フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

« 這いよれ!ニャル子さんW 第6話迄 感想 | トップページ | ちはやふる2 第19話 感想 »

2013年5月17日 (金)

とある科学の超電磁砲S 第5話 怒り

最悪回

個人的には近年まれにない最低回。

クズ回と言っても良い!! 

私は仕事柄就寝が早めなことが多いため、
朝にブログに書く作品を視聴することがあります。

昨日の朝は酷かったです。

言わずもがなこのとある科学の超電磁砲の5話を視てしまったからです。

目を覆いたくなるような酷い演出、ED。

視ていて気分が悪くなりました。そして怒りがふつふつとわいてきました。

久しぶりにアニメ視てマジギレしました。

こういう展開になるのをわかっていて視聴していたにもかかわらずキレたのです。

 おかげで昨日は終日気分がすぐれないばかりか、ことあることにむかむかして仕方がありませんでした。

ですが、私は人間ですので、どこかにその感情をぶつけたくて、それを自分のブログにぶつけてこの回は無かったことにします。

二度とこんな回は無いと信じて、1回だけは怒りをここにぶつけて気分一新6話以降視ていきます。

 本当はこんな回を作った監督・脚本家・演出家にこの感情をぶつけたいですね。

  
   

 ですので、今回は感想ブログではなく、
単なる一オヤジがたかがアニメ視てむかついたのを、
怒りをぶつける先が無く自分のブログに吐いているだけの八つ当たりブログですので、
大変申し訳ありませんが、同じ感情をお持ちになられた方以外はここで読むのをやめてください。

 ご気分を害されるだけでなんのメリットもありません。
  

もう一回書きます。大変申し訳ありませんが、
上記のような私と同じ感情をお持ちになられた方以外は、
いつもこのブログを読んでくださる常連様に至りましても、
今回ブログを読まないよう、心からお願い致します。

文句をつらつら書いているだけの、何の意味も無いブログです。



とある科学の超電磁砲S(レールガンS) 
furiousness 5

※CBCにて視聴

OVA御坂さんは今注目の的ですから 感想 (アメブロにリンク)
ファーストインプレッション 2話迄  
2ndインプレッション 4話迄       
4thインプレッション 6話  

 


●あらすじ
 

 ついにミサカ妹と会ってしまった御坂美琴。

案の定ミサカ妹に翻弄され、いろいろと突き止めようと思っていた美琴はその日はあきらめ、
前回ムキになって取ったゲコタのワッペンをミサカ妹につけてあげて、彼女と別れた。

だがそのミサカ妹は、その後アクセラレーターをレベル6に上げるための実験に出かけるのだった。

1対1で戦うも、やはり力の差は歴然で、アクセラレーターに片足をもがれ、
御坂美琴からもらったゲコタのワッペンを握りしめたまま、ミサカ妹は上から落とされたコンクリートの固まりにつぶされ、殺された。

 途中で事態に気がついた御坂美琴も現場に向かうが・・・ついたタイミングはまさにミサカ妹が圧殺されるまさにそのシーンだった。


●怒りぶちまけ場所

 はっきり言います。今回心の底からむかついたのは2カ所。

アクセラレーターがミサカ妹の足をもぐシーンと、エンディングです。
   

 まず、足をもぐシーン。絶対にいりません。

こんなシーンを誰でも見られるTVアニメでやること自体、監督・演出家・脚本家は反省するべきです。

良いと思ってやったのでしょうか?原作通りだから?

これは原作通りらしいです。ですが、原作はマンガです(魔術は小説ですが科学はマンガ)。

マンガではこういうシーンが苦手な人は飛ばすことが出来ます。ページをめくればよいのですから。

ですがアニメではそれが出来ません。

しかもこのシーン自体になんの意味もありません。

意味があればやって良いというものでもありませんが・・・・例えば最近では個人的におなじような気分になり目を覆いたくなったPSYCHO-PASS11話。

ゆきちゃんが槙島省吾に殺された回ですね。

あそこも相当心が参りました。ですが、あそこは、あのシーンにはまだ意味がありました。

常森朱がそのシーンを見ている。視聴者と共有していたからです。

なので11話感想の時、私は心が参った・・・虚淵さん勘弁してぇ~と泣き言を書いていたと思います。

 ですが今回は違います。あのシーンに御坂美琴はいません。もちろん上条当麻もいません。

劇中のどのキャラクターと気持ちを共有すればよいのでしょうか?

