フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« AMNESIA 第9話迄 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第20話迄 感想 »

2013年3月 8日 (金)

琴浦さん 第9話 感想

こ・・・琴浦の性感がどこだって!?

空気読めよ!いまエロスどころじゃないだろう!?

色々と不穏な空気がたまっていった・・・伏線回。

そして、またもや油断させたED後のCパートに・・・衝撃が・・・

やられた!!

あおしまさん、あんたこそ空気読めよ(爆笑)



琴浦さん thインプレッション 9

ファーストインプレッション 1話  2ndインプレッション 2話  
3rdインプレッション 3話      4thインプレッション 4話 
5thインプレッション 5話      6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話      8thインプレッション 8話   
9thインプレッション 9話      10thインプレッション 10話  
クライマックスインプレッション 11話  ラストインプレッション 12話 


ニコニコ動画配信ページ
  

↓公式HP
20130112_150344bmp

公式ラジオ

「琴浦さん」ESP研究会活動報告  

第1回目が始まりました。さすがフライングドッグ(JVC)。

音泉とかとかのラジオサイトを使わないで公式ページでストリーミングに直リンクとは!!
・・・手作り感が・・・いや、さすが音楽メーカーらしいこだわりですね(笑)。

ストリーミングのasp形式ですので、私のiPhoneでは聴けませんでした。Androidではどうなのかな?

・・・と言うことで、PCで聴きましょう。1回目聴きましたが、大爆笑ものですよ~~。

真鍋君役の福島潤さんがラジオ慣れしていないので、金元寿子さんとの掛け合いがちぐはぐなのが最高です(爆笑)。

しかも本日配信の第2回目は花澤香菜さんがゲストとか・・・果たしてどうなる事やら。

 そしてニコ生では先日、 クライマックス直前!TVアニメ「琴浦さん」徹底解剖 (番組ID:lv127364121)が放送されました。

森谷ひより役の久保ユリカさんがとてもおいしいキャラクター&画伯並みのすばらしい画力を披露してくれました。

爆笑ものですよ。

 また、真鍋役の福島潤さん(福山潤ではありません!)が、自前の琴浦さん人形を持ち込み、
ひーちゃんこと金元寿子さんにサイン&キスを迫ります!果たしてひーちゃんの対応は・・・(笑)

 プレミア会員でしたらタイムシフト視聴可能です。

Doll


●あらすじ
   (ネタバレ注意)

 命に別状は無いとはいえ女子校生だけを狙う通り魔。しかも最新の被害者はこの学校の生徒だった。、

前回琴浦さんが衝撃を受け倒れたのは、もしかしてその犯人の心を見てしまったのでは・・・と推理する大智副部長

 そんな琴浦さんに登校時ぶつかる女性がいた。それは刑事の月野亜紀(cv渡辺明乃)だった。

メイン捜査官のヤマさんこと石山巌鉄(cv菅生隆之)と一緒に学校の生徒達を職質していたのだった。

ESP研のメンバーは琴浦さんを気遣い、何も知らないと話す。

だがヤマさんが気になったのは・・・琴浦さんではなく御舟百合子の方だった。

0902

ところが・・・その後学校で琴浦さんが犯人と会っているという噂が流れ始める。

もしまたこの学校の生徒が襲われたら犯人逮捕に協力しない琴浦さんのせいだと言い出す者も出てきた。

 当然そう言う人の声が琴浦さんの耳に入る。

ESP研のメンバーは部室でその対策を練るが、その中で百合子部長は超能力で犯人を捕まえよう・・・と言い出す。

 百合子が超能力を知らしめようとしているのが暗にわかる大智副部長。

その帰り、やはり1人になるのが心細い琴浦さんはアパートに真鍋君を連れ込む。

一緒にお泊まりを許そうとするほどびびっている琴浦さんを心配してやって来たのは森谷ひよりだった。

結局琴浦さん・真鍋君・森谷さんでお泊まり。無事一夜を過ごす。

 そんな状態だったため、ついに琴浦さんのおじいさん、善三が動き出す。

というより、百合子部長や森谷さんが善三さんにこっそり相談していたのだった。

みんなで善三じいさんに会いに行くが、森谷だけは変な噂が立ったのは自分のせいだとひとり内緒で別行動をする。

 ところがその相談の場所としてやって来た高級レストランで・・・ばったりと琴浦さんの母親久美子さんとはち合わせをしてしまう。

 色々話したいことがいっぱいあるのに、震えて話すことが出来なくなりフリーズしてしまう琴浦さん

 そんな彼女に罵声を浴びせる久美子だったが、真鍋君のおかげで少しだけ彼女の母親らしいところがみられる。

そんな久美子さんに

お母様私・・・友達が出来ました。今の私の周りには、友達がいるんです。

とついに話すことが出来、そして

今、ちょっとだけ触れることが出来た。懐かしい・・・お母様の心に・・・。

少しだけ心が近づいた琴浦さんと久美子さんだったのだ。

0903



・・・EDも終わった後のCパート・・・・

血を流して倒れている女生徒の前で震えている・・・ひとり別行動をした森谷ひよりがいた。

彼女の手は・・・血だらけだった。

うそ・・・違う・・・こんなの・・・私・・・・・・・ぎゃぁぁあぁぁぁぁぁ~~~~!!

