フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ちはやふる2 第6話 感想 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話 感想 »

2013年2月17日 (日)

新世界より 第19話 & PSYCHO-PASS 第17話 感想

ついに始まった!!!始まってしまった!!

偽りの神に抗うバケネズミ達・・・つぎつぎと殺されていく人間。

そしてその後ろにいるのは・・・・

勝てるはずがない!学校で学ばなかったのか?

Img01

 一方、シビュラシステムの根幹を形成していたのは、

それは奇しくもラー・アンドロメダ・プロメシュームそのものだった・・・・

新世界より・PSYCHO-PASS、いろいろな謎が解け、ついに決戦へ!!
   

  

 ※久しぶりに1日2本のブログを、それも二日続けて書きました。

 おかげで二日間パソコンの前にかなりの時間いたひきこもり状態でしたが、それだけ今週は面白い作品が多かったです。
 そしてニコ動では二日間で禁書Ⅱ一挙放送してましたし、この後今晩は咲-Saki-阿知賀編の14話が待っていますし。
 まあ咲は後で視られますけどね。でも感想書きたいですから・・・と言うのもあり土日のブログラッシュでした。
 ・・・・やっぱつかれました(笑)。私はやはり1日1本がちょうどよいですね。



新世界より th インプレッション 19

ファーストインプレッション 6話迄   2ndインプレッション 10話迄  
3rdインプレッション 12話迄     4thインプレッション 13話 
5thインプレッション 14話       7thインプレッション 15話   
8thインプレッション 18話迄     9thインプレッション 19話  
10thインプレッション 21話迄    11thインプレッション 23話迄 
クライマックスインプレッション 24話  ラストインプレッション 25話 
  (キャラクター紹介は過去のブログ参照ください)     

ニコニコ動画配信ページ (最新話のみ無料)

↓公式HP
20130210_154311bmp



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 ついに始まったバケネズミ達のクーデター。そして塩屋虻コロニーを殲滅することにした人間達。

早季は藤田班長・倉持・岡野の3人のメンバーがいる班に合流して巡回をする。

岡野さんの提案で船に乗り病院が大丈夫か見に行くことにする。

 野狐丸の性格、そして鼈甲蜂コロニーが大雀蜂コロニーを裏切って塩屋虻コロニーについた理由・・・いろいろと腑に落ちない事が多く疑問を感じる覚。

鏑木肆星が言った言葉・・・大雀蜂軍を全滅させたのは呪力を持った人間です・・・が頭から離れない早季。

 嫌な予感はズバリ当たってしまい、病院の入り口は破壊されていた。中はとても静かだ。

不用意に病院の中を調べようと入っていく倉持。

覚はあまりに静かなことからおかしいと思い、周りにバケネズミが潜んでいることに気づく。

果たしてその通りで、周りには多数のバケネズミが周りに潜んでいて、それらを呪力で一気に全滅させる覚達。

Img001 Img002

 ところが先に病院の中に入った倉持の反応がない・・・

窓から光が漏れたことから、班長の藤田は舟に残り、覚・早季・岡野は病院の中へと入っていく。

 やはり中にもバケネズミ達は潜んでいて、覚の機転で3人は無事だったが、先に入った倉持は頭を射り抜かれ・・・即死だった。

その先にはあったのは・・・3人の人質だった。3人を解放するとそのうちの一人野口先生から出てきた言葉が、

気づかれる!バケネズミなんかじゃない!“あいつ”が戻ってくるぞ!!

なんと“あいつ”に職員・患者全員が殺されていたのだ。

抵抗?そんなもの不可能だ。逃げろ!早く!さもないと・・・

人質のうち先に大声を上げて逃げた一人、そして班長の藤田が・・・目の前で無残に殺された。

Img004

あれは・・・一体なんなんだ!?

わかってるだろう・・・誰でも知ってるはずだ。あいつは・・・学校で習ったろう!どう戦いようがあるんだ?

そして・・・外に一人逃げた野口先生も・・・“あいつ”に殺された。

人質と共に残るから助けを呼んでくれと言う岡野の言う事を涙を流しながら聞き、

早季と覚は舟で助けを呼びに戻る。

・・・が、100mぐらい後ろを舟がついてきていた。

乗っているのは・・・まず間違いなく・・・“あいつ”だよ!

Img005

●感想

 すごい!!最終章に入っていきなりすごい!