もしあそこに御坂美琴がいれば・・・それでもきついですが、ここまでの怒りにはなりませんでした。

 ですが御坂美琴はいない。ミサカ妹が足をもがれて苦しんだのも、最後美琴がつけてあげたワッペンを握りしめて悲しそうに死んでいったのも美琴は知りません。

 なら視聴者であるわれわれに見せる必要は無いのです。

つまりあのシーンはこの作品としては全く意味がないのです。

 御坂美琴の気持ちと共有するのであれば、最後のコンクリートのかたまりが落ちてきてミサカ妹が圧殺されるシーンだけでよいのです。

それだけでも充分残忍な殺され方をしたというのはわかります。禁書目録でも視ているのですから。

 だいたいこの作品のシスターズ編、とある魔術の禁書目録ですでに内容はやっているのです。

なので私も相当な覚悟を持ってシスターズ編は視聴しています。

大量のミサカ妹というクローンがアクセラレーターに殺されてしまうのですから・・・

そんな事はわかっているのです。

わかっているシーンをわざと残忍に、しかも猟奇的に、楽しんで殺しているシーンを誰が見たいのでしょうか?

 申し訳ないですけど、ホラー映画好き・スプラッター映画好き以外見たいと思いませんよ。

そんなシーンを入れてきている時点でもおかしいのに・・・・

 これ、話を知っている私がこうでした。
何も話を知らず、いきなりこの超電磁砲Sから視始めた人はどう思うのでしょうね?

間違えなく切ると思いますよ。もう二度とこんな作品みるもんか!ってなると思います。

私はそう思いますが今の人達はそう思わないのでしょうかね?狂ってると思いますが。
 

 更にむかついたのはエンディング。

・・・なんですか?映画か何かのつもりですか?

こんな酷いシーンを見せつけられて、目も覆いたくなる、気分も悪くなる、感情も高ぶる・・・

こういうときこそ普通のエンディングでしょう。

酷いシーンを描いてしまってすみませんでした。どうかEDで気持ちを落ち着けてください。

だと思います。

私は猟奇映画を観るためにこの作品を観たのではありません!!

 最近はこの言葉を使うのは不適切とかで、敢えて自主規制するそうですが、使用禁止ではないそうなので敢えて使いますが、

監督・脚本家・演出家・・・こういうシーンをやると視聴者は喜ぶと思っていたのなら、みんなキチガイですわ。

おかげさまであの高ぶらせるEDのせいでむかついた気持ちは収まらず、ずっとテンション高いままでしたわ!

 しかもご丁寧に前半ミサカ妹のかわいさを演出してくださり、感情無いって言っているのに
最後ミサカ妹にゲコタワッペンを握りしめたまま死んでいく演出。

 あんたらに会ったら俺、やってやりたいわ。同じ事をあんたらに。

・・・・と言うぐらいむかつきました。そしてそれが昨日一日続きました。今でもむかついています。

この回はおそらくもう2度と視ないでしょう。記憶の中から一刻も早く忘れ去りたいです。

   
 この作品は、とある魔術の禁書目録という作品の外伝です。

その中でもシスターズ編は個人的にも辛くて、実は本編視聴時に一度切ろうかと思いました。

 ですが、本編では上条当麻というキャラクターがいましたので、自分の気持ちを常に代弁してくれましたし、
辛いシーンの時はいつも画面内に上条当麻がいましたので、自分の気持ちはキャラクターも同じだろうと、
そのシーンの意味を理解し、この作品を視聴してきました。

わたしこういう作品が全部嫌いなのではなくて、こういうシーンに立ち向かっていくキャラクターのいる作品はまだ大丈夫です。

それが救いがないとダメなのです。

どこにもぶつけようのない感情が溜まってしまい、ストレス発散で有るはずのアニメでストレスが溜まってしまうという事態に陥ります。

 今回は救いのないどころか、わざとそう言うシーンを見せやがったので、ストレスどころか怒り大爆発になってしまいました。

 今回だけです。もしもう一度同じようなことをやらかしてくれたなら、この作品だけでなく、
とある魔術の禁書目録ももし3期有っても切ろうと思います。

 とにかく今回はこれで毒を吐いて忘れることにします。

この回は無かったことにして6話からは普通にブログを書いていこうと思います。

忘れたいために、今回敢えてブログに書かせていただきました。
(スルーしても後でまとめて書くときに5話に触れないといけませんから、またその時で怒りわいてきてしまうので)

酷い文章で大変申し訳ありません。

 2万人近いミサカ妹がアクセレーターに殺されるのもわかっています。
覚悟をしてこのシスターズ編は視聴しています。

ですが、殺されるシーンを視たいのではありません。

それがおかしいのですから・・・それにより御坂美琴が辛い目に遭い、
それを上条当麻が知り、立ち上がるからこのエピソードは我慢して視ているのです。

最後にもう一度書きます。

こんな残忍なシーンを視たいヤツなんていません!

