フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« とある科学の超電磁砲S 第5話 怒り | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ 第7話 感想 »

2013年5月18日 (土)

ちはやふる2 第19話 感想

3勝するぞみんな!!

絶体絶命なのに、不言実行ではったりを言わない真島太一がそう言った!!

5歳からかるたやってんだよ!このなかの誰よりなげえんだよ!

名人にもクイーンにも何度だって挑戦できるけど、
俺たちが団体戦で戦えるのは、高校三年間しかない!!

クイーンになるより、みんなで日本一になる方が絶対難しい!!

果たして瑞沢高校は・・・

全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会、団体戦決勝戦決着!!



ちはやふる2 thインプレッション 19

※日テレオンデマンドにて視聴
日テレオンデマンド配信ページ(第1話・最新話無料配信) 

第1期
ファーストインプレッション 1話   2ndインプレッション 2話     3rdインプレッション 3話
4thインプレッション 5話迄      5thインプレッション 8話迄    6thインプレッション 11話迄
7thインプレッション 12話     8thインプレッション 15話迄    9thインプレッション 18話迄  
10thインプレッション 20話迄   11thインプレッション 21話    クライマックスインプレッション 24話迄
ラストインプレッション 25話       ※以上アメブロへリンク

第2期
ファーストインプレッション 1話 2ndインプレッション 2話  3rdインプレッション 3話 
4thインプレッション 4話  5thインプレッション 5話   6thインプレッション 6話  
7thインプレッション 7話  8thインプレッション 9話迄  9thインプレッション 10話  
10thインプレッション 12話迄     11thインプレッション 14話迄  
12thインプレッション 15話       13thインプレッション 17話迄  
14thインプレッション 18話      

原作公式HP
アニメ1期公式HP

アニメ2期公式HP 
20130112_91804bmp


●キャラクター

 ※女の子キャラには自分の名前にちなんだ得意札があります。あと筑波君も?

・綾瀬千早(cv瀬戸麻沙美):主人公でありヒロイン。競技かるたの世界に魅了された残念美人。A級。
  ※得意札:
ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

・真島太一(cv宮野真守):千早の幼なじみで千早のことが好き。頭が良く、きまじめで完全主義者の努力家。B級。

・大江奏(cv茅野愛衣)かなちゃん。呉服屋の一人娘で、和服好きの短歌オタク。瑞沢高校試合時袴着用を条件にかるた部に入部した。C級。
  ※得意札:
大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

・西田優征(cv奈良徹)肉まん君。千早達が小学生の時かるたで対戦した相手。新にどうしても勝てず万年2位でかるたをやめていたが、千早のプッシュで高校に入ってかるたに復活。A級。

・駒野勉(cv代永翼)机君。瑞沢高校学年2位の学力を持つ机が友達のガリ勉・・・だった。千早と太一の熱意に押されかるたを始める。瑞沢高校かるた部の頭脳。C級。

・花野菫(cv藩めぐみ)すみれちゃん。新一年生。恋をすることに命を燃やす女の子。高校入学と共にふられたが、今度は太一に一目惚れ。かるた部に入部する。
  ※得意札:
花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

・筑波秋博(cv入野自由):新一年生。北海道出身で下の句かるたが強かった。が、競技かるたは初体験。
  ※得意札:「つ」の札と「あ」の札・・・を目指す。

・宮内妙子先生(cv藤田淑子)女帝。もともとはテニス部の顧問だったが、かるた部顧問も兼任。千早達の一途な熱血とかるたの世界を知り、今は先生方では千早達の一番の理解者。

・綿谷新(cv細谷佳正):小学生の時千早と太一に競技かるたを教えた。それ以来の二人の目標である人物。永世名人の祖父が亡くなったことでかるたをやめていたが千早のおかげで復活。福井県。A級。

・若宮詩暢(cv中道美穂子)しのぶちゃん。千早と同じ年の高校生でかるたが女性で一番強いクイーン。何故か服や好きなキャラクターが千早と合う。新と名人周防が目標で、団体戦を好まず一人を好む。京都。
  ※得意札:
  忍ぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

逢坂恵夢(cv松さち)めぐむたん。昨年の西日本大会優勝の実力者。高校生女子ではクイーンのしのぶちゃんに一番近いところにいる。かわいい顔に似合わず天然で、しかも超毒舌。
  ※得意札:
めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影 
         名前が逢坂だけじゃなく、一字決まりも多い。

山城理音(cv高垣彩陽)やまちゃん。富士崎高校の選手。B級。専任読手山城今日子の孫で究極に感じの良い神の耳をもつ。美しい詠み手の時は異様な強さを持つ。

※相関図

20130119_85300bmp

 

●あらすじ (ネタバレ注意)

 第十九首:ゆくへもしらぬこひのみちかな
    由良の門を渡る舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋のみちかな            曾禰好忠      

 筑波君が負け、ついに0勝2敗。後1敗もできない絶体絶命に追い込まれる瑞沢高校。

常勝富士崎にこの状況、誰もが瑞沢苦しいと思ったその瞬間、

3勝・・・3勝するぞみんな!!

