フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 | トップページ | ヘタリア THE BEAUTIFUL WORLD 第2話迄 感想 »

2013年2月 6日 (水)

さくら荘のペットな彼女 第17話 感想

2年間頑張ってきたんだろ!!一緒に頑張るって・・・

こんな所で1人降りるなんて・・・俺が許さないからな!

ずっと言いたかった事があるの・・・私ね・・・ずっとね・・・・

17_th

もし・・・あいつが待っててくれたなら・・・今日は、バレンタイン!

普通にしてみたかったの・・・わたしは普通じゃないから・・・

私には言ってくれなかった・・・一緒に頑張ろうって。

本当に嵐呼ぶバレンタイン!!

いや・・・正確には心の中が嵐だったバレンタインデー!!

これほど一筋縄でいかなかったバレンタインデーのアニメエピソード、視た事無いです。



さくら荘のペットな彼女 1thインプレッション 17話

ファーストインプレッション 2話迄    2ndインプレッション 3話     3rdインプレッション 4話  
4thインプレッション 5話
          5thインプレッション 6話     6thインプレッション 7話  
7thインプレッション 8話       8thインプレッション 10話迄   9thインプレッション 11話 
1stクライマックスインプレッション 12話 11thインプレッション 13話  12thインプレッション 14話  
13thインプレッション 16話迄    14thインプレッション 17話   15thインプレッション 18話 

16thインプレッション 20話迄    17thインプレッション 21話前半  

 

 

↓公式HP
20121016_143641bmp

●キャラクター

20121016_144145bmp

左から
101号室:神田空太(cv松岡禎丞)~属性:ふつう
  主人公。拾った猫を飼うために普通の寮からさくら荘へ強制移動させられ、そしてましろ当番になる。

202号室:椎名ましろ(cv茅野愛衣)~属性:天才
  メインヒロイン。天才画家でマンガ家を目指しているが自分でパンツをはけないほどの要介護認定者

203号室:青山七海(cv中津真莉子)~属性:努力家
  空太のクラスメイト。
声優志望でバイトしながら生活している頑張り屋さん。どうやら空太を好きな様子。

201号室:上井草美咲(cv高森奈津美)~属性:宇宙人
  脱ぐと凄いのよ~~!!。自書アニメが大ヒットした天才アニメーターだが、いつも脱ぐ!

103号室:三鷹仁(cv櫻井孝宏)~属性:モテブルジョワ
  美咲の幼なじみ。脚本家志望で人妻にまで手を出す女ったらし。

102号室:赤坂龍之介(cv堀江由衣)~属性:ひきこもり
  高校生にしてすでに企業と契約している天才プログラマー。ひきこもりで伝達事項はメイドちゃん(cv???)が代行している。

管理人室:千石千尋(cv豊口めぐみ)~属性:アマゾネス
  Lv.30(29歳と15ヶ月)の美術教師でありさくら荘の管理人(監視要員)。ましろの従姉妹にあたる。

  
  

●あらすじ     (ネタバレ注意)