必要なシーンなら視ます。

ですが神に誓っていいいます。あのシーンは絶対に必要なシーンではありません!!

あのふざけたエンディングこそ悪のりの象徴!!

監督・演出家・脚本家は猛反省して欲しいと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 ワンクリックいただけると励みになります


そこあに

« 這いよれ!ニャル子さんW 第6話迄 感想 | トップページ | ちはやふる2 第19話 感想 »

2013 春アニメ」カテゴリの記事

コメント

関東は先週の金曜日第5話でした!僕もこのエンディングに「おい!マジかよ」と思いました。金曜日の深夜なので、気分直しに他のギャグアニメ見たほどです!かめラスさんが朝早く見たとのことで、さすがに朝から…は滅入りますね! さて、この回の作品のテーマが「クローン」ですから、僕もイヤな予感してたんです…対戦相手の奴がマジで「人でなし」(←使用禁止用語なら削除してください)ですね!御坂妹(クローン)は身代わりになったんですよね!美琴ちゃんの…身代わりに!この作品は作者が、現代医学の進化におけるクローンの危険性を指摘したかったんだと思います!!マジでこれは深夜帯でしか流せないでしょ!でも、第6話で人間性を描くと思います!「人でなし」対「人間味」…そうでなくては、世の中間違っとるでしょ!
関東は今夜第6話です!神様!どうかぽん太が激高してテレビを壊しませんように!!
第6話見たら、内容を伏せてグッドかバッドか報告しますね!
しかし、…衝撃的でしたね!

思いを吐き出して忘れようとしてみえるので、どうしようか悩みましたがコメントします。

僕も禁書でわかっていますから、あの時でも嫌だった敗北前のアクセラレーターの残忍さに構えていましたが、やっぱり気分はよくないですね。
原作通りとはいえ足の下りは折る位で収めておいてほしかった...最後のワッペン握りながらなのは感情の無いシスターズに感情が生まれ、それがネットワークに乗り伝播していくのでしょうからまだ解りますが、それにしてもやり過ぎだと思います。

余談ですがサーキットでは性質上怪我やそれ以上の事も目の前で起こります。先日も仲間が巻き込まれ怪我をしました。
しかし、それらの事をいとも平気で話せる自分が時々います。
この感想を読んで何故かそういう自分が浮かんで来ました。何故かやりきれない思いがあります。

かめラスカルさんと思いの丈は違うでしょうが、思いのベクトルは同様の人もいますよ。

前回の「超電磁砲」のコメントであのような投げ掛けをさせてもらったのか?
私、コメントする前にこの回を見てたんですよ。
関東は東海より先に放送してますからね。
その時に伺ったお答えから、こう感じるんだろうなと思っていました。
残念ながら原作組の評価は高く、原作未読組の評価もまんざら悪くないようです。
「よくあそこまでやってくれた。このままだとぬるく終わりそうで嫌だった」という主旨の意見を多く見ます。
「Fate/zero」が高い評価を受けるご時世です。
かくいう私も、視聴者を「上げて落とす」上手い演出と感じました。
足をもいだのは流石にやり過ぎかなとは感じましたけれど。
これを見れて、今後アクセラレーターがラストオーダーへの対応にどう変わっていくのか、改めて興味が強くなりました。
私はかめラスカルさんが挙げた「PSYCHO-PASS」のシーンで、槙島側の心境になって自分のダークな心を刺激してもらった方なんで、今回も自分のダークサイドを刺激してもらったような感覚もあります。
一個人の感覚です。
かめラスカルさんの感覚・感想を否定する気持ちはこれっぽっちもありません。