正直今まで視てきて・・・本当切らなくてよかったぁ~と心から思った回でした。

 私のブログで、新世界よりの記事は他の記事と比べてそんなにアクセス数は多くありません。はっきり言ってとても少ないです。

 ところが18話迄の感想だけは違いました。妙にアクセス数が多いのです。

サイドバーにある私のココログアクセスランキングはここ1ヶ月のアクセス数ベストテンなのですが、結構偏る傾向にあります。
前期はガールズ&パンツァー、前々期ははぐれ勇者の鬼畜美学、そして今期は琴浦さんとビビッドレッド・オペレーション。
 これらのアクセス数がぶっちぎりに多く、次に謎の彼女Xや戦コレみたいにコアな奴で、
1日のアクセス数は飛び抜けて多くないけど毎日コンスタントにアクセス数が有り、30日ですごい量になるやつ。

そういうがちがちのベストテンに・・・たった1週間足らずでそこに間もなく入って来るであろうアクセス数なのです。

なんでだろう・・・と思っていたのですが・・・わかりました。この19話を視て衝撃を受け、
18話迄の感想ブログを検索された方々だったのですね。

ぶっちゃけ前回・前々回紹介したテレ朝の超すっきり講座4動画を視ておけば、
いきなり19話から視てもわかる、ゾックゾクするほどの鳥肌ものな回でしたもの!!

なるほど!テレ朝が今さら基本講座をYOUTUBEや公式で流した理由がわかりました。

とても気になる方はこの4動画を視てから19話(出来れば18話から)視れば、
いきなりここから入っても・・・視始めてもついて行けるかと思います。

『新世界より』超スッキリ講座~基本設定編~
『新世界より』超スッキリ講座~1000年の歴史編~
『新世界より』超スッキリ講座~生態編~
『新世界より』超スッキリ講座~悪鬼・業魔編~

閑話休題。

 ついに“あいつ”が暴れ出した!

・・・そう、どう考えても今までの展開から“あいつ”=「悪鬼」に間違えありません。

今回はとにかく描写が凄かったです。緊張感がハンパ無かったです。

これについての感想と言われても・・・言葉が正直出てきません。

変な話、今までのいろいろなことがあり、そして・・・

ついに始まってしまった

それだけの事なのです。人間達は単なるバケネズミのクーデターだと思っていた。

正直なめていた。

ですが、バケネズミの方には勝算があった。

慎重で腹黒い野狐丸(スクィーラ)が勝算のない戦いを始めるのはおかしい。

まさにそう思った覚の考えそのものでした。

つまりバケネズミvs人間ではなく、“あいつ”vs人間で、バケネズミはそれを利用して勝利を得ようと考えたわけですね。

“あいつ”とバケネズミが組んでいるのか?それとも単に暴れているのを利用しているだけなのかはまだわかりません。

当然誰もが思うであろう“あいつ”=過去ここ神栖六十六町にいたあの二人かも・・・というのもわかりません。

それはここからです。

Img003

 ぶっちゃけこの回からみても全然大丈夫です!!設定がわからなかったらYOUTUBEの4つのすっきり講座をみればOKです。

びっくりしますよ!!・・・ですが、結構・・・イヤかなり刺激的な描写ですので、覚悟してご覧になる必要はありますが。

ですが、PSYCHO-PASSが大丈夫でしたら、こちらはバケネズミという動物的なものも加わりますが、
正直似たようなものなので大丈夫じゃないかなって思います。

ついに始まってしまったあの悪夢の再来。果たして早季と覚の運命やいかに。

そして・・・・どうしても頭をよぎってしまう守と真理亜は果たして・・・

必見ですよ!!

Img006




PSYCHO-PASS 6thインプレッション 17

ファーストインプレッション 5話迄  
2ndインプレッション 8話迄   
3rdインプレッション 11話迄  
4thインプレッション 13話迄  
5thインプレッション 16話迄    

