フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 | トップページ | 新世界より 第19話 & PSYCHO-PASS 第17話 感想 »

2013年2月17日 (日)

ちはやふる2 第6話 感想

運命戦は運命じゃない・・・

運命じゃない!!!

瑞沢一勝!!!

20130216_174130bmp


勝ちに行かなくて良い試合なんてあるか!

うちは北央・・・北央なんだ!!

瑞沢vs北央、大熱戦の東京大会決勝戦・・・決着!!



ちはやふる2 th インプレッション 6

第1期
ファーストインプレッション 1話   2ndインプレッション 2話     3rdインプレッション 3話
4thインプレッション 5話迄      5thインプレッション 8話迄    6thインプレッション 11話迄
7thインプレッション 12話     8thインプレッション 15話迄    9thインプレッション 18話迄  
10thインプレッション 20話迄   11thインプレッション 21話    クライマックスインプレッション 24話迄
ラストインプレッション 25話       ※以上アメブロへリンク

第2期
ファーストインプレッション 1話 2ndインプレッション 2話  3rdインプレッション 3話 
4thインプレッション 4話  5thインプレッション 5話   6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話  8thインプレッション 9話迄  9thインプレッション 10話  
10thインプレッション 12話迄     11thインプレッション 14話迄  
12thインプレッション 15話     

日テレオンデマンド配信ページ(最新話無料配信) 

原作公式HP
アニメ1期公式HP

アニメ2期公式HP 

20130112_91804bmp


●キャラクター
 ※女の子キャラには自分の名前にちなんだ得意札があります。あと筑波君も?

・綾瀬千早(cv瀬戸麻沙美):主人公でありヒロイン。競技かるたの世界に魅了された残念美人。A級。
  ※得意札:ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

・真島太一(cv宮野真守):千早の幼なじみで千早のことが好き。頭が良く、きまじめで完全主義者の努力家。B級。

・大江奏(cv茅野愛衣)かなちゃん。呉服屋の一人娘で、和服好きの短歌オタク。瑞沢高校試合時袴着用を条件にかるた部に入部した。C級。
  ※得意札:大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

・西田優征(cv奈良徹)肉まん君。千早達が小学生の時かるたで対戦した相手。新にどうしても勝てず万年2位でかるたをやめていたが、千早のプッシュで高校に入ってかるたに復活。A級。

・駒野勉(cv代永翼)机君。瑞沢高校学年2位の学力を持つ机が友達のガリ勉・・・だった。千早と太一の熱意に押されかるたを始める。瑞沢高校かるた部の頭脳。C級。

・花野菫(cv藩めぐみ)すみれちゃん。新一年生。恋をすることに命を燃やす女の子。高校入学と共にふられたが、今度は太一に一目惚れ。かるた部に入部する。
  ※得意札:花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

・筑波秋博(cv入野自由):新一年生。北海道出身で下の句かるたが強かった。が、競技かるたは初体験。
  ※得意札:「つ」の札と「あ」の札・・・を目指す。

・宮内妙子先生(cv藤田淑子)女帝。もともとはテニス部の顧問だったが、かるた部顧問も兼任。千早達の一途な熱血とかるたの世界を知り、今は先生方では千早達の一番の理解者。

・綿谷新(cv細谷佳正):小学生の時千早と太一に競技かるたを教えた。それ以来の二人の目標である人物。永世名人の祖父が亡くなったことでかるたをやめていたが千早のおかげで復活。福井県。A級。

・若宮詩暢(cv中道美穂子)しのぶちゃん。千早と同じ年の高校生でかるたが女性で一番強いクイーン。何故か服や好きなキャラクターが千早と合う。新と名人周防が目標で、団体戦を好まず一人を好む。京都。
  ※得意札:  忍ぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

※相関図

20130119_85300bmp



●あらすじ
 (ネタバレ注意)

 第六首:たつたのかはの にしきなりけり
    嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり    能因法師   

 勝ちを計算していた肉まん君が束で負けた。

それによりちょうどよく取るかるたから、本来の感じのよいかるたに切り替えた千早に戸惑う北央の甘糟那由太

集中しろ甘糟。一か八かで取っているのではない。綾瀬千早は・・・聞こえてるんだ!