 ましろ・七海・美咲・リタ・・・・それぞれの思いをこめて・・・・バレンタインデーの朝がやってきた。

美咲先輩はすばらしいできばえの試作品1・2・3を経て仁への手作りチョコを夜遅くまで作っていた。

 オーディションの日でもあり、朝早くさくら荘を出る七海だったが、オーディション自体は夕方からなので普通に学校へ登校していた。

 ましろへは朝突如飯田綾乃編集から電話。表紙を書く作家が倒れたので急遽カラー表紙を書いて欲しいと依頼が来る。

 そのましろ・・・なんと空太が手伝わなくても今朝は自分で登校の準備をしてきた。今日だけカバンの中身チェックを空太にさせないほどに。

 そして突如さくら荘に現れたのは・・・リタ!課題が有るにもかかわらず時間を作ってバレンタインデーのプレゼントを龍之介に持ってきたのだ。

 授業が始まり・・・そして授業後・・・

 美咲先輩は“はうはう”こと姫宮沙織と一緒に、生徒会長舘林総一郎が仁を連れてくるのをベンチで待つ。

 リタは積極的にアプローチするが、男子トイレに逃げ込んだ龍之介は頑としてプレゼントを受け取ってくれないし会ってもくれない。

 ましろは、放課後屋上で待っていると空太にメールをする。

 そして七海は・・・なんと電車がストップ!オーディションに間に合わないピンチに襲われていた。

 七海からの電話を受けた空太は、ましろに遅くなる旨の留守電をして借りた自転車で七海をオーディション会場まで2人乗りで送る。

・・・・そして・・・・・・

 龍之介の籠城で時間切れ・・・リタは龍之介に会えぬまま帰国の途についた。
手紙とプレゼントだけ残して・・・

 美咲と“はうはう”が待つベンチには・・・仁はついに現れなかった。

 ましろは教室で待っていた・・・

・・・・そんななか・・・・

 空太の背中で最後の台本の読み合わせ練習をする七海と空太・・・・

ずっと言いたかった事があるの・・・私ね・・・ずっとね・・・・

ずっと・・・好きでした!大好きです!!

七海の心からの告白に動揺する空太だったが・・・

どうだった?真に迫ってた?

と、演技と言う事にしてしまう七海。そしてそのままオーディション会場へ走っていった。

空太はダッシュで学校へ戻り、教室・・・そして屋上へ・・・。

屋上でましろは待っていた。

 ましろは空太にチョコレートを渡しながら、自分は普通じゃないから普通のことをしたかったと空太に言う。

そして、空太に一緒に頑張ろうって言って欲しかったとも・・・

そこで空太はましろがいつも1人だったことに気づく。

そうか・・・見えないのは俺だけじゃない。振り向いた椎名からも俺の姿は見えないんだ。

 ましろにチョコレートのお礼をして、どくんどくんしていると言うましろの手を握り

どくんどくんいうのは・・・生きてるからだ!!

 2人さくら荘に戻ると、七海も美咲も帰っていた。七海はやれるだけのことはやれたと思うと言った。

何故か始まるバレンタイン餃子パーティー。

まあ・・・誰しも言えないことの一つや二つ・・・あるか・・・・

そうかもね・・・どんなに親しくても中々言えないことあるから・・・

美咲七海の心中やいかに・・・そしてリタは?龍之介は??・・・空太は?

Pcwp_480x640

 


●感想

 久しぶりの岡田マリー脚本回、ラノベ原作作品で、こんなバレンタインイベントのアニメ初めて見ました。

高校生達のバレンタインデーですよ!?女の子が一年の内で唯一堂々と気持ちを打ち明けても良い日ですよ?

受けるにしても拒否るにしても男の方はちゃんと彼女達に向かい合わないといけないでしょう~!?

・・・それが・・・

男の方が完全拒否でトイレに引きこもり、海外からわざわざ会いに来た女の子撃沈。

現れるはずの待ち人現れず、いつも積極的な女の子がただひたすら待ち続けて撃沈。

ここが一番告白するチャンスなのに・・・せっかく告白できたのに演技の練習にしてしまう女の子。

特別なバレンタインにしたいけどどうして良いのかわからず逆に普通のこととして市販のチョコを渡す女の子。

 まともにバレンタインデーで良く有るチョコレート渡して告白、もしくはそれに準じたことをした娘・・・一人もいないf^_^;。

 まさに心の中が嵐のバレンタインデー!!

そして男ども・・・トイレに引きこもるは、その場所へやってこないは・・・・

おまえら二人ともダメ!!こそこそ逃げずに堂々としなさいってば!

まともだったのは空太と宮原君だけで仁と龍之介は正座で反省モノですね。

今回はこの男2人にマジ腹が立ちましたね。

いつもは逃げても良いけどバレンタインだけは逃げてはいけませんわ。

 まずリタ龍之介

なんとバレンタインデーの為だけにフランスからの弾丸ツアー!!

