フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« まんがーる! & ヤマノススメ 各第9話迄 感想 | トップページ | 琴浦さん 第8話 感想 »

2013年3月 1日 (金)

新世界より 第21話迄 感想

悪鬼だ!悪鬼が来たぞ!!

ま・・・り・・・あ・・・・!!

本当にお前は・・・悪鬼なのか!?

21img01


神栖六十六町を・・・あなたに託します。

悪鬼とは・・・お前達のことだぁ~!!



新世界より th インプレッション 21話迄

ファーストインプレッション 6話迄   2ndインプレッション 10話迄  
3rdインプレッション 12話迄     4thインプレッション 13話 
5thインプレッション 14話       7thインプレッション 15話   
8thインプレッション 18話迄     9thインプレッション 19話  
10thインプレッション 21話迄    11thインプレッション 23話迄 
クライマックスインプレッション 24話  ラストインプレッション 25話    

ニコニコ動画配信ページ (最新話のみ無料)

↓公式HP
20130210_154311bmp

●キャラクター(cv)

渡辺早季(種田梨沙):主人公。父は町長・母は図書館の司書をもつ。

朝比奈覚(梶裕貴):早季の幼なじみで仲良し。
  

朝比奈富子(榊原良子):現倫理委員会議長で覚の祖母。早季を自分の後継者へと考えている。

秋月真理亜(花澤香菜):早季の親友。守とも仲がよい。守を助けるために一緒に失踪。

伊東守(高城元気):物静か。真理亜に従っている。神栖六十六町に失格の烙印を押され不浄猫に襲われたため失踪。

青沼瞬(村瀬歩):早季の幼なじみでエリート。リーダー格だった。業魔となり死亡。みんなの記憶からも消される。


●あらすじ 
  (ネタバレ注意)

 病院が壊滅状態の中、助けを呼ぶ為に岡野さん達を残して逃げ出した早季と覚。

だがその舟を追いかけてくる者がいた。早季と覚は呪力を使い何とかそいつから逃げきる。

20img002  20img003

だがその後水路を移動するスミフキに襲われる。
こいつは黒い墨のようなものを吐くが・・・これが黒い粉で粉塵爆発を起こさせて攻撃するのだった。

爆発で覚とはぐれてしまった早季は、途中で一人の少年と出会い、一緒に神栖六十六町中心に向かうが・・・

 早季達が戻る前の未明にあのスミフキが街へやってきて自爆!

バケネズミとの戦いの後だけにたくさんの人が傷つき、焼け死んだ。

戦争時の空襲での焼け野原の状態の町に戻った早季は、朝比奈富子さんのところへ行くが、なんと彼女まで重傷を負っていた。

 早季は悪鬼が出た事を報告し、対策をこうが、富子さんから出てきた言葉は・・・

打つ手はないのよ。あの時は幸運だっただけなのよ。

だった。

富子さんは早季に、清浄寺に向かい、安全保障委員会の指示を仰げと言う。そして・・・

こんな形で引き継がなければならないのは残念ですが・・・
神栖六十六町を・・・あなたに託します。

そう言ってその場に残る朝比奈富子だった・・・・

20img006

 一方バケネズミに死を!と町民と唱える最強の呪力の持ち主鏑木肆星を狙うバケネズミ達。

それを一気に殺しているところに・・・ついに現れた。悪鬼が!!

ところがその子供の顔は・・・

ま・・・り・・・あ・・・・!!

早季が思わず口走ってしまうほど真理亜に似ていたのだ。

 そこへ現れる覚は、早季達に即刻逃げろと鬼気迫った声で言う。

・・・そう、鏑木肆星は攻撃抑止と愧死機構で人間である悪鬼を攻撃したり殺したり出来ないのだ。

 だが悪鬼の方は・・・そう!無意識のうちに呪力が漏出してしまう・・・青沼瞬が業魔となってしまった直接の原因さえも持っていた。

そして・・恐れていたことが・・・鏑木肆星が悪鬼に殺されてしまったのだ。いや、そこにいた人間達全員も・・・

21img003  21img004

 覚のおかげで逃げられた早季達は、地下で生き残っていたバケネズミと会う。そいつは・・・

解放の英雄スクイーラが我らと共にある限り、そして天から我々の陣営にメシアが降臨された以上はな!