Main_2



●感想

 うわぁ~~~い!全く話が進展しないまま終わったぁ~~~~

・・・・・・・・と思ったらCパートでトドメ刺しやがった!!

前回同様油断させておいてグサッと刺してくるパターンでした。

 ぶっちゃけ今回は嵐の前の静けさ・・・色々と伏線をはった回でしたね。

たとえがヤマさんこと石山刑事は百合子部長のお母さんと一緒に事件を解決していたとか(2話でちらっと出てくる)。

変な話、前回の予告&ニコ生のちょい見せもありかなり身構えて視ていたのですよ。

ですが、その必要はありませんでしたね。ほとんど話は進みませんでした。

この嫌な空気をひとり和ませようとする真鍋君に笑っていれば良かったです(笑)。

 EDの「希望の花」がとっても良いので、前回もそうですがここでホッと一息ついてしまうんですよ。

今回も無事に終わったなぁ~って。

・・・で、前回同様その後にやってくる急展開。なんと矛先は琴浦さんではなく森谷さんだった。

ときたわけですよ。

 まさかの鬱展開・・・ターゲットは森谷さんの方だったとは。

琴浦さんを心配して夜一緒にいようとするほどの彼女の方が今回は辛い目に遭いそうです。

 それにしても赤鬼森谷は笑いました。

ですが、あれほどピンポンピンポン鳴らさないよ普通。森谷さん!(笑)

0901

 と言うことで、今週は予想外の肩すかし、物語が動くのは第10話となりました。

 ラスボスも愛人津山さんと一緒に登場したことですし、琴浦さんとの再会も無事済ませました。

 残り3話・・・まさに激闘編になりそうなクライマックスに向かう、琴浦さんでした。

それにしてもためるなぁ~あおしま脚本(笑)。


     

※3/9ニコ生アンケート結果。今回は所用で外出しており、オンタイムでは視聴出来ませんでした。

20130310_122627bmp



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« AMNESIA 第9話迄 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第20話迄 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

太田雅彦作品」カテゴリの記事

コメント

被害者は琴浦さんのことで森谷さんと言い合いをしていたわけで、動機の面でも疑われそうです。
それ以前のやつはどうなの?という問題はありますが、現行犯みたいな立場ですもんね。
原作だと新興宗教の教祖の家だしさらにややこしいことになってそうな。
森谷さんが琴浦さんの家のチャイムを連打してたのは、真鍋くんが押し倒してたら?という危機感のなせる技でしょうw

それにしても、刑事の月野さん。
次回予告でもしや?と思ってたんですが、白いシャツで腕まくり。
どうなることやら。

お母様の話はやはり同時並行で進めてきましたか。
生活を壊されたとはいえ、我が子という感情はあるんですね。
しかし、お母様のスタイルを見ているとその遺伝子はどこへ行ったのかとw

>ヴィーさん
 いろいろと今回爆発要因がたまりましたよね。
火種ばかりで本当こわいこわい・・・です。
何かあの女刑事さんも一癖二癖有りそうなのですね。
 本当、琴浦さんだけではなく森谷さんも、そして超能力のことばかり頭にこびりついている部長さんは・・・
どうなることやら・・・で、次回以降がドキドキものですね。
 お母さんが少しだけ心が見えましたが・・・どういう形で並行的に話を進めるのかも楽しみです。

前回予告で見た何やら性格悪そうな新キャラがまさか女刑事とは思いませんでした。ふつうあの細い目と貼り付いた様な笑顔は悪役な確率が高いのにな~

今回の見処は部長のツインテ(僕はルリルリを思い出しました)に副部長のオールバックかな。
後は何だかんだと言いながらの母親らしい心配の仕方ですかね。真鍋くんがアレを狙ってやったのなら凄い男前ですよ。(そうだと思いたい)

今回は僕は構えていましたよ。部長とか森谷さんとかどうなって行くのでしょうね。

最近では名所案内がじわじわ来ています。あれは観光的に良いのではないでしょうか。

>たーさんさん
 なんか女性の割に癖のある感じですよね。まだ油断は出来ないかなぁ・・・と。
副部長のオールバックは笑いました。部長のツインテールかわいかったですね~。
ルリルリとはまたおいしいキャラですね。
 私も構えていましたよ・・・でもやはり詰めが甘く、EDで油断してしまいました。
あのED、油断するんですよねf^_^;。前回もそれでやられたというのに。
 最近はご当地グルメまで出てきましたから、それもまた面白いですよね。
CMも見逃せません。

