フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 琴浦さん 第9話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第9話迄 感想 »

2013年3月 9日 (土)

PSYCHO-PASS 第20話迄 感想

システムを逸脱した者には、システムの運用を任せればいい!!

この世界を裁いていたのは・・・かつての罪人達だった。

じゃあ・・・シビュラって・・・悪人の脳をかき集めた怪物が、この世界を仕切っていたって言うの??

我々シビュラの意志そのものがシステムであり、倫理を超越した不変的価値基準なのです。

ふざけないでよ!なにさまのつもりよ!!!

いよいよPSYCHO-PASSクライマックス!


PSYCHO-PASS クライマックスインプレッション 20話迄

ファーストインプレッション 5話迄  2ndインプレッション 8話迄   
3rdインプレッション 11話迄     4thインプレッション 13話迄  
5thインプレッション 16話迄      6thインプレッション 17話  

↓公式HP
Bg_story



●あらすじ
  (ネタバレ注意)

 槙島聖護の身の安全を最優先。そして狡噛真也をこの捜査から外せ。

それが禾生壌宗局長宜野座伸元監視官への指示だった。

狡噛だけでなく、今回ばかりは納得いかない宜野座は、内密に狡噛を2係へ一時的に移動させようとするが、それも禾生局長にばれてしまう。

 宜野座は狡噛をドミネーターで止めようとするが、
禾生局長はそれを麻酔レベルのパラライザーモードから殺傷能力のあるエリミネイザーモードへ切り替える。

 焦る宜野座に対し、いち早くパラライザーモードで狡噛を打ったのは常森朱監視官だった。

 打たれたショック状態から気がついた狡噛は、例の色相をコピーの出来るヘルメットを持ち出し、
刑事課1係をひとり出る。法律で裁けない槙島を実弾で撃つために。朱に手紙を残して・・・

すまない。俺は約束を守れなかった。法律で人は守れない。なら、法の外に出るしかない。
ホンの一時だったがあんたの元で働けて幸いだった・・・礼を言う。

・・・バカ・・・・

 狡噛はとっつぁんこと征陸智己のバイクを借り、ひとり槙島を追うために、まずは雑賀譲二教授の所に向かい、
シビュラシステムを5日間で完全崩壊させる方法を調べる。

そこで見つける、次の槙島の狙い・・・
遺伝子組み換えによるハイパーオーツ・・・食料の自給体制の破壊だろうと狡噛はあたりをつける。

 一方狡噛に裏切られた宜野座・朱も槙島逮捕にと動き出す。

だが、宜野座の方は最悪狡噛同様潜在犯認定にまで行くところまで色相が濁り、
朱の方はこれだけの事があっても色相は濁らなかった。

PSYCHO-PASSってなんなんですか?ココロって・・・なんなんですか?

 宜野座は正論を言う征陸を振り切り狡噛逮捕・槙島逮捕に執念を燃やす。

そんな宜野座はもう手駒として使えないと思った禾生局長は・・・なんと朱を手駒にしようと考える。

 突如の所にやってきたロボットからドミネーターが出て、それがしゃべる。

常森朱監視官、今から・・・あなたに全ての真実を告げましょう。

朱がドミネーターの指示の元向かった場所は・・・シビュラシステムの心臓部だった。

・・・そう、縢秀星が殺されたあの脳の集積場所。

シビュラの脳はかつての罪人達の脳の集合体だった。
そして、より完璧なシステムにするため、シビュラ判定に引っかからない槙島聖護の脳が欲しいと。

 ドミネーター(シビュラ)は朱に全てを話し、朱に協力を依頼、味方にしようとする。

再確認しましょう。常森朱。あなたはシビュラシステムの無い世界を望みますか?

朱は狡噛の処刑命令を取り下げることをシビュラシステムの考えに加担する条件として、話をのむ。

 一方槙島は、狡噛があたりをつけたとおり、ウカノミタマ防御ウイルスの第一人者で今は引退している管巻宣昭に目をつけ殺害。

ウカノミタマウイルスを防御ではなく麦そのものを殺す攻撃ウイルスにしようと企てる。

 一歩違いでその場に間に合わなかった狡噛

公安もその殺人に気づき、現場に向かうと狡噛の指紋がそこから検出された。

朱は殺人の手口から犯人は槙島と推測。

そして、現場がそのままになっていたのは狡噛からのメッセージがどこかにあると判断。

朱は見事それを被害者の喉の中から見つける。

 そこで知る、槙島聖護の企み。単独バイオテロによる穀倉地帯の壊滅。

場所は・・・出雲大学 管巻研究所。

槙島聖護狡噛真也、そして常森朱を初めとする公安一課が・・・そこに集まる。

急ぎましょう!今ならまだきっと間に合います!!

さて・・・始めようか!!




●感想

 いやぁもう・・・ぞっくぞくしますね!!

まさにクライマックスです!!

