フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ヤマノススメ & まんがーる! 各第5話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第6話 感想 | トップページ | ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 »

2013年2月 4日 (月)

ちはやふる2 第4話 感想

なんていうか・・・無いんです・・・・運が!!

団体戦は個人戦!

個人戦は団体戦!

決勝トーナメント、北央戦の前に立ちはだかった高校は・・・・

私だってチーム!瑞沢かるた部なんだよ!!

そして、そんなみんなが心から応援するのは・・・

20130203_141810bmp

運がない!・・・最後まで運がない!!

真島太一君だった!!



ちはやふる2 4th インプレッション 4

第1期
ファーストインプレッション 1話   2ndインプレッション 2話     3rdインプレッション 3話
4thインプレッション 5話迄      5thインプレッション 8話迄    6thインプレッション 11話迄
7thインプレッション 12話     8thインプレッション 15話迄    9thインプレッション 18話迄  
10thインプレッション 20話迄   11thインプレッション 21話    クライマックスインプレッション 24話迄
ラストインプレッション 25話       ※以上アメブロへリンク

第2期
ファーストインプレッション 1話 2ndインプレッション 2話  3rdインプレッション 3話 
4thインプレッション 4話  5thインプレッション 5話   6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話  8thインプレッション 9話迄  9thインプレッション 10話  
10thインプレッション 12話迄    

日テレオンデマンド配信ページ(最新話無料配信) 

原作公式HP
アニメ1期公式HP

アニメ2期公式HP 

20130112_91804bmp


●キャラクター
 ※女の子キャラには自分の名前にちなんだ得意札があります。あと筑波君も?

・綾瀬千早(cv瀬戸麻沙美):主人公でありヒロイン。競技かるたの世界に魅了された残念美人。A級。
  ※得意札:ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

・真島太一(cv宮野真守):千早の幼なじみで千早のことが好き。頭が良く、きまじめで完全主義者の努力家。B級。

・大江奏(cv茅野愛衣)かなちゃん。呉服屋の一人娘で、和服好きの短歌オタク。瑞沢高校試合時袴着用を条件にかるた部に入部した。C級。
  ※得意札:大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

・西田優征(cv奈良徹)肉まん君。千早達が小学生の時かるたで対戦した相手。新にどうしても勝てず万年2位でかるたをやめていたが、千早のプッシュで高校に入ってかるたに復活。A級。

・駒野勉(cv代永翼)机君。瑞沢高校学年2位の学力を持つ机が友達のガリ勉・・・だった。千早と太一の熱意に押されかるたを始める。瑞沢高校かるた部の頭脳。C級。

・花野菫(cv藩めぐみ)すみれちゃん。新一年生。恋をすることに命を燃やす女の子。高校入学と共にふられたが、今度は太一に一目惚れ。かるた部に入部する。
  ※得意札:花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

・筑波秋博(cv入野自由):新一年生。北海道出身で下の句かるたが強かった。が、競技かるたは初体験。
  ※得意札:「つ」の札と「あ」の札・・・を目指す。

・宮内妙子先生(cv藤田淑子)女帝。もともとはテニス部の顧問だったが、かるた部顧問も兼任。千早達の一途な熱血とかるたの世界を知り、今は先生方では千早達の一番の理解者。

・綿谷新(cv細谷佳正):小学生の時千早と太一に競技かるたを教えた。それ以来の二人の目標である人物。永世名人の祖父が亡くなったことでかるたをやめていたが千早のおかげで復活。福井県。A級。

・若宮詩暢(cv中道美穂子)しのぶちゃん。千早と同じ年の高校生でかるたが女性で一番強いクイーン。何故か服や好きなキャラクターが千早と合う。新と名人周防が目標で、団体戦を好まず一人を好む。京都。
  ※得意札:  忍ぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

※相関図

20130119_85300bmp



●あらすじ
 (ネタバレ注意)

 第四首:ひとにはつげよ あまのつりぶね
    わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船    参議篁

 いよいよ始まった高校選手権地区予選大会決勝トーナメント。白波会の原田先生も応援にやってくる。

ところが・・・去年の瑞沢高校みたいなダークホースを目指し、新たな高校が勝ち上がってきた。

それは朋鳴高校。その顧問は・・・何と坪口広志さんだった!

千早や太一が子供の頃からお世話になっていて、昨年の名人戦挑戦東日本予選優勝者の、白波会のエース。

かるたが大好きで坪口先生を師と仰ぐ執念深そうな性格の佐々鈴香さん(cv藤堂真衣)を初め、メンバーも新鮮。

20130203_141819bmp

準決勝、瑞沢高校対朋鳴高校。

原田先生は太一に「団体戦は個人戦・個人戦は団体戦」と教える。
案の定坪口先生は千早を恋バナで動揺させ、そしてそれで揺さぶられる・・・太一。

しかも今年は去年と違い読手が1人ではない。千早の神の耳も慣れない。

そのうえ・・・準決勝の読手は新人で慣れて無く・・・はっきり言って下手だった!!