あれから九ヶ月・・・苦しかったろうに千早ちゃん。君は確実に前に進んでる。武器を増やそうとしてる。

説明できない、音になる前の音。聞こえるって言って良いんだ。私も!

5枚あった差が一気になくなった大将(エース)対決。

逆にそれが一気に瑞沢の追い風となり、一方北央は追い詰められていく。

ところが・・・・4試合とも残り3枚となった時点で・・・原田先生肉まん君が気づく。

やばいやばいやばい!気がつかないまま4人が運命戦になったら・・・絶対に負ける!!

そしてついに来た!!4組同時の運命戦!!!

20130216_174133bmp

北央はこういう時のための札分けがちゃんと出来ていた。

※札分け:団体戦運命戦の時勝つために有利な自陣の札を勝てるように分ける反則ギリギリの戦法。有利な自陣を守れば必ず勝てる。

ところがその瞬間気づいたのは・・・太一と机君・・・そしてすでに負けた肉まん君だけだった。

焦る3人に対し、ようやく事態に気づいた千早は、気持ちを切り替え不可能に近い敵陣を攻めるため素振りの練習をする。

それに触発され、あんなに嫌いだった素振りで敵陣抜こうと気合いを入れる真島太一

その気合いにおされて・・・・なんとヒョロ君はお手つき!太一の勝利となる。

瑞沢一勝!!

それにより追い詰められた北央主将甘糟も気合いを入れて素振りをする。

・・・が、昨年の決勝この状態で千早に自陣を抜かれて負けたOBの須藤読手は、

甘糟気をつけろ!こんな場面で・・・からっぽになれる人間がいる!

心の声で甘糟に注意するが・・・結果は千早の申告でセイム(同時)。

その瞬間北央の東京大会優勝が決まった。

試合開始前と違い悔しがるみんなに対し千早は・・・

楽しかったねぇ~!今までで一番楽しかったねぇ!

と熱戦を楽しんだことを話す。

この決勝をみた1年生二人は・・・白波会のドアを叩くのだった!!

そして帰り道、から「高校選手権、決勝戦楽しかった?」のメールが届いた瞬間、涙が止まらなくなる千早。

それは、あの小学校の時3人でやった最初で最後のかるた団体戦で千早が泣いた時以来(1期3話)。

何で泣くんや?すごい・・・楽しかったがぁ!

新・・・今までで一番楽しかった・・・一番悔しかった・・・

あの時と同じ、号泣している千早を横で見ているだけの・・・太一だった。

※EDの“茜空”、2番でした。早くiTunesでフル配信してくれぇ~~~!!

20130216_174125bmp



●感想

 いやぁ、すごい決勝戦でした。むちゃくちゃ手に汗握りました。

 肉まん君が撃沈。これで絶対的に瑞沢不利な中、冷静に相手を分析して対抗し、去年の15枚差をほとんど無くす机君。

そして健闘するかなちゃん。一方でガチバトルの太一とヒョロ君。

そんな中千早の追い上げで逆に主将としてプレッシャーがかかる甘糟君。

・・・そこで起こる・・・4組同時の運命戦!!

ここで経験&ちゃんとした顧問がいるかいないかの差が出ました。

肉まん君が言っていたとおり「こんなの見た事ねぇ」の状況なのに、それを想定してあらかじめ練習していた北央はやはり凄いです!!

反則ギリギリの作戦とはいえ、これをこの状況で出来るのはちゃんと練習していたからなのです。

 そしてその状況になったのを一番後悔・・・悔やんでいたのは肉まん君。

それを見た後から千早の気合いが変わり、そしてそれは太一へ伝染します。

本当の気迫は相手を動揺させる焦らせる・・・・そこから誘うヒョロ君のミス。

原田先生の名言「運命戦は運命じゃない!」で本当にしびれましたね。

逆に勝利確実な形にしたにもかかわらずそれで逆に追い詰められた北央の主将甘糟君。

ずっと逃げていたのがここで攻めに気持ちが変わります。だからこそとれた最後のセイム。

 北央がせこい勝ち方ではなく堂々と勝った・・・それイコール東京で一番強いのですが、
逆に瑞沢のおかげで慢心が無くなり、全国大会での最強北央を目指します。

ますます北央は強くなりますね。ドSの須藤にビビるだけの北央ではなくなりました。

20130216_174122bmp

 楽しかったねぇ!

