フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 僕は友達が少ないNEXT 第5話 感想 | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 »

2013年2月16日 (土)

琴浦さん 第6話 感想

ありがとう・・・夏休みがこんなに楽しいなんて知らなかった。

ば~か、夏休みはまだこれからだぞ!

よ~し!もっともっと夏休みを楽しんじゃうんだからぁ~!

0603

琴浦さん、日常平穏回の第2回。

そして・・・

おれ、琴浦の心が読めるんです!(笑)

奇遇だねぇ~僕もだよ!

つるぺた~



琴浦さん 6thインプレッション 6

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話  
3rdインプレッション 3話      4thインプレッション 4話 
5thインプレッション 5話      6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話      8thインプレッション 8話   
9thインプレッション 9話      10thインプレッション 10話  
クライマックスインプレッション 11話  ラストインプレッション 12話 


ニコニコ動画配信ページ
  

↓公式HP
20130112_150344bmp

3月20日発売のエンディングテーマ集、
「琴浦さん」エンディングテーマ集::希望の花とつるぺたとESP研のテーマ【初回限定盤】
歌:「千菅春香と琴浦春香(CV:金元寿子)とESP研究会」

 先週EDはもう一曲あって合計3曲、タイトルがつるぺたなら多分今回使われるのではないの?

というコメントも頂いていましたが・・・やはり使ってきましたね~。

“つるぺた” 歌:琴浦春香(CV:金元寿子)

 さすが太田雅彦監督!!・・・・第1印象は“みつどもえ”第9話ED。
“美しき青きドナウ”のBGMでふたばが氷の上を滑るのですが・・・・

20130215_133155bmp

すいませ~ん、太田監督、完全に一致しているのですけど(大爆笑)。

もう・・・太田監督本当大好きです(笑)

 ※3月15日追記:3月14日のエキレビのインタビューで、太田監督のセルフパロだったことが発覚!!
やっぱりね~~。そっくりなわけです。

「つるぺた」と言えばスクール水着だ「琴浦さん」太田雅彦監督に聞く 2
   

みつどもえ&みつどもえ増量中もギャグ作品として本当に面白いですから、
子供達のノーガードつぶし合いギャグ・・・是非ご覧になるのをオススメします。

みつどもえ & みつどもえ増量中 感想

   


●あらすじ
   (ネタバレ注意)

 夏休み、おじいさんの招待もあり、琴浦さんとESP研のメンバーは琴浦さんの実家に旅行に行く。

行く前の部室・行く途中の列車内・・・相変わらずいじられ役なのは森谷ひより

真鍋君はいびり、琴浦さんはフォローをする。

百合子部長も、水着のサイズとかで大智副部長にモーションをかけるが一切なびかない。

 そんな中ついた琴浦駅。おじいさんの琴浦善三さんと、和尚さんが迎えに来ていた。

このまま家か、遊びのスポットに連れて行ってくれるのかと思いきや・・・ついたところは廃病院だった。

どうやらもとは超能力研究所だったらしい。

太陽も沈んで暗くなってきた中始まる廃病院での探検。一気に肝試し大会になってしまった。

みんな普通の中、一人びびりまくるは琴浦さん。みんなの心の声が幽霊の声のように聞こえる。

ところが本当に出てくるシュパカブラ(UMA)。さすがに真鍋と森谷もびびって逃げる。

逃げた先は、、、善三さんが仕掛けていたテーマパークだった。

みんながいた廃病院は富士急ハイランドの「最恐戦慄迷宮」と同じようなものだった。

歓迎も終わり、その日は暮れた。その夜琴浦さん

あんたなんか産むんじゃなかった

母親の久美子に言われたあの時の夢を見る。真鍋君はそんな琴浦さんの雰囲気を見て元気を出させる。

遊ぶぞ琴浦、俺たちが初めて一緒に過ごす夏休みだ。徹底的に遊ばないともったいない!