前回の引きから予想された怒涛の展開…は無かったですが、じわじわと不安を高めてくれますね(^^;)
(裏で何か色々と動いてる雰囲気が…)

ネットラジオ、先ほど第1回を聴きました(^^)
福島さんのノリがほとんど真鍋君そのままですねww
すごく和みましたv

>taraさん
前回からイッキに来るかと思えば・・・ためてきましたね!!
それだけに爆発するときが、怖いですね。
裏でどれだけ動いているのか・・・気になりますね。
 
 ネットラジオ、今第2回を聴いています。
福島さんのノリが本当最高ですね!!イヤハヤ楽しいです。

今回のポイントとなるシーンは2つでしたね!
1つは、春香のお母さん…
やっぱり母性愛は生きていたんだな!
口では憎しみを浴びせても、真鍋くんを突き飛ばして春香に「あんた趣味悪いわよ」って、言った場面は裏を返せば、「うちの娘に何する気なの!!」ですから。
やっぱり母性愛は嘘つけないや!!
でも、とっさに出た母性行動もまだ憎しみには勝てない…
ドタバタ・エロコメなアニメだけど、肝心な心の描写も短いながらしっかり描いている!なかなかの脚本家だわ!(感心)
さて、もう1つはエンディングのシーン!
森谷さんが犯人探しに行くだろうと思って見てましたが…
ぽん太の推理では…
森谷さんが襲われそうになって正当防衛の結果のシーンだと思うんですよ…エンディングのシーンは…
だから、犯人は…
(おっと、今は伏せておきましょう!今ぽん太は「浅見光彦の気分です!」)
なんか大どんでん返しがあるような…
あっ、言っておきますが、森谷さんは無実ですよ!

>ぽん太さん
 お母さんのシーンは一瞬でしたけど、琴浦さんにとっては心の中の声まで聞こえるので、私たちよりももっとたくさんの声が聞こえたのでしょうね。
一瞬でしたけど、良いシーンでしたよね。あれで少し母子の距離が縮まりましたね。
現に琴浦さんは、フリーズして話せなかったのにお母さんと話すまでに行きましたものね。
 
 なるほど!ぽん太さんの予想はそうですか。さて来週どうなるか・・・ですね。
もちろん森谷さんは犯人ではないですが、でもみんなは森谷さん疑いますものね。
良くあるパターンでは倒れているところを見つけた森谷さんが彼女に触れたら血が・・・
ですが、果たしてのあのシーンはどうなのでしょうね。来週が気になりますね。

母親には母性が残っていたのですね。
そうなると津山と言い男を見る目が無い、自分の問題を娘の能力にすり替えている
 ような感じでしょうか。

最後は森谷が助けに来たら犯人が逃げた後で血液が付着に見えました。
そう言えば今週のイクシオンサーガDTは、もろに「太陽に吠えろ」でした。
あそこまで再現するとオマージュに感じます。

>ぬる~くまったりとさん
 母性が残っていてもあの状況では・・・ねぇf^_^;。
おっしゃるとおりお嬢様だったのでしょうね。男にソンするタイプなのでしょう。
愛よりもお金目当てで男が寄ってきたのかもしれませんね。
 
 私も森谷がやったと言うより助け起こそうとしたら血がついて・・・きゃーーって感じに取れました。
私気づかなかったのですが、ニコ動で見ていたらコメントで知りました。あれ、琴浦さんいじめていたときの取り巻きの二人の内の一人らしいですね。
津田美波ちゃんがcvやっていた方。
だとすると、琴浦さんに寝返った上に元友達を・・・って見られてしまう可能性も高いので森谷さん・・・やばいですよね。
 
 イクシオンサーガDTで太陽に吠えろですか。銀魂スタッフだけにパロディは気合い入るのでしょうね。(笑)