なんというけなげな・・・。ですが、相手が一筋縄ではいかない龍之介。

しかもリタの行動のフラグがあのクリスマスメールだっただけに・・・余計この結果が視ていて辛かったですね。

問題は、あの手紙を読んだ龍之介が(ファーストキスのくだりだけひらがなで書いていたのが余計に泣ける)、
彼女の気持ちに対してどう思うかですね。

変な気を持たせるのなら余計なことをするんじゃなかったと思うのか、それとも悪いことをしたと思うのか。

今までの龍之介なら間違えなく前者ですが・・・・トイレに引きこもるぐらいですからね~。
 

 そして美咲

こっちも辛かったですね~。
第2話、仁の誕生日裸りぼんだった美咲が、ひたすらしおらしく待っていただけだったのですからね・・・

ところが仁は来なかった・・・でも表向きには普通を装っている美咲先輩。

もう・・・きっついですね~。

これは信じられないですね。美咲が本当に好きなら普通に来てチョコを受け取るべき!!

別にその後いつものパターンになったとしてもいいじゃん!今までの仁は許せてもこの仁は許せないですね。

そしてそれは美咲先輩の心に潜伏してたまっていって・・・

すでに次回予告でダークマター登場ですから・・・嵐ですね・・間違えなく。
  

 そして、七海空太

 電車のガード下でしたからね~。私は渾身の七海の告白が電車の音で空太の耳に届かない、
聞こえないという良く有るラブコメ展開も一瞬頭によぎりましたよ。

 ですがそうじゃなかったです。七海告白の後自らブレーキをかけましたね。
まあ、オーディションが終わったら・・・という願かけ(フラグ)を自ら課していますからね。

ぎりぎりで自分を取り戻したのかもしれませんね。
オーディションに受からない限り七海はステージに上がれない(と彼女は思っている)わけですから・・・

こちらも心の中に嵐は潜伏・・・全てはオーディションの結果いかんですね。

 でもあの空太の動揺具合・・・七海から告白されたらうれしい!・・・じゃなくて、
どうしよう・・・って感じですものね。ちょっと七海厳しいよなぁ・・・・

もしかしたら空太の反応みて、七海はお芝居にしてしまったのかもしれませんね。
 

 それにしても宮原君の行動が、録ってもかっこよかったけど、よくわからなかったf^_^;。

まあ七海にふられたので仕方無いと言えば仕方無いですが、何故空太を乗せてあの坂を登る?
そして登り切ったところで空太にバトンタッチって・・・
アレではまるで空太の体力を残してやるために坂まで連れて行ったように見えてしまいます。

わざと??いやいや、最初はそんな感じなかったように思えます。
何にしても宮原君、空太に花を持たせようとするところは・・本当、良い奴過ぎます。
  

 で・・・最後にましろ空太

 ましろは自分が普通じゃないって自覚しているのですね。と言うか最近自覚したのかな。

だから最近は普通の女の子らしいことをしようといろいろやっていたのですね。

 その気持ちが空太はわからずずっと仲違いしていたわけですが、クリスマスで仲直り、
そしてバレンタインでましろの気持ちが理解できたと・・・こうなったわけですね。

 端からみると二人は完全なカップルなのですが、ましろと空太ですからね~。

 空太は、普通の女の子しているましろじゃなくて、クリエイター(芸術家)としてのましろが好きなわけですから・・・

で、ましろは空太にかまって欲しくて、七海のような普通の女の子になろうとしている・・・

 このすれ違いだけですものね。

それがだんだんとお互いわかっていき、二人の距離が縮まって行くのでしょう。

七海やっぱりかわいそうなポジションになりそう・・・。

 ですがその前にまずオーディション、そして次回のダークマター宇宙人ですね。

ましろ&空太以外は風雲急を告げ始めたさくら荘の恋人戦線。

はたして・・・

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります
 



そこあに

« ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 | トップページ | ヘタリア THE BEAUTIFUL WORLD 第2話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

