フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 琴浦さん 第6話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第6話 感想 »

2013年2月16日 (土)

ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想

スク水をテントにしようと考える脚本家を・・・・

生まれて初めて見ました!!

ばかだろう(大爆笑)

超娯楽尻アニメのバカさ加減はとどまるところを尻ません・・・いや、知りません(笑)

そして・・・早くも21日、ニコ動で一挙放送決定!



ビビッドレッド・オペレーション VIVIDRED OPERATION
                  3rdインプレッション 6話迄

ファーストインプレッション 2話迄  
2ndインプレッション 4話迄    
3rdインプレッション 6話迄  
4thインプレッション 8話迄 
クライマックスインプレッション 11話迄  
ラストインプレッション 12話  

 

ニコニコ動画配信ページ

 

↓公式HP
Photo



●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 夏季特別授業(サマースクール)が再来週に行われることになった。男子は高尾山、女子は式根島

 現地では判別行動になるため、当然あかね達は4人で一緒の班になることにするが、
あかねはそこにもう一人、黒騎 れい(くろき れい cv内田真礼)を加えて欲しいと話す。

賛成するあおいわかばひまわりだったが・・・・当の本人れいが

私は一人でいい

と拒否をする。どうやら彼女には、示現エンジンを破壊する使命があるらしい。
その為に謎の矢を打ってアローンを変異させている。

自分の世界を取り戻す為、この世界を破壊しようとしている何かに命令されているようだ。
その為に持っている鍵。そして首筋の羽根のタトゥー。

 アローンを変異させずに示現エンジンを破壊しようと企てたれいはそれに失敗。傷ついて浜辺に打ち上げられてしまう。

それを見つけたのは、あかねだった。彼女は自宅にれいを連れて行き看病する。

そこでれいはあかねに聞く。

もしお父さんが帰って来るなら、もしお母さんの病気が治るなら、あなたは何だってする?

うん、なんでもするよ。でもそれは周りの人を困らせる事じゃ無ければだけどね。

あかねの言葉が心に痛む中、れいは鍵が無くなっている事に気がつく。

 突如そこへアローンが現れたとあかねに連絡が入る。

あかねはアローンを倒しに現場へ、れいは怪我の中矢を撃ちに現地へ向かうが失敗し気絶する。

 つぎにまた目覚めたとき、あかねの部屋にいた。4人が一生懸命探してくれた鍵と共に。

れいと友達になりたいというあかねに対し、

これ以上私に優しくしないで。

と、それでも拒否をするれいだった・・・・

Wp05_1024

 いよいよ始まった式根島でのサマースクール。

4人のオペレーションキーは、紛失してはいけないと天城みずは先生に没収された。

だがそれは、うそくんこと一色健次郎の策略だったのだ。

 4人の友情パワーを上げるため、うそくんとももちゃんは式根島に乗り込み、
予定外のハプニングで眠らせたれいを人質に仕立て上げ、アローンのフリをしてあかね達を脅迫する。

罠とわかっていてもれいを助けるためにうそくんアローン(略して嘘アローンw)にオペレーションキー無しで立ち向かう4人。

途中からもはやマッドサイエンティストと化したうそくんは自分のプライドだけで戦っていた(爆笑)。

 途中謎の女の子れいちゃんの助けもあり、色々あったが、4人は困難を克服、
嘘[アローン秘密基地まもなく]地点まで行くが、そこにはベアロイドMkⅢが待ち構えていた!

元気になったあおいちゃんがそれを倒したことでうそくんブチギレ!

ついに自らパレットスーツ試作初号機で発進していまう!
そこにまたも助けに現れる謎のおんなのこれいちゃん!

そしてトドメは・・・・押すなよーーーーーーー絶対に押すなよーーーーーーー!!

で、見事あかねたちは勝利。犠牲はあかねのスク水だった。まさに裸の勝利!!

