フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 琴浦さん 第3話 感想 | トップページ | gdgd妖精s 第3話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第5話 感想 »

2013年1月26日 (土)

僕は友達が少ないNEXT 第2話迄 感想

いいかおまえら!真のお笑いってのはそんな一発ネタじゃないんだ!

真のお笑い・・・それは・・・トークだ!

タイトルは・・・まんじゅう怖い!!

01

1期よりマイルドになったが・・・だがそこが良い!

隣人部面白すぎる!!

面白すぎるぞぉ~~~!!



僕は友達が少ない(はがない)NEXT ファーストインプレッション 2話迄

第1期
ファーストインプレッション 3話迄  
ラストインプレッション 12話迄    ※以上旧メインアメブロへリンク
第2期
2ndインプレッション 4話迄  
3rdインプレッション 5話  

↓公式HP
Top_img

CBC(愛知)とMBS(大阪)はTBS(東京)に対して一週遅れですね。

相変わらずですが、でも1期は2週遅れだったこと考えればありがたいことですね。



●キャラクターと1期あらすじ

 主人公羽瀬川小鷹(はせがわこだか cv木村良平)は、死んだ母親がイギリス人だったハーフ。
悪い目つきと、髪の毛が半分金髪で、その為もあり周りからは不良で怖い人とみられてしまう。

その為気は優しくとっても良い奴なのに、中々友達が出来ない。

彼が転校してきたとき、実は子供の頃仲が良く友達だったことに気づいたメインヒロインの三日月夜空(みかづきよぞら cv井上麻里菜)は、
小鷹ともう一度友達になるため隣人部という、友達が出来ない残念系の人達のための友達作ろう部を作る。

 まずそこに加わったのは、「肉」と夜空にあだ名をつけられた柏崎星奈(かしわざきせな cv伊藤かな恵)
成績優秀、良いところのお嬢様だが残念なことに友達がいなくて世間知らず。好きな物はエロゲーだった。

 次いで入って来たのは楠幸村(くすのきゆきむら cv山本希望)。男の中の男を目指すメイド服を着るボクっ子で歴女。小鷹を師匠とあおぐ。

 そして志熊理科(しぐまりか cv福圓美里)。常に白衣を着ている天才発明少女だが、BL好きのとっても残念な腐女子だった。

 そこに、夜空によってうまいこと隣人部顧問にさせられた若干10歳のシスター高山マリア(たかやまマリア cv井口裕香)が加わり、
中等部からは小鷹の妹で極度のブラコン、そして邪王真眼・・・ちがった、邪気眼の持ち主な羽瀬川小鳩(はせがわこばと cv花澤香菜)も入り、隣人部全員集合。

 今日もこの7人で友達を作ろうと、とっても残念な部活動を始めるのだった・・・・

1期ラスト、ようやく小鷹は夜空が幼なじみでタカ・ソラと呼び合う友達だったのに気づく。

 だが残念な二人は友達に戻ることが出来ず、結局二人が幼なじみだったことは内緒にして
新たな友達さがしの旅に・・・じゃない隣人部活動にいそしむのだった。

20130125_143033bmp




●あらすじ
 (ネタバレ注意)

 相変わらずヤンキー扱いされる毎日、そして相変わらずの隣人部。

 小鷹が部室に行くと星奈がハゲのおっさんカツラをつけて遊んでいた。
おもちゃ屋でバカ受け間違えなしというPOPを真に受けて買ってしまったらしい。

ここぞとばかり、星奈を釣り上げようとエンジンがかかる夜空・・・そして理科

二人の口車に見事釣られた星奈は、盛り髪で見事遊ばれる。

だが遊ばれていると気づかない星奈は、そのままの髪型で帰宅。しかも翌日もそれで学校に行こうとまでする。

 しかし家で星奈の父で理事長の柏崎天馬(かしわざきぺがさす cv置鮎龍太郎)のおかげで星奈は翌日恥をかかずに済んだ。
さすがに申し訳ないと思った夜空・理科は翌日星奈に謝り・・・

せめて笑い話で終わらせてよ!ばかぁ~~~!

