フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 波打際のむろみさん & よんでますよ、アザゼルさんZ 各第5話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 第5話迄 感想 »

2013年5月 8日 (水)

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第5話 感想

それってお金で雇うより酷くないですか!?

へー!戦隊ものってアメリカのものだったのですね。

へ!?

Bg_akibare2

ルナの妄想力は・・・強烈な思い込み力とも言う!!

おかげで今回のアキバレンジャーはツッコミ不在で暴走しまくり!!

葉加瀬までも染まってしまい、唯一の良心がこずこずだけという・・・

みなさん好き勝手に痛い事しまくっています!

それは作品自体と言うより・・・スタッフ達もじゃね?(笑)



非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 4thインプレッション 5

※バンダイチャンネルで視聴

バンダイチャンネル配信ページ(1話・最新話無料)

シーズン1
ファーストインプレッション 1話        2ndインプレッション 2話
3rdインプレッション 3話           4thインプレッション 5話迄
5thインプレッション 6話           6thインプレッション 7話
7thインプレッション 8話           8thインプレッション 9話
クライマックスインプレッション 11話迄   ラストインプレッション 12話(再痛回)
レビュー 13話(最終回)   ※以上旧ブログのアメブロへリンク
シーズン痛
ファーストインプレッション 2話迄      2ndインプレッション 3話  
3rdインプレッション 4話   

↓公式HP
Akibatop

↓にじよめ学園ズキューーン葵HP
Img_movie_z

OP:「アキバレンジャーシーズン痛!」桃井はるこ feat.山形ユキオあんどMoJo



●あらすじ
    (ネタバレ注意

 第5痛:「妄想輸入」

20130507_172444bmp

 無事石清水美月(ルナ)アキバブルーに復帰した・・・と思ったら、実は葉加瀬博世博士がギャラで1日だけ雇っていただけだった。

 赤木信夫は、アキバレンジャーの活動がアイドルの活動にめっちゃプラスになるとでっち上げて信じさせればルナは戻って来ると考える。

それってお金で雇うより酷くないですか!?

と言う心優しい三田こずこずを差し置いて、葉加瀬も赤木の話に乗っかってくる。

 だが当のルナはすでに、George Spielburton 監督(ジョージ・スピルバートン 坂本浩一)の超大作映画ヒロインオーディションに参加していた。

 普通に演技するルナに対し、ライバルの舞浜亜希奈(桑江咲菜)は「女王の欲張り踊り」というとても痛い演技だったが・・・なんとそれで2次合格してしまう。

亜希奈の後ろには・・・なんとツー将軍が糸を引いていたのだった。

George Spielburton監督もツー将軍の妄想ですでにおかしくなっていた。なんと戦隊マニアの監督だったのだ。

 ルナを慰めに来た赤木達だったが、その場でマルシーナを始めとするバロスWと対峙してしまう。

重妄想後応援にやって来たのは、恐竜戦隊ジュウレンジャーのティラノレンジャーとドラゴンレンジャーだった。

だが、ルナが戦隊ものはアメリカ発症の作品と勘違いしていたため、2人はアメリカの戦隊パワフルレンジャーになってしまう。

 しかもその2人+マルシーナにアキバレンジャーは撤退を余儀なくされてしまったため、
またも現実世界でスーパー戦隊シリーズがアメリカ産で、日本のは全てパチモン作品となってしまう。

 一方ツー将軍は、マルシーナの報告から仲間になった戦隊が恐竜戦隊ジュウレンジャーではなく、爆竜戦隊アバレンジャーと勘違い。

怪人ではなくクニマス・スマホ・マホガニーでスマホモンがーを改造した新世代トリノイド・クニマスマホガニーを送り込んでくる。

Wwwakibarangerjp

 と言うことで再戦!!