4人の友情パワーはより強いものと変わった。

そして、あかね以外の3人は謎の女の子れいちゃんの助けのお礼を黒騎れいにするのだった。

最後に残ったのは・・・特訓の費用とローンだった・・・・・ばかだろう!!!!(大爆笑)

Photo



●感想

 示現エネルギーが暴走したのです。そのせいであなたの両親も友達もあなたのいた世界は全て消滅してしまいました。

カラスのうさんくささはハンパ無いですね。

黒騎れいは、突如取られてしまった自分の居場所のために戦っていたのですね。

今の時点では彼女が何ものなのかわかりません。地球人ではないような言い方でしたからね。

宇宙の別の星か異世界か。それはあのカラス(アローン)と同じ世界か違う世界か。

まあ当然違う世界でしょうし、れいの根本的な行動の理由の裏付けである自分の世界がどうなったかというのは、
カラスの言ったことだけしかありませんから、それが嘘なら全て覆りますからね。

本当この辺も快盗天使ツインエンジェルに似ていますね。

ツインエンジェルのテスラ・ナインみたいにあかねの心に動かされて、最後はれいがカラスを裏切り仲間になるのでしょうね。

そういわれるとあかねと遥、似てるわぁ~。

 

そして爆笑の第6話。

押すなよー!!絶対押すなよー!!!

私、スク水がテントになるアニメ、生まれて初めて視ました。私もあのテント入りたいです(爆笑)

同じパターンでスカートがパラシュートになったのは赤ずきんチャチャ、第57話:世界一に向かってすべろで視たんですけどね(笑)。

20130216_205744bmp

途中からヤッターマンでも視ているかという気分になりましたよ(爆笑)

もうね・・・

脚本家、ばかだろう!!

という褒め言葉しか出てきませんでしたよ。本当に腹抱えて笑わせていただきました。

 あの小さな虫・・・じゃない、偵察用のインセクトロイドが出てきたときは・・・

むしーーーー!

そう、あの天才浦畑脚本の大バカ回、
同じ高村監督のストライク・ウィッチーズ第2期第7話「モゾモゾするの」を連想しましたよ。

ですが、さすがに尻の中で虫破壊は無かったです。
この辺は浦畑達彦脚本と森田繁脚本の違い・・・いや、独立U局かMBSかの違いなのでしょうね(爆笑)

ストパンほどばかの暴走度合いが少なかったのは、すこしだけ心の良心が入っていたのかな(笑)。

それとも大人の事情かな(笑)

それにしても高村監督は6話とか7話にこういう大バカ回を入れるのが・・・好きなのでしょうね。

娯楽尻アニメ極まる!みたいな回でとても楽しむことが出来ました。

ストパンですとこの後はこういう徹底的なおばか回は無かったですが、果たしてビビオペではあるのか??

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります



そこあに
ビビッドレッド・オペレーション

« 琴浦さん 第6話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第6話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

コメント

6話は息抜き回でしたねーw。
奇しくもバクマン。でも息継ぎ回は必要と最高が言ってました。
あのスク水テントには元ネタがあるらしく、魔方陣グルグル、だそうです。
ポチっとな、試作初号機などネタも満載でしたね。

それで結局は水着が描きたかった、見せたかっただけですよね。
サマースクールも男女別で式根島は女性しか居ない設定のスタッフ、
 男の水着は絶対描かない覚悟が流石ですね。
温泉回もあるのかと期待してしまいそうです。

>ぬる~くまったりとさん
魔方陣グルグルでスク水テントの元ネタがあるのですか!?
最初に考えた人天災・・・いや天才ですね(笑)。
グルグル視ていなかったので知りませんでしたが・・・凄いですね本当に(笑)
ぽちっとな試作初号機も酷かったですね。
 男どもは式根島にも入れてもらえず、なんと高尾山ですからね。
ヤマノススメで二人ほど山ガールが登っているかもしれませんね(笑)。
これほどサービス満載でしたら温泉回もあるような気がしてきました。
大島ですから場所は熱海か箱根の可能性が有りますね。
 本当見事なまでの娯楽サービスアニメになっています。潔すぎて好きですね。このノリは。

