フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 僕は友達が少ないNEXT 第4話迄 感想 | トップページ | GSR&Studie with TeamUKYO 2013年体制発表! »

2013年2月10日 (日)

PSYCHO-PASS 第16話迄 & ROBOTICS;NOTES 第16話 感想

木曜日深夜、愛知県ではCBCで
琴浦さん→ささみさん@がんばらない→はがないNEXT(共にTBSから一週遅れ)
と放送するのですが、
その裏の東海テレビでは同時刻にフジテレビのノイタミナ枠
PSYCHO-PASS→ROBOTICS;NOTES
と放送されます。

録画で視たら・・・なんか両方とも大変な事になっていました・・・

共に申し合わせたような・・・・衝撃のノイタミナ2連発!!

Img5



PSYCHO-PASS thインプレッション 16話迄

ファーストインプレッション 3話迄   2ndインプレッション 7話迄  
3rdインプレッション 8話        4thインプレッション 9話   
5thインプレッション 11話迄      6thインプレッション 13話迄  
7thインプレッション 15話迄      8thインプレッション 16話  
9thインプレッション 19話迄      ラストインプレッション 22話迄 

↓公式HP
Bg_story



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

 特殊なヘルメットをかぶると、犯罪係数に影響がでない。

PSYCHO-PASSが平常のまま人殺しが出来る。

実はこのヘルメット、近くに居るクリアーな色相の人のPSYCHO-PASSをコピーする機能が有ったのだ。

そんなヘルメットをかぶった連中が街中で無差別殺人テロを始める。

 ヘルメットが原因とわかった市民は、安全な生活から今まで味わったことのない不安が広がり、
ヘルメット有り側と無し側での殺し合いとなり、暴動となってしまう。

ヘルメットが無くても襲われたとき相手を殺してもPSYCHO-PASSは自己防衛として影響は無いのだ。

実はこの暴動、ヘルメットは、槙島省吾とその仲間チェ・グソンが情報操作して、意図して作り上げたのだった。

 その暴動を抑えることに手一杯の公安を尻目に・・・
槙島とチェ・グソンはPSYCHO-PASSの仕組み・・・シビュラシステムの正体を知るため、
システムの中枢があると仮定する厚生省NONA-TOWERへと向かう。

ようやくそれに気づいた公安は狡噛、そして縢秀星(かがりしゅうせい cv石田彰)の3人もNONA-TOWERへ向かうが・・・

ついたときにはすでに襲撃・占拠されていた。

槙島とチェ・グソンは地下20階まであるはずなのに4階までしかない案内をうさんくさいとみて、
槙島は囮として最上階へ、チェ・グソンは地下へと向かう。

さて・・・パーティーもいよいよ大詰めか!

 それにわざと引っかかるように、追って到着した狡噛と朱は槙島を追って最上階へ、縢は地下へ向かう。

地下4階より下があることに気づいた縢。

チェ・グソンは縢を言いくるめようとするが当然縢は拒否。だがそれによってシビュラシステムの中枢が、まさにここにあることを縢は知る。

一方槙島が囮と気づいていても槙島をターゲットとする狡噛、そして朱。

取り巻きを傷つきながらも倒し、ついに狡噛槙島は・・・相対した!!

お前は狡噛真也だ!  お前は槙島省吾だ!

格闘の末、勝ったのは槙島!・・・しかしそこにがきて槙島を倒し、そして逮捕する。

槙島を殺さず、朱は最後まで監視官として気丈にふるまった。

 地下では縢がついにチェ・グソンの所にたどり着いた。

・・・そこは、シビュラシステムの中枢部分・・・正体でもあった。

それは、そのシステムを公表すればこの国は終わるほどの暴動が起きるとまで言わせる内容だった(らしい)。

 それを証明するかのように、チェ・グソンを射殺するは・・・・実はアンドロイドだった禾生壌宗局長だった・・・

やってらんねぇよ・・・クソが!




●感想

 ヘルメットは、かぶり損でしたね。止血したら後を追います。先に行ってください。

槙島を逃がさないで!!

監視官・・・・殺せ!

槙島省吾、あなたを・・・逮捕します!

