フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ちはやふる2 第4話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第17話 感想 »

2013年2月 5日 (火)

ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想

 天気予報さん、天気予報さん、今年の12月24日に雪は降りますか?

マスターが愛理を作ったのは、少しでもたくさんの世界を愛理に見て欲しいからなんですよ。

Img1

衝撃!愛理はAIキャラではあるが・・・なんと彼女は実在した!!

来週さん、来週さん、早くアイツに会わせてよ・・・

って言っていた愛理もいましたね~。愛理ちゃんって夢見キャラなのかな(笑)

あ、背の高い愛莉って子もいましたか、そういえば。

全く小学生は最高だぜ!(爆笑)

と言うことで閑話休題!

メインヒロインのあき穂置いてきぼり、今回も別のヒロイン2人が、メインヒロインレベルなお話でした。



ROBOTICS;NOTES thインプレッション 15話迄

ファーストインプレッション 3話迄   2ndインプレッション 7話迄  
3rdインプレッション 8話        4thインプレッション 9話   
5thインプレッション 11話迄      6thインプレッション 13話迄  
7thインプレッション 15話迄      8thインプレッション 16話  
9thインプレッション 19話迄      ラストインプレッション 22話迄 

↓公式HP
Main_bg_s2


●あらすじ     (ネタバレ注意)

 気恥ずかしいかもしれないけどね、ガンヴァレルのテーマは愛と勇気なの!

海翔のおかげで自殺未遂から無事気を取り戻した神代フラウことこなちゃん

手首を切ろうとしたが空腹で力が無く、そのまま水に使っていたため体温を奪われたと言うことだった。

 依然東京で暴走が止まらないロボット達。フラウが入っていったハッキングの先には・・・何とキルバラが仕組まれていた。

つまり、ロボットの暴走を止めるためにはキルバラで勝たないといけないらしい。

 一方みさ希は生きていた。だがあき穂や海翔からの連絡は全て無視していたのだ。

そしてこちらもガンヴァレル最終話の流出元、そして原因をあたっていた。

2015年、ガンヴァレルスタッフは洗脳状態にあった。
だが、フラウの母で監督の古郡みなみは偶然洗脳が解けフィルムを封印。
それによりガンヴァレル最終話が放送されなかったのだ。

君島コウが死んだのが2010年だから古郡みなみとの接点はないと判断する。

洗脳はフラウの友人達にも行われていた。そいつらがロボット暴走の手助けをしていた。

 どうしてもキルバラのチートキーで勝てない海翔は、格闘ゲーマーのプライドにかけて勝つため、
エレファントマウス症候群の発作、スローモーを利用することを考える。

先輩、ガンヴァレルはもう一度輝けるかな?

あき穂・淳和・昴もフラウの家に向かい、取り調べにやってきた警察を足止めして、海翔とフラウを助ける。

 おかげでラストチャンスをモノにし、海翔はキルバラでチートに勝利。都内で暴走しているロボットを止める事に成功した。

 一騒動がおさまり、またフラウは学校に来るようになった。それはガンヴァレルを作るためと、海翔に会うために・・・

 

Img2_2

 ここはどこですか?どなたかいらっしゃいませんかぁ~?

 愛理が中種高内の、教室にも現れるほど神出鬼没になった。
しかも、今まではなかった、自分から誰にでも語りかけるようになる。

また、“居る夫。”も最近メンテナンスが多い。しかもクリスマスイブの夜に大規模メンテと来たもんだ。

 愛理が消えるのでは・・・と予想するフラウ。

そんな愛理が欲しがるプレゼントは・・・クリスマスイブに雪だった。

 海翔はイブまでに最後の君島レポートを手に入れる為NO.6のフラグを回収。
相変わらずの難しい内容だったが・・・NO.7は何とノーヒント!可視化はされているがどこにあるのかわからない。

そんな中、愛理が誕生日のクリスマスイブにお家に帰りたいと言い出す。

そこは何と君島コウと愛理が住んでいたという家だった。
その地下室・・・君島コウの仕事場でパスワードロックを外した部屋の中に・・・

なんと愛理の実体が居た!しかも(コールド?)スリープの状態で。

この子は行舟愛理(ゆきふねあいり)、愛理のオリジナルです!

 行舟愛理はその昔、命に別状はないが一生苦しまないといけない不治の病におかされていた。

 病床の彼女の楽しみは天気予報よみること。そして彼女は願かけをした。

クリスマスイブにこの南の地で雪が降れば、私の病気も奇跡的になるかもしれない。

そんなときに出会った君島コウは愛理に居る夫。のα版を渡す。

だが雪は降らなかった。奇跡は起きなかった。

君島コウは愛理をスリープさせ、病気を治すことを未来に託す。

だがそれでは寂しいだろうと・・・居る夫。にAIの愛理をいれ、彼女がスリープ中でも夢を見ていられるようにしたのだと。

 さすがに現実を見てしまった海翔は警察に通報、愛理は病院に送られる。

AIの愛理は自分が消えてしまうことを悟り、もし雪が降ったなら海翔にキスをして欲しいとお願いする。

 AIの愛理があきらめかけたその時・・・種子島に雪が降った!

