フォト
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメアイテム

無料ブログはココログ

アニメオススメ

クリック募金

  • クリックで救える命がある。

雨雲レーダー

ご案内

  • ※当ブログで使用している画像について
     あくまでも作品の感想による為の引用使用で、著作権の侵害を目的として画像を使用しておりません。著作権者様側からの申し立てがございましたら、速やかに削除を致します。 2012年2月以降の引用画像には引用元のWEBページにリンクが貼ってあります。
     また、当サイトで使用している画像を無断転載することを禁止致します。               
    ※アメブロより引っ越して来たため、ブログ内のリンクで旧ブログのアメブロの方に飛ぶことがございます。ご了承ください。
    ※2012年7月1日以前の記事は、メインだったアメブロの方がまとまっていて読みやすいと思います。

    ※コメントについて
     コメントは承認制にさせていただいています。 基本ブログ内容は主観で書いておりますので、時には失礼なブログ内容になることもあるかと思います。ご批判や、お叱りは真摯にお受けし、いたらぬ表現のところは修正いたしますが、ご自分のハンドルネームを下品な言葉で書いたり、罵倒のようなコメントをなさるお方とは、おそらくコメントをお返ししても会話が成り立たないと思いますので、大変申し訳ありませんが、そのようなお方や、コメントには承認致しかねますので、なにとぞご了承ください。(その方からのコメントは内容に関わらず以降すべて拒否させていただきます)。
     また、コメントの内容によってはコメント返ししないこともございます。
     スパム系・宣伝と思われるコメントやトラックバックも無条件で削除させていただきます。

佐藤順一作品

2012年10月 8日 (月)

わんおふ -oneoff- 先行上映 第3話・第4話 感想

絶対また来て・・・ううん、今度は・・・今度は私が、シンシアに会いに行くよ!!

OK!待ってるデスよ!!

それは、ほんの短い間のことだったけど・・・

いろんな人の力を借りて、もっともっと知らない世界を知りたい!

そう思うようになった自分が、ちょっと好きになったかも・・・・

いもでんがく~~~~!!

 来月OVAの1巻(1・2話)、そして再来月2巻(3・4話)が発売になるわんおふ。
1・2話同様、ニコ生とAT-Xで昨日3・4話が先行配信されました。
見逃された方は、プレミアム会員なら来週まで一週間ニコ生タイムシフトで、
AT-Xなら2012年10月13日(土)21:30~22:00もう一度放送されます。

 ニコ生では本編の後前回同様イベントの模様を1時間生放送してくれました。
前回同様儀武ゆう子さん司会の中、ゲストは佐藤順一監督・後藤沙織里さん、
そして矢作紗友里さんの楽しいトークと小芝居が繰り広げられました。

20121007_201156bmp

 ニコ生アンケートは前回よりも高く、さすが佐藤順一監督作品だと感動しました。
また、3連休中で各地イベントが有る中、トータルの来場者数も前回を上回り、これも良かったです。

20121007_205817bmp

続きを読む "わんおふ -oneoff- 先行上映 第3話・第4話 感想" »

2012年8月 6日 (月)

わんおふ -oneoff- 先行上映 第1話・第2話 感想

人は1人じゃないヨ・・・・

顔も知らないたくさんの人達が、私にたくさんの力をくれてる。

だから私は、どこへでも行けるんだって。

春乃も、どんどん誰かの力を借りたら良いですヨ!!

 

恥ずかしいセリフ禁止(笑)。やっぱサトジュン監督作品だ!!

86757

佐藤順一監督作品。私の地元愛知県出身ですね。

美少女戦士セーラームーン・きんぎょ注意報、おじゃ魔女ドレミからケロロ軍曹まで、
最近出した作品ではARIA・異国迷路のクロワーゼ・たまゆら等々、期待を裏切らないすばらしい作品を作られる監督です。

その最新作。たまゆらのTYO制作ですね。
鈴木雅詞脚本とのコンビは初?なのかな。

そんな、この冬発売になる佐藤順一監督作品の“わんおふ”。

昨日ニコ生とAT-Xで先行上映会が放映されました。

AT-X紹介ページ
ニコニコ動画配信ページ

ニコ生はその後現地イベント会場から生放送。
司会の儀武ゆう子さん、ゲストの佐藤順一監督・後藤沙織里さん、ビデオゲストの小林ゆうさんが出演され、
製作秘話やとても楽しいお話を聞くことが出来ました。

Oneoff

ニコ生のアンケートは1:とてもよいが80%。さすがサトジュン作品、評価が高かったですね。

20120805_205516bmp

見逃された方、ニコ生ですとプレミアム会員なら一週間タイムシフト視聴可能、
AT-Xでしたら11日(土)19:00~再放送されます。

もしよろしかったら是非!!

続きを読む "わんおふ -oneoff- 先行上映 第1話・第2話 感想" »

2012年5月 6日 (日)

たまゆら ~hitotose~ 第5.5話「あったかい風の想い出なので」 感想

暖かい風

  ・・・楓の名前は暖かな木漏れ日からお父さんがつけたのよ

泣いた・・・・とても暖かい気持ちで大泣きしました。

やはりたまゆら~hitotose~は私の中で傑作作品です。

そして・・・・

たまゆら~hitotose~第2期決定!!