 そう言ってほぼ自爆、そのバケネズミは覚に殺されるのだった。

 清浄寺についた覚と早季。そこで早季は両親が清浄寺から不浄猫を解き放すために町に戻ったことを聞かされる。

清浄寺で塩屋虻コロニーの駆除に向かった乾と会い、そこで聞く。

バケネズミが病院や託児所から人間の赤ん坊を持ち出していることを・・・

野狐丸の本当の目的は人間の赤ん坊を手に入れて育て、悪鬼にすることだった。

つまり・・・将来的に悪鬼の部隊を作り、世界を制圧・征服するのがバケネズミ達の野望とわかったのだ。

偉大なる・・・バケネズミ帝国の誕生だ!!

 その事実を知った覚と早季は・・・・

21img006



●感想

 朝比奈富子さんも、鏑木肆星も亡くなってしまった・・・・

もはや神栖六十六町は壊滅状態。しかも野狐丸(スクイーラ)の考えた戦法は・・・

悪鬼の大量生産だった。

 もう・・・凄すぎますね!!いやぁ~面白くてなりません。

ぶっちゃけ悪鬼=核爆弾ですね。それを交渉の切り札ではなく惜しげもなく使うとこうなるってことです。

 人間にとっての悪鬼はバケネズミにとってはメシア(=救世主)なのです。

この表現が面白かったです。まさにその通りですね。

21img002

 ただ、3点疑問点がありまして、

・今回の悪鬼が真理亜と守の子供で有るのは間違えなさそうですが、何故野狐丸はそれを手に入れることが出来たのか?
真理亜と守は野狐丸達に殺されたのか?そうじゃないのか?

・赤ん坊全員が全員悪鬼になるとは限らないのに、何故バケネズミが育てると悪鬼になるのか?
しかも業魔の要素まで持っている。

・人間を攻撃するのに、何故バケネズミ達は悪鬼に攻撃されないのか?

です。公式ページの悪鬼の説明はこんな感じ

20130301_05831bmp

う~ん・・・でもこの作品はSFです。オカルトではありません。

だとするとこういう疑問もおそらくラストまでに解けるのでしょうね。

 攻撃抑止と愧死機構で人間同士は殺すことが出来ないことを知った野狐丸は、
更に悪鬼の存在を知り、この作戦を考えついたのでしょう。

 もし鏑木肆星が昔の先生みたいに悪鬼と同士討ちになればこの場はおさまると思います。

それが出来なかったのが鏑木肆星ですね。自分は死んでも良いから悪鬼を殺す・・・

そこまでいけなかったのでしょう。攻撃抑止で。

21img001

 でも例えそうなっても10年後今度は大量生産された悪鬼がやってくる。

もはや人間達が1000年かけて作ってきた仕組み自体が崩壊しているのです。

呪力という超能力で人間という種族が滅びの危機に直面した。それも同士討ちで。

 その時は人間が最強だった。

 だが愚かにも人間は同士討ちできないために、奴隷制度も出来なくしてしまったために
バケネズミという奴隷を品種改良で作ってしまった。

 それらを完全に支配していると思い込んでいたため、今回のようなことが起きたときの対策を取らなかった。

 でもそんな事を今さら言っていても仕方有りません。もはや絶体絶命の早季と覚。

物語はいよいよクライマックスに向かって行きます。

いろいろな伏線の答え合わせはもう始まっているのです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« まんがーる! & ヤマノススメ 各第9話迄 感想 | トップページ | 琴浦さん 第8話 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

真理亜と守は災害で亡くなった、雪崩とか、もしくは野狐丸に毒殺されたと
 思ってます。
呪力は、イメージできることでしか力を発揮できないようです。
なので千里眼、透視、精神感応能力者が居ないようです。
だとしたら野狐丸の嘘は見抜けないですよね・・・

愧死機構は遺伝子レベルに組み込まれているので、悪鬼にはならない筈ですが
 スミフキや人もどきを作れるバケネズミの能力が可能にしたのでしょうか?
どうやら間引いてきた子供たちは悪鬼や業魔になりやすい子供たちの様です。
つまり間引かないとかなりな割合でそれらが自然発生するのかもしれません。
先天的な理由か、後天的な理由か・・・

愧死機構を遺伝子レベルで組み込めるなら、バケネズミに
 服従機構を組み込まなかった人間の油断も有りますよね。

>ぬる~くまったりとさん
どれだけ比率で子供達が間引かれていたのかが興味深いですね。
かなりの比率ならおっしゃるとおりバケネズミにとっては救世主ラッシュですからね。
 ある意味しっかりした人間だけを残す・・・人間の方が養殖されているみたいです。
養殖の基準に合わなかった人間を捨てていた罰があたったとも言えますね。
 やはり愧死機構は遺伝子に入っているのですよね。それでも悪鬼には通用しない。
普通は人を殺した時点で悪鬼も死ぬはずなのに死なない。だから悪鬼なのですが。
この状態を早季や覚がどうするのか・・・興味深いです。
 