0602

と言うことで二日目は海。場所は大型客船が浮かぶ琴浦家のプライベートビーチ。

海を楽しむ百合子部長・森谷、そして琴浦さん。

全然水着に興味を示さない大智副部長百合子部長はがっかり・・・

琴浦さんと遊ぼうと(水着を見ようと)するが心の中を読まれて近くに来てくれなくて落ち込む真鍋。

シャァーーー(笑)

ところが浮き輪に乗ったまま流された琴浦さんを助けて、今度は一気にべたべたになる真鍋君と琴浦さん。
だが残念ながらへたれる真鍋君。

極端なのよあんた達二人は!!

お昼はシェフの料理だったが、真鍋君だけは琴浦さんの手料理弁当を喜んでいただく。

夜は花火。善三さんが用意した打ち上げ花火を拒否して、普通の花火で遊ぶESP研。

ありがとう・・・夏休みがこんなに楽しいなんて知らなかった。

ば~か、夏休みはまだこれからだぞ!

よ~し!もっともっと夏休みを楽しんじゃうんだからぁ~!

そんな琴浦さんを上から見ている和尚さんと・・・琴浦さんのお母さん久美子だった。

Main_2



●感想

 ラストびっくりしました!!いきなりラスボスの久美子お母さん登場!?っと。

でもこれ、何かおかしいですよね。何故和尚さんが久美子さんと一緒にいるのでしょう。

久美子さんがどこにいるのかは和尚さん知っていたって事なのかな?連絡が取れるって事ですよね。

そもそも久美子さんが家を出て行った理由って何?琴浦さんの奇っ怪な言動からですよね?

それって・・・琴浦さんが他人の心の声が聞こえるって事を知っていて家を出たのかな?

知らないまま出て行ったのかな?そこのところがまだ明かされていません。

それによってこのシーン、えらい違いなんですよね。

和尚さんは琴浦さんが他人の心を読めると言う事を知っています。

当然今は久美子さんもそのことを知っているはずです。

それでもまだ・・・・あんたなんか産むんじゃなかった・・・なのかなぁ?

 出て行くときにそれを知っていれば今でもそうなっている可能性高いですよね。

ですが、出て行くときはそのことを知らない、単なる虚言壁の娘だと思っていたら・・・

また、善三じいさんは和尚さんと久美子さんが連絡とれる状態にあると言う事を知っていたのかな?

というより善三じいさんの情報力からするとどこにいるのか知っていたのかもしれませんね。

あの最後のシーン、久美子さんが一人なら何も思いませんでしたが、和尚さんと一緒だったので凄く違和感が有りました。

きっとそれもこの先明かされるのでしょうね。

0601


  

 さて、本編の方は平和な日常回の2回目。ノリが完全にゆるゆり♪・みつどもえですね。

 まず森谷ひより・・・オール赤点の脳筋バカだったとは!!今までの行動もこの単純さも納得です。

そりゃみんなにいびられますわ(爆笑)。

ヒロインでこういうキャラは珍しいですね。はっきり言ってひよりがいちばん可哀想ですわ(笑)