 この国、鎖国のような状態だったのですね~。

なら、この国だけが法治国家でまともというのもわかります。

そして、シビュラがない他の国は・・・一体どれだけ治安が悪いのでしょうかね。

食料を輸入して難民受け入れただけで槙島聖護の思い通りこの国がおかしくなると言うのですから・・・

 そんな中、確立されたこの国のルールではなく、自分の意志で動く3人。

槙島聖護
狡噛真也、そして常森朱

ですが考え方は・・・ゴールは3人とも違います。シビュラに問題が有ることを全員わかっていて。

 シビュラの正体を知り、それに引っかからない事を良いことにバイオテロという方法で、
シビュラ壊滅並びに人間の本性をもう一度だそうとしている槙島聖護

 シビュラの正体を知らない中、シビュラに疑問を持ちながらもシビュラに頼らない、
いや、シビュラでは無理とわかり、自分の意志で槙島聖護を倒そうとする狡噛真也

 シビュラの正体を知らされたにも関わらず、シビュラの世界を肯定せざるを得ない。
だが考え方や行動は狡噛色が出てきている常森朱

それにしてもシビュラが朱を駒にしようとするとは思いもよりませんでした。

目の上のたんこぶじゃないのかなって思っていましたので。

逆でしたか~。しかも最初は交代した禾生局長まで理解出来なかったぐらいでしたからね。

あの朱を手駒に・・・という作戦はあいつらの中でも突飛だったのでしょうね。

 そして・・・あれれ?宜野座さん・・・・いつの間にか朱の方が主導権を・・・・・

色相が濁って狡噛と同じような運命をたどりそうな状態で決死の指揮だったのにね。

でもこれで彼もすくわれるのかもしれませんね。

 と言うことでOPのあのシーンがまもなくやってくるのだと思うのですが、ラストは・・・虚淵さんですからね~。

はっきり言って読めません。槙島聖護は、そしてシビュラシステムはどうなるのか・・・

 最高のクライマックスを迎えたPSYCHO-PASS。残り2話、楽しみで仕方有りません。

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります


 


そこあに

« 琴浦さん 第9話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第9話迄 感想 »

2012 秋アニメ」カテゴリの記事

コメント

難民を受け入れると治安が乱れるのはアメリカが実証済みですね。
メキシコからの流入を今は厳しく規制しています。

現状の治安と秩序を維持したい、しかし決定には納得できない。
朱の心の葛藤を描くのは難しかったでしょうね。
狡噛が操作を外されて単独行動で、どうなるの?アクションにでもなるの?
 と思ったら朱を成長させて捜査の主役に据えるためだったのですね。
シビュラの真実を知っても受け入れて業務を続けられる強い朱。
やはり女性は強いと感じました。

心を魂を科学的に解明したシステムなので特異点を取り込めば、より漏れなく
 人間を判断できる。
面白い発想ですね、でも結果として犯罪者が多くなるのは皮肉ですね。

本来なら槇島が捕まって狡噛が生き延びるエンドでしょうが、
 そうじゃ無い事もあり得ると緊張感が有ります。

>ぬる〜くまったりとさん
どうやって朱と狡噛を対峙させるかと思ったら朱を成長させてある意味師弟対決みたいな形に持っていきましたね。
1番熱い展開だとおもいます。
しかも朱の動機が狡噛を思っての、強いとはいえ女性らしいところも兼ね備えていたところが良いなあと思いました。
虚淵さんですからラストが読めません。まさかの全滅も無いとは言い切れないので。
ドキドキしながらクライマックスを楽しみたいです。

槙島に続いて狡噛までダークヒーロー化。
「シビュラで裁けね相手は俺がやる、やらねばならぬ」
槙島が「人造人間ハカイダー」なら、狡噛は完全に「必殺仕事人」です。
ただし「必殺仕事人」のように依頼人はいません。
しいて言えば「自らの信念」が依頼人か?
そして“シビュラの番人”となるか、朱。
現状の立ち位置はこれだが、なんかこれは以前こちらで書いたこのようなコメントを書いた気がする。
そう、1クール目のOPを見て、そう思った気がしたのだ。
現在のOPは、2人の間に槙島がいて、狡噛はリボルバーを持っている。
ただ、どうも朱は何か腹に含んでいるところがあるように感じます。
狡噛の特別処置だけじゃなく、何かを求めそうな感じを受けます。
それが何かは現時点ではなんとも判断がつきませんが…。
しかし「食料自給率」が社会安定の鍵になるとは、アプローチは真逆なれど「まおゆう 魔王勇者」と同じ目のつけどころに驚きました。
「まおゆう」は食料自給率が上がれば人々の生活は安定し、戦争回避の第一歩に繋がるとして、魔王さんが、四圃制だ、じゃがいもだ、とうもろこしだ、風車だ、温室(水晶農園)だと、オーバーテクノロジーをガッツンガッツンぶち込んでいってるわけです。
片やこちら「PSYCHO-PASS」では、食料自給率を下げて人々の生活を不安定にし、社会不安を引き起こす為に、バイオテロを槙島はやろうとしている。
アプローチは真逆なんですが、どちらの作品も食料自給率の重要性を、作品のメインテーマではありませんが出してきたところは面白いですね。
片や中世をモデルにしたファンタジー世界。
片や未来のディストピア(暗黒郷)が舞台。
なかなか興味深いと同時に、現代の日本の食料自給率の低さに改めてゾワゾワしたものを感じます。