かるたばかの千早にとって最高の試合が出来たのは最高に楽しい!!

 だから千早が泣くのはそれが出来なくなるから。その瞬間が終わってしまったから。当然負けた悔しさもあるけれど。

もっと・・・もっと3人でかるたがしたかったよぉ・・・・

と号泣したあの日、新に言われた

何で泣くんや?凄い楽しかったがぁ。

だから今回も・・・楽しかったからこそ・・・悔しくて泣いたのですね。

それもそれまでは普通だったのに、新からメールが来て、「楽しかったか?」の言葉に。

目の前の太一のその時の気持ちと来たら・・・・

きっついですよね。その小学校の時の千早の号泣をも見ているのですから。

何故千早が泣いているのかもわかるから・・・。

そして小学校の時も今回も・・・太一はそんな千早に声をかけることが出来ずただ横にいるだけ・・・

変な話太一では千早を泣かせることが出来ない。また、千早を慰めることが出来ないんですよね。

かるたでは千早の方が上だから。

 太一としては最低でも千早のポジション、出来れば新のポジションまで行かないと、
好きな千早の横に並べる男にはなれないと思っているわけですものね。

※原作、今現在の最新刊(19巻)ラストでついに千早vs太一の決勝戦が実現します!!
  来月3月発売の20巻でいよいよ・・・とある大会の優勝をかけて千早と太一の試合が始まります!
しかも最強の新は・・・準々決勝で敗退しています。
  果たして太一はそのポジションにあがれるのか?原作も単行本、今激アツですよ!!

 

 そしてそんな先輩達の本気の試合をみて一番変わったのは・・・すみれちゃんと筑波君。

初めて白波会に行ったときは原田先生に、

かるたって、なにがそんなに面白いんですか?・・・無理!

って言っていたすみれちゃん。ついに“わからないからやるんだよね”の世界に本気に入ってゆきます。

最後のシーンのすみれちゃんの顔が・・・本当に良い顔していました。

いやもう・・・すばらしい決勝戦、そしてすばらしい第6話でした。マジ感動した回でしたよ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 | トップページ | 新世界より 第19話 & PSYCHO-PASS 第17話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

ちはやふる」カテゴリの記事

コメント

昨年の対戦と比べると、2勝したのは太一だけなんですよね。
西田は昨年は甘糟に勝って、今年は城山に負け。
千早は須藤に勝って、今年は甘糟に負け。
駒野は宅間に15枚差負け、今年も宅間に1枚差負け。
奏は、負けて、今年は1枚差勝ち。
瑞沢高校の総合力はアップしているのに勝てなかった。
勝負の非情さと運を表していて面白い。

4組が全員運命戦なんて漫画みたいですよねw
でも熱い戦いで悔しい、それでも後味が良いのですよね。

この熱い戦いで1年生も本気になって原田先生大歓喜ですね。

最新刊では太一が遂に千早と勝負ですか。
記憶力と理詰めでは太一にも分がありますからね、千早の札20枚を
 捨てても残りを取れば良い?

>ぬる~くまったりとさん
この作品の面白いところは、千早が最強じゃないんですよね。なので千早はよく負けます。
成長物語でも有るのですよね。
一方の太一は「運がない」。運がないって事は勝っているのは「実力」なんですよね。
でも当の本人は実力がないと思っている。
おっしゃるとおり北央に実戦のそれも決勝戦で2勝したのは太一だけなのに。
 この心の描写も見事ですよね。
 マンガみたいな4人運命戦。いや本当に熱い勝負でした。手に汗握りました。
原作のネタばれちょっとだけしてすみません。私もさすがにBE LOVEは読んでいませんので、単行本での原作になります。
なので、20巻で太一と千早がどんな決勝戦を行うのか・・・そしてそれを横でみる、すでに負けてしまった新は何を思う・・・来月が楽しみで仕方ありません。
心配なのは・・・20巻で決着がつかず21巻に・・・という恐れもあることですかね(笑)