それはフラウが居る夫。にプログラムしたプレゼントだった。約束通りAI愛理のおでこにキスをする海翔だった。

 ・・・そして・・・AIの愛理は・・・・居る夫。から消えた。ゲジ姉は残って。

遅くなったけど、メリークリスマス、ゲジ姉・・・それと、愛理ちゃん・・・

Img2


●感想

まず14話。13話からして大惨事を想定ていましたが、東京は単なる大規模停電だっただけでした。

一部で火災があるだけで。

ところが始まるロボットの暴走。そのロボット達の行く先は国会議事堂。

普通なら劇場版パトレイバー1のような大変な状況なのですが、
あちらは台風の中ハコブネをパージして止めたのに対し、こちらはチート相手に格闘ゲームで勝てですからね~。

この辺が興味深く面白かったですね~。

・・・ぶっちゃけ、もしこれが本当にたくさんの人が亡くなる大規模な事件になるほどの問題だとしたら、
ハコブネは物理的に壊せますが、チートゲームで勝たなければいけないというのは、マジこちらの方がハードル高いですよね。

 一見ばかばかしいですが、こちらの方がより高度なセキュリティのような気がしました。

実際海翔にしてもスローモーという事実上のチートを使わないと勝てなかったわけですから。

で、管理者は必ず勝てるチートプログラム作っておけばよいわけですからね。

Img6_2

 そしてフラウことこなちゃん・・・マジメインヒロイン級ですね

淳和ちゃんは12話でヒロイン級のお話が有りましたが、今回はそれ以上です。

淳和→フラウ→愛理・・・と、正直メインヒロイン級の良いお話がここのところ続きましたので、
あ・・・あき穂の立場が・・・

実際物語の核心の所にいるのがフラウとみさ希ですからね。当然この2人メインになりますよね。

あきちゃんはガンつく1・2作るために存在する、そしてみさ希と海翔を繋ぐためにいるムードメーカー的ポジションのメインヒロインですから、仕方ないのかな。

 あき穂回とかこれからあると良いのですが、今のままでは3ヒロインの中で一番不憫で・・・

Img4

 それどころか・・・15話。なんと愛理は実在する女の子だったという衝撃の事実。

3ヒロイン+1ヒロイン追加になってしまいましたよ(苦笑)。

愛理を君島コウが眠り姫にしたのが2010年より当然前だから、今ある技術で寝かせたと言う事は・・・・コールドスリープではないって事ですかね?

コールドでではなくてチルドぐらいで腐らないレベルで眠らせていたのかな。

まあ、うそくんのじいさんも冷蔵庫でチルドスリープしていますしね(爆笑)。

 マジメな話、海翔が警察に通報して多分病院に行ったと思いますので、ということは行舟愛理は死んでいないって事ですものね。

 EDに愛理の後ろ姿っぽいのが居ますので、この跡目を覚まして来そうですね。

あき穂益々やばい第4のヒロイン登場です。

 それにしても、行舟愛理のエピソードは辛かったですね・・・・

良く有る悲劇の物語なのですが、今の時代でやるとなると君島コウは立派な犯罪者レベルですからね・・・マッドサイエンティストですよ。

行舟愛理の両親とかいなかったのかな?いたら許可とっていないと思いますから誘拐と言うことにもなってしまいますから・・・

君島コウ、予想以上のロン毛イケメンで・・・・ロリコンのオタだったか?(笑)。

この辺はさすがゲーム原作だなぁ~って思いました。

Img6

 最後の君島レポートはノーヒントで探せ!これがラストミステリーでしょうね。

これを海翔・フラウ組と、みさ希組が探すことになるのかな?

一気に動いたと思った13話から、予想外な展開だった14・15話。

でも・・・種子島に雪がふるって言うのはロマンチックで感動したなぁ・・・

あの愛理の言葉を聞いて、行舟愛理のことを知ってもう一度前期EDをみると・・・泣けます。

あれ・・・砂浜に足跡がついているのですよね。生前・・・じゃないか・・・実在した方の愛理って事ですよね。

そして今回のカエルの着ぐるみも含めた連続した雨のシーン。

そして愛理が空に投げる羽根・・・ラスト砂浜に落ちている羽根の所に・・・砂で書いた愛理と二つの雪だるま・・・と足跡・・・・

マジ泣けます!

