フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 波打際のむろみさん 第7話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 7話迄 感想 »

2013年5月22日 (水)

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第7話迄 感想

ツー将軍の正体は・・・究極の戦隊の敵オタ!!

だからこそわかる、戦隊オタクの弱点を突く恐ろしい攻撃!!

この手の顔は最後ヒーローが倒しやすいように悪の顔になるのが定石だった!

だが・・・それさえなければ・・・

と、かわいいまま最後まで闘う敵ユルキャラジゲン!!

これにアキバレッドは大苦戦!!

Mmz02_01

そして・・・私個人的にも取っても恐ろしい日。

毎週「天曜日」は、「オタクゴミ」の日!!

オタ心、とったどーーー!!

これは恐ろしい~~~(大笑)



非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 thインプレッション 7話迄

※バンダイチャンネルで視聴

バンダイチャンネル配信ページ(1話・最新話無料)

シーズン1
ファーストインプレッション 1話        2ndインプレッション 2話
3rdインプレッション 3話           4thインプレッション 5話迄
5thインプレッション 6話           6thインプレッション 7話
7thインプレッション 8話           8thインプレッション 9話
クライマックスインプレッション 11話迄   ラストインプレッション 12話(再痛回)
レビュー 13話(最終回)   ※以上旧ブログのアメブロへリンク
シーズン痛
ファーストインプレッション 2話迄     2ndインプレッション 3話  
3rdインプレッション 4話          4thインプレッション 5話  

↓公式HP
Akibatop

↓にじよめ学園ズキューーン葵HP
Img_movie_z

OP:「アキバレンジャーシーズン痛!」桃井はるこ feat.山形ユキオあんどMoJo



●あらすじ
    (ネタバレ注意

20130522_11008bmp


 第6痛:「妄想娘娘」

 ケバブ屋でゆる・さなえの中の人にやられたツー将軍は腹いせにユルキャラジゲン(cvモモ~イ 桃井はるこ)を作る。

ところがこれがアキバレッド・赤木信夫のストライクだった。

赤木はツルツルヒロインフェチだったのだ。それが理由でアキバレッドにまとわりつくズバーーン葵もツルツルだった。 

 そのおかげでどうしてもユルキャラジゲンを倒せないアキバレッド。

仕方がないので葉加瀬博世は、田中信夫にアルバイトを依頼。
公認様の声の解説でアキバレッドはついにユルキャラジゲンを倒すのだった。

 だがこの回でついにツー将軍は妄想世界と現実世界がリンクしていることに気づいてしまうのだった。

※今週のED:夢をかなえてダイナマン~荻原佐代子バージョン~「科学戦隊ダイナマン」(1983)より~
         歌:葉加瀬博世(内田真礼)

20130522_10929bmp


   

 第7痛:「妄想間者」

 現実と妄想がリンクしていることに気がついてしまったツー将軍。
しかも自分以外にもアキバレンジャーという、妄想をしている奴がいることにまで。

そこで赤木達の前に出してきたのは、ハーデズキン(cv長澤奈央)。

なんとオタクの心を取り上げ、オタク達は普通の人間になっていく。
同様に正義の心を取り上げたゴウライジャーを味方にしてアキバレンジャーを倒しにかかる。

絶体絶命の中、葉加瀬博世は3度目の強制妄想解除を行い、3人はひとまず助かる。

だがそのせいで1週間が10日になってしまった。

そのため、4クール作品の公認様も52話から36話になってしまう。

また、天曜日はオタクゴミの日、海曜日は特ソン禁止の日、冥曜日はコスプレ禁止となった。

コスプレ禁止で追われたのは優子とツー将軍。

奇しくもそのおかげで3人とツー将軍ははち合わせし、モヤモヤズキューーンで妄想世界に現れるツー将軍。

 アキバレンジャーにはハリケンジャーが味方につき、

ゴウライジャー・ハーデズキン・マルシーナ vs アキバレンジャー・ハリケンジャー

の戦いとなるが、途中でゴウライジャーが改心。結局ハーデズキンがみんなからぼこぼこにされて終了。

一週間ももとの7日間に戻った。
   

※今週のED:シンケン祭り ~「侍戦隊シンケンジャー」(2009)より~
         歌:石清水ルナ、横山優子、マルシーナ、赤木信夫

Akibaranger

 