今回は、まだまだ残り話数もあるから簡単には結論を出さない、もっと
 引っ張るぞーな回に思えましたね。
龍之介は女嫌いと宣言しているので、あの対応は分かります、かなり自分に
 正直ではないと思いますが・・・リタには辛かったでしょうが、強い子だと思いますので次に期待してます。
仁も入試までさくら荘に帰らない宣言してますから、終わるまでは逢わないのですね。

宮原も七海がピンチに連絡したのは空太、選ばれた相手を助けたのですね、自分は振られたので。
久々に出番が有ったと思ったら格好良いシーンでした。

ましろは一歩前進なのか?唯一チョコを渡せたのですが、良く分からず行動してますよね。
普通じゃないと自覚しているとは思わなかったです。
普通になればなるほど視聴者的には魅力が半減しそう。
その前に空太が普通にならなくても良いと言うかも・・・

>ぬる〜くまったりとさん
そっかぁ、そうですよね。唯一チョコレート渡せたのはましろだけなんですよね。これは何かの暗示なのでしょうかね。私もましろが自分は普通じゃないという自覚があったのに驚きました。
リタの手紙を読んで龍之介が変わるか変わらないかですね。仁の方は…確かにそう豪語していましたからね。だから美咲もあの行動なのでしょう。
こうも女の子たちの方が撃沈したバレンタインエピソード初めて視たので本当驚きました。
おっしゃる通りまだまだ一筋縄ではいきませんよ〜引き延ばしますよという現れの回でしたね。

七海ちゃんが自転車の後ろで「ずっと好きでした、大好きです!」っていうシーンとすぐ後で照れ隠しに「どうだった~?」って…
見ていて七海ちゃんの精一杯の叫び!とってもいじらしくて…思わず
「やったね!七海ちゃん、オーディションも恋もガンバれ!」
ってテレビに向かって僕もガッツポーズしたよ!
七海ちゃんの純な恋心、おじさんのぽん太も結婚前を思い出しました!若いって最高だわ~(*^o^*)

そうそう!冒頭のシーンでましろちゃんが緊急で表紙のイラストを依頼されてたけど…あれどうしたのかな??編集部の人いつ原稿取りに来るの?
…あっ!きっとメールで送ったんだよね?でも、普通は編集部の人が大急ぎで取りにくるだろう!
????
あまり気にしちゃいけないアニメだったっけ?

あと、これはリタちゃんに…っていうか、脚本の人に要望なんだけど…
リタちゃん、あのまま帰っちゃだめだよ~~~(^_^;)
帰ったと見せかけて、夜の食卓のシーンで再登場。「やっぱり1日帰るの遅らしちゃった!」って…
龍之介くんをみんなが羽交い締めにして無理やりリタちゃんがチョコを口移しする…なんて展開を期待したいなあ~(^O^)

あと1つね~
冒頭のましろちゃんが黄色いパンティーをはくシーン(うひょ~(^O^)視聴者サービスだあ~←ぽん太落ち着いて!)ですが、、ましろちゃん!足を通す所が違うよ~~(^_^;)…
そんな穿き方したら横から丸見えだわ~
あっぶねえ~危ねえよ!その後色々な色のパンティーに穿き替えたようで安心しましたが…

ではでは!