04

 期末テスト勉強をする小鷹は、星奈の誘いもあり、柏崎邸でテスト勉強をする。

天馬父ちゃんは、星奈が(あの髪型もあり)学校でいじめられているのではないかと心配する。

ところが星奈の部屋は・・・端からみたら夜空のストーカーとしか思えない状態になっていた。

勉強会がいつの間にかゲーム会になり、晩ご飯を頂いて・・・泊まっていく羽目になる小鷹。

風呂場で背中を流しあいをし、天馬と小鷹・・・多分勘違いのコミュニケーションをとっていた・・・

05

  隣人部活、イメチェンでメガネをとっている理科は、現実逃避としてBLホモアニメ「ホモゲ部」を部室でみようとする。

最初は拒否っていた隣人部だったが、見た目だけで判断するのは良くないと、なんと全員で鑑賞会を始めてしまう。

ウホッ!やらないか!

一番影響を受けたのは・・・なんと夜空だった!セリフを全部覚えてしまうほどに。

しかもラストのキスシーンに衝撃を受ける。

そっか、友達同士でもキスするんだ・・・

ホモゲ部肯定する夜空に、ギャルゲー否定されていた星奈は激怒。

しかも夜空がセリフ全覚え&演じられた仕返しに星奈はギャルゲーエロシーンのセリフを全部言わされてしまう。

・・・い・・・言いおった!
そこまでアレなセリフだったとは・・・

みんなに“恐れ入りました”をくらい、逆に恥ずかしくなり帰って行く・・・星奈だった。

02

 学校の帰り道、突如謎のシスターから声をかけられる小鷹。

髪の毛がハーフだったために声をかけられたのだった。そのシスターは・・・

高山ケイト(cv加藤英美里)15歳。高山マリアの姉だった。

勉強しかできず、友達が出来ないマリアを明るくしてくれた夜空や小鷹には感謝しているという。

 一緒に帰る小鷹と夜空。テストが終わったら友達は答え合わせをするときいて自分達もやってみる。

結果は・・・答え合わせ恐るべし!

そこへ乱入する星奈。

貴様と答え合わせしても楽しくない!

ちょ・・中二の時の隣の席の山本さんと同じ事言わないでよぉ~!

隣人部員達は今日も残念だった・・・

03



●感想

 いやぁ~面白いです。監督が替わりましたが杞憂でしたね。

まあ、喜多幡徹監督は1期も助監督されて見えましたし、アニメーションプロデューサーが1期のまま黄樹弐悠Pですから大丈夫でしょう。

 1期と比べると、夜空の肉・・・星奈に対する攻撃がゆるくなっています。

星奈のいじられ具合はこの程度だと最高ですね。

1期はえげつなかったですからねぇ~。ちょっとかわいそうと思うぐらいに。

2期はそれが若干マイルドになっているのと、やらかした後結構後悔してますよね。

2話とも夜空が星奈に謝るとは・・・・1期では考えられません!

なので1期のアレが好きな方は今イチと思うかもしれません。

しかし私はどちらかというとこの程度のノリの方が好きですね。
1期は個人的に星奈が可哀想すぎたと思えるシーンが多かったので。

 みんなのキャラクターがしっかりと出ていて、各キャラクター事の残念具合がはっきりわかります。

 それから2期になって一気に表舞台に出てきた腐女子理科。
1期の時はまだ紹介レベルでしたが、ここまで腐っているとは(笑)。

おかげで2期はどうやら夜空と理科がコンビを組んで星奈をいじくる・・・という感じになりそうです。

 そして突如出てきた新キャラのケイトシスター。えみりんですか~。

妹が「うんこ」に対し姉は「屁」ですからね。ひでぇシスターですわ(笑)

いきなり出てきましたから、これからどうからんでくるか楽しみですね。

単独で出てくるのか?それともマリアとセットで絡めてくるのか。

・・・しかしブリキさんの絵だからかもしれませんが、二人の区別がつきにくいですね~。

頭にあるハートの位地(右・左)と数で判断しないと行けないぐらいそっくりに見えるのは自分だけ?(笑)

03_3

04_2

・・・い・・・言いおった!
そこまでアレなセリフだったとは・・・

のセリフは、テレビのシーンの中ではカット。伊藤かな恵さんはアフレコ現場で言ったのか?
果たしてBDの特典ではあるのか?。1巻の特典には無かったが・・・・
多分伊藤かな恵事務所NGだろうなぁ~(笑)

 ところではがないと言えば岐阜が聖地な作品。

1期ではJR西岐阜駅、穂積駅、名鉄の旧犬山橋とかが描かれていました。
1期ラストインプレッション参照

2期も岐阜ネタはあるのか?それとも・・・ないのか?中部ローカルな私はそちらも気になるのでした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


 