●感想

 まず最初に愚痴ります。

今回結構大作で文章を書いていましたが・・・途中で消えました(×_×;)。

何故か違う記事で記事を上書きしてしまい・・・。

と言うことで一気にやる気減退。しかも2話分だし。さらに6話はバンダイチャンネル当然無料配信終わってるし・・・
と言うことでまた同じように熱い文章を書く気力はなく、時間も無く、今回はシンプルです。

 赤木を攻撃したユルキャラジゲン・・・ヤバイですね。

オタクの弱点を見事に突いています。最後までかわいいまま戦われたら・・・ねぇ~。そりゃきついです。

しかもツルツルフェチだったとは・・・どうりでズバーーン葵があんなツルツルなわけですね。

そしてその時使った「MMZ-02 ムニュムニュズバーーン」当然のことながら商品化決定ですね。

・・・・これ相当でかいですよ!!

 ついでツー将軍が送ってきたのは正義の方に寝返らない悪の戦隊。

・・・でもやっぱり寝返っちゃう(笑)。

そして・・・言いましたね~。禁断の言葉を!!

数で圧倒するなんて卑怯よ!正義のヒーローがそんなイジメの構図みせていいの?

おまえら敵が俺らより5倍強いんだろう!!それが戦隊の常識だ!!

おそらくこれを言えるのがアキバレンジャーで、アキバレンジャー以外では絶対言えない言葉ですね。

 これに大笑いしました。

Bg_baros

 

 そしていよいよ話が動き始めました。

なんか看護婦っぽいのも出てきて、赤木とツー将軍の妄想だけでは無さそうです。

三すくみになるのかな?

 今回のアキバレンジャーも実質12話まで(13話は総集編)。

いよいよ中盤から後半に向かってきました。果たしてどんなぶっ飛び設定が隠れているのか・・・楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ワンクリックいただけると励みになります






そこあに

« 波打際のむろみさん 第7話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 7話迄 感想 »

特撮・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

実家からサンテレビを録画したやつが送られてくるので第6話まで見ましたが、ピチピチコスチュームの内田真礼とか畳にこすりつけてる鈴木福君とか、いつも見どころ満載ですね。
スーパー戦隊ってサンバルカンをリアルタイムで見ててそれ以外はそんなに覚えてなくてゴーカイジャー以降を見ているという知識の無さっぷりですが、それでも面白いのが凄いところです。
大勢で卑怯だぞというのはスーパー戦隊が勢揃いする映画であったような気がしますが、何も言い訳せずに問答無用で倒したんじゃなかったかw
いわゆる崖の上にスーパー戦隊が30人ぐらい勢揃いして下にいる一人の怪人をフルボッコだったと思います。

>ヴィーさん
ネット配信ですと、一週過ぎますとすでに無料では視られませんのでその時点で萎えます。
録画=downloadになってしまいますし。
やはり地上波有ってのアニメ・特撮ですね。

 内田真礼さんのピチピチコスプレは大サービスでしたね。
彼女元々個人撮影モデルのバイトされて見えましたから、こういうシーンはむしろお得意なのかもしれませんね。
 まさかの鈴木福君登場でした!!見事に赤木君を演じていて笑ってしまいました。
福君も戦隊好きらしいですね。しかも夢はすでに無くなっているので「良い子は見ちゃダメ」な作品に出演しても大丈夫なのでしょうね(笑)。

 なんか映画で凄くたくさん戦隊が揃っていた作品が有ったような記憶があります。
なるほど~~!大画面で集団リンチのフルボッコ!!それがこの戦隊作品の「定番」なのでしょうね。ある意味爽快かもしれません(笑)。

再視聴しないとコメントできないこの作品…(笑)
第6話を見て、ネタが有りすぎて疲れちゃったんだけど、ちょっと頑張ってみます。(暴走注意!)