>愧死機構を遺伝子レベルで組み込めるなら、バケネズミに服従機構を組み込まなかった人間の油断も有りますよね。
おっしゃるとおり私もそう思いました。完全に人間のチョンボです。
どんなにバケネズミがいても一人の人間がいれば全滅できるというおごりがこうなってしまったのでしょうね。
バケネズミ作ったのも人間ですから、まさに飼い犬に噛まれるという事なのでしょう。

3部6章からなる物語も第5章の終幕。
いよいよ結末の章、第6章へ突入するようですね。
1つ目の疑問は予習家の私もわかりません。
ただ、ミノシロモドキから過去の人間の知識や技術を得ていて、それを再現できていれば…。
女王をロボトミー化した事を考えれば、「仮面ライダー」のショッカーや「サイボーグ009」のブラックゴーストみたいな悪魔の所業もあり得ます。
人工受精による…とか、2人の脳を…とかね。
2つ目の疑問ですが、冒頭でかめラスカルさんが書かれた言葉がキーワードです。(ぇ)
「本当にお前は…悪鬼なのか!?」
あいつは本当に悪鬼なんでしょうか?
実はこれは3つ目の疑問と密接に関わってきます。
3つ目の疑問にはいくつか回答が考えられます。
「刷り込み」を利用する(バケネズミを親と思い込ませる)という事も考えられます。
「お前はバケネズミだ。人間は敵だ。」と洗脳する事だって可能かもしれない。
実は方法はどうあれ、この「お前はバケネズミだ」と認識させる事が重要なんです。
「愧死機構」の公式の説明には「同種である人間への攻撃を企てていると脳が認識すると…」死に至るとあります。
ここで「人間」という言葉がキーだと思っていませんか?(ニヤ)
キーワードが違っているとしたら、どうですか?(ニヤニヤ)
キーワードはその前です。
「同種である」がキーワードだとしたら…。(ニヤニヤニヤ)
「同種=バケネズミ」になると、人間に対する愧死機構は発動しなくなる。
つまり悪鬼でなくても人間を殺せる。
生み出すのは「自分はバケネズミだ」と思う人間でいい…。
2つ目と3つ目の疑問はいかがでしょうか?
しかし、悪鬼でないとするなら、逆転の可能性は見えてきます。
ただし、早季や覚達はあいつが悪鬼だと考えていますから、悪鬼でも倒せる手段を探します。
彼女達はそれを求めて最後の戦いの地へ向かいます。
その地は…かつて日本で人間が最も栄華を誇り、現在は名残なく廃墟となった街。
その地の名は「東京」。
いよいよクライマックス近し!

>ふれいくさん
 あ!!!やっぱりですか。ヒントありがとうございます。そうですよね~。
いままでの出来事や出てくるキャラ達、設定は納得がいったのですが、
今回の悪鬼騒ぎだけ、すごい事は凄いのですが説明がつかないというか・・・
この作品らしくない説明のつかない事態だったので???だったのです。
(新世界よりで疑問が出たのは初めてでしたので。しかも答え合わせの最終章で)
 
 これってSF作品だよね?オカルトじゃないよね?この作品らしくない、科学的に疑問がわくのですが・・・と。

 この3つがどうやって種明かしされていくのか・・・楽しみに結末を視て行きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56860616

この記事へのトラックバック一覧です: 新世界より 第21話迄 感想:

» 新世界より テレ朝(2/26)#21 [ぬる~くまったりと]
第21話 劫火 公式サイトから野狐丸の策略により町は壊滅状態に陥り、かろうじて生き残った人々も、刻一刻とその数を減らしていた。富子との再会を果たし、悪鬼の出現を報告した早季 だったが、もはや町を救う手立てはなかった。唯一残された手段は、町から離れた清浄寺に向かい、そこで態勢を立て直すことのみ。 一方その頃、悪鬼の出現を知らない鏑木肆星は、バケネズミの猛攻を寄せ付けず孤軍奮闘していた。圧倒的な呪力で、バケネズミの軍勢を蹴散らしていく肆星。 だが、そこに悪鬼が現れたことで事態は急転する。町からの脱出を図... [続きを読む]

« まんがーる! & ヤマノススメ 各第9話迄 感想 | トップページ | 琴浦さん 第8話 感想 »