最悪でしたね。
わざわざグロテスクな描写にする必要ないですし、こんな行動とる一方通行が本当は殺したくなかったみたいなことほざくのもむかつきます。

私個人としてはシスターズ編は嫌いなのではやく終わって欲しい。

第1期「とある魔術の禁書目録」は2008/10〜2009/3の放送
これを見てるか見てないかで、全然見方が違うと感じました。

「さよなら…」は、やっぱりつらすぎた。
前回の、"缶バッジ"が、ここまで伏線だとは思わなかった。

私は単純に、「神回だ…」と、思いました。
と、同時に…
スタッフさん、こんなにハードル上げちゃって大丈夫?なんて、いらん心配してます。(苦笑)

なるべく、記事見ないようにして、コメント入力してるんだけど、ちらっと見えちゃった。
かめラスカルさん、怒ってますね〜(まあ、かめラスカルさんなら当然かも)
こればかりは、しょうがないと思ってます。
でも、私、正直な気持ちしかコメントできません。
入力後、ゆっくり記事読まさせて頂きます。

記事読みました。

まあ、ごもっともなコメントだと思います。

足の件
アクセラレータの残忍さより、一万人近く殺害してる事で感覚が麻痺してる事を表現してるとかんじてます。

結果がわかってるだけに、やっぱりかめラスカルさんには…でしたね。
たぶん、シスターズ編のダークな所はこれがピーク(原作未読だから、少し自信ないです)だと思います。
ちゃんと救われる話にしてくれるはず…?

 みなさま、こんな内容の記事にもかかわらず、心からのコメントを本当にありがとうございました。
本当は今回、コメント覧は全て非公開にしようと思っていました。
自分で読んでも感情丸出しの文章でしたので。
 ですが、先ほど仕事から戻り、皆様のコメントを読み、本当に気を使わせてしまったなぁと思いました。
とてもじゃないですが、非公開になど出来るようなコメントではありませんので、いつも通り公開させていただきました。
本当にお心遣いありがとうございました。
 今回私からのお返事はこレだけにさせていただきます。以降コメントを頂戴しても公開させていただくだけでお返事は書かないことをご了承ください。

自分の子供が・・・いやそうじゃないとしても、中学生ぐらいの子供が楽しそうにリアリティのある人形を何体もバラバラにしている所に出会ったら、そしてその子が「アクセラレーターだってやってんじゃん」と言ったら、皆様はそれを許せますでしょうか。

 人間は、残虐なシーンは基本苦手だと思います。新世界よりの愧死機構・攻撃抑制ではありませんが、種を守る為もあるのか、特に人間のそう言うシーンには嫌悪を抱くように出来ているのではないのかなってこれは私の想像で思います。
ですが、一方で人間は慣れていく・・・麻痺していく動物だとも思います。
例えば今回のようなシーン、もし来週他の作品で描かれたとしたら(とある~でもよいですが)、今回は前回よりも耐性がついてしまい、なんか先週よりは大丈夫だった・・・となってしまいます。
そうやって人間は慣れていく・・麻痺していくのです。
私は「TVアニメ」を視るときに、真っ先に考えるのは「これ、子供(ここで言う子供は中高生)がみて大丈夫だろうか」です。
それは、今の深夜アニメは録画やニコ動等で中高生が普通に視られるからです。
 こういう時代ですし、人の痛みや苦しみはこういった作品からでしか味わえないようになってしまってきていますので、この手の作品をやめろと言うつもりはありません。
ですがやはり、私は大人として、これは中高生が視て良いのか悪いのか・・・その判断をしないといけない立場にあると思います。
これは私だけでなく大人みんなが。そしてその作品を作っているスタッフ。携わっているプロデューサー達は当然の義務だと思います。
 人の心の痛みを教える作品。でもそれが猟奇的で残忍な表現を可能な限り抑えてそれを表現する。そのぎりぎりの世界を出すのがアニメスタッフの手腕だと私は思います。
私は絶対自分の子供にこの第5話を見せたいとは思いません。皆様はいかがでしょうか・・・・。

 私達は大人です。この作品を視てバカなことをする奴がいたら、それはそいつのせいです。よくそう言う事件が起き、犯人がアニメを視ているとそのアニメがやり玉に挙がります。
そういう事件をみてアニメファン達は口を揃えて言います。「作品は悪く無い。悪いのはそれをやった犯人だ」と。
私はこれ、成人に対しては合っていると思いますが、未成年に対しては間違っていると思います。
 第三者的にみて、その作品が原因の一つであるのは間違えないのですから、やはりその作品はやり過ぎだったのだろうと思います。
 また、中高生の時にこの作品を視てトラウマになり、10年後犯罪を起こしたとしてもやはりこの作品が原因だったのだと私は思います。