実は今回のエピソードも少し改変がされています。
このアニメ版では「連続通り魔傷害事件」になっていますが、原作では「連続殺人事件」になっています。
さすがに「琴浦さん」で「PSYCHO-PASS」の前半みたいな状況はないわという事で、多少ソフトになりましたね。
しかし大筋はほぼこのまんまですね。
つまり1本目のジェットコースターのキーワードは「通り魔」。
善三爺さんが夏休みにみんなを招待した際、車の中での話の中に出てきましたよね。
あの時は、ヒヨリが門下生に真鍋を襲わせた事を指していましたが、暗に今回の件も示す“ダブルミーニング”になっていたわけです。
しかも今回ターゲットにしたのは、前の件の首謀者だったヒヨリ。
ものの見事なブーメラン演出をしたんですね。
恐るべし、原作者・えのきづ氏。
かめラスカルさんは以前私が指摘したキービジュアルを理解されているようなので、ヒヨリの次回の運命はほぼおわかりですよね。
ああなっちゃうんですよ、一時的とはいえ。
そしてヒヨリを巻き込んだジェットコースターの次のターゲットは…やはり春香。
キーパーソンは…原作通りならこの事件の犯人ではありません。(ぇ)
あ、言っておきますが、母親・久美子の交際相手のあのおっさんとも違いますよ。
でも事件とは関係があります。
まぁ、ほとんどの皆さんがご想像している通りのあの人ですよ。(ぉ)
ただし直接の理由は、全くの別角度からのえらい変化球ものです。
今の時点でこれがわかる方は、すぐに公安1係に行って、狡噛さんを助けましょう。(こら)
その理由、ぜひ、びっくらこいてください。(ぉぃ)

>ふれいくさん
 原作はこういうシーンも殺人事件と、かなりブラックだそうですね。森谷さんの家も新興宗教ですし。
 そう言うところをアニメではうまくマイルドにして、それでいて原作のテイストを壊さないようかなり気を使っていますよね。
普通あれだけの通り魔なら石山刑事は「命に別状はないとはいえ」と言えませんよ。
「一つ間違えたら殺人事件だぜ」のセリフの方が適切と感じるほど。
そう言う言葉を使わずに怖さを演出しているのは見事だと思います。
この作品は「ファンタジーラブコメ」ですので、そんな方面の話は必要ありませんからね。
 これから先どうなっていくのか、そして最後は感動してくれる筈ですので、これから先を楽しく視て行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56869776

この記事へのトラックバック一覧です: 琴浦さん 第9話 感想:

» 琴浦さん 第9話 「まわりにはみんなが」 感想 [Garnet Clover~ガーネット・クローバー~]
空気読めよ(笑) きっと重い空気に耐えられなかったんですね、分かります(ノ∀`) 犯人は琴浦さんがそういう能力持ってるなんて思ってないから大丈夫だろと言いますが・・・・・ 部長の様子が。 取り...... [続きを読む]

» アニメ感想 『琴浦さん』第9話「まわりにはみんなが」 [たらさいと]
先週は“放送時間変更にレコーダーが対応できなくて録画失敗”というアクシデントもありましたが、今週は大丈夫でした(^^;) (ちなみに先週分はニコニコチャンネルでチェックしましたv) 「琴浦さん 激闘編」スタート(?)の第9話。 ここからは内容に触れますので、ネタバレ注意で…... [続きを読む]

» (アニメ感想) 琴浦さん 第9話 「まわりにはみんなが」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る 風邪をひいてしまった春香。真鍋は煩悩と戦いながら看病するが、エロスな妄想をしていたことがバレて...... [続きを読む]

» 琴浦さん 第9話 『まわりにはみんなが』 真鍋自重し...いやこれはファインプレイだ! [こいさんの放送中アニメの感想]
母の愛がまだ残ってる!祖父と食事へ行った先で母親とバッタリ。二度と顔を見せるなと言った筈じゃぞ!どうやら祖父は母を勘当したみたいで、表面上は真鍋と大差ないこの祖父中身は結構まとも。 琴浦さんに悪態つきまくりの母でしたが、真鍋のエロス攻撃に思わず反応してしまった。これは真鍋グッジョブ!むろん視聴者にじゃなくて母に対してという意味です。彼女の奥底に眠る母性を引っ張りだした功績は大きい。 いきなり刑事ドラマ始まって何事かと思った。琴浦さんがぶっ倒れて「続く」となった前回。そし... [続きを読む]

» 琴浦さん TokyoMX(3/11)#09 [ぬる~くまったりと]
第9話 まわりにはみんなが これで3人目だ、女子高生ばかりと石山刑事。一緒に捜査する月野亜紀刑事。 病院から戻った春香、肉体的には異常無し。この町で通り魔事件が発生していたことを知る。最後の被害者は同じ高校の女子。顔は見られていない、見られても超能力は信じない。警察に届けても超能力は信じてもらえない。俺たちには何も出来ない。 今まで悪意のある人の声も聞こえたが、今度の犯人は 怖さを感じると春香。真鍋君、怖い、一人は嫌だよ。部屋で無心に努める真鍋。真鍋君のこと信じてるから。泊まれると考える真鍋に、まだ... [続きを読む]

« AMNESIA 第9話迄 感想 | トップページ | PSYCHO-PASS 第20話迄 感想 »