読手にも翻弄される瑞沢高校かるた部。一番翻弄されている太一・・・しかも相手は佐々さん。

一生懸命は楽しいぞ!!

子供の頃からかるた好きだった彼女は坪口先生を師と仰ぐ。

そうなると・・・単に運がないだけなのに実力がないと思い込んでいってしまう太一。

しかも太一の場所だけエアコンが故障・・・瑞沢高校かるた部周辺はとても暑くなってしまっていた。

どれだけ運がないの・・・・(×_×;)

いよいよもって暑さで蒸され、誰かにタオルをお願いしたら・・・たくさんのタオルが太一に投げられた。もちろんそれは千早からも。

それで自分を取り戻す太一。ついに自分だけに集中するようになる。

そうだまつげ君!団体戦は個人戦!仲間を信じて・・・1人になれ!!

それを見たすみれちゃんも瑞沢かるた部としてもう一つの準決勝の偵察に出かかる。

私だってチーム、瑞沢かるた部なんだよ!

集中した太一は見事逆転!最後は敵陣を抜いて勝利を手にした。

結果瑞沢高校の勝利、決勝にコマを進めた。

この時点で瑞沢高校かるた部は全国大会進出決定!近江神宮への切符を手にした。

だが・・・決勝は去年瑞沢に6連覇を止められたヒョロ君&秘密兵器のいる東京一の強豪北央学園!!

全力同志の決勝戦が待っている!!

20130203_141827bmp


●感想

 太一回でしたね。

努力の裏で実力はついているのに運がないためどうしてもここ一番で勝てない太一。

B級といってもA級の実力はあるのですよね。

ですが器用貧乏・・・きまじめな性格のため勝てないのは自分の実力がないからだと思い込む。

そしてそれがマイナスのスパイラルに入っていってしまうのですね・・・・

まったく、太一は小学生の頃から可哀想なぐらい器用貧乏です・・・(×_×;)。

最後報われて欲しいです・・・・。恋の争いは果たして・・・千早は最後どっちを選ぶのでしょうね。

今のところは9:1ぐらいで新なのですが・・・・というより、7:1.8:0.2ぐらいでかるた:新:太一ですよね。千早の恋メーターは。(爆笑)

 そしてそこをついてきた坪口先生。でもそのおかげで太一も一回り成長できた準決勝でした。

 しかし・・・去年はA級&かるたばかの千早率いる瑞沢高校かるた部がダークホースでそのまま勢いで優勝。

今年は強豪に勝って朋鳴高校が決勝トーナメント進出。

つくづくかるたってマイナー競技なんだなぁ~って思いました。
一人強い選手がいるorちゃんとした指導者がいると、それだけで一気に勝ち上がれる。

逆に言うとその人がいなくなるとその高校は弱くなるのでしょう。

千早が瑞沢高校がずっとかるたの強豪校であってほしいと願い、自分が教えに来ると言う理由もうなずけますね。

 それにしてもすみれちゃんが良いです!彼女の変わり様が女の子の高校生らしくって本当好きです。

そのがんばりのメーターが太一のためというのも納得です。

3話でかなちゃんも言っていましたが、高校部活での女子部員って感じで良いですね。

真ん中で試合に出ていて、今回坪口先生に良いように利用された主人公の千早よりもメインヒロインしています。

・・・でもそれがちゃんと恋のお話にならないのが・・・ちはやふると言う作品なのですよね。

そういう意味ではすみれちゃんも太一同様・・・不憫・・・f^_^;。

 その男子部員同然の主人公はまだ全然活躍していません。

千早の活躍は・・・もっと先の先ですね~f^_^;。

それまでは瑞沢高校かるた部メンバーの、坪口先生がおっしゃる「一生懸命は楽しいぞ」を見ていきましょう!

 そうそう、先日仕事終えて帰ってきて、何の気無しにちはやふるのDVDを視始めてしまったのですよ・・・

さすがに25話一気は無理で二日にわたってしまいましたが、一気視してしまいました(笑)

 やはり1期良いですね~。千早というキャラがお好きなら、2期よりも1期の方がオススメです。

1期は間違えなく千早が主人公です。2期の千早はずっと脇役のような・・・f^_^;。

 そして・・・思い出しました。

24_2

クイーンのしのぶちゃん、正月のクイーン線の時、激太りしていたんですよね。
前回の3話ラスト、しのぶちゃんが出てきたときにあった妙な違和感はこれでした。

半年経った今は元に戻ったと言う事で良かった良かった(笑)

ダディーベアーvsスノー丸、残念美人二人の対決は近江神宮までお預け。

 しかも・・・個人戦ですから団体戦の決着がついた後までお預け。

・・・そもそもこの2期であるのか?この2人の対戦は・・・・(汗)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« ヤマノススメ & まんがーる! 各第5話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第6話 感想 | トップページ | ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