れいのバックストーリーが少し明かされた第5話。
そして、アローンの目的も「示現エンジンの破壊」と明示されました。
胡散臭さ満載のあの烏ですが、羽の痣がある為にれいは逆らえないようです。
しかし、それはれいが自分の居場所を取り戻そうと自ら選んだ道。
あの羽の痣はアローン強化の矢と連携しているようです。
となると、無くなった時に彼女はどうなるのか?
そして彼女と友達になることを諦めてない様子のあかね。
そのあかねは母の入院している熱海の病院へ。
母の暖かさを感じれるあかねと両親を求め孤独に生きるれい。
2人の距離感がまだまだ遠いと感じさせる描写でした。
烏役は「ストライクウィッチーズ」でゲルトルート・バルクホルンを演じた園崎未恵。
今回は敵役として召集です。
一方、あかね&もも姉妹の母親・ましろ役は、「ガールズ&パンツァー」でアヒルさんチームの佐々木あけび(部長の「逆リベロよ!」に「意味わかりません…」と言ってた金髪の子)役を務め、最近いろいろな作品で名前を見かけるようになった中村桜。
そして、突っ込んじゃ負け(笑)の作品なのに、堂々と「さあ、突っ込め!」と言わんばかりのサブタイトルの第6話。(爆笑)
水着回でギャグ回で、もうネタ仕込み過ぎ。
あかね以外のみんなの水着が、全員それぞれのパーソナルカラーなのは序の口。
この話だけのメカ作監・有澤寛の過去作パロ連発。(笑)
熊ロボは「ガオーン」で「鉄人28号」だし、パレットスーツ試作初号機はどう見てもモビルスーツ。(彼は「SEED DISTINY」以降、「ユニコーン」以外の全てのガンダム作品にメカ作監として参加している)
脚本の森田繁もパロ連発で悪ノリし過ぎ。
でも、この人ホント守備範囲広すぎる。
「スタジオぬえ」所属で、SF設定やらせたらこの人の右に出る人はいない。
「ガンダムSEED」シリーズや「コードギアス」シリーズ、「鉄のラインバレル」のSF特殊設定は全部この人の仕事。
「さすが「スタジオぬえ」所属」と思わせる「宇宙兄弟」や「宇宙戦艦ヤマト2199」から、エロ系の「聖痕のクェイサー」、ギャグ系の「これはゾンビですか」までこなすマルチぶり。
さすがに「これくらいこなすわ」と言わんばかり。
凄すぎて参りました。(苦笑)

>ふれいくさん
れんちゃんも「後7本」って言っていましたよね。
本当、あの羽根のタトゥーが無くなったとき、果たしてどうなるのか?ですよね。
 なんとなくカラスがカラスの格好のために矢を射られないかられいが代わりに射っている感じにもとれますし。
 実はカラスがお母さん、弓がお父さんでしたらびっくり!ですけどね。
あのひどい爆笑描写はメカ作監・有澤寛さんの過去作品のパロディだったのですか。
よくもまあこれほどふざけられるものだと感心しました(笑)。
それでいてひまわりの胸の揺れとか一切妥協しない徹底ぶり!いやはやおそれいりました(笑)。
森田繁もまあ好き勝手やっていましたね。おかげで楽しく笑わせていただきました。

私なんかは大爆笑でさすがは股監督!と思ったんですが、人によってはとんでもない糞回だったようで、ストライクウィッチーズのようなものはニッチなんだなと改めて思わされた次第です。
そういう人だとストライクウィッチーズ見てもズボンがノイズになって見られたもんじゃないんだろうなと少しフクザツな気分になりました。
お祖父さんを肉体的に解脱させたのみならず、男子生徒の追放などブレなさが清々しいので、間違いなく天城みずはは処女ですね。

>ヴィーさん
私も同様大爆笑でこれがあるから楽しい~と思った、すばらしいおふざけ回でしたが、
ダメな人はダメなのですね・・・・。
この回ダメな人はもともとこの作品には打ち解けなかったのでは・・・と思います。
この回のためにこういった設定でやってるんですよーって今までの回が言っているように思えるのですが、それは深夜アニメでもニッチな方なんですね。
それイコールストライク・ウィッチーズもなのですね。ヴィーさんがおっしゃって見えたように、この回受け入れられない人達がストパン7話視たらどうなってしまうのでしょうね(苦笑)
天城みずほ先生もぶれないですね~。きっと処女でしょう。うん、きっとそうです(笑)。