それでなくても海風のブレイブ&あのED大好きでしたので今回のエピソードで視直して、余計に好きになりました。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« ちはやふる2 第4話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第17話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

実在の愛理の両親は失踪状態と自殺未遂とかで天涯孤独だったと教わりました。
私もあれでは誘拐犯だと思いましたが、問題なく善意の人だった君島コウです。

フラウと愛理が一気にメインの座に駆け登りましたね。
でも彼女たちをまとめ引っ張っていくのがあき穂の役割ですからね。
幼馴染は心の奥深くで繋がっている筈・・・です。

今までの愛理のシーンは映像ではなく実在の愛理だったのですね。
確かに足跡が有って不思議に思われていました。
モノポールモーターも装備してガンつく2も制作が始まってますから
 そろそろ、みさ希、伊禮、君島の関係が明らかになるかな?

良い感じでストーリーが展開していますよね。

>ぬる~くまったりとさん
!!
天涯孤独だったのですか。なら納得です。どこかで一言そういう記述があると良かったですね。
 幼なじみはかならず心の奥底でつながっている!しかも二人とも同じ悲惨な目に遭っていますからね。
あき穂ちゃんのたーんはこれからですよ・・・ね?
 EDの愛理が実在だったことに驚きました。本当良い感じでストーリーが進行していってます。

ロボット暴走を停めるキーが「キルバラ」だった。
さしておかしな話でもなかったりします。
この作品のキャッチコピーは「世界を救うのはヒーローじゃない、オタクだ!」なんですから。(笑)
という事でゲームオタク代表の海翔が頑張るわけです。
ゲーム版では刑事達がやってきたところにはあき穂1人が出くわし、引っ掻き回して時間稼ぎをしているらしいです。
しかしこのアニメ版ではあき穂と共に昴と淳和も加わってフラウの元に駆けつけ、ミスター・プレアデスが囮になるという改変がされています。(衣装をどうしていたかは突っ込まないお約束(笑))
その直前にフラウに届いたメールの描写も含め、アニメ版はゲーム版よりも「友情物語」を強く印象づけています。
この改変によって、フラウがロボ部に関わる納得性が強くなり、これは良改変だったんじゃないかと思います。
愛理のリアルな後ろ姿がEDに描かれていたのは、実はどう種明かしされるか興味を持ってましたが、コールドスリープというネタを使うのは盲点でした。
そしてクリスマスイブの種子島に雪が降る。
本当には降るはずはないんだけど、「居る夫。」の拡張現実の中にはプログラムとして降らすことができる。
フラウがこれをやる気になったのも、前話のことがあったからかもしれない。
そんな気になる話の流れでした。
気になると言えば、ここのところ、瑞榎が海翔の動きを不審に思ったか、後を追っている描写が多くなっています。
以前、AIの愛理に対して「消えてよ」と言ったことに関連するのか?
それから、第15話OP明け、海翔のポケコンに「栗悟飯とカメハメ波」なる人物のブログかツィッターらしきものが出てきました。
ついに「STEINS;GATE」から2人目の人物が登場です。
「栗悟飯とカメハメ波」とは「STEINS;GATE」の登場人物である牧瀬紅莉栖なのです。
ただし天王寺綯のように顔は出さないとのこと。
しかし一連の騒ぎに関しては見解を出すとのことで、単なるファンサービスだけではなさそうです。
さぁ、謎解きとガンつく2の行方が折り重なり、ストーリーはいよいよ佳境に向かいます。

>ふれいくさん
そうですね。この作品のキャッチコピーは「世界を救うのはヒーローじゃない、オタクだ!」でしたね。
すっかり忘れていました(笑)。でも、あれがこの作品のおもしろさだなぁ~と思いました。
この作品は5人を出来るだけ一緒に行動させようと脚本が苦心しているところが見受けられますよね。おっしゃるとおりそのおかげで良い友情物語にもなっています。
瑞榎キーパーソンですよね。みさ希と連絡を取っているのかとっていないのか・・・
そして、栗悟飯とカメハメ波はシュタゲの登場人物なのですか。視ていない私は気にもかけなかったです。というより教えていただかなければそんなシーンもある事さえ記憶から消えていましたf^_^;。
こちらもキーパーソンとして覚えておきます。一息ついて、いよいよ物語も佳境ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56560293

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想:

» ROBOTICS;NOTES フジ(1/31)#15 [ぬる~くまったりと]
第15話 君に夢を見せてあげよう 公式サイトから太陽嵐以降、エラーが頻発している『居る夫。』が、12月24日に大規模サーバーメンテナンスが行われるという。それをきっかけに、バグ扱いの愛理が消えてしまう可能性を知る海翔。愛理が消えてしまえば、君島レポートを見つけることが出来なくなってしまう。しかし愛理本人は状況がわかっていない様子 で・・・。そんな中、海翔は愛理に案内され、ある場所を訪れることとなる。 雪を待ち焦がれる愛理。特別な奇跡を、12月24日、雪は降りますか? ポケコンの調子が悪い。太陽嵐の所... [続きを読む]

« ちはやふる2 第4話 感想 | トップページ | さくら荘のペットな彼女 第17話 感想 »