太一がそう叫ぶ。

ここに来てそう言う太一に、富士崎の選手達ははったりと意に介さない。

だが、瑞沢のみんなは不言実行で慎重でプライドが高い太一の言葉に驚き、そして気持ちは高ぶる。

 太一はエロムとの駆け引きでダブ(2枚)お手つきを誘い、ついに3枚・3枚。5枚有った差はついに無くなった。

5試合で9時間以上の戦い。しかも準決勝が東京1位の北央高校だったこともありやはり富士崎も疲れている。

 そんな中1番席、来夏っちゃんと和奏・・・じゃない、千早理音の戦いに決着がつく。

駆け引き無し、純粋な音と反応の勝負のなか、綾瀬千早がまず勝利!これで瑞沢は1勝-2敗。

 そのまま千早は眠りこけ、理音はうずくまり、ショックで頭が上がらなくなってしまう。

太一肉まん君は、その千早の想いを受け戦い、とうとう二組同時の運命戦にまで持ち込んだ。

しかも・・・2人はちゃんと札分け(札合わせ)が出来ていた。

由良の門を渡る舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋のみちかな

これが読まれれば、2枚とも自陣にある瑞沢の逆転勝利だった。

お手つきさえなければ1-4の負けか3-2の逆転勝ちか。勝率は5分5分にまでなった。

富士崎は瑞沢の札分けは偶然と思っていたが、瑞沢は東京大会決勝戦、これで苦汁を飲んでの準優勝だったから必然だった。

 だが、太一の運のなさは、今まで運命戦で自陣が読まれたことがない程だった。

千早、起きてくれよ。せめてみててくれよ。俺の・・・運命を!!

2人の気持ちを受け取ったのか、疲れ果ててZzzしていた千早が目を覚ました瞬間・・・

由良の門を渡る舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋のみちかな

が読まれ、見事瑞沢は逆転勝ち。富士崎の5連覇を阻み、初の団体戦全国優勝を達成した。

 試合後、外にいた綿谷新千早は言う。

私のチーム日本一だよ!クイーンになるより早く、日本一になれたよ!
みんなとだからだよ!チームに興味ないなんて言わないで!

そういう千早に、

うん・・・・うん・・・・

としか答えることが出来なかった新だった。


●感想  

 すごかった!!

もう途中で涙腺崩壊してしまい、そのままの状態でうるうるしながら視ていました。

事実上千早vs理音は前回で終わっていて、まずそれが決着。

今回はその千早の気持ちを受けた真島太一と肉まん君、男2人の決勝戦でした。

東京大会決勝での敗北がそのまま伏線になり、なんと2人は途中から運命戦に備えて札分け(札合わせ)の準備に入ります。

その演出がアニメーションならではでした。
あの東京大会決勝戦を視ていればだれだって「あ!札分けしている!」というのがわかりますものね。

 わからないのは・・・まさかの常勝富士崎達でした。しかも桜沢先生が。
これはもう勝ったと、2勝した時点でタカをくくってしまったのでしょうね。

周りの運営の皆さんまでそう思ったわけですから。

 そこからの逆転勝ち。しかも太一と肉まん君の2人が活躍しての・・・でしたから。

まさに団体戦ならではの勝利でした。

もう、それだけでもうるうるでしたのに・・・

最後千早は新に思いをぶつけます。

チームに興味ないなんて・・・言わないで!!

ですよねぇ~。チームになりたくての!って言って2人をかるたの世界に連れてきたのは新ですものね。

千早にとってあの日3人の団体戦で負けて、

ずっとずっとみんなでかるたをやっていたかったよぉ・・・

と号泣した時から、「チームちはやふる」は止まってしまっていたのですから。

瑞沢のチームを千早は最後まで「私のチーム」って言いました。

「私達の」ではなく「私の」。

普通ならなんじゃそりゃ!?ですが、
千早が言うと、そしてこのチームが出来た経緯を思い出すと紛れもなく「私のチーム」なんですよね。

「チームちはやふる」は実際、新のチームだったわけですから。
   

 それまでの盛り上がりもハンパ無かったです。

大一君がもう・・・盛り上げてくれましたから。

名人にもクイーンにも何度だって挑戦できるけど、
俺たちが団体戦で戦えるのは、高校三年間しかない!!