>ふれいくさん
狡噛は仕事人といいますか、正義の味方ですね。
機動警察パトレイバーで言うキレすぎた“カミソリ後藤”なのでしょう。
ですが、仲間を巻き込まず一人でそのポジションに行った事を考えますとやっぱり必殺仕事人なのかもしれませんね。 
 奇しくもパトレイバーみたいな作品を作りたいと、夢のアニメ監督になった本広克行総監督。
 また、システムが完成すると、全部オートメーション化何故か無人になる。そしてガードが甘くなる。といいますか何故かシステムでガードしてしまう。この辺はビビオペの示現エンジンと似ています。
背景はまおゆうと同じ・・・というかこの手の作品は似るのでしょうね。このパターンで。新世界より・ROBOTICS;NOTES・ビビオペ・・・どこかで視た、似た設定が出てきます。もちろんそのパトレイバーにも似ているように思えます。
ですが、それがこの作品が王道と思える面白さを持っているのだろうなとも思いました。

 そして現実の日本は、TPP参加で食糧自給率を更に下げるのかも・・・と言う状態になっている。
「食料自給率下げるのはまずいんだよ~って俺は思うよ」という虚淵さんのメッセージなのかもしれませんね。

“無人化”は現時点では究極のコストダウンですからね。
ただ、工業製品と農産物は違います。
農産物は“生きて”いますからね。
TPPの問題は、食料自給率の問題だけじゃなく、いろいろな問題が復相的に絡まっているので、一概に述べるのは難しいです。
「無人の要塞に突っ込む感」は劇場版「機動警察パトレイバー」の“方舟”突入を思わせる部分はあるかもしれませんね。
しかし、あの時の特車2課は「勝ちが無いのに負けられない戦い」に挑まざるをえなかった。
今回の公安1係は、まだ「勝ちの可能性のある戦い」に挑む分、「どう勝ちに結び付けるか」を見る楽しみがあります。
槙島のケリのつけ方、狡噛のケリのつけ方はなんとなく見えている気がします。
しかし朱のケリのつけ方が見えない。
ここが注目ですね、個人的には。

>ふれいくさん
 申し訳ございません。
言っておいて何なのですが、TPP問題はおそらく「こうだ」という一つの意見(民意)になるのは不可能だと思いますので、スルー願います。
ふと思って書いちゃったと言うことでお許しください。それほど大きな問題だと思います。
 そう言えば狡噛も言っていましたね。「刑事は事件が起きた時点で負けだ」と。
朱だけが読めないんですよね。だからこそこの作品のラストは読めないのですが。
楽しみですよね~~。後2話。

第19話はよっぽど塩谷監督が納得いかなかったらしく、放送はしたものの、円盤に向けて全カットをリテイクするとの事です。
つまり作画は全部やり直し。
塩谷監督自らTwitterで「19話は全部作り直します。ごめんなさい」と呟いていて、ちょっとビックリしました。
確かに第19話はおかしく感じるところは何ヵ所かありましたが、全部やり直しとはビックリでした。

>ふれいくさん
 19話作画崩壊していたのですか。
私は昔から作画崩壊には全くと言って良い程気にしない性格ですので、気にもならなかったですf^_^;。
(さすがに今週のちはやふるはおかしいなって気づきましたが。ですが気にはしていません。)
 気にしていたら、「新世界より」は見られませんし、絶賛も出来ません(苦笑)。
 
 最近はBD・DVDで崩壊した作画を直すという作業が通例になっているので、ある意味二度手間・・・円盤修正作業は余分な作業に・・・負担になっているような気もします。
それだけテレビ放映のスケジュールが大変なのでしょうね。
・・・まあ、円盤の売れ行きが全てですので、直さないといけないのでしょうね。
監督さんは大変です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/56869649

この記事へのトラックバック一覧です: PSYCHO-PASS 第20話迄 感想:

» PSYCHO-PASS フジ(3/06)#20 [ぬる~くまったりと]
第20話 正義の在り処 公式サイトからドミネーターに導かれ、シビュラシステムの真実を知った朱。一方狡噛は、自らの計画を着々と遂行する槙島との距離を、確実に詰め始めていた。シビュラと狡噛、両者の間で揺れ動く朱がとる行動とは。 ノナ・タワーの地下に案内される朱。シビュラ・システムの実態を知る。ここでカガリ君は殺害されたの?機能でなく運用で完璧さを求める。あなたなんか槇島を裁けないクセに。そのとおりです、だからシステムを逸脱した者を取り込めば良い。悪人の脳を掻き集めて作られたのがシビュラ・システムなの?善... [続きを読む]

« 琴浦さん 第9話 感想 | トップページ | ちはやふる2 第9話迄 感想 »