そこあに

« 琴浦さん 第3話 感想 | トップページ | gdgd妖精s 第3話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第5話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

コメント

夜空が髪を切ってから良くなった感じがします。
それまでは何が良いのか、個人的には不思議な作品でした。
残念、友達がいないをどう表すかがポイントですよね。
隣人部でも、友達じゃない、友達が何をするか分からない。
そこが上手く表せれば面白くなるのかな?と思います。

OP,ED曲はマイルドになって、こちらは残念です。

>ぬる〜くまったりとさん
各キャラクターの行動もえげつなくて私も最初かなり戸惑いました。でも世の中では評判いいから‥と視ていましたね。
夜空髪を切ったエピソードから確かによくなりましたね。
個人的には残念な人たちはこういう言動をするんだというマニュアルみたいな作品として視ています。かなり誇張表現していますが。
OP,EDは落ち着いてしまいましたね〜。

僕はな~んかパワーダウンした感がありました。歌のマイルド化が原因かな?
絵も1期の方が好きです。夜空に星奈の顔やシスター服も前の方がよかったな~
逆にセリフ廻し何かはパワーアップした様に思えます。
総合的に見て面白い事には変わらないですね。

ただ今の流れだと何処かに出掛けそうに無いのですが、今後前期の様な風景が出ることを期待します。

あと少々
マリアは担任でなく顧問ですね。
幸村もボクっ子どころか男の娘の歴史オタですね。

>たーさんさん
私も明らかにパワーダウンしていると思います。
特に夜空。ですが、逆に私個人的にはそれが自分にちょうど良いレベルに落ちてきてくれたかなって感じました。
正直一期はえげつなかったと感じましたので。逆に一期のパワーを期待されてみえると明らかにつまらなくなった…となるでしょうね。
マリアは顧問でしたね。ありがとうございます。今出先からの帰り道なので帰宅後直します。
楠幸村は裏の裏で実は女の子ではなかったでしたっけ?。私の勘違いだったかな…f^_^;

そろそろ遠慮した方が良さそうなんだけど…
お許し頂けるなら、次はこちら。(苦笑)

今、おさらいで1期を再視聴中です。
あの問題回!4話を見終わった所。ひとりもんは、やりたい放題さ〜(苦笑)
覚えてい〜ます〜か〜(愛おぼえていますかより)
「ユニバース」回!
初見で大声だして笑った事を、今でもはっきり覚えてます。(笑)

ちょっと馴れ馴れしくしすぎかな?自分がわからなくなってきたので次回のコメントは明日以降にします。昨日どこにも出かけなかったんで…(土日連休なんです)

>もっちゃんさん
1期も面白かったですね。
私は夜空が結構えげつなかったので、若干苦手だったところもございますが、
やはりこの作品はストーリーの流れが良くできていると思うので好きですね。

やっぱり通しで見ると、一期と二期の違いがよくわかります。
かめラスカルさんには、もう懐かしい話になっているでしょうか?

背景等の映像の違いに、WORKINGの一期二期を思い出しました。
あの時の雰囲気に非常に酷似しています。
今更ですが、監督の違いによるものなのか、原作がそんな流れなのを正確にトレースしているのか?
既読組の感想を聞かないと、わからないなぁ。
夜空の星奈いじり、私にはパワーダウンした印象なかったんです。
あの盛り髪に、エロ朗読…(笑)
シスター姉妹の区別、私は "おっぱいの大きさ" で区別していて、苦にならなかった事も思い出しました。(笑)

>もっちゃんさん
 そうですね。1期視直していませんから、そう言うイメージだったのかもしれませんね。
確かに懐かしい話になっているのかもしれません(^^ゞ。
 そういわれますとWORKINGの1期・2期に似ているのかもしれません。監督の差なのでしょうね。
盛り髪、エロ朗読・・・確かに夜空は1期も2期も同じなのかもしれませんね。2期で夜空が本気で星奈が嫌いだったと言うことがわかりました。
でも星奈の方は、徐々に夜空に心を開いて来ていましたので、そこから1期の夜空はえげつないと思ったのかもしれませんね。
 