↓公式HP
Bg_story



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

 あの暴動も鎮圧し・・・夜が明けた。

これで一件落着のはずなのだが・・・縢秀星が行方不明のままだった。

私達は勝ったといえるのでしょうか・・・

刑事の仕事は基本的に対症療法だ。被害者が出てから捜査が始まる。そういう意味では端から負けている。

シビュラシステムに疑問を持つ朱と狡噛。

しかも当の槙島聖護を裁く事に公安が外されたことにどうしても納得がいかない。

一方禾生壌宗局長は、その槙島聖護を保護していた。

そこで知らされる・・・禾生壌宗局長が実は一連の連続猟奇標本殺人事件犯の藤間幸三郎だったということを。

いや・・・禾生壌宗局長がシビュラシステムだったことを。

シビュラシステムは、人の脳の集合体だったのだ。

それがユニットとなり、このシステムを動かしていたのだ。

禾生壌宗局長がは、それらの脳が入れ替わって動くためのサイボーグだった。

藤間幸三郎は、槙島聖護にもシビュラシステムに参加し無いかと誘うが、槙島はそれを拒否。

しかもそこで藤間幸三郎を殺し、逃亡してしまった。

そして、狡噛に電話をし、シビュラシステムの正体を知った事を伝える。

アレは君が命がけで守るほど価値のあるものではない。それだけを伝えておきたくて。




●感想

 さあ、こっちも盛り上がってまいりました!!

ふたを開けてみればシビュラシステムは銀河鉄道999の惑星大アンドロメダそのもの。

・・・そう、ラー・アンドロメダ・プロメシュームでした。

自分の脳は機械化母星そのものになり、移動には機械の身体、そしてメーテルを使っていた。
(機械の身体は惑星メーテルで鉄郎に破壊されたが)

20130217_191853bmp

それを複数にしてユニット化しただけでしたね。

・・・あいつら頭の中で自分を主張し有ってケンカしないんですかね(爆笑)

頭の良いやつらって結構自分の主張や考え方って変えないですよね。

まさに槙島聖護のように。まあ多分それぞれの考え方の平均値でも出しているでしょうね。

それが犯罪係数なのでしょう。

しかし厚生省ってすげえですね。はっきり言ってウイルスですよ。シビュラシステムは。

だって、この国が信じているコンピューターシステムはちゃんと他に有り、それがシビュラシステムとして動いている。

でも、実際は厚生省NONATOWERの地下にあるこいつらの脳を必ず通るようにバイパスを仕組んでいるわけでしょう?

実際は脳みそ軍団の方がシビュラシステムなのですが、表向きにみるとコンピューターシステム。

そしてそれで検証して今のこの人を裁く仕組みが動いている。

要は偽っているわけですから・・・ウイルスですな。

さてここからです!!

禾生壌宗局長はサイボーグですから、おそらく予備の個体はあるでしょうし、脳みそはユニットされているからここから先はどうでも良いですね。

ぶっちゃけ今回のためにいたようなキャラですから。

槙島聖護狡噛慎也のガチな戦いになりそうです。それはお互いの考え方の戦い。

そしてそこに関わる常森朱と公安の面々。特に宜野座伸元。

当然、槙島聖護をもう一度捕まえたらそれで終わりではないですよね?

これからどういう方向に向かうのか、そしてどこにこの作品は落ち着くのか?

当初の雰囲気とは違う、バイオレンス刑事物という雰囲気が強くなってきて、いやぁ~面白いです!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります








そこあに

« ちはやふる2 第6話 感想 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

気になるのは悪鬼は制御可能なのか?
今回は、ほとんどホラーでしたね。
でもバケネズミもゲリラ戦を展開しているので倉持みたいに殺害される
 人も発生しています。
呪力って不意打ちには弱そうで、ベトナム戦争を思わせますね。


槇島と狡噛が共闘することはないのか?が気になります。
公安局はシビュラシステムを最後まで信じるのか・・・
信じないといけないのが宜野座?
その辺りが鍵になりそうですね。

>ぬる~くまったりとさん
完全にホラーでしたね。怖かったですもの!
悪鬼とバケネズミの関係がまだわからないのですよね。
どうして悪鬼を利用できているのか?
ここからは今までの伏線の全ての答え合わせでしょうから、後り回は非常に楽しみです。

 狡噛が槙島を許すことはないと思いますので、共闘はないのでは・・・と私は思っていますが果たして・・・ですね。
宜野座が非常にやばいですよね。果たして征陸が助けられるのか?それとも朱か?
それとも縢のパターンに入ってしまうのか・・・
こちらは答え合わせは終了したので、あとはどこに決着を求めるのか?ですね。
本当、両方とも一気に盛り上がってきましたね。