て。あの時も今回も、千早と一緒のチームだったのは新ではなく太一なんですよね。

千早と一緒に努力してきたのは。

新はうん・・・うん・・・としか言えません。

あの時から止まっていた3人の時間が、ぶっちゃけ動き出した瞬間なのかもしれませんね。

 ということで凄かった団体戦が終わりました。もう・・・大感動&激アツの17~19話でした。

もうこれを見られただけでちはやふる2は大満足です。

 それからかなちゃん

下の句がちゃんと詠まれるまでが試合!

 この言葉をかなちゃんが言うところに意味がありますね。

キョコタンがそれを聞いて微笑み、そして下の句を詠み上げて団体戦決勝戦は終わりました。
   

 次回からはいよいよ個人戦。ついにクイーン若宮詩暢が登場してきます。

でも千早の右手人差し指の怪我が気になります。

去年は熱でぶっ倒れて団体戦途中棄権。今年は・・・個人戦!?

果たして・・・ですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 ワンクリックいただけると励みになります





そこあに

« とある科学の超電磁砲S 第5話 怒り | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ 第7話 感想 »

2013 冬アニメ」カテゴリの記事

ちはやふる」カテゴリの記事

コメント

太一が弱気になったり、悩んだりしながらも全勝ですよね?
抜群の安定感ですよね。

富士崎の桜沢顧問が傲慢な人かと思ったら、理音を慰めて弱点も
 指摘できる良い指導者で感心しました。

某アニメで、家に帰るまでが遠足だ、を思い出させる奏ちゃんの下の句が終わるまで、
 発言。
嬉しくて涙を浮かべながらも礼節を重んじる発言、でも山城今日子七段の
 読みを少しでも長く聞いていたかった気持ちも含まれてますよね。

千早の怪我が気になるますね、個人戦はどうなるのだろうか。
詩暢ちゃんに一矢を報いる程度には頑張って欲しいのですが・・・すれ違いかな・・・

>ぬる~くまったりとさん
エロムが見誤ったとおり、太一強いんですよね!おっしゃるとおり全勝ですもの。
ただ運がなかっただけ。運も実力の内とは言いますが、太一はそれを言い訳にしないので余計にみんな応援したくなっちゃうんですよね。
宮内先生やかなちゃんたちが太一に向かって祈っている所なんかは余計そう思いました。

 家に帰るまでが遠足!→下の句詠まれるまでが試合!
良いですね~。確かにそこからパロっているのかもしれませんね。
 個人戦、翌日(明日)ですものね・・・突き指ではないのですから、千早の指はちょっとやばいですね。
団体戦優勝してしまいましたから、残る目標は個人戦優勝とクイーン。
高校生活はあと1年ありますから・・・とにかく千早の個人戦どうなるのかは次回以降ですね。

瑞沢の優勝感動的でした!
やっぱりチームの勝利ですよね。北央に負けた時の経験を活かして、しっかり札合わせしてたのが驚きでした。しかもごく自然にやってたのがすごいです!これぞチームワーク!

「チームに興味ないなんて言わないで」にはグッときました。
新がいたからこそ千早はかるたを知ることが出来て、チームでのかるたも知ったんですよね。
そこでちょうど昔のシーン流されてもう涙腺やばいですよ…。

次は個人戦ですね。千早の怪我も気になるけど、ようやく新や詩暢の出番なので楽しみです!

>クロスケさん
札合わせをごく自然に、しかも富士崎の誰にも気づかせずにやったのは見事でしたよね。
でも北央の決勝戦見ていますから、私達はすぐわかる。「あ!札あわせしている!」って。もう最高でした。
 これぞチームワークですよね。

 「チームに興味ないなんて言わないで」は、きっと新の胸にぐさっと突き刺さったのでしょうね。
あれほどいつも理屈をこねていて、どんなときでも必ず言い返していた新が「うん・・・」しか言えなかったですものね。
あそこで子供の時の「チームちはやふる」を出してきた演出にも・・・もう・・・私もうるうるでした。
 
 いよいよ個人戦ですね。しのぶちゃん・新登場で、果たしてどんな戦いになるのか・・・ですね。

熱き決勝戦終わる。
絶体絶命からの大逆転優勝。
これも王道なり。
自分の決着後、またも寝る千早。(ぉぃ)
指の傷みはどこいった。(笑)
最後に意地を見せた男衆2人。
2人の決着の瞬間、目覚めた千早は「勝利の女神」だったのかも。
千早の心からの叫びに答えられない新。
回想シーンを入れるねは、上手いですし、良い意味で卑怯ですね。
3年になった時、新は団体戦に挑むのか?
あの「うん……」は、その可能性を少し感じるのは私だけでしょうか?
そして最後まで見たしのぶは何を思う。
次回からは個人戦という事ですね。
指の様子が心配な千早ですが、何か秘策をこうじるらしいですね。
さあ、どういう展開を見せてくれるんでしょうか?
製作のマッドハウスは、今期はこれも青春ものの「フォトカノ」をやってますね。
同じ時期に複数作品を製作しているのは久し振りです。

