おそらくその後に発売になりそうです・・・・かなり後じゃん・・・(×_×;)



●あらすじ
   (ネタバレ注意)

 何考えてんだお前は!ハートが足りないじゃないか!

クラスメイトのターゲットが琴浦さんから琴浦さんと真鍋君の二人になった。

 あの告白を琴浦さんに聴かれていないと思う真鍋君はそれを気遣うが、
琴浦さんと百合子部長も告白を聴いているのでその気遣いがさらに琴浦さんのハート心を刺激して、
彼女の真鍋君好き好きメーターは更に上がっていく。だが琴浦さんから中々告白が出来ない。

部室で百合子部長大智君に弁当を分けていることから、最終的に真鍋君のお弁当を作る事になった琴浦さん。

 そしてその放課後、ESP研の親睦会としてカラオケボックスへ行くが・・・強烈なこしこしこし・・・

これは・・・想像以上に・・・どうしようもなく・・・音痴!!

 そんな琴浦さんに心の中で告白を促す百合子部長でしたが真鍋君のエロスの前に告白はまたもやお預けだった。

0302

 一方一気に悪役になってしまった森谷流の森谷ひより

嫌いな空手で鬱憤払いをするぐらいイライラがたまっていく。

腹いせのターゲットはなんと真鍋だった。空手道場の連中を使い夜中に真鍋を襲わせ、怪我させてしまう。

翌日入院したこと担任の心から、そして襲わせたのを心から後悔するひよりの心から全てを知る琴浦さん。

 それが全てばれた事を心に病むひよりをなんと慰め、真鍋の入院先に向かった琴浦さんだったが、
真鍋の怪我の原因が自分だったこと、それでも真鍋君は巻き込まれたのが琴浦さんじゃなくて良かったと思っていたことを心に病み・・・・

知っていたのに・・・私の周りの人はみんな不幸になるって。
誓ったのに・・・もう誰にも関わらないって。
それなのに・・・。ごめんなさい。だからどうか、私のことは・・・・忘れてください・・・・

真鍋が退院し、学校に来たときはもう、琴浦さんは転校、そしてアパートも引っ越した後だった。

俺はあいつを・・・守ってやれなかったんだ。

屋上で一人悔やむ・・・・真鍋君だった。

Main_2



●感想

 「この歌だからちゃんとラストはすっきりするでしょうから良いですね。」

と前回書いた感想は早速裏切られました。

いやぁ~、まさかこういう引きをするとは!

 琴浦さん蒸発ですからね。まさにBADENDですよ。

ただまあ、予告があんな感じでしたから、この状況はあまり引っぱらずに、次回でこのエピソードは決着つきそうですね。

 ひより失恋による腹いせのターゲットはまさかの真鍋。

普通はこの手のパターンでは真鍋も危惧していたとおり琴浦さんの方に悪意が向けられるのですが、彼女は真鍋君に向いたんですね。

空手道やっているスポーツマン(武道家)の風上にも置けないですな。

それにしても空手やってる人間4人相手にあれだけ健闘するとは真鍋君やりますね。
  

 しかしひよりちゃん、一気にダークサイドに走りましたね~。

しかも起きてしまったことを後悔するとは、悪役に徹しきれない彼女らしいですね。

そんな気持ちまで流れて来た琴浦さんの態度に彼女は更に後悔します。ならやるなよ(笑)

 OP・EDみる限りひよりはこの後ESP研に入って来ますから、最後和解するのでしょうが、
好きな人とられ、自分の悪事も知られ、それに開き直るどころか後悔してしまうなんて・・・
この高校シーンだけみるとなんか彼女が一番かわいそうに思えてきますよ~。

 ところが見舞いに行った琴浦さんは、優しすぎる真鍋君の心にやられ、自分に返ってきてしまいました。

 この3話は最初からこれがテーマでしたね。最初の相合い傘のいたずらも

「私のこと気にして」

と琴浦さんは言っていましたから。
今まで人の汚い心や自分に向ける憎悪の心をみてきた彼女にとってそれがそのまま真鍋くんに向くと思ったら耐えられなかったのでしょうね。

結局私のせいで真鍋君を・・・

となってしまいました。しかもサヨナラも言わずに。

琴浦さんはもう、どんなことがあっても全部自分が悪いという結果しか出てこなくなってしまっているのですね。

 これは次回琴浦さんは真鍋君に見つかった後怒られますね。多分。

そして琴浦さんがこうなったのは自分のせいだと、ひよりちゃんは更にどん底に落とされるのでしょう。

 その辺りをちゃんと解決してくれるのでしょうから、次回の第4話は2話分の感動をラスト与えてくれそうです。

そう思って一週間待つことにしましょう。

 しかし真鍋君、どう考えてもあれだけみんなの前で・・・教室内で告白したら誰かの心から琴浦さんにもバレてるって考えないのかな。

そこが真鍋君がおばかで良い奴というところなのでしょうね。(笑)