いやぁ~個人的には屈指の名シーンでした。

あそこで槙島を殺さないまでも、殴らずに自分を取り戻し手錠をはめた朱は強いですね。

さすがPSYCHO-PASSの色相がにごりにくいだけあります。

 NONA-TOWER入ってから槙島逮捕までの緊張感や描写は刑事ドラマの定番そのもので、
しかもアニメならではの演出も加わり、しびれました。

これ、最終回でもいいや!ってぐらいに。

 そう・・・これは最終回ではありません。まだ6話も残しているのに、ついに槙島省吾逮捕!

ということで、本当の黒幕登場!それは、シビュラシステムそのものだった。イコール禾生壌宗局長。

 この世界は前110歳まで生きていた泉宮寺豊久もサイボーグでした。

銀河鉄道999ですか?長く生きたり上に立っている人はみんな機械の身体の模様です。

 ここで話は一区切り。

おそらく狡噛達はシビュラシステムの秘密をつかむ方向へ行くのでしょうね。

ですが、禾生壌宗局長が縢秀星を殺したとは知らされないでしょうから、同士討ちにあったとでも思わせられるのでしょうね。

 ここから先は公安内部での戦いになりそうです。

そして禾生壌宗局長と槙島省吾の関係は・・・?本当に何の関係もないのか?それとも・・・

 クライマックスが近づいてきたPSYCHO-PASS。

果たしてどういう結末が待っているのか?・・・・いやいや、まだ6話有りますから、もう一波乱二波乱ありますよね。多分。




ROBOTICS;NOTES 8thインプレッション 16話

ファーストインプレッション 3話迄   2ndインプレッション 7話迄  
3rdインプレッション 8話        4thインプレッション 9話   
5thインプレッション 11話迄      6thインプレッション 13話迄  
7thインプレッション 15話迄      

↓公式HP
Main_bg_s2


●あらすじ     (ネタバレ注意)

 冒頭アバン・・・伊禮商店で海翔にパッションフルーツまんを食べさせる伊禮瑞榎の足が不自由だったのは交通事故が原因だった。

そしてあのギプスは瀬乃宮みさ希が贈ったものだった。

 ガンつく2試作2号機はいよいよ起動テストをするところまでこぎつけていた。

マグネットコーティング・・・じゃなくてモノポールによりパワーアップしたことで、起動テストは成功!

無事ガンつく2試作2号機は歩行すること果たした。

 だが、JAXAが5年ぶりに種子島からロケットを打ち上げることが決定!
秘密保持のため製作場所を明け渡さないといけなくなり、ガンつく2試作2号機は中種高ロボ部へと移動された。

 風の強い中、海翔を除いた4人はガンつく2試作2号機を移動させていた・・

その時突風が吹き、ガンつく2試作2号機は倒れそうになる。

その方向には・・・歩くとき違和感が有ると言うことでチェックしに行った日高昴がいた。

 一方、門倉岬で君島レポート7を見つけた海翔の前に突如現れたのは・・・瑞榎だった。

彼女は海翔に君島レポートを探すのをやめろと再度警告する。

そこへポケコンから流れる「かごめかごめ」の着信音。

突如瑞榎のギプスは暴走をし、海翔が必死で止めるも虚しく・・・瑞榎は崖から落ちていった。

うわぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!

Img6


 

●感想

 前半ガンつく2試作2号機の起動シーンはBGMとそれまでの描写を丁寧に描いてくれたおかげで妙に感動しました。

居る夫。の画面に映し出されたガンヴァレルの歩く様子はとてもかっこよかったです。

・・・と、よかったのはそこだけで・・・今回はたたき落とし回でした。

 瑞榎はいろいろ謎めいたことを海翔に言っていたので、なにかみさ希とのカギを握るキャラクターと思いきや・・・

その謎を持ったまま単に死んで海翔にショックを与えるためだけのキャラクターでした。

いくら何でもさすがにこれは死んだと思いますが、重傷というレベルで生きているのかな?
それは次回を視るまではっきりはしませんが。とりあえず死んだと仮定します。

 今までほとんど何もせず、海翔にパッションフルーツまんを食べさせ、メイン回が来たら死んじゃった・・・みたいな。

 海翔の必死具合がより悲惨さを強調していましたね。

ですが、思ったよりも個人的にはショックはありませんでした。
それはきっと脚本的に今までわざと瑞榎に思い入れをしていなくても良いように描写していたからかもしれません。

