フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« ファイト一発!充電ちゃん!! 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX02(加速の頂点版) 感想 »

2013年2月20日 (水)

AMNESIA 第7話迄 感想

彼女はまた、世界を移動する可能性も有りうると言うことだろうか・・・・

00000067

なんと理詰めでオリオンの存在を認めるケント

果たしてこれが一体何の伏線になるのか・・・

いつも肝心なことを言おうとした途端消えてしまうオリオン君(笑)

物語はイッキルート・ケントルートが終わり、そして・・・

この作品、ほんとおもしろーーい!




AMNESIA(アムネシア) 
2ndインプレッション 7話迄

ファーストインプレッション 4話迄 
2ndインプレッション 7話迄    
3rdインプレッション 9話迄 
4thインプレッション 10話  
クライマックスインプレッション 11話   
ラストインプレッション 12話 

ニコニコ動画配信ページ

↓公式HP
T_main_img2


●キャラクター(cv)
公式ページ左より。

※イメージカラーというのは男キャラの顔の区別が中々つかないので私が判別用に使っているだけです(笑)
ニコ動とか感想ブログ等で私服であの格好はねーよ!ってコメントが多いですが、
あの服装でないと主人公記憶喪失の中、キャラクター多くて正直誰が誰だか区別つかないですよ(笑)

・主人公(名塚佳織): 8月1日以前の記憶が無い。

・シン(柿原徹也): イメージカラー赤。ハート。主人公の幼なじみ。

・イッキ(谷山紀章): イメージカラー青。スペード。「冥土の羊」でバイトしてるが、ファンクラブがあるぐらいの超人気者。目を見ただけで女の子達がイッキに落ちる。

・ケント(石田彰): イメージカラー緑。クローバー。「冥土の羊」でバイトしている。イッキと仲がよい。

・トーマ(日野聡): イメージカラー黄。ダイヤ。主人公の幼なじみでシンとも友人。「冥土の羊」でバイトしてる。

・ウキョウ(宮田幸季): イメージカラーチェックカラー。ジョーカー。いろいろよくわからない謎キャラ。この状況を知っている模様。

・オリオン(五十嵐裕美): 精霊で、主人公の精神体とぶつかってしまったため主人公の記憶の中に閉じ込められてしまう。

・サワ(森谷里美): 主人公のバイト先「冥土の羊」の同僚だったり友人だったりする。

・ミネ(阿久津加菜): 主人公のバイト先「冥土の羊」の後輩

・リカ(吉田聖子):謎の女性。イッキファンクラブ代表。

・ワカ(高橋英則): 主人公のバイト先「冥土の羊」の店長で、毎回性格が違う。

20130120_202336bmp



●あらすじ
 (ネタバレ注意)

 また8月1日に戻ってしまいイッキが迎えに来た朝。そしてその時会ったリカは何故かそのまま去っていた。

00000062    00000064

ねえ、これだけ近くで見つめても、何とも思わないの?