 私は「絵」にさほど興味がないので(と書きますと語弊を産んでしまうのかもしれませんが)、おっぱいの大きさとか背景の違いとか、言われてみれば・・・レベルでしか違いがわからないです(^^ゞ。
良く他の方が作画が・・とか書かれている作品でも全然気づかないので(汗)。
 逆にキャラクターがおかしな行動をするとそちらの方が気になってしまいます。
 1期の夜空は星奈を足で踏んづけたり、路上でグダグダいじめたり、肉肉うるさいし、そう言うところがえげつないと思ったのかもしれません。
 しかも星奈がショックを受けた後悪びれたところも有りませんでしたし。2期は・・・まあ仲が良くなったと言えばその通りですが、星奈いじりした後謝ったり、少し後悔したりしているのでその分当たりが柔らかくなったような気がしたのかもしれませんね。

私の認識をコメントさせて下さい。
一期
夜空…友達つくりの苦手な夜空は、小鷹との別れの後ずっと一人だった。
突然の小鷹再出現で、あの楽しい日々よ再びと必死に隣人部をつくった。
「タカ」とならまた…です。そこに星奈という究極のお嬢様が土足で割って入ってきたんだから、憎く思うのもしょうがないなぁ、と考えてました。

星奈…成績優秀、スポーツ万能、自他共に認める美少女。周りの男はちやほや、女からは妬みもあるでしょう。
おまけにあの性格。(状況からしょうがないと思います) 女友達が欲しいと考えるのは当たり前ですね。
初めて「夜空」という、自分に突っかかる人間が出現したんです。
夜空と仲良くしたくてもあの性格だから素直になれず、夜空の攻撃が容赦ないから結局泣かされる。

こんな風に見ていました。夜空には「タカを星奈にとられるかも」という、恐怖感もあったかなぁ。

二期の一、二話を見て、あれ?と感じたのは、盛り髪、エロ朗読どちらにも「理科」が絡んでいる事。
夜空の星奈いじりに"星奈で遊んでる"成分を感じている事です。
一対一でやってないから、パワーダウンを感じなかったんです。

じつは二期最終話をまだ視聴していません。
かめラスカルさんが、いつも丁寧に返してくれるので、中途半端な認識でコメントしたくなくて再視聴しています。(重い! 笑)
今期はじまったばかりだから、いまは「はがない」を楽しく再視聴!コメントしたくてしょうがないんです。(笑
本当にありがとうございます。

こちらで「ヤマト」の記事があるのを見かけて、あれだけは特別昨日に視聴しました。
本当に「ヤマト」は別格ですね。(笑)

>もっちゃんさん
 確かにそのとおりですね。
おっしゃるとおりですから、最初の頃は夜空と星奈ガチでぶつかっていましたよね。
で、常に夜空が勝ち、星奈は泣いて外へ飛び出ていく。このパターンでしたものね。
 それが私にとって夜空というキャラクターはえげつないと感じたんですね。

 ですが2期に入っておっしゃるとおり理科が星奈いじりに絡んできました。
しかも星奈は夜空に一目置くようにもなって、実際やってることは同じようでもかなりマイルドになったと私は感じました。
 盛り髪にしても星奈は二人の言うことを信じて喜んでやっていますよね。
1期の星奈だったら信じなかったですよね。
だからそれを知って理科と夜空は最後謝ったのですが。
 
 なので、2話迄の感想では、確か(記憶で申し訳ございません)、
明らかに1期と2期では、星奈・夜空のスタンスが変わったなぁ~って、私は思いました。


 まだ2期を視終わってみえなかったのですね。大変失礼致しました。
ネタばれしてしまい申し訳ございませんでした。今後気をつけます。
 私は前回もっちゃんさんが書いてみえたように、視たらもう一度じっくり視直すと言う事をなかなかしないので、ぶっちゃけこの2話も、ブログ書いた後は1回も視ていません(^^ゞ。
じっくり視直されるもっちゃんさんはすごいなぁと思います。
どうぞお手柔らかにお願いします(笑)。

私が自分の認識をコメントしたのは、自分の頭の中を整理したかった事と、かめラスカルさんのコメントにあった
「2期で夜空が本気で星奈が嫌いだったということがわかりました。」の文章を、私が間違えて解釈してないか?と疑問に思ったからです。
しかし、私のコメント言葉たらず!(苦笑)
あの性格ゆえに女友達いないから、女友達が欲しい!と考えるのは当たり前…が正解です。

私かめラスカルさんのコメントでかめラスカルさんは「夜空は2期の最後まで星奈の事を嫌い」と認識されているのでは?と思っちゃったんです。

例のレポート、明日晩には送りたいと思います。
それが終わってからゆっくり、これ以降の記事を読まさせて下さい。(まだ未読)
楽しいですねぇ〜(笑)
変なおっさんに捕まったと諦めて下さい。(苦笑)