 そしてESP研先輩、百合子さんは大智君好きなのが見えますが、大智君は幼なじみとしか思って無さそう。

 でも夕食に百合子さん呼べって母親に言われているのですから、幼なじみでもかなりなかの良い関係なのでしょう。

こちらのカップルの行く末も楽しみですね。

0301

※1/26 ニコ生アンケート結果

20130126_232500bmp


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


  
  


そこあに

« みなみけ ただいま 第3話迄 感想 | トップページ | 僕は友達が少ないNEXT 第2話迄 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

太田雅彦作品」カテゴリの記事

コメント

琴浦さんは真鍋くんに変わるきっかけをもらい、百合子さんに押されて変わって行くのでしょうね。
それまでに僕たちいったい何回泣かされて、何回最終回を見させられるのでしょう?まだ3回ですよ。

それにしても花澤さんは、いつものミステリアスキャラとチアキちゃんの弾けキャラに今回の中間的なお姉さんキャラという幅が広がる良い役もらいましたね。

>たーさんさん
まだ第3話なのにこれですからね。普通でしたら最終回前のクライマックスですよ、この展開は。
おっしゃるとおりどれだけ泣かされるのでしょうね。この作品に。
 花澤さんはいろいろな役を演じられて、どんどんと演技の幅が広がっていきますよね。
もちろん彼女の実力もあるでしょうが、それもいろいろな役をもらい、演じられるからこそ。
百合子さんという、本当に良い役を、新しい演技の幅を魅せてくれましたね。

考えてみれば、森谷さんが琴浦さんをいじめると、また真鍋くんから酷い言葉を受けるわけで、前回罵られたことを怒って少し痛い目に遭わせてやれという軽い気持ちから言ったんでしょうね。
真鍋くんの激白のおかげで教室では琴浦さんと真鍋くんがセットのようになっていて前回のように真鍋くんにだけバレないようにいじめればいいというわけでもなくなったし。
相手が熱狂的なファンだったことを忘れてたようですが(原作だと教祖の娘ってことですね)
嫌な気持ちになるぐらいなら友達を作らないというのは『好きっていいなよ。』のめいと同じなんですが、あちらとの決定的な違いは森谷さんにとって琴浦さんが人間ではなくバケモノであることでしょうか。
そうなると、一度失敗すれば触れるのも嫌になるかもしれないですね。

>ヴィーさん
多分そうでしょうね~。ちょっとした仕返しのつもりが病院送りですから、これは本人効いたでしょうね。
考えてみればおっしゃるとおりで、腹いせに琴浦さん狙ってももはや意味ないんですよね。徹底的に悪役で琴浦さんを病院送りにするのが目的なら別ですが。
 バケモノ→真鍋の言うとおりだった・・・に変化した彼女の気持ち。ですが時すでに遅し、琴浦さんは失踪した後だった。
先ほどのたーさんさんからいただいたコメントでも書いたのですが、普通ならこれが最終回前ぐらいのエピソードなんですよね。
 で、最終回琴浦さんが帰って来て森谷と和解、真鍋君とも仲直りしてめでたしめでたし・・・なのですが、いかんせんこの作品の恐ろしいところはまだ3話。
この後の展開がまだまだ強烈そうで・・・本当に楽しみです。

只今AT―Xで見ました!
途中では、「森谷のバカ女!ざけんなよ~」って怒り心頭で見てましたが、エンディングの少し前の教室の光景…
涙を浮かべて後悔に震えるヒヨリちゃんを見て、
「まだまだ悪い女じゃないんだな、良心がある子なんだな」
と思い、少し心がホッとしました。

うーん、いいアニメですわ、これ!
最近こんなアニメなかったよ~

さて、第3話の終わり方が…
え?ええ~!?
ウッソー!なんでこんな終わり方なの~

これじゃあ~、一週間後まで待ちきれないよ~、マジで生殺し状態だわ~(^_^;)

でも、真鍋くんは絶対に探しに行くに違いない!
そう思ったとおり、次回の予告では、研究会の3人がお寺に行く場面が…
和尚さんとお爺ちゃんが出てくるのかな…
あと、予告の場面で真鍋くんが汗をにじませて震えながら何か叫んでいました!
きっと「春香を僕が守れなくて、後悔してます」かな?
ぽん太の予想では、お爺ちゃんが出てきて何か春香を学校に戻すことに一役かってくれるのだと思うけど…

あと、エンディングの曲、千菅春香さんでしたね!
ぽん太の予想は外れました(^O^)

ぜひ12話完結でなくて24話完結にして13話からは、琴浦春香さんに歌ってもらいたいなあ~

あと、春香のぬいぐるみ欲しいなあ~(^O^)
発売情報あれば教えてください!