批判的な人の意見も、まあわからないでもないです。
前評判の方向性がもう少しシリアス寄りでしたからね。
それと、「ストライクウィッチーズ」→「ガールズ&パンツァー」と受けたミリタリー系の流れがあったので、近代兵器系ミリタリー要素がもっとしっかり入っていると期待していた人も多かったのでしょう。
「高村監督だからそういう作品になるだろう」という前評判もありましたからね。
上記の要素を期待していた人にとっては、蓋を開けてみたら「なんだこりゃ」になってるのではと思います。
で、私みたいに「あ、これは突っ込んじゃだめな作品なのね(笑)」、「尻アニメなのね(爆笑)」と頭を切り替えられると楽しめると思うんですけどね。
それと第5話と第6話の内容の落差もあるんじゃないでしょうか。
第5話がれいの話で少しシリアスに振ったのが、第6話は逆方向にフルスイングしちゃってるもんだから(笑)、「なんだよ、謎解きに行くんじゃないのかよ」と期待がすかされてしまったと。
「原作あり作品」だったら、期待と違った時の拒否反応はわかるんですが、「オリジナルなんだからさぁ…」と思うんですけどね。

>ふれいくさん
まさにおっしゃるとおりでしょうね。私も最初そう思いましたもの。
でも、おかげさまでミリタリー要素はおまけ程度の娯楽アニメと私も気づきましたので楽しく視られています。
 結構ノリはストパンと同じで、さらに緩くなっているのでストパンが(ミリタリー以外の話で)受け入れることが出来た人は大丈夫だと思うのですが、ヴィーさんがおっしゃって見えるとおりストパン自体がニッチな作品としてとりますと、やはり拒否反応を示す人が多いのでしょうね。
ストパン以上に万人向けにふっている分余計に。

今回も大爆笑でストレスなく見ました!(^O^)
「アローン秘密基地こちら」とか「秘密基地まもなく」最後には「秘密基地もうすぐ」だなんて、いつも以上にゆるゆる~い感じでマッタリと見れました(^O^)
そんな中、黒崎れいちゃんがだんだん心を開いていくような展開もあって、単なるおふざけアニメではないところが好きですわ~(*^o^*)
あと、今回の視聴者サービスは5人の水着姿ですね(*^o^*)
出来れば、みずは先生の水着姿もじっくり見せて欲しかったですわ~(^。^;)
いつものピチピチのコスチュームもいいのですが★

意外と福島第一原発事故との関連性を指摘するひとがすくないとおもいます。5話は未知のエネルギーを安易につかうことへの警告がこめられていると感じただけに6話であのようなおふざけばなしをもってきたのは疑問です。

MBSの大スポンサーは関西電力なのでどこまで示現エネルギーに批判的な描写ができるのかは不安ですが。

そもそもストライクウィッチーズのミリタリーな部分は他のスタッフであって、高村監督といえばキャラデザ・総作画監督だった『まほろまてぃっく』で地上波放送なのに乳首券発行したってことで有名だったと思うので、今回は中身の無い女の子が可愛いだけのアニメになるのは明白だったし監督もそう言っていたのに…というボタンの掛け違いがありましたね。
ストライクウィッチーズも1期を色眼鏡で見ていた人に「本当は王道で凄いんだから!2話まででも面白かったんだから!」と2期を薦めたら箒が股間に食い込む第3話が放送され、「6話は本当に泣けたんだから!騙されたと思ってもう一度見てくれ!」とお願いしたら第7話が放送されるという中々に難しい作品でしたw
シリアスで続けるだけの人じゃないということを理解しないと「無駄回挟んでる暇あるのかよ」という感想を抱くのも仕方ないなあとは思います。

>ぽん太さん
「アローン秘密基地まもなく」はば~かでしたね。私も大爆笑しました。
あかねちゃん達・・・いい加減気づこうよ・・・って(笑)
5人の水着もビキニ有りスク水有り、ナイスバディ有りつるぺたありと個性豊かで本当大サービスでしたね。
なぜみずは先生のサービスがなかったのはおっしゃるとおり疑問です。JKだけしかダメなのか!?(笑)

>Piichanさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり私も示現エネルギーのあり方には最初疑問を持ちました。
原子力エネルギーをさらに発展したような感じですよね。しかも示現エンジンは原発とも取れます。
一体それがどんなエネルギーで、それがたった5年で、しかも開発に関わっている人間が一色健次郎中心という一極集中。その上世界の95%がそれに頼っているって・・・
挙げ句の果てに5話では、(カラスの言っていることですから嘘か本当かわかりませんが)それでれいのいたところはなくなり、天涯孤独となった。
福島から避難させられた人たちを思い浮かべても仕方ない内容だと思います。
また、入院中のあかねのお母さんもある意味示現エネルギーの被害者で今ああなってしまっている・・・ともとれますよね。
 私個人の感想として、4話迄の感想で書きましたが、この作品、果たしてそこまでのメッセージを込めて作っているのかがわかりません。
単なる正義と友情の娯楽番組として作っているだけで、敵から守るものを昔のアニメなら普通に現実にあるものを使ったでしょうが、今はそんなことは出来ない時代。それを単に架空のエネルギーとして示現エンジンを作り出し、人間同士の殺し合いは出来ないからアローンという未確認物体をつかった・・・ととれます。
その表現がちょっと原発と福島の現状に似ていたのが・・・問題と言えば問題かと。
2話でのコメントでもいただいていますが、この作品まともに考えるとちょっとおかしいというか・・・許されないようなことが多すぎるのです。平気で人が死んでいますし、それをあかねたちは全く気にする様子もなく、変な話楽しく戦っています。
 ですので、私個人としてはメッセージ性のない昔から有る単なる正義の味方娯楽アニメだとして視るようにしました。
 逆にこの先Piichanさんがおっしゃるようなメッセージ性の強い展開になっていったら・・・今度は逆に私の方がこのブログ上で文句たらたら書くかもしれません。
 MBSの大株主は関西電力ですか。そうしてみますと示現エネルギーを原子力エネルギーと見立てて「良いものですよー」と逆に・・・変な話洗脳して原子力エネルギーを肯定化しようというのかもしれませんね。そう言う企みがこの作品のなかでこの先見え隠れしてくるのでしたら・・・・
 関西電力の件など貴重な情報と、それからメッセージありがとうございました。
私が4話の時に言いたかった(突っ込みたかった)事をあえてコメントいただけましたので、とてもうれしかったです。

>ヴィーさん
 ストライク・ウィッチーズも今冷静にしてみますとかなり振り幅が激しかったですよね。
大感動のお話しがあったと思ったら、なんじゃこりゃぁ~みたいな話もある。
そしてペリーヌの回みたいな悲しい話もある。
少し万人向けにふったかもしれませんが、高村監督作品というのは賛否両論がはっきりする作品になるのかもしれませんね。
逆にメッセージ性の有る話なのに、お笑い回で台無しにしたと、変な話良い話なのにこんなの人にすすめられるかぁ~とお怒りになる方もお見えになって当然かと思います。
ストパンに至っては平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門に選ばれていますものね。でもさすがに一般の大多数の人には奨めにくいですよね。結局ビビオペも、もしこの先とても良い話をやったとしても決して人には奨められない、ふざけた作品となる。
 ヴィーさんが最初コメントでおっしゃったように、ニッチな作品なのでしょうね。高村和宏監督作品は。

そう言えば、海上であかね達を島に誘導した映像が月光仮面の悪役らしいですね。
れいの扮装もそれっぽいと言えば言えるのかも。

少女のSF戦隊ものにミリタリーもシリアスも無いでしょう。
友情と努力はあるかも?ですが・・・
事前の期待が大きいと失望も大きくなりますからねぇ。
みなみけの言葉を思い出します、過度な期待はしないで下さい。

>ぬる~くまったりとさん
げ・・・月光仮面のネタでしたか。こりゃまた古いですね~。
れいのあのマフラーは首のタトゥーを隠すためでしょうが、それをうまく利用してネタにしていますよね。
 
 こういう作品は(他の作品もそうですが)、最初思っていたイメージと違う、歯車が狂うとなかなか辛いですよね。
ならいっそのこと切れば・・・となりますが、中途半端に思って見える内容が入ってくるので戸惑ったまま切れない。
6話が賛否両論に別れたのはそういうところが爆発してしまったのかもしれませんね。
過度な期待が高いからこそ起きる衝突なのでしょうね。みなみけが強いわけですね(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56776294

この記事へのトラックバック一覧です: ビビッドレッド・オペレーション 第6話迄 感想:

» ビビッドレッド・オペレーション 第6話「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」感想 [アニメ好きな俺は株主]
あかね達がサマースクールでエロい水着姿・・・もとい校外学習に真面目に取り組む姿が描かれたビビッドレッドオペレーション第6話。>えー 前半は予告シーンから注目を集めていたひまわりの...... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション TBS(2/15)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 健次郎があかね達の友情パワーを強化しようと     するけどとんでもないことになる話 サマースクールに出掛けるあかね。見送る桃、さあ儂らも出かけるぞ。本当にやるの?行くぞ桃隊員。 式根島に到着したあかね達からオペレーションキーを 預かる、みずは先生。健次郎の指示らしい。 ひまわりの水着が好評、わかばの水着ではサイズが合わない。一緒に買いに行ったらしい。一人のれいが気になるあかね、声を掛けても素っ気ない対応。先ずは島のゴミ拾い、わかばは虫嫌いの様子。潜水艦をれいに見つかって眠らせる健次郎。あか... [続きを読む]

» アニメ感想 13/02/15(金) ビビッドレッド・オペレーション #6 [ニコパクブログ7号館]
ビビッドレッド・オペレーション 第6話『健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話』今回は・・・なんかえらい具体的な内容なタイトルですね ... [続きを読む]

» ジジイ自重しろw【アニメ ビビッドレッド・オペレーション #6】 [腐った蜜柑は二次元に沈む]
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/03/27)佐倉綾音、村川梨衣 他商品詳細を見る アニメ ビビッドレッド・オペレーション 第6話  健次郎が あかね達の友情パワーを 強化しようとするけど とんでもないことになる話 水着回で マッドジジイ大はしゃぎの巻(゚д゚)! ... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第6話 感想 [wendyの旅路]
さぁ、友情パワーを見せてみよ― [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション #6 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話】 ビビッドレッド・オペレーション 3(完全生産限定版) [DVD]出演:佐倉綾音アニプレックス(2013-05-29 ... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第六話「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」感想! [くろくろDictionary]
ビビッドレッド・オペレーション 第六話 「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」 タイトル長いわw そしてほぼ今回の内容を表しちゃってますね。 今回はあらすじいらないんじゃ…?(汗) そして 水・着・回デス!... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第6話「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけど とんでもないことになる話」 [ボヘミアンな京都住まい]
お役人の取立てはアローンより恐いのでした(笑)。 今話は箸休め的な回にでもするつもりだったのでしょうか?オチャラケやる分には別に構わないのですが、軽い気持ちで見てもらうにしてもシナリオをもう少しどうにかできひんかったんかなぁ〜と(苦笑)。なんかこのアニメはストーリーは良くも悪くも二の次なんだなって印象が強くなりました。頭を冷やした健次郎が今回の件を後から検証して黒騎れいの秘密に気づくという展開が次回以降に待ってるならいいのですが、どんなもんでしょう・・・? そんな感じで、しとらす的に今回楽しめたのは... [続きを読む]

» ビビッドレッド・オペレーション 第6話「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」レビュー・感想 [ヲタブロ]
押して、あおいちゃん!!サマースクールで式根島にやってきた新大島学園の生徒たち。しかしそこで強襲されるあかねたち。連れ去られたれいを奪還すべく立ち上がる彼女達でしたが・ ... [続きを読む]

» VIVIDRED OPERATION 第6話の 感想 [Piichanの Blog]
前回とは うってかわって おふざけばなしだったのが 残念です。おそらく 1クールなので 1話 1話が 真剣勝負なのに。今回の なかみが これからの 展開に つながっていればいいのですが ... [続きを読む]

» VIVIDRED OPERATION 第5話の 感想 [Piichanの Blog]
やはりというか レイは 示現エンジンの 被害者のようです。すくなくとも 示現エンジンのような 未知の エネルギーを 安易に つかうことへの 警告を この アニメの スタッフは やりたい ... [続きを読む]

» レッドの水着が赤裸々だった!!「ビビッドレッドオペレーション」 [Animeinmylife3号店]
さあ、お約束の水着回がやってきました。わざとらしく男子を排除して、女の子同士での百合百合イベント。可哀そうなのは御馳走を攫われたアローンさん達も同様であります。 カップリングの常道としてちっぱいキャラとおっぱいキャラがマッチするのは鉄板。 互いに...... [続きを読む]

» 『ビビッドレッド・オペレーション』 第6話の評判 [最新アニメ・マンガ 情報局]
『ビビッドレッド・オペレーション』 第6話  「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]posted with カエレバ佐倉綾音 アニプレッ... [続きを読む]

« 琴浦さん 第6話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第6話 感想 »