イッキには目を見ただけで女の子が落ちるという体質があった。だが主人公はそれに反応しない。

おかしい。記憶が混乱している訳じゃない。時間が戻ってる?・・・ううん、そうじゃない。

映画を観てお茶をして、その日は別れる。家に帰ると・・・久しぶりにオリオンが現れた。

もう気づいていると思うけど・・・今君がいるこの世界は元いた世界じゃないかもしれないけど、本当はこの世界が正しいかもしれないんだ。

と意味深な事を言った後肝心なところを言おうとしたところでオリオンは消えてしまった。

そこに送られてくる「・・・日報はどうなってるの?」のメール。

だめ・・・わからないことが多すぎる。

 翌日イッキと一緒に「冥土の羊」へバイトに行くと・・・前回はオカマだったのに今回は怒りっぽく、そして基礎トレをさせるワカ店長がいた。

また違うんだ・・・

さすがにいつもと違うと思ったイッキ。バイトが終わって送っていくと、別れ際にキスをしようとする。

が、目を閉じずキスを拒否する主人公。

君はもしかしたら、僕が落とせなかった最初の女の子・・・?あと一ヶ月か。

そしてまた届く「日報は・・・?」のメール。

00000065

この世界では友人ポジションのサワから、「イッキはゲーム感覚で女の子とつきあっていて、3ヶ月ぐらいで捨てられる」と聞かされる。

イッキの数学パズル友達のケントは、「確かにそうだが君はその中にあって特異な存在だと言える」と言われる。

 翌日「冥土の羊」バイトの帰り道、雨の中現れるはウキョウ

君、ここではイッキとつきあっているんだね。だったら忠告させてもらうよ。
恨みをかわないよう気をつけた方が良い。

と謎の言葉を残しその場を去っていく。そのせいなのか雨のせいか、主人公は熱をだてしまい翌日バイトを休む。

00000086

イッキの看病のおかげか一日で復活。そして・・・やってくるのはビリヤード同好会の信濃合宿。

信濃・・・また・・・。

その合宿にはイッキファンクラブの面々も参加するらしい。しかもサワの話では主人公もファンクラブに加入しているのだと。

脳裏に浮かぶ「あなた、約束破ったでしょ」の言葉。

そこにかかってくる電話。イッキからだった。
イッキは自分の体質でまた女の子に告られ、そしてまたふったことへの重さを話し、
なぜ女の子達と楽しく遊んでいる理由を話す。

そして主人公だけは違ったと・・・

00000088

 いよいよ信濃合宿が始まった。幹事は何とリカだった。

その合宿で主人公は、イッキがつきあった女の子は3ヶ月経つと何故か女の子の方から別れていくのだと聞かされる。

そう・・・それはつまり、ファンクラブの協定だったのだ。

イッキと過ごした時間はファンクラブで共有、そして3ヶ月経ったら彼女を交代するという。

つまり「日報は?」のメールはファンクラブ会長のリカからだったのだ。

下っ端連中が主人公をボートに突き落とすと現れるオリオン君。

そのボートが壊れ湖に落ちる主人公。そのままオリオンも助ける事が出来ず湖の中に沈んでいくのだった。

00000089 00000091

 次の瞬間、自宅の前の玄関に主人公は立っていた。ケントからもらったメールの日付は8月1日。

また・・・

話し合おうとメールで呼び出された主人公は、そこでケントと交際していることを聞かされる。

デートしていたり毎日メールがくるのにとてもぶっきらぼうなケント。

時間をもっと共有したいと以前主人公が言った言葉を信じて大学の研究室に呼ぶが何もしない。

しかも恋人同士のコミュニケーションを「知識」と「情報」だけで主人公に接する。

ところがそんなケントにしては珍しく縁日の約束を忘れてしまう。

涼しい雨の日にもかかわらず浴衣で来た主人公に驚くケントは、縁日でぶっきらぼうに主人公をリードする。

実はこの縁日は二人がつきあい始めた頃初めて交わした約束だったのだ。

それさえもケントは忘れていた。「だが来てよかった。思いもかけず楽しめた」と言うケント。

 次の日主人公はコーヒーを持ってケントの研究室に向かう。

だがそれが初めての行動だったことからケントは主人公が記憶欠落(amnesia)であることを見抜く。

そこへ都合よく現れるオリオン君。

主人公は現状を、そしてオリオンの存在までも話すが、何とケントはそれを信じてくれる。

 主人公を介してオリオンとケントは話をし、並行世界が存在することをケントは示唆する。

彼女はまた、世界を移動する可能性も有りうると言うことだろうか・・・・

その事実を聞き寂しい表情になるケントと、またもや消えてしまうオリオン。

変わってしまう前の主人公はいつもケントと口論していたと言うことだった。

それを気づかせてくれたのは今の主人公のおかげだと。

二人心が通じ合い、一緒に手を繋いで大学から帰る道・・・道行く人にぶつかって2人の手が離れた瞬間・・・

何ぼーっとしているの?

そう声をかけ手をつかんできた・・・トーマがいた。

次回、トーマルートスタート!!

Main2




●感想

 おもしろーい!!