 でも変な話、今まで真鍋とは幼なじみなのに一緒にいられなかった事を考えると、
恋バナ以外では、真鍋と一緒に楽しめるし、これで良かったのかな。

結構琴浦さんはそんなひよりと自分を重ね合わせるみたいで、これからもそういう描写はあるのかもしれませんね。

 そしてもう一人の不憫な娘、百合子部長。完全に大智君大好きなんですね。

ですが、大智の方は全くその様子無し。

おっぱい揉んでもビキニにも全く反応しないとは・・・これはプライド傷つくわ~笑。

それにしてもESPは信じているのに、オカルト・幽霊は全く信じていない百合子部長。

この描写が面白いですね。我々にしてみればオカルトもESPも幽霊もみんな同じようなもの。

ですが、百合子部長にとっては全くの別物なのでしょうね。

どれだけ強くESPを信じているのか、本当によく分かりました。

 また、琴浦家のプライベートビーチ・プライベートテーマパークネタは、ハヤテのごとく!を思い出しました。

あっちも同じ西村知道さんcvの三千院帝がナギのためにプライベートテーマパークを作ったんですよね。

ですがナギが遊びに来なかったので4年間寂しく従業員は待っていたんですよね(爆笑)。

また、映画もクライマックスはテーマパークでしたし。

閑話休題

 なので、今回も一部フラグっぽいところがありましたが、安心して笑って視られました。

 やっぱり真鍋君がいいやつですよね~。

それ故にひよりに対する態度が・・・ですが本当に嫌っているわけではありません。

変な話、好きなのは琴浦さんオンリーで、ひよりには変に気を持たせないようにしているようにも思えます。

誰にでも優しく、ハーレム状態を作る鈍感主人公が当たり前の今のアニメを見ていると、本当に新鮮で、
そして昔はこういう主人公ばかりだったなぁ~と懐かしくも有りました。
  

 最後に・・・前々回琴浦さんが捕獲されたのは漁師網。

前回琴浦さんがアパートで揚げていたのはエビフライ。

そして今回ビーチのお昼でシェフが作っていたのがロブスターとむきえび・・・・

何か妙にエビが多く、ネタもイカっぽいでゲソ・・・気のせい?

※ニコ生アンケート結果(23:30追記)

20130216_232559bmp

EDのつるぺた効果?

本日とある魔術の禁書目録Ⅱ一挙放送とかぶっていたのもあり最初非常に人少なかったですが、
終わってみると過去最高の来場者数でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


  
  


そこあに

« 僕は友達が少ないNEXT 第5話 感想 | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

太田雅彦作品」カテゴリの記事

コメント

森谷さん安定のいじられ役ですが、笑いものにされてるとみるのかお互いに冗談にできるほど仲が良くなったとみるのかで受け取る印象が変わりそうです。
アバンでは森谷さんが琴浦さんの超能力をネタに遊んでるんですから。
この辺りの受け取り方で全く違った見方がこれからどんどん出てきて両者の溝は深まるばかりという未来が見えた気がしました。

みつどもえのEDは言われて思い出しましたw
増量中は東海圏がネットから外れたので実家から送られてきた数話しか見てませんが、これは確実に狙ってますね。
「つるぺた」が使われる機会はもうないでしょうから、ただ一度だけのためにこの映像を作ったのかと思うと嬉しい無駄遣いです。

>ヴィーさん
 森谷さん・真鍋君・琴浦さんの関係って、普通の友達の関係じゃないんですよね。
森谷さんは真鍋君には物理的な傷を、琴浦さんには心に傷を負わせてます。
それをカミングアウトして負い目になっている反面失うものは何もない状態の森谷さん。
 ではやられた二人は・・・と言いますと、真鍋君はそれもあり森谷さんと仲良くなろうとはしませんが幼なじみで彼女の根本は知っているので嫌っているわけではない。
琴浦さんは他人を憎むと言う事をしませんが、結構心の中は普通に黒い。
 そういうのが混ざり合ってこの3人の掛け合いなのでしょうね。
なので、視ている私達も、人によってこの3人の関係っていろいろな取り方が出来るでしょうから、それがそのままこの作品の印象になるのでしょうね。

 みつどもえは2期中部地区放送無かったですよね~(×_×;)。私はニコ動&DVDで視聴しました。
EDみた瞬間、みつどもえだぁ~。太田監督完全に狙ったなぁ~って思いました。一度だけのEDの為にこれだけのものを作ったとしたら・・・本当うれしい無駄遣いですね。

僕は琴浦さんテーマパークに笑わせてもらいました。
全部の乗り物が琴浦さん型w

でも部長の気持ち少しわかります。
身近に琴浦さんみたいな人がいれば超能力は信じますよね。
でも幽霊は見たことないしUMAもUFOも見たことないから信じないってのはわかります。
僕はUMAとUFOは未確認であって居るかもしれない?とは思います。
幽霊はな~僕は見たことないですがサーキットで見たことある人何人かいるからな~
居るかも?