変な話、ああ・・・瑞榎は死ぬためのキャラクターだったのね・・・みたいな感じです。

それにしても暴走している割に都合良く工事中で柵のない所へ歩いていきましたね~。
あまりにもフラグ過ぎて、あ~あみたいな感じ・・・苦笑。

一直線上に夕日が有ったので、太陽の方向へ暴走するようなプログラムだったのかな??

 彼女の死によって当然衝撃を受けるであろう、そしてこの後どうなるか・・・の海翔。
そしてギプスを作ったみさ希はこれを知って果たして・・・ですね。

Img1

 一方、もう一つの事件の方もやばくって、果たして昴は無事なのか・・・それとも・・・です。

無事なら良いですが、これが大怪我となると(まさか死ぬことは無いと思いますが)、いろいろとやばいです。


淳和とドクはまたもや10年前淳和がうけたロボットの事故と同じでトラウマ復活になってしまう。

天王寺綯はJAXAの倉庫を追いだしたことを、ミッチー先生は一緒にいなかったことを後悔するでしょう。

そしてあき穂!!一生懸命ロボット(ガンヴァレル)は大丈夫と言っていたのが全てぱぁ。

当然それだけの事故となれば、種子島内で報道もされるでしょうから、ガンつく1・2製作もここで終了となる可能性が高い。

つまり今回のは今まで15話かけて積み上げてきたものをすべてフラグにして全部たたき折った、
キャラクター達・視聴者である私達をどん底へたたき落とした回と言う事でした。

 次回から少し暗い回が続きそうですね。
この子達5人&ガンつく1・2が再び立ち上がる時が来るのを待ちましょう!

 それにしても、ガンつく2&ロボットギプス・・・・奇しくも二つのロボットで事故が起きた回のサブタイトルが、
あき穂が訴えていた「巨大ロボットが、大好きです」。

なんというSなサブタイトル・・・まさに「やってらんねぇよ・・・クソが!」でした。

Img4

 ところで・・・あんなにたくさんのモノポールが毎日降るなんて。

でも種子島で拾ったのは中種高のメンバーだけだったのですよね?

画期的なものがあれだけあれば普通はJAXAあたりに話さないのかな?

そもそもガンつく2の部品に使っているわけだし、いくら製作は中種高ロボ部とはいえ天王寺綯は気にかけなかったのかな?

さすがにあれだけあったら秘密にしていることに無理があるような・・・

 それからモノポールって単極の磁石ですよね?山積みできるモノなの?

磁石のS同志N同志って反発するんだけど・・・

 それから、例え気にかけなかったとして、空から無作為に落ちてくるモノポール、何故他の島民が気づかず、中種高ロボ部が100%回収できたのだろう・・・・

10話ではゲジ姉がモノポールを見つけているから、多分全部ゲジ姉が見つけたのでしょうね。

毎朝って言っていたから決まった時間決まった場所に落ちたのかもしれませんね。

うん・・・きっとそうだ・・・よね?(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

20121027_181233bmp

« 僕は友達が少ないNEXT 第4話迄 感想 | トップページ | GSR&Studie with TeamUKYO 2013年体制発表! »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

今回のPSYCHO-PASSは大丈夫かと思う方向へ向かったので、シビュラシステムの
 正体を見せないといけなくなりましたね。
通常のコンピューターでも良かったのにと思ってます。
意外な正体にすると、ちょっと・・・

伊禮の事故は、同じくこんな不幸な役回りキャラなんだと思いました。
シュタゲでも不幸な女性が存在したので、同じ役回りかと想像しています。
でも過去の話は入院先で明かされるかもしれないですね、
 亡くなっていると3人の因縁が途切れてしまいそうです。
まだ生死は不明ですが・・・

モノポールは海翔だけにゲジ姉が教えたのだと思いますよ・・・多分。
反発はするでしょうねぇ・・・・なので無造作な山積みだけどSNSNSNSNと
 結合して安定しているはず・・・多分?

