フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第2話迄 感想 | トップページ | はたらく魔王さま! 第3話 感想 »

2013年4月19日 (金)

翠星のガルガンティア 第2話迄 感想 & 電王戦

エイミーと名乗っている。貴艦がどこから来たのか訪ねている。

宇宙(そら)?

じゃあ・・・あれよい強い?

超強い!

20130418_214039bmp


あんた達強いんでしょ?助けて!力を貸して!

だがエイミーのお願いを受けたレドの攻撃はあまりにも・・・

やばい・・・虚淵作品なのでこの先がとっても怖いのですが・・・

めちゃくちゃ面白いです。



翠星のガルガンティア ファーストインプレッション 2話迄 

※中京テレビにて視聴

2ndインプレッション 3話  
3rdインプレッション 5話迄  
4thインプレッション 7話迄
  

 

↓公式HP
20130418_195206bmp



●あらすじ
 (ネタバレ注意)

アヴァロン、地球人類が凍ってしまった地球から脱出、そして宇宙に作り上げた英知の場所。

 そこで人類銀河同盟は種の存続を賭けて、異形の宇宙生命体群ヒディアーズと終わることのない戦いを続けていた。

20130418_195635bmp

 そんな中パイロットでこの作品の主人公であるレド(cv石川界人)は、その中でも優秀な兵士だった。
 だが奇襲作戦が失敗。さらにレドは退避の途中でヒディアーズに襲われ、退避失敗に終わる・・・

20130418_195639bmp

 場所は変わって半年後の地球。

レドとレドの乗る機体チェンイバー(人工知能cv杉田智和)は、どうやら地球の海に落下。

ベローズ(cv伊藤静)に引き上げられていた。

しかもピニオン(cv小西克幸)曰く、バラすどころか傷さえつけられなかった。

 冬眠状態だったレドは、チェインバーをばらそうとしているという、事が事だけに起こされるが、
あまりに文明の差が大きく、そして状況がわからないため人がいなくなってからレドはチェンバーを降り、調査に入る。

 ところがそこにメインヒロインであるエイミー(cv金元寿子)とピニオンがやって来てしまったため、
レドはエイミーを人質にして、何とか状況を把握すべく、チェインバーに言語と現状を解析させる。

20130418_195653bmp

 そしてレドはここが人類発症の星地球だという事を知る。

敵意がないことを示しレドは、船団代表補佐のリジット(cv大原さやか)と対話を試みるが、話は進展しなかった。

 リジットはエイミー・ピニオン・ベローズから情報を集め、ユンボロ(ユンボロイド。ここではチェインバー)を解体しようと考えるが、
船団長のフェアロック(cv手塚秀彰)の指示で慎重に対処することになる。

 一方のレドも、チェインバーは征圧するべきと提言するも、地球が凍り漬けの星から復活していたこと、
友軍と連絡を取る手段が見つからないことから、こちらも慎重になっていた。

20130418_214101bmp

 その中で何とか対話を試みようと、船団長は特使の志願者を募り、エイミーが立候補した。

 魚の開きを一緒に食べ、そして少しずつ、お互いの状況が理解出来、そして距離は縮まっていった。

一度凍った地球は、その後解けた氷により大陸は無くなっていた。水の星になっていたのだ。

人々は船団という船の集合体で生活していた。レドが接触したのはガルガンティア船団だった。

 少しずつ距離が縮まったとはいえ、エイミーの言う事をなかなかガルガンティア船団のメンバーは聞き入れてくれなかった。

だがレドの方は現在位置を把握できない上に救助信号を友軍が拾ってくれない限り動けないため、
友好的関係を築こうという方に考えが傾いていく。

 そんな膠着状態を脱したのは・・・海賊の襲撃だった。

 苦戦するガルガンティア船団にエイミーは勝手にレドへ助けて欲しいと願ったところ、
レドはチェインバーで相手を・・・形無きまでに殲滅した。

敵の船も人も・・・・全部・・・・

20130418_214111bmp




●感想

 面白い~~~!!