>ポン太さん
 おっしゃるとおりですね~。まさに七海ちゃんの回でしたね。
本当はいうつもりはなかったけど、セリフと気持ちがシンクロ、テンションが上がっていってしまったのでしょうね。
高校生の女の子らしい、本当にきゅんときました。本当、若いって最高です!
 ましろの表紙はこれからではないでしょうか。いきなりカラーでさすがに描けないとは思いますので。
次回の何か伏線でしょうね。(と言っていて何もなかったりして・・・汗)
 リタはあれで帰っちゃったから・・・・龍之介の心に効果があった(はず)と私は思いました。
それだけにあの手紙は強烈でしたので。本当はおっしゃるとおり帰らず餃子パーティーにリタがいてくれたほうがとっても良かったのですよね。
少なくとも気持ちが救われますので。
 ましろの着替えシーンナイスでしたよね。良い目の保養でした。


こんばんは。

「七海」の「空太」に対する ❤ に気付いた頃には、「空太」の気持ちは「ましろ」の方へも傾いていて・・・・・。
これは完全なフタマタ状態ですね。

「空太」に対して何もしない(できない)「ましろ」に対して、献身的に身を尽くす「七海」が最終的に「空太」と別れるような不公平な展開・・・・・、例えば「空太」と「ましろ」がより一層の濃密関係に、そしてあることをきっかけに「七海」が振ったはずの「宮原君」に惹かれるようになり、最終的に「空太」と「ましろ」の前から身を引く・・・・・なんて一見大団円風の陳腐な展開になったら、もうブラウン管壊したくなりますね。
そうならないで欲しいと切望します。

>HARIKYUさん
 私もその展開だけは勘弁して欲しいなって思います。
ならいっそのことズバッとふられて声優の仕事オンリーに行って欲しいですね。
七海の行き先が無くて結局宮原君とくっつけて・・・というのは私も大爆発ですよ!!
 でも、ストーリー構成が岡田磨里さんなので、多分そういうのにはならないのでは・・・とマリーを信じています。
・・・もともとこの作品、とらドラと同じで、原作終わっているにもかかわらず、最後は原作とちょっと違うらしいという噂です。
 そしてマリー脚本の特徴は女同士で本気のバトルをすること。とらドラ・TRUETEARSから、最近ではあの花。
私はマリーならましろVS七海の女同士バトルを絶対やるだろうと思っていますので、それを信じて・・・この先の展開を楽しみにしたいと思います。

皆さん良い感想をお持ちで。
ですから僕は突っ込みをば
リタの荷物にバールの様な物がw何をするつもりだった?龍之助の部屋のドアを破ったか?

あの丸のついた坂をニケツで登るのは無理でしょう。オッサンには無理だ!

タケノコは福岡行きの回が伏線でしたね。

何か最近僕は突っ込み担当?

>たーさんさん
 さくら荘は結構シナリオに突っ込み入れたくなる方と、そうでない方と分かれるのかもしれませんね。
他の作品では結構突っ込む私が、この作品に関しては好きな作品で、突っ込まないのが原因かもしれませんね。
私の個人的補正が入っているのかもしれませんf^_^;。

 リタの荷物はその隣にありましたから、あれは工具箱ですね。
工具箱と電ドリとバール・・・のようなもの。おっしゃるとおりトイレのドアを破ろうともってきたのですかね(笑)。
さすがさくら荘に少し住んでいただけ有ってそう言う物の場所を知ってらっしゃる(笑)。
 ・・・というよりたーさんさんからご指摘いただくまで私気づきませんでした。このコメント読んであわてて視直しましたよ(笑)
 あのシーン、普通空太降りて後ろから自転車押しますよね。乗ってないですよ。
と言う事は、あのシーンがシナリオ通りなら・・・宮原君が空太に降りるな!と言って乗せたまま意地で登ったと・・・それイコールあの坂までは自分が自転車こいで空太の体力温存させたのでは・・・と思ったのですよ。だからこそ・・宮原良い奴過ぎる~と思いました。
 タケノコの品切れがまさかの今回の伏線・・・キノコ涙目過ぎますね(笑)

あ、工具箱だ。バールの様な物wが気になって見落とした。

坂のシーンはアレで良いのですよ。宮原君は吹っ切る切っ掛けが欲しかった。だから余計に意地になって登った...
アレで良いんです。(宮原ぁ...)