>たーさんさん
そうそう!そうですそうです!全部乗り物が琴浦さんでしたよね(笑)。
しかも今のバージョンで。一体あのテーマパークはいつ作ったのでしょうね。
普通は琴浦さんが寂しくないよう、子供の頃に作っていて過去も利用していても良いですのに。
だとしたら乗り物が子供の琴浦さんの筈なのですが今のバージョンでした。
しかもエレクトリカルパレードまで!!森谷さん不憫(笑)
全く凄いじいさんです(爆笑)

 部長のこの徹底具合は本当凄いですね。これほどの百合子部長をみると、逆にどれだけ真剣にESPを信じているのかわかりますものね。
サーキットの幽霊は・・・マジにしゃれならないので私もみたくありませんし、たーさんさんもご覧にならない方が良いと思います。
トラウマになりますよ~~~。

今回もおもしろおかしく見ました~(^O^)
さすがおじいちゃん、可愛い孫が友達を連れてくるという嬉しさで春香パークをつくるなんて!大富豪は凄いですわ~(*^o^*)
さて、次回の予告で和尚さんとお母さんが出てきましたね!
来週はおふざけアニメではなく、シリアスな展開…エンディングは「希望の話」ですね…きっと!
さて、今回のエンディングの「つるぺた」良かったですよ~~
あと、みなさんのコメントの中で幽霊の話がありましたね、マジでぽん太は幽霊ぼんやりですが…見れます。ある意味ぽん太もESP研究会に入部できるかも…ですね!

>ぽん太さん
そっか、あのハルカーパークは今回みんなが来るからということだけで作ったのですね。
すっごい大富豪ですね!!親ばかならぬジジばか(笑)。でもそれだけうれしかったのでしょうね。いままでがいかにずっと一人だったかという事ですものね。
つるぺたは今までにないぶっ飛びEDで本当楽しかったです。
 次回がどうなるのか・・・ですよね。果たして本当に「希望の花」EDなお話しなのか、あのお母さんは大いなるネタフリで次回はまだ不穏な空気のままなのか・・・
果たしてどちらになるのか、この作品は全くわからないのが楽しみでもありますね。
 ゆ・・・幽霊ご覧になったことがございますか!!霊感がお強いですね。
それが怖いとお感じになる方と、琴浦さんやちまたの霊感師のように日常で慣れてしまう方と見えますが、幽霊をみたことにない私にとっては・・・琴浦さんと同じ状態で背中がぞーっとなります。
ぽん太さんは百合子先輩にスカウトされるかもしれませんね。

水着回でも疑心暗鬼に…という、かめラスカルさんの用心が的を射てましたね~
鬱展開にこそ突入しませんでしたが、何と不穏なCパート…(^^;)

お母さんは琴浦さんの超能力を知った上で(抱えきれずに)突き放したのだとばかり思ってましたが、確かにその辺りの明確な描写は無かったので本人の口から直接聞いてみるまで判りませんね…
ラストシーンはお母さん一人だと逆に「(実家に戻って来る理由なんて無いはずなのに)何でいるの?」という疑問が生じるので、母娘の関係修復のタイミングを窺っていた和尚さん(と善三さん?)が「今の春香なら」と考えて連絡をとった…という経緯の方が自然なようにも思えます。

それにしてもEDは強烈でしたね(^^;)
「つる~♪」は同じく真っ先にふたばを思い出しましたが、画像で比較すると記憶以上に一致してて噴きましたw
(『みつどもえ』のスケート回はいい意味で吹っ飛んでて印象深いです^^)