>ぽん太さん
私も同じでしたよ!森谷は“このクラスで琴浦さんが転校した来た後”だけでみると、一番かわいそうなんですよね。
琴浦さんは初めて自分の味方が3人も出来、逆に今が一番幸せ(だった)。
普通に考えればバケモノに好きな人とられたのですから、擁護する気は無いですが気持ちは分かります。
それで最後の最後に改心しそうなところまで来ましたので、次回以降森谷さんがどう変わるか楽しみですね。
 でもこの終わり方!おっしゃるとおりマジ生殺しですよね。
真鍋君たちESP研がどうやって蒸発している琴浦さんをみつけるのか!?
そして真鍋君の叫び、最後の最後琴浦さんのあのほほえみは、本物なのか回想なのか?
とにかく4話迄の一週間が長いですね~。
 ED「希望の花」は分からなかったですよ。私もひーちゃんかと思いましたもの。
そもそもデビュー前の新人さんの声なんて知らないですしね。だからこそこの段階的に発表するシークレット方式をとったのでしょうね。
みんな千菅春香と言う名前覚えたでしょうし、覚えれなくても琴浦春香と同じ名前の・・・ってのは少なくても記憶したでしょうから。
 ぬいぐるみ良いですよね!アニメイトやゲーマーズで1月23日から販売しているそうです。
http://www.kotourasan.com/goods/index.html
3000円と、ちょっと良いお値段ですが・・・でも車とかに置きたいなぁ~って思います。

森谷がこれからどうなっていくか非常に気になります。
罪悪感を感じどのように和解するか
そして和解した後どうなるか。
この罪悪感に悩まされて改心していく展開も好きです。

BGMがジョンウィリアムズの映画音楽っぽくて良いですね。
サントラをはやく出して欲しいです。

>としおさん
 この手のラブコメアニメで、ライバル側ヒロインをここまでたたき落としたと言いますか、
視聴者の好感度が無いに等しいキャラクターも珍しいですね。
さらに驚きなのは、ここから先和解して同じ部活に来るって事です。
まあ、琴浦さんの考え方が天使のようで、しかも全部自分で抱え込む性格だからでしょうが。
 その罪悪感を背負った彼女が、どうやってみている私達が納得出来る形で和解するのか・・・おっしゃるとおり非常に気になりますよね。
 太田雅彦監督はこういうBGM好きですよね。
みつどもえのクラッシックEDや無声劇回、ゆるゆりでもそうでした。
こういうクラシック系のBGMを使っているアニメは最近少なくて逆に良いですよね。

本当に「まさかこういう引きをするとは!」でしたね…
かめラスカルさんが↑のコメントレスで書かれている通り、最終回の1話前かと思うくらいの展開です…

ビターな話を交えながらもう少し平和な日常回が続くのかと思っていたんですが、これだけストーリー性が強いなら(第1話で関係修復は絶望的かと思われた)母親とのエピソードも今後あるのかも知れませんね。
OPにも映ってますし…

視聴中は作品外の情報をあまり仕入れないことにしているので、EDの歌手さんの情報が伏せられていたことも知りませんでした(^^;)
心に染み入るいい歌ですね(^^)

>taraさん
1~3話、全部強烈な回でしたからね。1回もほのぼのニヤニヤだけという回無し。
まさにジェットコースターです。
 おっしゃるとおりお母さんとのエピソードもあるでしょうね~って思えてしまう展開です。
ひょっとしたらラスボスかもしれませんね。お母さん。
 EDは本当良い歌です。・・・というより琴浦さんと言う作品に見事に合った、卒業式に合唱しても良いぐらいの歌ですね。
全ての面で今のところ文句なしの作品だと思います。

まさかの展開ですね。
最後は真鍋の病室で無事で琴浦が巻き込まれなくて良かったで終わると
 思ったら引っ越しとは・・・
森谷は好きな相手にわざと悪戯するような子供の気持ちで真鍋を
 少し痛めつけてだったのでしょうか?