>ふれいくさん
いろんな伏線が全部この決勝戦で爆発しましたよね。
指の怪我であんなに痛がっていたのにそれでも爆睡してしまう。本当死力を尽くしたのでしょうね。
でもあのタイミングで起きるのですから、見事に盛り上げてくれましたね。
 新はなんかそんな感じですよね。
でも福井では団体戦やりたくても人が多分集まらないでしょう・・・
だいたい3人しか選手いないのに県代表に慣れるわけですから・・・
かるたが盛んな県なのに、なぜか高校の部活では盛んではない。
リアル福井県もそうらしくて・・・・果たして新は一体何を思う・・・ですね。

 マッドハウスは株主と言うことも有り日テレ系アニメのイメージが強いですが、今期はフォトカノもやっているのですね。もともとそれだけの器のあるアニメ会社ですので、余裕があればやはりいろいろ制作して欲しいですね。
 無理して破綻するのはご勘弁ですが。(苦笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/57387182

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2 第19話 感想:

» ちはやふる2 19話 「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
 運命の一戦、決着。 [続きを読む]

» ちはやふる2 19話 「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
 運命の一戦、決着。 [続きを読む]

» ちはやふる2 日テレ(5/17)#19 [ぬる~くまったりと]
第19首 ゆくへもしらぬ こひのみちかな 公式サイトから3勝して優勝。太一のあきらめない一言に行動に部員たちは勇気づけられていく。積み重ねてきた経験や練習を全て詰め込んで最後まで諦めない瑞沢かるた部。瑞沢高校、富士﨑高校両校、両校の戦いはクライマックスへ!ここにかるた日本一の高校が決定する― 瑞沢3勝するぞ。基本的に不言実行の太一が変わろうとしている。主将戦でも自ら申し出てきた。残りは自陣6枚、相手は2枚、空札は多い。苦しい時の右下段。読まれろ、読まれろ。相手は守りが得意、僕のデータを生かしてくれて... [続きを読む]

» ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 [いま、お茶いれますね]
第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 富士崎2勝で後がなくなった瑞沢。会場は富士崎5連覇で決まりな雰囲気ですが、3勝すると宣言する太一。 いつも負けたときのことを考えて不言実行だった太一が...... [続きを読む]

» [アニメ]ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
ついに団体戦も閉幕。この感傷に浸りたい余韻を残すような幕切れが最高でした。ここまで見てきてようやくようやく終わった。これは勝負が決するまでのじれったい気持ちじゃなくて ... [続きを読む]

» ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 [WONDER TIME]
「神様 お願いだ、もう一生運命戦で自陣出なくて良いから  だから今日 今日だけ… 今だけ――!」 瑞沢vs富士崎、ついに決着―――! 二組同時の運命戦にまでもつれ込んだ決勝、勝ったのは… 【第19話 あら...... [続きを読む]

» ちはやふる2 第十九首「ゆくへもしらぬこひのみちかな」感想! [くろくろDictionary]
ちはやふる2 第十九首「ゆくへもしらぬこひのみちかな」 最高の決勝戦だった! [続きを読む]

» ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 [のらりんすけっち]
瑞沢高校優勝!! 全国制覇! おめでとう! いやー、あれだけ描いちゃったら瑞沢が優勝しない訳にはいかないというか^^; 勝ち筋はこれしかないという感じでしたね。 0勝2敗からの大逆転劇。 原動力と...... [続きを読む]

» ちはやふる2 第19話 「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 [空 と 夏 の 間 ...]
三勝して優勝! 太一のあきらめない一言に行動に部員たちは勇気づけられていく。 積み重ねてきた経験や練習を全て詰め込んで最後まで諦めない瑞沢かるた部。 瑞沢高校、富士﨑高校両校、両校の戦いはクライマックスへ! ここにかるた日本一の高校が決定… よい最終回でした(笑) 見てる方も緊張しちゃいますねw... [続きを読む]

» ちはやふる2 第19話「ゆくへもしらぬ こひのみちかな」 感想 [気ままに歩く〜Free Life〜]
2回泣いた!! 今期最高の話だったと思います。 まさか優勝するなんて・・・。 泣きすぎて目がヤバかったっす(笑) [続きを読む]

« とある科学の超電磁砲S 第5話 怒り | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ 第7話 感想 »