>もっちゃんさん
そうですね。嫌いではなくなってますよね。
いなければ良かったのに・・・は変わりないみたいですが。
でもそれって夜空は星奈だけじゃなくて幸村にも理科にも当たるんですよね。
 夜空の隣人部作った目的は小鷹ともう一度友達になるため。
でも思ったようには行かない。とはいえ今の状況は嫌いではないんですよね。
本来の目的とは違いますが。この矛盾に一番困惑しているのは夜空なのかもしれませんね。

ありがとうございます。
そのコメントは、全く同意見です。
先の話になりますが、自主制作映画の件で「最初に見るのは7人…」が、それです。
以前はイベントがあると、星奈を外そうとしてた夜空が、あそこで考えに変化が出てるんです。
…詳しくは又の楽しみという事で!(笑)

>もっちゃんさん
あのシーンは良かったですね。
逆にあそこで最終回にすれば良かったのに、と思えるほどよいシーンでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56579227

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は友達が少ないNEXT 第2話迄 感想:

» 僕は友達が少ないNEXT TBS(1/24)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 俺の妹たちがこんなに可愛い 公式サイトから羽瀬川家に突如マリアがやってきた。なんでも姉の小言がうるさくて 家出をしてきたというのだ。 小鷹に懐くマリアを見て当然、小鳩は面白くない様子。そんな中、姉からの電話が鳴り響いた……。 夕飯時に訪問者、夕飯を準備する小鷹、アニメを見る小鳩に 新聞の勧誘なら要らないと言って良いぞ。マリアがやって来た、BBAが仕事しろと煩いのでお兄ちゃんなら そんなこと言わないと言ったらお兄ちゃんの家の子になれと言われた。 夕飯を見てクリスマスか?と嬉しそうなマリア。ケイ... [続きを読む]

» 僕は友達が少ないNEXT 第2話 ホモゲ部 [ゲーム漬け]
小鷹と夜空が隣人部へ行くと、1人の美少女。 それは髪を下ろし、眼鏡を外した理科。 何だと、あからさまにガッカリしたという感じの小鷹。 元々、視力は悪くなく、伊達眼鏡だっ ... [続きを読む]

» 僕は友達が少ないNEXT 第2話「ホモゲ部」 [ボヘミアンな京都住まい]
サブタイトルからしてソッチ系を予想してたので、そういったのが大の苦手な私は見ようかどうしようか迷ったのですが(苦笑)・・・まぁ途中端折って見ながらなんとか最後までついていけました(変なのはAパートだけでしね・笑)。 ・・・ところで、絶妙のタイミングでCMで切られたしまったために続きが聞けなかった星奈のこの部分、BDではどうなるんでしょうねぇ〜?(ニヤニヤwww) 尚、今回のエンドカードはえれっと[http://u-u.2-d.jp/]さんでした。 ...... [続きを読む]

» 僕は友達が少ないNEXT 第2話 『ホモゲ部』 理科回かと思ったらうんこくそババアにやられた。 [こいさんの放送中アニメの感想]
マリアの姉・高山ケイト「正式」登場。第1期でもマリアが夜空に騙されて全裸疾走してた時にチラッと登場してました。その容姿は成長したマリアそのものという美少女っぷり。そして胸が凄い。聞けばまだ15歳だというではありませんか、つまり小鷹よりいっこ下。何より重要なのは、ペッタンコが悩みの小鳩と1歳しか違わないことです。マリアの将来は安泰、そして小鳩の将来に暗雲が。 でも性格もマリアに輪をかけて下品だった。ゲップに放屁と羞恥心ゼロ。やはり「残念」な所は他のヒロインと同じですね。 ... [続きを読む]

» 『僕は友達が少ない NEXT』 第2話の評判 [最新アニメ・マンガ 情報局]
タイトル酷いわwww しかも、観ていたDVDの内容も、全年齢版とはいえ「くそみそ」パロw でも、このタイトルは「飛ばし」な感じ。 出だしだけで、本筋は [続きを読む]

» ◎僕は友達が少ないNEXT第2話「ホモゲ部」 [ぺろぺろキャンディー]
小鷹:なんだリカか、メガネどうしたんだ?リカ)タマにはいいかなって。ダテメガネだったんですよ。ファッション。キャラ作りでは?それなら納得だ)どうですか?うん、春の野に咲... [続きを読む]

« 琴浦さん 第3話 感想 | トップページ | gdgd妖精s 第3話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第5話 感想 »