乙女ゲームってこんな感じなのでしょうか?私の感覚ですと、先週やったはがないNEXTでの
“ガルスク”のようなイメージだったのですが、全然違いますね。

主人公、確かに記憶が無いからとはいえ・・・3パターンのイケメンが全部違うパターンで言い寄ってきてるのに・・・落ちない落ちない!(爆笑)

これだけ不安な世界なら落ちても良いでしょう。ですが、だからこそこの作品は私のような男がみても面白いのかもしれません。

 これが少女マンガみたいに片っ端からラブラブで各ルートをしていたら多分切っていたかもしれません。

いや、間違えなく切っていましたね。好きっていいなよもとなりの怪物くんも切った私ですので。

 各ルート、みんなすでに主人公の彼氏としてつきあっているのに、なんとか落とそうと必死すぎる(爆笑)

まだ彼氏じゃないみたい(笑)。

男のやるギャルゲーでは“攻略する”なのですが、乙女ゲーでは当然“攻略される”んですよね。

ところがこの主人公が落ちないもんだから本当に面白い。

まあ、主人公もバカではなく、並行世界というのがイッキルートでわかってきたものだから、
元々いたもう一人の自分に気を使うようになったからでしょうね。

それでも攻略しようと頑張る男達。

そしてようやく心を開くところまできて、キスしたところでルート終了でループ!!

ラブラブカップルシーンは無し!!そして次の男ルートに行くぜい!!

いやもう最高ですわ。

00000090

 前回は仕組まれたループだと書きましたが、オリオンとウキョウ以外は物語の核心には絡んでいなさそうですね。

つまり演技しているとか嘘ついているとかじゃなくて、みんな本当と言うことです。

ケントルートでケントが言ったとおり並行世界です。

その上各ルートで各キャラクターの役割が違うというのも混乱させる理由の一つでしょうね。

数少ない同じ役割のワカ店長は性格が違うし(笑)。

 僕は思うんだ・・・きっとこの世界は・・・・(しゅるるるるる・・・・)

オリオン、まずは肝心なことを言ってから消えようか(笑)

何か無能扱いされている気が・・・

その通りだ!よくわかったな!オリオン君!!(爆笑)

00000063

 さて、各ルートが終わっていき徐々に内容もこの世界もわかってきました。

ですが、まだ肝心な所はわかりません。オリオンが使えない無能なので(笑)。

3・4話がシンルート、5・6話はイッキルート、7話ケントルート。

平均的に話数を切って、各ルート攻略をすると思っていましたが、ケントルートは1話だけでした。

個人的にはケントルート面白かったので1話だけだったのは残念でした。

 ところでこの世界。並行世界のため主人公の「記憶」は残りますが「記録」は残りません。

キャラクターの役割までも変わってしまっているのですから。

ところがケントルートでは意味深にもケントがオリオンとの会話を記録します。

これは伏線なのかたんなるルートエピソードなのか。なんとなく後でこのメモが出てきそうなのですが。

 そして次のトーマルートは2話使うのか、それとも今回と同じ1話なのか・・・

そのトーマルートが終わるといよいよクライマックスというか、おそらくこの状況を何故か知っているウキョウでしょうね。

ウキョウで答え合わせをするのか、ウキョウも単なるルートの一つなのか?

ジョーカーですからね・・・

果たしてこの状況をどうやっておさめるのか・・・ラストはどうなるのか??

でもその前のトーマルート・そしてウキョウルート?を楽しもうと思います。

00000087

 最後に・・・主人公が熱を出して休んだ日、見舞いに行ったイッキがどういう格好で食事を作っていたのか・・・気になる~~!

夕食だけじゃなく朝食まで作ってくれましたからね。

あの格好で?エプロンしたのかな?さすがに手袋は取ったよね?ね?(大爆笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります



 


そこあに

« ファイト一発!充電ちゃん!! 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX02(加速の頂点版) 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56772390

この記事へのトラックバック一覧です: AMNESIA 第7話迄 感想:

» AMNESIA(アムネシア) 第7話 感想 [深夜アニメ感想ブログ]
今週はケントルート。 設定がわかってきて、安定して楽しめるようになってきた。 今回の恋人はだれなのかとか、店長のキャラはどうなってるのかとか、 主人公の記憶喪失はいつばれるのかとか、見どころがわ...... [続きを読む]

» (アニメ感想) AMNESIA(アムネシア) 第7話 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 TVアニメ AMNESIA ドラマCD ~嵐の山荘にて~(2013/02/27)ドラマCD商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッ...... [続きを読む]

« ファイト一発!充電ちゃん!! 感想 | トップページ | アクセル・ワールド OVA #EX02(加速の頂点版) 感想 »