 私の今のアニメ作品の好き嫌い・日常生活の自分の考え方に一番影響が有ったのは中高生の時に視たアニメ作品が多いです。うる星やつら・ガンダム・シティーハンター等々・・・
 幼児・小学生に見せるアニメはしつけの部分も多分に有る作品ですが、「自我」というものが目覚めてくる中高生の時に見るアニメは、得てしてその後のその人の考え方の根幹になることが多いです。
だから「中二病」という言葉が出来てしまうのです。それほど多感で、その後のその人の「自我」を形成させる中でも大切な期間だと思います。
 この作品を見た中高生はどう思うのか。
まずそう言う事を思いました。

 アニメと原作は違います。原作でいくら書いてあってもアニメでその表現はいくら何でも・・・と思ってくだされば、子供達のことを思えばとてもあのシーンは描けないはずだと私は思います。
40過ぎの私がこれだけショックを受けたのですから、並列に見てはいけないとしても、まだ「心」ができあがっていない子供達には絶対これは見せてはいけないと思います。
トラウマになるのもそうですが、こんなシーンを普通に見て、慣れてしまい、なんとも思わなくなること自体が・・・とても恐ろしいことだと私は思います。

 みなさまがお気を聞かせていただきましたとおり、アクセラレーター・御坂美琴・クローンを始めとする倫理的な問題、全て理解しているつもりです。
なので私はこの作品を切らずにいるわけでして、これだけ書いてもまだもう一度視ようと思っているわけですから。
次回は間違えなく御坂美琴にとって辛い結果になるのは明白です。そして絶望に追いやられ、追い詰められるのでしょうね。アクセラレータと刺し違えても良いと思うぐらいに。
ですので、次回もそう言う展開が続くと思っています。もう覚悟は致しました。


ですが私はこれからも・・・いやアニメというジャンルを好きである以上、こういう演出は絶対許すべきではないと言うのを貫いていこうと思います。
(猟奇的なシーンが全てゆるさん!と言うことではありません。なにとぞここをご理解ください。)
私のポリシー、信念として、何があっても、どのような人気作品であろうとも、こういう回は許したくありません。
これからもこういう感情だけの記事も有るかと思います。何とぞ「またこのオヤジ暴れとるわ」の感覚で読み飛ばしてくださりますと助かります。

 中高生がこの回を視て普通に「すげえおもしろかった」などと平気で言える世の中にだけはなって欲しくない・・・個人的には心からそう願います。

このたびは大変お恥ずかしい文章で申し訳ございませんでした。にもかかわらず、皆様本当にありがとうございました。


 実は夕べもまともに眠れていません。寝てもすぐ目が覚めてしまい・・・。さすがに今日は落ち着きましたし、睡眠不足の中仕事フルでしたのでつかれました。
明日は早起きして魔王さまかちはやふるの感想を書こうと思っていますが、正直起きる自信がありません。
明日はお昼頃にブログが更新できれば・・・という感じで、いつもの朝7時に更新無かったら「おお、寝坊しているな!?」と思ってください(笑)。
それではみなさま、お休みなさいませ。本当にありがとうございました。

※朝起きてようやく深い眠りにつくことが出来たのか、落ち着きました。少しだけ文章を加筆・修正させていただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586968/57360497

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲S 第5話 怒り:

» とある科学の超電磁砲S TokyoMX(5/10)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく) あんた、何者?にゃあ。はぁ?どういう意味、日本語?と泣く四足歩行動物がピンチです。車の窓を能力で開けたら驚いた動物が樹に上ってしまった。とミサカは懇切丁寧に説明します。美琴を台にして子猫を助けるミサカ妹。猫は好きだが漏れる電磁波に怯えられて逃げられる美琴、 ミサカ妹も同じらしい。あんた、私のクローンなわけ?ハイ。なんで、あんたみたいのが存在しているのよ。お姉さまは関係者ではないのですね。機密事項です、禁則事項です。 まあ良いわ。尾行して創造者を捕ま... [続きを読む]

» 2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第05話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第05話 「絶対能力進化計画 レベル6シフトけいかく」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美...... [続きを読む]

» 2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第05話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第05話 「絶対能力進化計画 レベル6シフトけいかく」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美...... [続きを読む]

« 這いよれ!ニャル子さんW 第6話迄 感想 | トップページ | ちはやふる2 第19話 感想 »