最初は良くある宇宙ロボットものかと思いきや、宇宙人漂流物語だったとは。

・・・まあレドの先祖は地球人ですから宇宙人というのもおかしいですが・・・輪廻のラグランジェで言うランちゃん達ですな。

 その異なった文化の交流が良くできていて、一気に引き込まれました。

最近流行の言葉がわからないのも面白かったですね。

エイミー達も意味不明な言葉を喋っていましたから、エイミー達も当然日本語では喋っていないわけです。

なのでこの作品は2話迄に、われわれ視聴者用に日本語と、人類銀河同盟が使っている言語と、
ガルガンティア船団の人達が使っている言語の3つが入り乱れているのです。

チェインバーがいないと全然わからないですね(笑)。

 さて、始まったばかりですのでこの先どんなお話になるのかわかりませんが、
しばらくは地球での生活中心のお話になるのでしょう。

 相手を殺すことが評価の対象の根っからの軍人・・・生殖行為さえ面倒くさいと言ったレド。

当然海賊皆殺しはレドにしてみれば「良くやった」と賞賛の対象になる行為。

でもこの地球では・・・。

 異なる文明が少しずつ交わっていく様、そしてこんな地球でのお話が平和に思えてしまう、
宇宙での未知生物ヒディアーズとの戦い。

それがどこで絡んでくるのか・・・

 この先がとっても怖いですが、レイニー達をみていると、そんなことにはならなさそうな、
感動巨編になりそうな気がする翠星のガルガンティア。

楽しく視て行きたいと思います。

 それにしても、チェインバーをみて、戦国コレクション第21話武田信玄回のフサード29を思い出して、
2話終わってもフサードとダブって見える自分って・・・・f^_^;。

でもやってること全く同じですよね。さすが人工知能!!

20130418_212129bmp



●人工知能&電王戦

 私の好きなものの一つに将棋があります。最近はコンピューター将棋が発達。

 今5番勝負を行っている、現役プロ棋士とコンピューターが対戦する電王戦では、
ついにプロ棋士に勝てるところまで来ました。

Main

 この電王戦・・・史上初のコンピューターが現役のプロ棋士に勝ったと言うことで、
一般の新聞記事ではそのことばかりをピックアップしていますが、
重要な事はコンピューター将棋に使われている人工知能機能がここまで来たと言うことです。

 今のコンピューター将棋は過去のデーターから最良の手を指しているのではなく、
過去のデーターから推測して最良の手を考えて指しているのです。

 つまり、過去誰かが指した手だけではく、プロ棋士もびっくりの新手も出てくるというわけなのです。

第3局でコンピューター将棋ツツカナが打った5五香はまさにそんな手。すばらしい一手でした。

 また、将棋以外にも、最近のスマートフォンアプリでは言葉を認識して物事を動作させたり、翻訳したりしています。

Siriや、はなして翻訳iTamaHomeなどが一例ですね。

コンピューターというのはそこまで進化してきています。

 なので今回、レドが乗っているチェインバーをみて、
近い将来こういう事が当たり前になっていく可能性が非常に高いと感じました。

 前回のPSYCHO-PASSもそうでしたがコンピューター畑から来た虚淵玄脚本だけ有り、
こういったところが妙にリアリティがあり、そして納得させてしまうところがすごいですね。

電王戦、人間の1勝2敗1分けでの5番戦最終勝負。相手は東大が開発したGPS将棋。

いよいよ明日10時、試合開始です。

人間1人vs788台のコンピューターの大規模クラスタで並列処理をして計算、最善手を導き出すAi

勝った負けたよりも、すばらしい試合を期待したいです。

それはきっと、今までの将棋界に革命をもたらすと共に、コンピューターの人工知能技術の進化の手助けにもなる、
私はお互いにWin-Winの関係になれる、画期的な事柄だと思います。

 プロ棋士という威厳よりも将棋界の未来を、発展を願い、コンピューター将棋と対戦した日本将棋連盟に拍手!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります

   


そこあに

« 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第2話迄 感想 | トップページ | はたらく魔王さま! 第3話 感想 »

2013 春アニメ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

僕もこのアニメに知らず知らずのうちに引き込まれてしまいました~(^O^)。この作品も金元寿子ちゃんですね~(^O^)。
ファンとしては最近数多く出ているから嬉しい限りです!
(僕はイカ娘の頃からのファンですが…(^_^;)。
さて、このアニメも「宇宙語?」が出てきますね~。最近の流行りかな?
この作品はロボットが同時通訳してくれるから、字幕スーパーよりも作品に入りやすいです!
楽しみな作品です!
オープニングの茅原ちゃんの曲もアニメのテーマ曲にぴったり!エンディングのChouChouちゃんの曲もいいですね~(^O^)

チェインバーが大人気ですね。
一番喋ってますからね。
レドの使う文字はルールが決まっていて解析できるそうですね。

まだキャラ立ちしていないエイミーがこれからは頑張ってくれるのでしょう。
レドとエイミーのターンですね。

ハードは進歩していますね、ソフトはどうなのでしょう?