コメント

えーー千早の科白は・・・と探さないといけないくらい存在がないですね。
最近はギャグ担当で背景に、かるたばか、男子扱いと書かれて落ちになっていて
 台詞が無い・・・
悲しい主役ですよね。

太一って成績トップでイケメンと駒野君よりも凄い実力なんですよね。
でも千早を好きになったことで残念化してるような気がする。
最初は唯一彼女が居る高校生だったのにねぇ。

高校生選手権で新や志暢ちゃんと戦えるのを楽しみに待っています。
まさか戦えない事はないですよね・・・

>ぬる~くまったりとさん
太一君が・・・いやもっと言えば肉まん君やかなちゃん・机君の方が科白多いですよね。千早より(笑)。完全にオチ担当&見栄え担当になってしまっていますよね。
 かるたばかの残念美人のおかげでこの作品が少女マンガラブストーリーにならず文化系スポ根作品になっているのですが・・・おっしゃるとおりそのおかげでそのメインヒロインを好きになってしまったイケメンまつげ君がとっても残念になっていってしまっていますよね。・・・・不憫・・・・。
千早としのぶちゃんの戦い・・・ありますよね?って、私も柿原優子さんに聞きたいです。・・・普通だとそれが2期の最終回辺りに来るはずなのですが・・・汗。


こんにちは。
「ちはやふる」は大好きな作品で1期からズッと見ています。
まぁ、雅の世界にバトルの要素を取り込んだ「競技かるた」という存在自体にはいささか抵抗もあるんですが、そこはアニメとして割り切って・・・・・。

ところで私は「大江 奏」ちゃんのファンなんですが、今期は脇役に徹しそうな雰囲気でちょつと寂しいですね。
何話構成になるのかちょっとわかりませんが、1期のように1~2話くらいはイン回が見たいなー、と思っています。
それにしても今週の彼女のキャラは酷かった。(笑)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/08/0b/7a44815b98d1153ed8280067419a4dde.jpg?random=f9f68890d729b4dcd66cc7547336f333

>HARIKYUさん
 競技かるたという世界が有ること自体雅の世界からかけ離れますよね。
しかもそれがこうやって作品の題材になるのですから。
かなちゃんこと大江奏さんが1期の時衝撃を受けるのも当然かと思いますよね。
そのかなちゃん、良いですよね。どんなに競技かるたの世界で熱血しようとも彼女の根本は「歌の世界」ですからね。
 それだけにリンクの絵になるように・・・へたくそな読手ではあれほど酷い顔になるのですよね(笑)。
目標は読手らしいですから、彼女はまずは目指せA級って感じですかね。
本当、2期でも彼女が活躍するエピソードが有ればよいのですが・・・果たして・・・ですね。

「団体戦は個人戦。個人戦は団体戦だよ。」
原田先生の言葉、良かったっす。
元々個人競技のスポーツの団体戦見てると、すげく理解できる言葉ですね。
体操、卓球、テニス、ノルディックスキーのジャンプや複合、陸上や水泳、距離スキーのリレー等々。
普段は個人の戦いで、団体戦といっても基本は個人戦と同じ形式なので、まずは自分が個人として力を出し切るのが一番。
団体戦といいながら、試合形式は個人vs個人なのは競技かるたも同じ形。
まずはそれだという事を言われているのですね、原田先生は。
さすが含蓄のあるお言葉。
逆に個人戦は文字通り個人vs個人なんだけれども、その自分の背中には、仲間がいて、協力してくれるコーチや関係者がいて、そういった人達が自分を押してくれている。
これを団体戦と言わずして何と言う。
いかにも“文化系スポ根”を痛感した回でした。
そして、その団体戦から一番縁遠かったはずの菫ちゃんが、徐々に団体戦の色に染まっていくのが興味深い。
やっぱりこういうのは2クールでじっくりやるのがいいですね。
いや~、どんどん増えて欲しいなぁ、正直。

>ふれいくさん
あの原田先生のお言葉、本当に良いですよね。
まさにふれいくさんのおっしゃるとおりです。
 そして本来補欠でどうでも良いはずのすみれちゃんが・・・ちゃんと団体戦し始めるのですよね。
決勝戦の相手北央を見ておいて先輩達に伝えるのも団体戦。
 この作品、2クールでじっくりやってくれるのが本当にうれしいです。
私も賛成で、2クール作品これからもっともっと増えていって欲しいなって思います。
原作枯渇しているわけですし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56649156

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2 第4話 感想:

» (アニメ感想)ちはやふる2 第4話 「ひちにはつげよ あまのつりぶね」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・フォルテ TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】(2013/03/20)音楽:山下康介商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時...... [続きを読む]

« ヤマノススメ & まんがーる! 各第5話迄 & 僕の妹は「大阪おかん」 第6話 感想 | トップページ | ROBOTICS;NOTES 第15話迄 感想 »