◎「PSYCHO-PASS」編
ピッコロさんのところの評価企画の話だったでしょうか。
確か「1人の主観も数が集まれば平均化し客観になる」と書いた記憶があります。
シビュラは正にそれでした。
変な笑いをしちゃいましたよ。(苦笑)
「脳が司るシステム」は想定の範囲内でしたが、200以上の脳をシステムの中で組み替えて運営はさすがに想定をちょいと超えてましたが。
そして外科的手術が必要だから厚生省管轄。
設定としては納得はできますね。
注目発言がありましたね。
「日本が地球上で唯一、法治国家たりえている」
それじゃ他の国はどうなった?
輸送ヘリがオスプレイ・タイプで笑いました。
「ビビッドレッドオペレーション」でも、あおいを乗せたヘリはオスプレイ・タイプでした。
アニメで描く未来では、あれがデフォなんですかね。
槙島の立ち位置が「ダークヒーロー」っぽくなってきました。
まさに、以前ぬる~くまったりとさんが書いていた雨宮慶太版「人造人間ハカイダー」のハカイダー的立ち位置に見えます。
人類が信奉するシステムの破壊者。
しかし、それが閉塞したシステムからの解放にも繋がる…かもしれない。
秀星の件から、公安1係はシビュラに疑問を抱き始めている。
槙島の事は追いかけるでしょう。
犯罪者ではあるのだから。
特に個人的意識のある狡噛と朱ちゃんは。
その一方でシビュラとはどう組みしていくのか?
こちらは公安本部や厚生省とのシステム論になりそう。
この手の話になると、完全に「踊る大捜査線」や「SP」である。
本広色が色濃くなりそうだ。
さあ、どういう着地点を見せてくれるのか。
盛り上がっております!

◎「新世界より」編
ついに“あいつ”が出てきたようですね。
悪鬼。
実際には「ラーマン・クロギウス症候群」、別名「フォックス・イン・ザ・ヘンハウス(鶏小屋の狐)症候群」に該当する精神病質者。
あの世界の人間達は悪鬼を自らの手では倒せません。
「愧死機構」が枷となる。
しかし倒せる可能性が全くない訳ではない。
それが何なのか?
どこにあるのか?
そして、あの悪鬼の正体には守と真理亜が絡んでいる。
髪の色がそれを物語る。
実は最後の決着の場は神栖ではない。
そして決着は意外な形で!
それでは皆様、ごきげんよう。(ぉぃ)

>ふれいくさん
 なるほどです、主観が集まり平均化したら客観。確かにその通りですね。
まさかのそう言うシステムだったとは、想定していても予想外でした。
そう言えば言っていましたね。日本だけが法治国家。他の国は一体・・・
確かに一種のダークヒーローものと言ってもおかしくないですね。
狡噛と槙島、この先の展開が楽しみですね。

 この作品、ホラーでもオカルトでもなく「SF」なんですよね。
ですのでおっしゃるとおり愧死機構を始めとする今までの伏線を科学的に解決していき、ラストに行くのでしょうね。
いやぁ~本当個人的には視ていて良かったぁ~と思う内容で・・・はい!いってきまぁ~す(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56782322

この記事へのトラックバック一覧です: 新世界より 第19話 & PSYCHO-PASS 第17話 感想:

» 新世界より テレ朝(2/12)#19 [ぬる~くまったりと]
第19話 暗闇 公式サイトから野狐丸の率いるバケネズミの急襲を受けた神栖66町の人々だったが、鏑木肆星の強力な呪力によって一気に形勢を逆転する。その後、肆星の指揮のもと5人一組の即席のチームに分かれ、バケネズミ掃討作戦が開始された。 しかし、ダマし討ちを得意とするバケネズミたちだけに、油断はできない。早季と覚も居合わせた3人と合流して作戦に加わる。そして、怪我人が収容された病院に異変を感じた5人は、中の様子を調べることに。 真っ暗な病院内に足を踏み入れた早季たちは、バケネズミの奇襲に警戒しながらもジ... [続きを読む]

» PSYCHO-PASS フジ(2/14)#17 [ぬる~くまったりと]
第17話 鉄の腸(はらわた) 公式サイトから槙島の逮捕により、市街の混乱は一応の収束を見せた。公安局は消息をつかめなくなった縢を逃亡犯として断定し一係に縢の捜索を命じる。槙島を目前にしながら圧倒的な組織の論理に、狡噛たちは行く手を阻まれて……。 槇島は逮捕、ヘルメット犯罪者たちは壊滅。これで一件落着なの?縢は行方不明。監視官、縢は逃げるかね? 私達は勝ったと言えるのでしょうか?刑事の仕事は被害者がでてから対応する。対処療法だ、出動した時点で負けている。それを引き分けに持ち込んだだけで上出来だよ。槇島... [続きを読む]

« ちはやふる2 第6話 感想 | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話 感想 »