どうも団体戦を見てると監督目線になってしまいます。
中学時代は卓球部で個人戦プレー中心だったはずなんですが…。(笑)
アクションゲームが苦手で、比較的シミュレーションゲームを好む為でしょうか。
スポーツ(野球、サッカー等)、歴史(特に戦国時代国盗り系(「信長の野望」等))、ガンダム系(「Gジェネ」、「ギレンの野望」等)とかでチーム監督や領主武将、司令官なんぞばかりやってるんで、個人それぞれの局地戦的激突より、戦略・戦術が気になり、そっちの話の方が興味深く感じます。
その意味で「札分け」は興味深かったですね。(ぉ)
各個別対決は個人戦モードなのに、急にチーム戦術モードが入って面白かったです。
個人的には「セイム(同時)」ならその札は除外しろよ…とも思いましたが、ルールなんで仕方なしです。
熱い激突でしたね。
全国大会のシード権がかからないなら、私が顧問の場合、決勝であんなガチ、絶対やらせませんが。(ぉぃ)
瑞沢リベンジは全国大会でしょうか。
新の「決勝、楽しめたか?」は確かにきますね。
次はもう近江神宮との事ですが、高校選手権は各都道府県大会レベルでは個人戦はないんですかね?
「都大会は終わりました」みたいな感じだったし、なんか調べてみてもそんな感じだったし。
そこはちょっと肩透かし食った感じでした。
あんな試合見せられたら、そりゃ1年生の2人もかるた会に入りたくなるよね。
菫ちゃんが段々かるたに染まっていくのがいいですね。
彼女がどこまで染まっていくのか、楽しみです。

>ふれいくさん
戦略系をお好みになると、監督目線になりますよね。
私は今はそんなにゲームをしませんのですが、私も監督目線・・・いや、教師目線になってしまいます。
なので、勝つためと言うより、子供達が成長するには・・・と考えてしまうところがあり、持田先生や宮内先生に感情移入してしまいますね。
 優勝カップ奪還&全国大会勝利のためにはあくまでもふれいくさんのおっしゃるとおり戦術優先の方が立派な監督なのでしょう。
(全国大会でそういう監督が出てきますのでお楽しみにです)。
 札分け戦術は本当面白かったですね。細かく解説もしてくれましたし。
 個人戦・・・そういえばどうなのでしょうね。私も全国大会進出の条件はよくわかりません。登録すれば誰でも誰でも出られるのかもしれませんね。去年も北央は団体戦負けましたが、個人戦は出場していましたし。
 すみれちゃんが、かるたってなんなの~?という私達の立場でいてくれて、そして彼女が徐々にかるたに染まっていくのが本当に感情移入出来てよいですよね。
個人的に本当にしびれた、よい決勝戦大会だと思いました。

やっぱ甘糟かっこいいです。
試合前の消極的な態度から敵の熱意とヒョロが負けた影響から敵陣攻めにいくところは最高です。
あそこの「勝ってヒョロをぶん殴る。」と「勝ちに行かなくていい試合なんてあるか」の台詞は熱かった。
敵も味方も影響しあって成長するっていいです。

太一が勝った後BGMが盛り上がってくのは良かったです。
原作持ってるけどアニメのBDも欲しくなってきます。

>としおさん
甘糟君熱かったですね!!この作品のキャラって、結局みんな負けず嫌いなんですよね。
でも、決定的な力の差を見せつけられて挫折し、逃げるようになってしまうのですよね。
この甘糟君や肉まん君、ユーミンこと山本由美さんもそうなんですよね。
 そんなキャラ達の気持ちが逆転し、敵にも味方にも影響して変わっていくのは本当に激アツ気分です。
 としおさんも原作お持ちですか!これほど原作持っていて、しかもアニメはほぼ完全な原作準拠なのに、アニメのBDも欲しくなる・・・本当アツい作品ですね。

団体戦目線だと、「個人の成長」より「チームの成長」を考えるので、私は多分今回の持田先生の策は取りません。(持田先生は生徒の自主性に任せている印象でしたが)
私が北旺側なら、A級3人を休ませて、補欠の3人を出します。
瑞沢側なら、前に書いた通り、千早と肉まん君を引っ込めて、筑波と菫ちゃんを投入します。
どちら側としても、普段出ていない生徒に経験を積ませたいのです。
それがチームの底上げになります。
決勝は消化試合だとしても独特の雰囲気になるはずですから。
それを経験するorしないで、全国大会の感じ方が変わるはずだと私は思います。
しかし、初心者にも優しい作品ですね。
いろいろな部分にしっかりした説明が入るので、第2期から見てる私でも理解しやすいです。
普通は説明台詞はくどく聴こえるものですが、この作品は今のところそれを感じないので、いい演出をしていると思います。
「NHKでやるべき」というのも、わかりますね。