>taraさん
完全に今回の物語終わってからズドーン!でしたから、本当びっくりしました。
でも次回予告視るとやはりラスボスっぽくてなんかまだ物語に本格的参戦はしなさそうです。
このままほんわかアニメではいきませんよ~。行くはず有りませんよ~。
と、4話迄が面白くてここ2話コメディになったためにつまらなくなったと思っている方面の視聴者さんをつなぎ止めておくためでしょうね。って思いました。
 お母さんが琴浦さんの能力を知っているかいないかでえらい違いがあると思うのですよね。知っていたらどうして「春香、あなたは私たちが聞こえない人の心の中がきこえちゃうの」って教えないといけないですよね。そしてその上でどういう風に話したらよいかも。
それを教えずキレて出て行ったとしたら・・・母親が一番悪いんですけど・・・。
それはこれからのお楽しみですね。
  みつどもえのスケート回は印象深くてすぐ思い出しました。みつばとふたばの無声劇もあの回でしたよね。通常はキャプチャーしないのですが、我慢しきれずこっそりキャプチャーしてしまいましたよ・・・(^^ゞ

もうEDが全てでしたね・・・酷い。
みつどもえと一緒でしたか、たしかにぴったりですね。

母親は知っていると思いますよ、だって相談された和尚さんが知っているのですから。
一番心を読まれた経験が多いと思います。
もし知らないとしたら、育児疲れ?ノイローゼ?に思えますよね。
まあ浮気をばらされた恨みも有るのかもしれませんが。

超能力者が身近に居た御船部長、UFOもUMAも幽霊も未確認だから
 信じないとは現実的ですね。
不可思議な物を信じたい人と、信じない人の違いでしょうね。

>ぬる~くまったりとさん
今までからしましたら何の変哲もない回でしたのに、EDが全てを持って行き、印象深い回にしてしまうと言う・・・本当にやられましたね。
 母親やはり知っていて出て行ったのでしょうかね。
そうすると小学生の琴浦さんにそういうときの対処方法教えなかったのかな。それとも教えたのに琴浦さんが相変わらずだったのかな。
 父親が先に家を出ていますから、浮気等家庭崩壊の方が本筋だったのか・・・
「あんたなんか産むんじゃなかった」
の言葉の後ろに何があるのか(どうしてそういう捨て台詞を言って出て行ったのか)が、
今現在私にはどうしてもわからないんですよね。
 まあそれがわかっていたらこの先の展開が面白くないでしょうから当然なのでしょうが。
これからの展開の楽しみですよね。
 百合子部長の徹底ぶりが逆に・・・いかに超能力を信じているのかという裏返しにもなり説得ありますよね。この演出には恐れ入りました。

心の声と実際の声が区別つかないとしたら、唇を見て判断しなさいと
 教えても小学校低学年では難しいと思います。
視聴者の為だけに心の声と実際の声を識別できるように演出していると考えると
 良いのじゃないかなと思います。

今回のキューティクル探偵因幡で弟の遥が他人の声が漏れ聞こえて泣きだす話が
 有りましたが、実際には怒りや悲しみが多くて不安になるでしょうね。

産まなかったら・・・は、現時点の判断材料では母親のエゴとしか思えないですね。
家庭崩壊の原因と思っているとしたら。

>ぬる~くまったりとさん
 心の声と実際話している声って確か区別がつかないんですよね。
なのでおっしゃるとおり小学校の時の琴浦さんはあんな感じでした。
で、お母さんは学校からの虚言癖話でいろいろ医者やお寺を回ったんですよね。
 だとすると小学校低学年の時はお母さん琴浦さんの能力を(おかしいとは思いながらも)知らなくて、
そしてそのまま出て行ったのではないかと思うのですが・・・それとも知っていたからあんな態度とって出て行ったのかなぁ・・・
 もし知っていたとしたら、浮気ばれたときのあの両親の態度はおかしいと思いますし。琴浦さんの虚言癖のせいにしていますものね。
ますます訳わからなくなってしまいましたf^_^;