ただ丸のついた坂は無茶しすぎでは?車でも一速二速、昔ならバックで登る(バックの方がギア比が低いのでパワーがある)坂ですからね。
と、敢えて突っ込んでみました。

本当に久々の岡田マリー脚本回でしたね。
もう一つのシリーズ構成担当「絶園のテンペスト」の個別脚本もしばらくやらず、この2作品ではしばらく構成業務に専念。
同時シリーズ構成3本目となる1月スタートの「AKB0048」の個別脚本にパワーを割いていたようです。
ですが、さすがにここはキーポイントとばかりに自ら脚本を書きましたね。
バレンタインデーはクリスマスイブと並ぶ女の子勝負の時。(クリスマスイブは男も勝負の時ではあるが)
美咲、リタ、ましろは勝負に出て、渡せたのはましろのみ。
ましろは空太に「一生懸命やっている姿が好き」と言われ、一生懸命やっているが、ふと後ろを見て「空太?」と探してしまう。
一方、七海は自分の将来も賭けての大勝負。
しかしまさかのトラブルに助けを求めたのはやっぱり空太。
そして鈍感野郎の空太もどうやら2人の気持ちに…。(ぉ)
次回は美咲と仁のストーリーになるのかな?
仁の大学受験は果たして。
そしてついに三角関係に変化が…と思いきや、原作通りなら「琴浦さん」並のジェットコースター展開がさくら荘に襲いかかる。
どうなる、さくら荘?
ちなみにリタは1ヵ月後にまた来るよ。
その頃には優子の件でも大騒ぎだ。
まったく落ち着かないねぇ、さくら荘は。

>たーさんさん
確かにあのすべりどめの「まる」が有るほどの坂を自転車で登るのは至難の業!!
私も仕事の客先でその手の道がありますが・・・・歩くだけでもしんどいのに私も自転車では・・・無理です!絶対。
それを登り切るなんて・・・しかも空太乗せての2ケツで。・・・宮原君の愛(想い)のなせるわざとしておきましょう(笑)

>ふれいくさん
マリー、メインライトはAKB0048ですか。そうなると絶縁もさくら荘もキーポイント回のみのシナリオになりそうですね。そういえば原作者の鴨志田一先生もしばらく脚本無いなぁ・・・あれで終わりなのかな?
 さすがの空太でも妹からの煽り、そして七海・ましろのあの態度見ればわかりますよね~。いや、わかったと思いたいです(笑)
で・・・果たして・・・ですね。
 こっちもジェットコースターでどん底までたたき落とされる恐れがあるのですか・・・汗。
バレンタインも終われば、受験も終わり、いよいよ仁達卒業ですものね。果たして仁・優子その他の受験の結果は・・・そしてこの先どういう展開でクライマックスに近づいて行くか・・ですね。
おっしゃるとおりまったくもって落ち着かない寮ですね~。さくら荘。

AKB0048は1期(1~13)は全てマリーの脚本です。
通算で1話から17話までがマリー、今回の18話樋口達人さん、
 次回の19話が根元歳三さんですね。
2期は全国15局ネットですから力が入るというのも分かるかも。
河森監督もアイドルだからと言って手抜きはしないと言ってます。
もっと評価されても良い作品なのですが・・・

>ぬる~くまったりとさん
AKB0048って、ご覧になった方々の評判が良いのですよね。
アニメファンってAKBあまりお好きじゃない方が多いのか、変に毛嫌いしている人も見えますしね(私もですが・・f^_^;)
どちらにしても愛知県は放送していないので残念ながら視聴出来ませんが。
 最近はAKB0048、アイカツ、ラブライブなど、アイドルモノが増えましたね。なにか戦略みたいなものがあるのでしょうか・・・・