>ぽん太さん
 金元寿子さん、いいですよね!
わたしもひーちゃんがメインでいますので、この作品は良い作品になるのかなって思わせてくれる声優さんです。
 最近違う言葉をそのまま流すのが流行に私も思えますね。それほど目につきますものね。
手っ取り早く異世界の人達ということを表現するには一番良い方法なのかもしれませんね。
最近は適当に作ると後からうるさいので(解析する人とか見えるので)、ちゃんと言葉を先に完成させないといけないのが大変でしょうが・・・f^_^;。
 本当、先が楽しみな作品です。

>ぬる~くまったりとさん
 チェインバー、優秀ですからやはり私も好きな人気者ですね~。
レド達の言語はBDでも翻訳バージョンが出るとかなかなかうまいやり方していますよね。
あのちょっとしか喋らなかったエイミー達の言葉を解析する人が出てきたら凄いですが・・・笑
 人工知能はおっしゃるとおりハードの進化が著しいですが、ソフトもようやく人間の言葉を理解して会話が出来るまでになってきました。
ですが、まだまだですよね。そう言う意味でも、人間が考えるのに最適なこういった将棋のような思考ゲームがAiの進化を更に進めるそうです。
だいたい、コンピューター将棋トップのGPSが東京大学、2位のPUREELAαが富士通の研究所ですからね。もはや一般のゲームメーカーではないですよ。
いつかAiで話が出来る介護ロボットとか普通になる時代が来るような気がします。

いやーおもしろいですねー
世界観が良い感じです。
エイミー達の居る地球の科学力は私達の住む地球より発達している部分が多いけど銃器などはあまり発達してないようだし氷河が溶けたあとどうやって進化したのか凄く気になります。


>としおさん
 この世界観良いですよね。
ともするとジブリやナディアを視ているような感覚にも陥ります。
過去かと思いきや未来のお話。我々の文明が一度氷河期で凍ってしまい、そこから復活した世界ですから、
海の底にはお宝もたくさんあるでしょうし、それ以前に今地球にいる人達はなんで氷河期大丈夫だったのかも気になります。
 時間差で先に戻って来ただけで彼らも移民組というのもあり得ますしね。おとぎ話でそう言うのがあるぐらいですから。
 そう言う事もひっくるめて、これから凄く楽しみな作品です!!

第1話でがっつり引き込まれました。(ぉ)
ただ、かめラスカルさん同様、Aパートの段階ではそこまでではなかったんですよ。
しかしBパートで見入っちゃいました。
「これは面白い!」
「はたらく魔王さま!」のところでもコメントしましたが、これほど異言語設定をものの見事に使った演出はないんじゃないかと思います。
そしてラストのレドの見た、海からガルガンディアへのワンカットでの回り込みで見せた演出。
第1話を見終わって思ったのは、「これは化けるかもしれない…」というワクワク感でした。
「モーレツ宇宙海賊」や「ガールズ&パンツァー」を見た時とほぼ同じ感覚です。
そして第2話を見終わっても、その感覚に今のところ変わりはありません。
レドとガルガンディアの人々が受け入れ合うのを丁寧に時間をかけて描いている事に、好感を持っています。
1クール全13話しかないので、話数の少ない中、そこからどうストーリーを展開させるのか?
楽しみで仕方ありません。
第2話の海賊殲滅もある意味、虚淵色が出ていると思うのですが、かなり村田監督が中和させているように感じます。
第2話でのエイミーのグライダーでの飛翔シーンやそこからの風景の見せ方、海賊の小型艇+飛行艇での攻撃シーンはジブリを思わせます。
そしてなんと言ってもチェインバー。
私は明らかに「蒼き流星SPTレイズナー」のレイズナーがダブりました。
人口知能なんて、まさに覚醒後のレイズナーです。
そしてエイミーのかわいらしき騎士、グレイス。(モモンガって設定らしいですよ)
これらは村田監督の経歴を知ったら、納得しました。
村田監督はスタジオ・ジブリ出身。
その後、オー・エル・エムの設立に加わり、劇場版「ポケットモンスター」の演出協力を担当。
そこを辞めた後はサンライズを中心に活動し、「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズの副監督をした後、「鋼の錬金術師」の劇場版「嘆きの丘の聖なる星」で監督をしています。
そして、この「翠星のガルガンティア」がTVシリーズ初監督作品になります。
村田監督のこれまでがほぼ全て活かされている演出だと感じました。
「ウォーターワールドとなった地球」、「大海原に浮かぶ船団都市」というイメージは村田監督がやりたかったものだそうです。
虚淵はその前から、異世界を舞台にしたロボットもので「新たな社会に出て戸惑っている若者達に元気を与えるような作品を」とProduction I.G.と考えていたそうで、そこに村田監督のアイデアが加わって今の形になったそうです。(公式サイトより)
それを見事に彩る、予習でもコメントした岩代太郎のBGM。
戦闘シーンやレドがガルガンディアに驚くシーンはまさに「レッドクリフ」を思わせます。
それでいてエイミーの疾走シーンやレドの逃走シーンのBGMはリズミカルな軽やかさが印象的。
今後もBGMはやはり期待できそうです。
今のところ、「ヤマト」は別格として、私の今期一推しに浮上です。