>ふれいくさん
たしかにおっしゃるとおりですね~。周りの他校の人達も同じようなこと言っていましたものね。
なんでこの2校は消化試合の決勝戦なのにこんなにアツいの?って。
普通はふれいくさんのおっしゃるとおり全国大会の練習試合レベルですよね。
 ですが、この2校がこうなるのはちゃんと理由がありまして、それが去年の・・・1期の決勝戦なんですよね。
あの優勝カップには凄く意味があるのです。千早とヒョロ君、そして持田先生と須藤君は特に。
お時間ございましたら1期をご覧になるのをオススメします。決勝戦は11話、千早とヒョロ君が優勝カップに拘る理由は12話です。
11話・12話は本当にすばらしい回ですよ。
 でも、その1期ご覧になって見えなくてもわかるよう・・・本当丁寧に作られていますよね。
2期からご覧になってみえるふれいくさんがそうおっしゃるので余計そう思いました。
本当に期待通り・・・いや期待以上にしっかり作られていて・・・本当スタッフ・日テレ様感謝感謝です。
 NHKでやるべき内容だと私も思います。1期からずっと思っています。
ですが、日テレ様も頑張ってくれてます。
たしかにNHKなら3期も有るはずですが・・・日テレ様~お願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56776355

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2 第6話 感想:

» ちはやふる2 日テレ(2/15)#06 [ぬる~くまったりと]
第6首 たつたのかはの にしきなりけり 公式サイトから肉まんくんがまさかの束負け。不利な状況でも奮闘する瑞沢メンバー達。力と力がぶつかり合う戦いは徐々にその枚数を減らしていく。瑞沢がそれぞれ自分の札しか見ていない中、北央はある作戦にうって出る。 千早の早過ぎると思える反応に驚き考える甘糟。聞こえているのか?やまを張っただけだろう。綾瀬千早は聞こえている、知りたいと思う読手の須藤。また決まり字の前に反応する千早。その反応に周防名人を思い出す甘糟。 千早ちゃんは、この9か月で確実に進歩している。前半戦は... [続きを読む]

» ちはやふる2 第6話 『たつたのかはの にしきなりけり』 肉まんくん「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイヤバイ...」ってどうした。 [こいさんの放送中アニメの感想]
四組同時の運命戦、そして北央の秘策「札分け」。運頼みというのは競技者にとって辛いもの。PK戦など廃止してしまえ!と言ったサッカーの監督が居ましたね。嘗て太一と肉まんくんの戦いで互いの札が一枚ずつの運命戦になったことがありました。それが終盤、四組同時に発生してしまう。物凄い確率ですね。 しかし経験豊富な北央かるた部には想定の範囲内。互いに目線をやると、おもむろに札を移動し始めました。札移動って何か負けそうな方がやるイメージあるんですが、これ作戦。自陣の札を二種類二人に分けてキープ。運命戦... [続きを読む]

» ちはやふる2 第六首「たつたのかはの にしきなりけり」感想! [くろくろDictionary]
ちはやふる2 第六首「たつたのかはの にしきなりけり」 どの試合も接戦! みんな強くなってるのが分かる。 駒野くんやかなちゃんも、太一も千早も、一年前とは違う。 でもその強さがあだになったか… 東京都予選決勝は予想外の決着に。... [続きを読む]

» ちはやふる2 第6話 「たつたのかはの にしきなりけり」 [空 と 夏 の 間 ...]
まさかの肉まんくんの敗北だったが、千早たちは奮戦。 枚数を追い上げていくが、状況は4組同時の運命戦となる! 瑞沢メンバーの成長がよく見れた回でした。 千早の恐るべき進化だけでなく、1年生もみんな成長してます♪... [続きを読む]

» (アニメ感想) ちはやふる2 第6話 「たつたのかはの にしきなりけり」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・フォルテ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます! ... [続きを読む]

« ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想 | トップページ | 新世界より 第19話 & PSYCHO-PASS 第17話 感想 »