あの冒頭のダンボール頭は、"やなな"が元ネタとしか考えられません。
しょこたんなら、ご本人が喜んで出演しそうなのに、名前だけじゃ、かえって悔しくないか?(笑)

重妄想の時、ルナがすこ〜し遅れるように見えるんです。ワザとじゃないかな?(かめラスカルさんに確認して頂くのは無理なんだよね、残念です)
赤木と可鈴ちゃんが、合いすぎなんだよ!(大笑)
可鈴ちゃん、そんなにZ連発しなくても、そのマフラーですぐわかるよ。

博世のスーツコス姿、腰からぶら下げてる物
セーラームーンのコズミック・ハート・コンパクトにすごくよく似てるんです。(調べたら、ちょっとだけ違う)
単純に元ネタはこれでいいのか、他に元ネタがあるのか判断できません。

さすがに、田中信夫さんの声は、私でもしってるよん!(苦笑)
それにしても、スーツアクターを意識して見ると、演技も抜群なんですよね。

第7話、別でコメントします。(苦笑)

いつも感想を読むと観てみようかと思いますが、取捨選択の捨に入れています。特撮までハマルとちょっと時間が...

3日増えたぶんが天王星・海王星・冥王星になっているのは感心しました。なるほどな~良く考えられてるな~

第7話
昔私が中二病にかかった時、ブルーバックスの相対性理論を買って読んだ記憶があるんです。
ノートにぶつけたりは、しなかったなぁ。

1期との違いがはっきりわかる回となりました。
結局、妄想×妄想になってきました。(大笑)
よくもまあ、こんな話を考えるよな〜と、改めて感心しました。

ここで、重妄想について
Aパートでは、ルナは極わずかに遅れてます。(コマ送りするとわかります)
しかし、Bパートをみると、見事に三人の息がピッタリ!
私の気のせいでしょうか?(笑) 意図して、そうしてるように見えるんです。

メジャーネタにも少し
グラサンスーツは、フジテレビ「逃亡中」ネタ
派生した番組で「戦闘中」が有ります。
戦闘中では、戦闘アンドロイドの"忍"や忍が使う戦闘アイテムで、"ビッグバトルボール"なんてのがあって、今回の敵キャラや新しく手に入れた武器にからんでそうです。

ネタが多すぎて、どこに突っ込んでいいか、わからなくなるんです。(笑)
とりあえず、こんなとこ!(文才ないから疲れた…)

>もっちゃんさん
 しょこたんの件、もっちゃんさんはそう思われましたか。
私は逆で、オファーをしたけどダメだったのかなぁ~って思ってしまいました。
堀江美都子さんが出られるくらいですから、ダメ元で声はかけたのかなと・・・果たして真相はどうかわかりませんが。
 ルナは妙にバランスが悪いと言いますか、おっしゃるとおり私もわざとだと思います。最後はきっと息が合うのでしょうね。ブルーは青柳美月もそうでしたからそういう役割なのかもしれませんね。
ルナブルーだけ見ていますと本当いろいろとやっていますよね。赤木さんが自分語りはじめると興味ないような行動したり、結構面白いです。
 1期よりもややこしくなりましたよね。重度のオタクが一人ならまだしも、複数、しかもそのオタクの方向性が違うと収拾がつかなくなる。
妙にリアルですね(苦笑)

>たーさんさん
 危険ですから「捨」にされたのでしたらそのままで良いかと思います(笑)。
でも私、仮面ラーダーWさえ知らなくてアキバレンジャー視ていますから、そういうライトな人も視ている人多いかもしれません。
 1週間が10日になったネタは、元文章を間違えて上書きする前はちゃんと書いていたのですが、
月・火・水・木・金・土・天・海・冥・日曜日で1週間になります。ご想像通り太陽系ですね。今回のシナリオ、結構知的で(笑)、よく考えられていてこういうところも個人的には楽しんでいます。

やはりエラーで書き込み不可が発生しているようで同じ状況ですね。
こちらでは下記メッセージで書き込みが破棄されてしまう時があります。

Request-URI Too Large

The requested URL's length exceeds the capacity limit for this server.

メッセージのURLの長さが限界を越えたのが意味不明ですが
 完全にタイミング依存のような症状です。
古いアプリケーションサーバーに当たると発生する?