>ふれいくさん
この作品1クールですか・・・もったいないですね~。
なんか2クールで視たくなりますね。
それほど序盤が丁寧に描かれています。
 おっしゃるとおりレドとガルガンティアの人々が徐々に近づいていくのがわかるのですよね。
チェインバーは確かにSPTレイズナーもかぶりますね。
 ここからさらにどういう展開を見せてくれるか、本当に楽しみです!!!

すごく面白いですよね~
先ほど第2話を観終わったばかりなのですが、第1話のインパクトに負けないくらい引き込まれました(^^)

虚淵さんなので油断はできない…と思っていたところへの今回の“殲滅”;;
でも、OPとEDの明るい雰囲気を信じたいです(^^;)

チェインバーの四角四面な応答は確かにフサードを彷彿とさせますよね(^^)
でも『ガルガンティア』の場合、レドも機械みたいに堅苦しくて人間味が薄いですからね…(^^;)
これはエイミーに信玄の役回りを期待しなくては!(ぉ)

>taraさん
2話がよかったですね。1話で引き込まれ、2話がそれを見事に受け止めましたよね。
虚淵さんですから油断は出来ませんが、今回殲滅された人たちがPSYCHO-PASSと違い蒸発しましたから、あ、そんなにえげつない惨殺シーンは少ないのかなって思いました。
・・・油断は出来ませんがf^_^;。
 チェインバー、フサードと思いましたが、taraさんも思ってくださいましたか。
おっしゃるとおり言い方がそっくりですよね。Aiらしいです。
 エイミーが信玄みたいになり、チェインバー・レドともに人間らしい心がともれば・・・良いですね。

「ねんどろいど」の製作・販売で有名なグッドスマイルカンパニーが、初めてアニメの製作委員会に表だって参加してきました。
女の子キャラのSDの3Dモデルが売りのメーカーなんで、人気の鳴子ハナハルがデザインした女の子キャラが多い事から参加したのかと思いきや、最初のターゲットはチェインバー君のようです。(笑)
Production I.G.も既にSDチェインバーの着ぐるみを作り、販促・宣伝に活躍中。
公式ブログの「チェインバー日記」が好評なようです。
公式サイトにある大好評ショートムービー「ぷちっとがるがんでぃあ」(毎週新作追加、面白過ぎます)でもオチ担当で笑わせてくれるチェインバー。
実はどうやら一番の売りはエイミーではなく、チェインバーだったようです。(笑)

>ふれいくさん
「ぷちっとがるがんてぃあ」面白いですね~
グッスマですからねんどロイドにするにはSDキャラの方が良いですから。
ねんどロイドで儲かればフィギュアに持って行くでしょうし、
もしかしたらGWのマチアソビVol.10あたりで何かやってくるかもしれませんね。
http://www.machiasobi.com/

こちらの記事&コメントを見ないようにして、自分のコメント考えたんだけど…

頭でっかちのロボットにコンピュータ、私のイメージもレイズナーでした。(R-3のプラモも買った!)

出だしは、"トップをねらえ!"の状況かと思ったら雰囲気一気に変わっちゃうし…
サルベージしてたり、文明の消滅なんか"未来少年コナン"だし…
いろんな作品が、浮かびまくりです。(苦笑)

面白いのは間違いないけど、あの人でしょ。鬱展開になりそうで怖いよ。(苦笑)

過去にあったロボットのなかで、一番生存率が高そうです。
(攻撃力は、イデオンかダルタニアスでしょうか?)

さすがに杉田くん、アドリブ無理でしょ!(笑)
やっと視聴できました。やりたい事多すぎ!