>ぬる~くまったりとさん
 よくある巨大な脳とか、そんなバイオ的なモノでしたら確かにがっかりですね~。
シビュラの判定がコンピューター的なのですから普通に巨大コンピューターで良いですよね。
 
 瑞榎、ぬる~くまったりとさんもそう思われましたか。シュタゲにもこういうキャラクターが居たのですね。
謎を一杯口走りましたが、結局彼女からは真実は何もわかりませんでしたものね。
で、いきなりメイン回が来てこれは・・・でしたので、変な話モブキャラが死んだレベルの感覚でした。
 原作のゲームや過去のアニメをみていないのでこれが死なのか重体なのかわかりませんが、あれは普通なら死んでます。が、そうなると門倉岬の聖地巡礼的なモノに影響が出るかもなので生きている可能性の方が高いかもしれませんね。
 モノポールありがとうございます!そうですよね。全部が全部Sだけ、Nだけと言うわけではないですよね。SNSNSNSNSNSでくっついているのでしょうね。理解しました。

◎PSYCHO-PASS編
「やってらんねぇよ、クソが。」
秀星らしい最後の言葉だった気がします。
いつもと違う3人チーム、単独行動での追跡、もうフラグがビンビンですやん。
あのドミネーターをリーサルからノンリーサルに強引に替えるところなんかはゾクゾクもんでした。
コンピューター的判定だからコンピューター系とは限らないと思いますよ。
この場合、人間が一番腹をたてるのは、やっぱりバイオ系でしょう、ありきたりだけど。
「つまらねぇ」と感じるかは演出&監督の腕次第だと思います。
塩谷監督&本広総監督の腕の見せどころと期待しましょう。
シビュラが「もう一人の朱ちゃん」だったら、私は拍手を送ります。
狡噛vs槙島の一騎討ちは意外なくらい圧倒的でした。
ただ、前の段階で数人を蹴散らしてる槙島を見てると、案外納得できてもいます。
でもさすがに不意討ちの凶器攻撃はああなるよね。
これで槙島は一応身柄確保だが、秀星クンが退場。
そして秀星クンは殉職扱い……になるわけないじゃん、この作品なんだから。(ぇ)
「逃亡扱い」ですよ。
これで公安課の不和を狙うわけだ。
少なくても宜野座は信じるんじゃない、過去の言動から見て。
そして残り6話で、残る公安課は6人。
「そして誰も…」も充分あり得る。
それから公安課のターゲットがシビュラに向かう可能性もあり得る。
ならば、槙島が「羊たちの沈黙」のレスター教授の役割を担う可能性もある。
OP曲を1クール目と2クール目で変えた意図も、大人の事情だけじゃない気もしています。
1クール目は事件を追いかけ、しかもほとんど猟奇的。
こんな展開なら「abnormalize」の混沌・混乱のイメージは合致する。
しかし2クール目に入ると、シビュラや公安のシステム論に視点が移ってきている。
こうなると、「Out of Control」のスタイリッシュ感のある曲の方がシックリくる。
生き残りはあるのか?
シビュラの正体とは何様なのか?
公安課はどこを目指すのか?
さあ、盛り上がって参りました!

◎ROBOTICS;NOTES編
残念ですが、瑞榎は亡くなりました。
公式サイトの次回予告で公表済みです。
もう、あの脊椎ポッキリ音でダメだってわかりますって。
最後によく海翔を降り外したと思いましたもの。
崖下落下はダメ押しですって。
あのHUG(瑞榎が下半身に着けていた補助パーツ)は「そんなにパワーあんのかよ」ってビックリしましたわ。
海翔のあの表情は…男キャラでは久々に見ましたわ、あの目の描写。
原作ゲームでは、海翔がもっと何度も瑞榎を倒して、止めるトライをしたそうです。
一方の昴は足骨折で入院です。
こっちはこっちで昴以外のダメージが深刻です。
淳和のトラウマ再現はないらしいですが、他は長深田先生の管理不行き届き、ロボ部が先生や管理者がいない中でガンつく2を動かした責任問題。
更に昴の親父さんはJAXAを快く思っていないので、JAXAにも逆恨みで食ってかかるかもしれません。
そんなこんなで、既に次回タイトルは発表されております。
敢えて言いませんが、「そうなるよな、確かに…」というタイトルです。
ま、またいろんな符号が一致してきましたよね。
JAXA種子島センターで5年ぶりのロケット打ち上げ。
瑞榎のHUGは沈む夕陽に向かって進んでいた。
海翔の事を「必要なら処分してきましょうか」とまで言ったみさ希。
瑞榎のHUG暴走のきっかけは「かごめかごめ」。
謎は積み重なる、マイナスの方向に。
実は瑞榎のHUGにプログラムを仕組んだのは、まさかの…という説も。
ガンつく2の「部活」での製作も果たして…。
こっちにもジェットコースターが来ていたとは!
さて、みんなの夢と友情の行方は?