アキバレッド・アキバイエロー vs マルシーナ・クニマスマホガニー・パワフルエレンジャー2人

の戦いになる。アキバブルーはパワフルエレンジャーの応援に入った。

到底立ち向かえない2人は、大苦戦の上、なんと変身が解けてしまう。

だがそれでも・・・生身の身体になっても一生懸命戦隊愛を語り戦う2人に心動かされたのは・・・ルナだった。

 心動かされたルナと赤木・優子の2人の気持ちが通じパワフルレンジャーはジュウレンジャーに戻った。

これで戦況は逆転。

ジュウレンジャーの2人・アキバブルー vs マルシーナ・クニマスマホガニー

となり、しかもアキバブルーに大それた力「ジュウレンバックラー」を与える。

それで見事クニマスマホガニーを倒した。

ルナは、それで感動!人を感動させるにはアキバレンジャーをするのが良いと考えが変わり、
晴れてもう一度、石清水美月はアキバブルーとして帰って来たのだった。
   
  

※今週のED:girls in trouble! DEKARANGER ~「特捜戦隊デカレンジャー」(2004)より~
         歌:赤木信夫(和田正人)&ツー将軍(堀川りょう)

Akibaranger

 



●感想

はうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

を空に飛ばすなぁ~~~(大笑)

エロ格好で赤木や優子達の恥ずかしい写真を売りさばいていたマルシーナは、まるでヤッターマンのドロンジョ様のごとく。

ジュウレンバックラーの攻撃方法が酷すぎる。まさかの大開脚とは!!

あのまま突っ込んできたらけっこう仮面のおっぴろげジャンプですよね(笑)。

 本当楽しくて、毎週火曜日が待ち遠しくて仕方有りませんん。

 ただ、ストーリーがパターン化してきましたね。

まずアキバレンジャーが苦戦orやられていったん退却。
       ↓
そしてその後現実世界が妄想世界と同じになってしまう。
       ↓
それを直す対策を練って(今回のように行き当たりばったりもあるが)再戦
       ↓
無事バロスWの怪人やトリノイドを倒して元に戻る

というパターンですね。

コメディ作品ですので、このパターン化で全然問題ないですが、妄想解除をすでに2回も使っているのが気になりますね。

これ使いすぎると妄想力が弱まって重妄想できなくなるという設定だったのでは・・・

 

 前回の堀美江都子さん・・・いや、堀江美都子さんですが、出演考えたのはコロムビアの八木ディレクターだとか。

なんでもテレビ放送ではあのEDの後堀江美都子さんのCMが流れたそうですね。

 そして、何故忍者キャプターが忍者キャプたんになったのか、EDは実は別にあったとか、
あの神がかった脚本は「筆の進みが慎重な脚本家に変なスイッチが入った」からだったとか・・・

 そしてアキバレンジャーシーズン痛、6月上旬までの撮影は終わっているそうですが、
クライマックスはまだこれからとのこと。
赤木信夫役の和田正人さんが5月中旬まで舞台の仕事があるかららしい。

 今回のティラノレンジャー赤を演じられたスーツアクターの前田浩さんはジュウレンジャー・パワーレンジャーでもレッドを演じられたガチの方だったらしい。

 そんな裏話、【キャプたん編】を始めとする公式ページの制作こぼれ痛話は本当に楽しいので、ご覧になるのをオススメします。

Bg_baros

 このアキバレンジャーシーズン痛、今回もそうでしたが、シーズン1と比べて結構気になるところがあります。

 まず、公認様達が全部イベント用のマスクをしていると言う事です。

あのマスクを止めるところが外に着いているか中に着いているかで区別するってのは、
アキバレンジャーシーズン1でネタとしてやっていました。

デカレッドが葉加瀬の依頼で「待ってるぜー」のアルバイトをした回ですね。

なので、このマスクは全部偽物ってのは視聴者の私達には当然わかります。

これはフラグなのでしょうか?それともマスクを作る予算が単に無いだけでイベント用のものを流用しているだけなのでしょうか。

 シーズン1でこのネタをやらなければ気になりませんでしたが、やっているだけに気になります。

何かのフラグなのでしょうか・・・

 それから、重妄想って秋葉原近辺だけでしかできませんよね?

と言うことは、前回出てきた横山優子ちゃんの家は秋葉原にあるの?あんな豪邸が。

そして今回3人が重妄想した公園。

・・・周囲の雰囲気からしても、どう考えても秋葉原に見えないのですが・・・

でもマルシーナが「秋葉原の皆々様」って言っていますので、あそこは秋葉原なのでしょうね。

秋葉原という場所は「フィクション」なのかもしれませんね。そんな事無いかな(笑)。

 また、今回妄想世界で変身が解けてしまいました。変身解けると現実に戻るのではないのですね。

これも気になりました。
でも、今度の妄想世界は、ツー将軍の妄想(モヤモヤズキューーン)が作っている世界でもある。

モエモエズキューーンとモヤモヤズキューーンが絡み合っておかしくなっている世界ですから、
結構なんでもありなのかもしれませんね。

 いい加減に見えて結構ストーリーや設定も練られていますので、もしかしたらこれから先にこういった疑問点が解決されるかもしれませんね。

 最悪全部番組にして投げっぱなしエンドにも出来るのですからね。この作品は「番組」なわけですし(笑)。

今期は結構ブログに書きたい作品が多く、本当は飛ばしたいのですが今回も飛ばせない。

やはり今期はアキバレンジャー中心の感想になってしまいそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« 波打際のむろみさん & よんでますよ、アザゼルさんZ 各第5話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 第5話迄 感想 »