>もっちゃんさん
あの人ですとやはりびびって視聴しますよね。私も同じです。
ですが、おっしゃるとおり生存率は高そうですね。
敵が全部モブレベルで、この世界では海賊、宇宙では謎の生物ですものね。
 たしかのレイズナーをふとイメージしますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/57199343

この記事へのトラックバック一覧です: 翠星のガルガンティア 第2話迄 感想 & 電王戦:

» 翠星のガルガンティア 第2話「始まりの惑星」 [ボヘミアンな京都住まい]
今話でOPとEDが揃い踏みしましたが、どちらも雰囲気が好いですね。このイメージの通りにストーリーが展開されると虚淵さんが苦手な私でも楽しめそうです。 本編の方ですが、レドが愛機チェインバーと相談しながら下していった判断は冷静で理にかなったように見えました。軍人として生み出されてきた賜物でしょうか。面白いのはレド達の世界観では地球は氷結下の死の惑星になってそのままだったはずで、現・地球人に残された神話では一度地球が氷結した際に星に逃れた人たちがいたのと後に温暖化した地球は陸地のない海の惑星になったとい... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア TokyoMX(4/13)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 始まりの惑星 地球、ここが?チェインバーの出現でユンボロを出動させて対応する。当船団代表補佐のリジットである、何者だ?対ヒディアーズ殲滅兵器チェインバー操縦者レド少尉。先制攻撃を提案しますと話すチェインバー。敵対行為が無い事を説明しろ。武器を捨てろ、中の物も降りろ。中の人は居ない、無人だ。 バイト終わりのエイミーにレドの事を訪ねるリジット。ピニオン、ベローズにユンボロイド、チェインバーの事も 尋ねるリジット。船長にも指示を仰ぐ、仲間が居ることも考える。お互いに決め手がなく膠着状態。 武力制圧... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア~第2話「始まりの惑... [ピンポイントplus]
 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。 バンダイビジュアル×虚淵玄脚本の注目アニメ、第2話 チェインバ... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア 第2話 『始まりの惑星』 どうやら地球は一度氷漬けになった模様...そしてやっぱり虚淵玄やらかした! [こいさんの放送中アニメの感想]
俺の知ってる地球と違う。死の星となった地球から脱出したのがレド達の先祖。その後別な惑星を見つけられずに流浪の生活。だから「惑星に住む」という考えが無くて1Gとか空気の有無に拘っていた訳ですね。 他方おそらく地球に残った連中の先祖がエイミー達の祖先。その後地球では氷が溶け、そのせいで地上が水没というウォーターワールド状態。人類は船に乗ってやはり旅から旅への生活。宇宙と地球の違いはあれど海を彷徨っているのは一緒。 同じ地球出身の人類なのに技術格差が出ているのは別々の道を歩んだからという... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア 第2話 始まりの惑星 [ゲーム漬け]
早速、一触即発の雰囲気ですが、翻訳可能な言葉で敵意はないとチェインバーに伝えさせるレド。 代表補佐のリジットと名乗る女性が現れ、武器を捨て、チェインバーの中の者も ... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア 第2話 [桃色のティータイム]
02 始まりの惑星 中に人などいない(笑) 圧倒的すぎる‥。 ここまで圧倒的な力を見せてしまうと、その力をガルガンティアの人々がどう受け止めるか、 仲間になるとして、ガルガンティアだけがそれを有する事を他の勢力がどう思うか、 その力を欲する人々がどういう行動に出るか‥ 色々問題が出て来そうですね。 でもまあとりあえず、エイミーやガルガンティアの人達とどう仲良くなるかですね。 言葉が通じない様子の描き方が面白いなぁ。 感想ブログリンク wendyの旅路 かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 ... [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア 第2話「始まりの惑星」感想! [くろくろDictionary]
翠星のガルガンティア 第2話「始まりの惑星」 ガルガンティアとレドの対話。 チェインバーのカタコト通訳つき…! [続きを読む]

» 翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」/第2話「始まりの惑星」 [MAGI☆の日記]
翠星のガルガンティアの第1話と第2話を見ました。 第1話 漂流者 遠い未来、遥か銀河の果て。 人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。 激しい戦いの最中、少年...... [続きを読む]

» 『翠星のガルガンティア』 第2話の評判 [最新アニメ・マンガ 情報局]
『翠星のガルガンティア』 第2話 「始まりの惑星」 を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2posted with カエレバ石川界人 バンダイビジュアル 2013-09-25 Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピン... [続きを読む]

« 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第2話迄 感想 | トップページ | はたらく魔王さま! 第3話 感想 »