特設サイトに名刺のタイアップを始めた様子が動画で掲載されてます。
ナレーションが昔のニュース風で面白いですよ。
http://kotourasan.net/koto_collabo_kotouracho.html
そして名刺を販売しているのですね。

>ぬる~くまったりとさん
 この作品、本当にジェットコースターですよね。その上まさかの方向へ飛んでいきます。
あそこの病院のシーンからまさか琴浦さん失踪に飛ぶなんて・・・想像もつきませんでしたよ。
しかしそれがぶっ飛び展開かというとそうでもなくて、ああ、琴浦さんならそうなるよなぁ~と、自然な流れでしたからね。いやはや恐れ入りましたですよ。
 森谷は好きな相手というより、フラれた腹いせだったのかなって思いました。それだと普通琴浦さんの方に向くのですが、バケモノ相手ではどう出るかわからなかったし、さすがにそこまで悪人にはなれなかったのでしょうね。
 真鍋がちょっとした怪我で、「いい気味~」ってぐらいの寂しい優越感を抱きたかっただけなんじゃないでしょうかね。
 
 琴浦さん名刺の紹介動画ありがとうございました。
「作者のえのきづ氏」というのが「作者のえのき寿司」って聞き取れて笑ってしまいました。
すこしでもやって良かったねっていう結果が出ると良いですよね。

第3話は上げて上げて叩き落とすという、第1話と真逆の展開となりました。
しかしこの第3話は原作準拠です。
それを考えると、第1話Aパートをオリジナルのあの展開にしたのは、この第3話と対の展開を見せようと考えて作ったとも考えられます。
それから、この“真鍋暴行事件”を原作準拠でやる事も考えて、ヒヨリの家の設定を新興宗教から空手道場に変えたのでしょう。
原作のままやれば、もろ「オウム事件」が連想されますしね。(それを考えると原作はある意味すごいし、ある意味怖い)
これまでのトラウマが甦り、せっかく得た仲間の前から姿を消した春香。
次回、またも男衆2人が頑張ります。
2人共、自分の趣味や得意を切り口に春香の行方を探します。
そして真鍋は春香のトラウマを壊せるのか?
その時、真鍋は春香の“ヒーロー”又は“ナイト”になれるのでしょう。
多分次回、また我々に「いい最終回だった」と思わせてくれる事でしょう。
でもジェットコースターはまだまだ終わらない…。(ぇ)

>ふれいくさん
感動とどん底のジェットコースターで行くという方針の作品なのでしょうから、この先もこういう展開ばかりなのでしょうね。
 それがはっきりわかったので、最終回がバットエンドにならなければ、それをむしろ楽しんで行く作品だと思います。
 おっしゃるとおり次回は多分感動させてくれると思うので、そのぶんの3話だと思い、4話を楽しみにしたいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56570398

この記事へのトラックバック一覧です: 琴浦さん 第3話 感想:

» 琴浦さん 第3話 「嬉しくて、楽しくて」 感想 [Garnet Clover~ガーネット・クローバー~]
すげぇな、お前w こいつにはこういうからかい方は効かないな。 さすがエロ紳士(ぉ) ―あらすじ― 翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしまう能力の...... [続きを読む]

» (アニメ感想) 琴浦さん 第3話 「嬉しくて、楽しくて」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る ESP研究会のメンバーとも打ち解けはじめた春香。お昼は部室で楽しくお弁当を食べたり、放課後にESP研...... [続きを読む]

» 琴浦さん 第3話 『嬉しくて、楽しくて』 ハートが足りないぜ! [こいさんの放送中アニメの感想]
真鍋が強者過ぎる。琴浦さんとの仲を相合傘で囃し立てられても「ハートが足りない」と書き加えるなど返しもお見事。ここまでイイ男ってアニメのキャラでも中々居ないんじゃなかろうか。「え、何だって?」を連発する不自然鈍感主人公に見せてやりたいです。 因みに真鍋は自分の告白を琴浦さんには聞かれていないと思ってる。影から部長とバッチリ聞いてました。そして琴浦さんもまんざらじゃない、というか完璧惚れてる。あとは彼女がどう答えるかがミソですね。 心が読まれるのを苦にしてない、というか逆用してる!一人でE... [続きを読む]

» アニメ感想 『琴浦さん』第3話「嬉しくて、楽しくて」 [たらさいと]
まだまだ固まってない今期の視聴ラインナップ… 新たに『琴浦さん』が加わりました(^^) 1話・2話と視聴しながらこれまで視聴継続を決めかねていたのは何故かというと…(以下、内容に踏み込むので格納します)... [続きを読む]

» 琴浦さん TokyoMX(1/28)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 嬉しくて楽しくて 公式サイトからESP研究会のメンバーとも打ち解けはじめた春香。お昼は部室で楽しくお弁当を食べたり、放課後にESP研一同でカラオケに行ったりと楽しい日々を過ごす。 ある日、真鍋にお弁当を作る約束をするが、なかなか渡すことが出来ず… 黒板に真鍋、琴浦の相合傘。この前の告白を春香が聞いていてことを知らない真鍋。一緒に部室でお弁当を食べよう。真鍋の裾を掴んでいた春香。 部室では室戸と二人。二人きりだから解剖してみようとからかう。琴浦ちゃんをからかって良いのは真鍋君だけだからねと 百... [続きを読む]

« みなみけ ただいま 第3話迄 感想 | トップページ | 僕は友達が少ないNEXT 第2話迄 感想 »