まあ、やっぱり「つるぺた」は今回しかEDになりえないでしょう。
しかしひどい歌だなあ。(棒&笑)
敢えて突っ込ませてもらえば、第3話の音痴設定はなんだったのかと。(爆笑)
ラブコメの中にブラック要素もスッとぶち込むあたりがホント油断ならんです。
よく考えてみたら、前回も親睦の場に大智が借りてきたのは、超能力ホラー映画の「スキャナーズ」。
スプーン曲げをしている超能力者の横の男が苦しんでいたのは、スプーン曲げをしていた超能力者がスプーンと共にその男の首を超能力で曲げていたから。
そしてその後のトマトが潰れたのは、隣の男の頭がちぎれた暗喩。(ぇ)
ブラックですねぇ~。
そういえば「PSYCHO-PASS」でもトマトを使った暗喩がありましたね。
トマトをミキサーでジャーってやつ。(怖)
話を戻しましょう。
ハルカランドは確かに笑いましたね。
しかしあのエレクトリカルパレードに、3月に来るであろうジェットコースターのキービジュアルが混ざってるんです、原作通りの展開なら(ぇ)。
車の中での善三爺さんの台詞にも、実はジェットコースターのキーワードがありました。
キーワードは「通り魔」。(ぉ)
そして春香の夢とラストに出てきた母親・久美子。
ちょっとだけネタバレすると、善三爺さんと久美子は実の親子です。
久美子はお嫁さんじゃないんです。
つまり、久美子は娘を捨てて実家を出たという事になります。
それだけ彼女の精神状態は限界だったと言える事になります。
そして善三爺さんは実の娘であるからこそ、母親の役目を放棄した久美子に対しては辛辣な心情を持っています。
3月は三世代の親子問題というジェットコースターと、更に別方向からのもう一つのジェットコースターも飛び込み(原作通りなら)、とんでもない展開になる恐れがあります。
その分、次回は貴重なラブコメ回。
もしかしたら最後のホッと一息かもしれません。

そういえば、「めだかボックス アブノーマル」でも、主人公の黒神めだかに敵対する「13パーティー」の中にも「人の心がわかってしまう」能力を持ったキャラが登場します。
彼の名は行橋未造。
彼も自分の意思に関係なく他人の悪意、善意、雑念、様々な感情が自分の送り込まれ、それにより自我が崩壊しそうになった時、自分の確固たる強い信念を持った人物と出会い、自分でその能力をコントロールできるようになった。
「人の心がわかる」。
それは必ずも…と、「琴浦さん」を見て、彼のストーリーも思い出しました。
あ、シュパカブラの事を「幽魔」と書かれてますが、「UMA(未確認生物)」の間違いですよ。
「目撃証言はあるものの、存在が証明されていない生物」の事で、一番有名なのはネッシー。
日本ではツチノコが有名ですね。
ちなみにESP研究会のメンバーを追いかけていた4体は、百合子も言っていた名前で、全てUMAです。
画面右から、ジャージーデビル、シュパカブラ、モスマン。
一番後ろから追いかけていたのはイエティです。
これを全部的確に言えるあたりが、「さすがESP研究会」と言うべきか。
あの中ではイエティが一番有名じゃないでしょうか。
別名「雪男」。
実はビックリされるかもしれませんが、日本で大人気のジャイアントパンダ。
あれも発見されるまではUMA扱いだったんですよ。
ちなみに「UMA」は日本でしか通用しません。
英語ではこういう「未確認生物」を「Cryptid(クリプティッド)」といいます。
ご参考まで。