>ふれいくさん
 PSYCHO-PASS、いやはやおっしゃるとおり、本当に盛り上がって参りました!!
11話で猟奇的な表現極まり、私もストレスがピークに達しましたが、その時のふれいくさんからいただいたコメント通り、
あそこで流れが変わりましたね。OPの雰囲気がまさにそれを物語っていると思います。

>シビュラが「もう一人の朱ちゃん」だったら、私は拍手を送ります。
でもこれが一番あり得ますよね。わざわざ自ら侵入する2人を消しに来たのですから・・・
銀河鉄道999みたいでしたから、シビュラの根幹も惑星ラーメタルのプロメシュームと同じだったりして・・・
朱ちゃん機械の身体、そして本体はシビュラそのもの・・・

 そしてROBOTICS;NOTES。ですよね~。アレで生きてたら・・・ねぇ。
やっぱ死ぬために存在したキャラでしたね。
昴君の方も、予想通りの展開が待っているのですね。まさに起承転結の「転」。
クライマックスの前にいい感じでたたき落としてきましたね。
おそらく全否定されるであろう「ロボット」という存在。それにあき穂はどう立ち向かっていくか・・ですね。
ラスト、みんなの夢と友情が結ばれると信じて、これから先視ていきます。
これから先はメインヒロインあき穂に期待です!

モノポールに関しては理論のみで実際に発見した人が居ないので良くわかりませんが、ひょっとしたら単極のみでは反発しないのかも?
リニアは反発させていますが、あれは両極ありますしね。だれも解らないから別に良いんじゃね?とやった者勝ちですね。

>たーさんさん
 そうですね~。
理論だけの話ですから、反発するのかも逆にくっついて離れなくなってしまうかもありますからね。
実際に未だこの世に存在しませんので、確かにおっしゃるとおりやったもん勝ちですね(笑)。

シビュラシステムの正体が朱だとしたら・・・ちょっと狡い気がしますね。
家族に関係者が居るとのネタフリが無かったですよね。

余談ですが、ガルパンの円盤売り上げが第1巻 23,000枚越えです。
これはホライゾン、黒子のバスケとほぼ同じ数字です。
超ヒット作品となりました。

今期作品でこれより上は、SOA 現状40,000平均、Fate/Zero 45,000(Box Only)、
 偽物語 60,000平均 です。

ちなみに黒バスはProductionIGの最高売上作品となりました。

>ぬる〜くまったりとさん
>ふれいくさん
あ、私は勘違いしていました。私の朱ちゃんは局長のほうです。禾生壌宗局長の頭文字を皮肉って禾ちゃんと書きました。
が、朱ちゃんと書いてしまいました。ぬる〜くまったりとさんのコメントでふれいくさんの意図を理解しました。確かに朱としてそれがシビュラに引っかからない原因だとしたら…すごいですね。

ガルパン売れましたね〜。これはぶっちゃけ1クール作品で2クール話題を持たせる事に成功したかもしれませんね。まさに災い転じて福となる。展開ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56722724

この記事へのトラックバック一覧です: PSYCHO-PASS 第16話迄 & ROBOTICS;NOTES 第16話 感想:

« 僕は友達が少ないNEXT 第4話迄 感想 | トップページ | GSR&Studie with TeamUKYO 2013年体制発表! »