特撮・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

一度視聴して大笑いした記憶は有るんだけど…
その後、いろんな物を見すぎて内容飛んじゃいました。
先ほど、再視聴したんだけど…

ルナにギャラ払ってた(それも一回分しか払えず)、いきなりこれだもんな〜(笑)

ジョージスピルバートン役、坂本浩一さん。なんか有りそうと思い、調べてみました。
「パワーレンジャー・ニンジャストーム」以降、共同製作総指揮!(wikiより)
しっかり、パワーレンジャー関係者!

こんなもん、調べなきゃわかんね〜よ!

どんだけだ〜〜!!(大笑)

全然パワー落ちてないぞ〜(大笑)

これだけは、言わせて!(また忘れました)

私も、空に飛んだ「はうううぅぅぅ…」が、おもいっきりツボでした。
前回のミッチは、ただのファンサービス回だったんですね。

どこまで計算して、制作してるんだろう?
脚本が先か?ネタを山ほど出してから脚本つくっているのか?
まぁ、ハマるとドツボなのは間違いないですね。(苦笑)

>もっちゃんさん
あの空飛ぶ「はうぅぅぅぅ」は本当面白かったですね。
坂本浩一さん、ガチのパワーレンジャー関係者でしたね。そりゃあ英語もうまいわけですよね(笑)
 この作品、かる~く流して視ても楽しいですし、戦隊マニアの方が視ても奥が深くてより楽しい。
 アニメ組も怪人の声優やまさかのミッチで楽しめる。本当おいしい作品ですよね。
調べれば調べる程何か出てきますもの(笑)。
 そして来週の予告は内田真礼さんが何かサービスしてくれていそうな衣装で。
また神回の予感がします(笑)。
 どこまで計算されて見えるかはわかりませんが、制作スタッフもきっと楽しんで作って見えるだろうなあと思えるのが見えて楽しいです。

また、予告チェック忘れた…(ボケすぎだよ〜)

あの仮面の女の子、ポワトリンですか?(苦笑)
ネタ元わかるか、自信なくなってきた…

内田さん、あんなに体のラインが出るコスで大丈夫?(笑)

脱線(?)ついでに

AT-Xにて「ヘカトンケイルの選択」という、ゲームバラエティ番組がはじまります。(5/12 0:30〜1:00)
メインMCが、中村悠一さん
花のアシスタントが、"内田真礼"さん
露出増えてますよ。(笑)(とーぜん録画予約しました。)

>もっちゃんさん
 来週は真礼さんコスサービス回になりそうで楽しみですね(*^_^*)。
内田真礼さんは、声優で人気になる前には個人撮影モデル(アマチュアカメラマンの写真の撮影会のモデルですね)のアルバイトをされていてコスプレや水着モデルやられていましたので、事務所NGで無い限り容姿端麗ですし、他の声優さんと比べて水着やこういうボディラインが出る衣装は嫌がらないかもしれませんね。
 1年前のさんかれあヒロイン抜擢&アキバレンジャー出演の時と比べ露出も増え、人気も出てきて本当に良かったなぁって思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/57329515

この記事へのトラックバック一覧です: 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第5話 感想:

» 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第5痛「妄想輸入」 [真・天文台]
OPはコレで完成版?信夫がたづ子に殴られなくなってw ハリウッドの有名監督が直々 [続きを読む]

» 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第5痛「妄想輸入」 [MAGI☆の日記]
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛の第5話を見ました。 第5痛 妄想輸入 「駆け出しでも一応アイドルらしいからあの子…事務所と契約して仕事として来てもらったの」 パワーアップしたマルシーナ...... [続きを読む]

« 波打際のむろみさん & よんでますよ、アザゼルさんZ 各第5話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 第5話迄 感想 »