>ふれいくさん
幽魔ではなくUMA(Unidentified Mysterious Animal)なのですね。
この言葉を初めて聞いた私は適当に文字を充てていました(PCの漢字変換でそれらしいものを選んでいましたf^_^;)
いつもお教えいただき本当にありがとうございます。直しました。
 つるぺた“みるなくらべるなぁ~”ですからね。本当酷い歌です(笑)。
きっと心からの叫びなので音痴も吹っ飛んでしまったのでしょう。
 ニコ動で視ていましたらコメントであのシーンはスキャナーズで、おっしゃるとおり本当はトマトではなくて脳が・・・と言うことらしいですね。それは確かに怖いです。
食べ物食べた後に観る映画ではなりませんね(笑)
 久美子さんが実家を捨ててまで切り捨てた実の娘。でもそれまでの描写を視るとおっしゃるとおり精神的に限界だったのでしょうね。それ故に何故今また出てくるのか・・・果たしてどういう展開になるのか。その前の平和な回はおそらく後1話でしょうか。ラブコメ&その後ある奈落へのジェットコースター、楽しみですね。

ようやく言わんとすることが理解できました。
母親が春香の能力、心が読めることを知っていたら、心の声を言わないよう教える。
 もしくは知らぬふりをするように教えたはずである。
  和尚が春香の能力を正しく理解したのは母親が去った後。

能力を押さえることを教えたが春香は小さくて理解できなかった。
 もしくは実行できなかった。
 しかし母親は実行できると思っていた。
  教えたはずなのに実行しないでお互いの浮気相手を話したので
   悪意を感じてしまった。
こんな感じでしょうか?父親は知らないと思いますね。

ココログのログイン認証を変更したことによりトラブルが発生しているように思います。
Niftyにはログインできるのですが、ココログには引き継がれず、ココログにログインしても
 エラーになったりします。いくつかのアプリの認証が正しく引き渡されない?

そして今日はブログの書き込みでエラー発生、OSのエラーメッセージが直接
 表示される状況で書き込んだ記事が消失しました。
暫くは書き込みは要注意かもしれません。

>ぬる~くまったりとさん
私の説明がうまく伝えられず申し訳ございません。
そうです。そういう意味です。もし琴浦さんが他人の心が聞こえると知っていたなら「あなたは特別なのよ」って教えないといけないと思うのですよね。
それをしなくてあの態度ならお母さん悪いですし、それを一生懸命教えても琴浦さんが鈍くさい能力も発揮して直らなかったらお母さんノイローゼーは仕方ないですし・・・
 もし知ったとしたらあの浮気のシーンはどっちだろうか・・・と。
 
ココログの件教えていただきありがとうございます。じつは今朝AMNESIAの記事書いていたとき何度も記事飛んでいるのです(T.T)。
怖いので保存するときは全部一度コピーして書いたのでした。
新ログインシステムだろうとは思っていましたが、すぐ直るかなと思っていましたが、
まだ直っていなさそうですね。
記事書くとき・・・いや保存するときはしばらくコピー保存します。

22日発売予定の「琴浦さん」コミック第4巻。
既に19日から私のよく行く書店では平積みされてました。(笑)
実はこのコミック版には裏話があります。
皆さんが恐らくご覧になっているweb版は4コマもののみなんですが、コミック版には必ずショートストーリーものも収録されているのです。
これが書き下ろし新作なのか、例えばコラボしている鳥取県琴浦町の広報誌に掲載されているようなものかはわかりません。
しかし、第1巻刊行が決まった時は書き下ろしで作ったらしく、更にそれまであった4コマものもほぼ全部加筆・修正したとの事。
それによって、第1巻の発売は当初予定より半年遅れになったそうです。
これは聞いてビックリしたエピソードでした。