>ぬる~くまったりとさん
おっしゃるとおりまさにそれです。メッセージも全く同じです。
2月のサーバー変更以来悩まされています。ココログに問い合わせてもそれが影響だろうとは言うけど解決策は提示されず。
 あきらめてこまめに下書き保存しながら記事を書いていますが、たまに熱くなって長文とかになると結構忘れていて・・・・
下書き保存したときブラウザが止まると・・・「うわぁ~~・・・」という状況になります。
  
 気合い入れて書いたときこそこれが出て飛ぶので、萎えますね。
らく☆すたの黒井ななこ先生の気分ですよ・・・困ったものです・・・。

中川翔子さんの件、あくまで想像ですが…
出演拒否なら、「バッカルコーン」も使用不可では?
そもそも名前が、しょこたん以外考えられません。
しょこたんのブログを見ました。
山野さと子さん、橋本潮さんは、しょこたんにとって二大女神だそうです。
堀江美都子さんだと、創造神になる?(笑)
本人もアニソン歌ってるのに…
堀江美都子さん御出演のシリーズなら、出たかったと思いますが…
スケジュールの問題じゃないかな〜

私、第7話Bパート以降で、もう三人の息が合ってると考えてます。
「痛さは強さ〜」から、決めポーズまでが息ピッタリ!
第6話は、決めポーズまでの流れは合ってますが、重妄想のタイミングが前述とおりだから…
ド派手な爆発は、人数だけでなく、その意味も有るのでは?

>もっちゃんさん
 わたしも「出演拒否」ではないと思っています。
そうではなくて、なにか「大人の事情」があったのではないのかなって思っています。
スポンサーとか、事務所の都合とか、おっしゃるとおりスケジュール調整とか・・・
それがオファーしてもダメだったのではないか・・・と言う言葉の意味です。
日本語がへたくそで本当にすみません・・・(×_×;)。

私の読解力不足です。大変失礼しました。
"田中信夫さん""福くん"出演回だから…じゃないでしょうか?
それにしても、パワー落ちませんね。
見る度にハマる…(苦笑)

>もっちゃんさん
とんでもございません。ありがとうございました。
 そうですね!田中信夫さん、鈴木福ちゃんとすでに2大ゲスト出演の回ですから、それ以上ゲストキャラを薄めても・・・というのが強かったのかもしれませんね。
 だとしますともっちゃんさんのおっしゃるとおり最初からオファーしていなくて、ネタとして考えていたという方が正しいのかもしれませんね。
ショコタンですし、ネタの方が楽しいと言うことも有りえますし(笑)
 作品のパワーが凄まじいです。おっしゃるとおり見る度にはまり、そして疲れますね(笑)

同じ状況ですか・・・やはり何某かのシステム異常でしょうねぇ。

対応策としては、いきなり「保存」をクリックせずに先に「確認」をクリックする。
この場合は記事が保存されるようです。
それとバックアップですね・・・。
Windowsのコピーバッファは結構な文字数を保存する容量が確保されているようなので
 マウスでコピーするだけでも自分の記事は大丈夫でした。
なのでファイルに保存まではしていないですね。

自動保存機能が組み込まれて一定期間に定期的に自動保存してくれれば良いのですが・・・

>ぬる~くまったりとさん
「確認」から行きますと、Too Large出ずに保存されますか。
ワンステップかかりますが、その方が確実でしたらこれからその方法で保存するようにします。
 コピーは私も使っています。サブブログにコピペもしていますので。結構な量コピーしても覚えてくれていますですね。
ちゃんとしたときにはなにもおこらず、得てして一気に書いてふといつもの癖で「保存」押したときに・・・起きますと涙涙・・・です。
 3ヶ月経ったので、そろそろ改善してくれるとありがたいのですが・・・・
対策方法お教えいただきありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/57347314

この記事へのトラックバック一覧です: 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第7話迄 感想:

» 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第7痛「妄想間者」 [MAGI☆の日記]
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛の第7話を見ました。 第7痛 妄想間者 「やはりそうか…私が想像だにしない反撃で悉く怪人ちゃま達は敗れ去っている。そもそも妄想世界の戦隊と本家のスーパー...... [続きを読む]

« 波打際のむろみさん 第7話 感想 | トップページ | 翠星のガルガンティア 7話迄 感想 »