ましろん・ななみんはそれぞれ進展がありましたけど、美咲先輩とリタは切なかったですね。

美咲先輩は一旦どん底から立ち直ったので、ここからは前に進むのみだと思ってたんですが…次回予告が不穏(^^;)
思えば前回のリタによる予告も今回の展開をほのめかしてましたし、そうなると今回の美咲先輩の「ダークマター」発言も…
なかなかとんとん拍子には進まなくて、相変わらず先が読めないシナリオですね~

>taraさん
コメント読みまして、16話の予告視直しました。
確かにあの時点でアウトを予告していましたね。と言うことはやはり18話はダークマターですか。
美咲と仁は共に「自分」というパーソナリティが強すぎるんですよね。
相手の気持ちになる、相手を思いやると言うところが共に欠けています。
ですからどっちかがそれに気づかない限り、この展開の繰り返しでしょうね。
でももうすぐ卒業で、仁の受験結果もわかる・・・そろそろ決着のとき近しでしょうか。
 リタの切なさは本当、ハンパ無かったですね。

情報キャッチ!
次回脚本は原作者の鴨志田一だ。
さてどんな話にするかな?

>ふれいくさん
情報ありがとうございます。よりによってダークマター回ですか。
本当、果たしてどんなお話になさるのか・・・楽しみに待ちたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56690253

この記事へのトラックバック一覧です: さくら荘のペットな彼女 第17話 感想:

» さくら荘のペットな彼女 TokyoMX(2/04)#17 [ぬる~くまったりと]
第17話 バレンタインはチョコの日よ 今日はバレンタイン、そして七海のオーディション。黄色のパンツで気合を入れる、ましろ。綾乃から表紙のカラー絵を突然注文される。自分で一人で着替えてきたましろに不安な空太。カバンには大事なものが入っているので見せられない。リタが突然来日、ましろにも連絡していなかった。バレンタインは勝負と龍之介を急襲するリタ。 七海の出かけにしゃれた言葉一つかけられなかった空太。オーディションは放課後、学校に居た七海。空太にしゃれた言葉は期待していない。約束覚えている・・・放課後屋上... [続きを読む]

» さくら荘のペットな彼女 第17話「バレンタインはチョコの日よ」 [ボヘミアンな京都住まい]
苦労が報われなかった美咲とリタにはホロ苦い風味だけが残ったバレンタインチョコ。市販の安菓子で効果のあったましろと比べると大いに理不尽な気がしなくもないのですが、ホロ苦さの描写が予想よりもクドくならなかったのは個人的に好印象でした。 それにしても、七海のこの可愛さはホント反則的ダヨネと思う今日この頃・・・つーか、どっちがメインヒロインかわからないというか(笑)。 10月10日発売の原作最新刊↓鴨志田一『さくら荘のペットな彼女 8』...... [続きを読む]

» さくら荘のペットな彼女 第17話「バレンタインはチョコの日よ」感想 [アニメ好きな俺は株主]
「今日はバレンタイン。そして・・・」 「行って来ます」 「あっ・・・青山、行ってらっしゃい」 「うん」 「・・・青山のオーディションの日」 優子の受験が無事に終わり、静かになったさく...... [続きを読む]

» さくら荘のペットな彼女 第17話「バレンタインはチョコの日よ」感想 [アニメ好きな俺は株主]
「今日はバレンタイン。そして・・・」 「行って来ます」 「あっ・・・青山、行ってらっしゃい」 「うん」 「・・・青山のオーディションの日」 優子の受験が無事に終わり、静かになったさく...... [続きを読む]

» アニメ感想 『さくら荘のペットな彼女』#17「バレンタインはチョコの日よ」 [たらさいと]
OP映像がまた少し変わりましたね。 前の変更以上に細かいマイナーチェンジです(^^;) 変更箇所は美咲先輩と三鷹先輩が映るシーン。 前回までは背景色が「三鷹先輩単独:ブルー 美咲先輩単独:ピンク ...... [続きを読む]

« ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 | トップページ | ヘタリア THE BEAUTIFUL WORLD 第2話迄 感想 »