>ふれいくさん
琴浦さんって、WEBマンガなんですよね。
私、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」でびっくりしたのですが、
WEBマンガってコミックになって出てくるとき、かなり加筆や追加エピソード書くんですね。
琴浦さんもやはりそのパターンでしたか。しかも四コマ漫画なのにそうじゃない普通のショートストーリーまで。
 鳥取県琴浦町に載っているコラボマンガでしたら面白いですね。らき☆すたがさいたま新聞の連載をコミックに載せていますが、更にその上を行きますものね。
 WEBマンガは紙媒体の雑誌とは違い、データーとして残せてしまうので、それでもコミック買っていただくためにはこういった仕掛けをしないとなかなか売れないのかもしれませんね。
 アニメ終わった後原作ちょっと読んでみたいなって思わせる作品ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56770542

この記事へのトラックバック一覧です: 琴浦さん 第6話 感想:

» 琴浦さん #6「夏休み!」感想 [サブカルなんて言わせない!]
夏休みと言えば海!水着回、水着回なのかえ!琴浦さん、テストは確かにカンニングしてそうだよね・・・個室試験や実技とかじゃなければ無双ですなせっかくの休みなので琴浦さんの実家に行きみんなで楽しみ流れハブられ気味の森谷さんを勇気づける琴浦さんは天使やでぇ琴浦さんの爺さんは何でも知ってて脅しを掛けるとか抜け目のない奴じゃ普通にそのまま水着回かと思いきや病院の廃墟で肝試しそこからテーマーパーク・・・ ここで察する 今回はギャグ回だと・・・それを振り切るかのように夢で母親が出てくるシリアスそしてお待ちかねの水着... [続きを読む]

» 琴浦さん #6 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【夏休み!】 TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]出演:金元寿子フライングドッグ(2013-04-03)販売元:Amazon.co.jp 水着・おっ●い・尻!ォィォィw  [続きを読む]

» 琴浦さん #6 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【夏休み!】 TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]出演:金元寿子フライングドッグ(2013-04-03)販売元:Amazon.co.jp 水着・おっ●い・尻!ォィォィw  [続きを読む]

» 琴浦さん 第6話 [桃色のティータイム]
[画像] 昨日バレンタインだったので‥(笑) 第6話 夏休み! エンディング曲ですべての感想が頭から吹っ飛んだ(笑) ‥‥と思ったら最後にアレだよ。 おじいさんか、あるいは和尚さん単独での考えか。 和解させようという話は終盤に来ると思っていたのですが‥‥。 でも次回予告に全然それらしい絵がないので、今回は顔見せだけなのかな? おじいさんの財力ハンパねぇ いったいいくらかかったんだろう、費用‥‥。 遊園地、そして海の背景にいた豪華客船ももしかして‥‥(笑) 離岸流は横に泳いだほうがいいんだっけ?... [続きを読む]

» 琴浦さん 第6話 「夏休み!」 感想 [Garnet Clover~ガーネット・クローバー~]
これだから脳筋は(つ∀-)(ぉ) ってか部長と副部長、そろって1,2位か・・・・・凄ぇーなw ―あらすじ― 翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしま...... [続きを読む]

» アニメ感想 『琴浦さん』第6話「夏休み!」 [たらさいと]
先週に引き続き、とりとめのない感想ですが…(^^;) [続きを読む]

» 琴浦さん TokyoMX(2/18)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 夏休み! 公式サイトから期末試験も終わり、夏休みがやってきた!ESP研究会のメンバーは、春香の祖父の家に遊びに行くことに。 みんなと一緒の旅行に喜ぶ春香。 田舎の駅に着くと、春香の祖父による盛大な歓迎が待っていた! 海や花火、春香にとって初めてだらけの夏休みが始まる。 琴浦さんは人の心が読めるので高得点で妬ましい。他人の回答を読んでしまったことはないのですか?室戸副部長は学年1位、御船部長は学年2位。真鍋はギリギリ赤点クリア。普通に高得点の琴浦さん。森谷は脳筋で赤点多数。 そんなこと言うなら... [続きを読む]

« 僕は友達が少ないNEXT 第5話 感想 | トップページ | ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 »