3月25日のイベントで発表が有りました。嬉しかったですね~~。

放送は2013年以降ですが、またこの作品に会えるかと思うと本当に嬉しいです。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

そして、先日AT-Xで先行放送がありましたBD・DVD第7巻に収録される予定の作品。

第5.5話 「あったかい風の想い出なので」

12日正午から13日までの36時間期間限定で無料配信されていました。

配信先は下記。

アニメワン配信ページ

ニコニコ動画配信ページ

バンダイチャンネル配信ページ

本来であれば、BD・DVD買わないと絶対に視られないエピソード。


異国迷路のクロワーゼの4.5話

もそうでしたが、佐藤順一監督は粋なサービスしてくれますよね。

そして、とっても重要エピソードを・・・やってくれるのです。

異国迷路のクロワーゼの時はクロワーゼの意味を、

そして、たまゆら~hitotose~ではぽって=楓の名前の由来を。

思いっきり泣けましたよ。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

・・・・絶対視て欲しかったエピソードなので!!!

 

ニコ生、昨日(5月11日)のナマコマという番組

で、桜田麻音役の儀武ゆう子さんがゲストでお見えになりました。

 

そこで知った裏話。

たまゆら~hitotose~4話

で麻音の実家で柱の落書きエピソード。

あれ、実話だったそうですね。中の人儀武ゆう子さんが子供の頃沖縄の実家で書いていた絵をそのまま使ったのだそうです。この絵

ですね。

 

えええっ!?と思って調べたら事実でした。



緒方恵美さんが声をかけると、動員力がハンパ無い〈佐藤順一監督インタビュー Part.3〉

 

                      (佐藤順一監督の写真下の解説文より)

 私、このエピソードのために儀武ゆう子さんがわざわざ書いたものだと思っていました。

まさか今ではなく、子供の時に書いていいた、儀武さんがなりたかった当時の夢そのものだったとは・・・・

 

実のエピソードをそのままアニメに取り入れてしまうたまゆらに・・・やられましたね。

 

たまゆら ~hitotose~ インプレッション 第5.5話

たまゆら(OVA)レビュー1

たまゆら(OVA)レビュー2

ファーストインプレッション 1話

2ndインプレッション 2話

3rdインプレッション 4話迄

4thインプレッション 6話迄

5thインプレッション 7話

6thインプレッション 8話

クライマックスインプレッション 11話迄

ラストインプレッション 12話

↓公式HP

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


待っていてくれるのは、

    暖かな笑顔と、おかえりなさい

●あらすじ (ネタバレ注意)

物語の時間軸は5話

、ちひろちゃんが夏休み遊びに来て帰った後、夏休みのエピソード。

ぽって、花火大会、のりえと麻音が浴衣で行こうって言ってるけどどうする?

かおちゃんからぽってに入る一本の電話。

でも、ぽっては浴衣を持っていない。

浴衣で思い出すのは小学校の頃。ちひろちゃんと、そして家族で行った横須賀の花火大会。

そして翌年ぽっての浴衣を作るとてひなまつりの時に採寸してくれるおばあちゃん。

お父さんがね、「浴衣の柄は暖かい風がいいなあ」って。

でも・・・その後お父さんが亡くなり浴衣の話も、ちひろちゃんと約束した花火も立ち消えになっていた。

そして、年月を経た今年は、ついに約束した。

横須賀の花火、ちひろちゃんと一緒に見に行こうって。

止まっていた時が動き出す・・・・

大崎下島からおじいちゃんがやってきた。

ぽってとの約束だった写真の中に、お父さんが失敗して現像しなかったフィルムが残っていた。

 ところで、あきらめていたが・・・・浴衣はあった。

おばあちゃんがあの日採寸して作っていた浴衣があったのだ。

おばあちゃんはあの日以降、この日が来るのを待って大切にとって置いたのだった。

 

お直しのレベルで着られることがわかり、嬉しくなるぽって。

おばあちゃんの気持ちを代弁するさよみお姉ちゃん


ぽってのおばあちゃんは、ぽっての笑顔が必ず戻って来るって信じていたのね

おばあちゃんも同じ事を言う。

あのとき、全員の時間が止まってしまった。

だけど、いつか必ず、止まった時間は動き出すわ。

だから、準備しておいたの。


いつその日がきてもいいようにね・・・・

止まった時間が・・・動き出した。

さよみお姉ちゃんが指定した花火のベストスポット、それは・・・・

ぽっての家だった。

みんなで縁日を楽しんだ後、ぽっての家に集まるみんな。

---------以降涙腺大崩壊----------

さよみお姉ちゃんGJで、すごく綺麗に見える花火。

必死に写真を撮るぽってだった。

そんなぽってをみて香君

暖かい風だ!お父さんが言ったんだよ。

と、当時を思い出す。

そして、お母さんが言う。

お父さんがその浴衣をみたら、きっと喜んだと思う。


お父さんね、風に揺れる木漏れ日が大好きだったの。


楓の名前はね、木と柔らかい風が描き出す、

暖かな木漏れ日をイメージして、お父さんがつけたのよ。


それじゃあ「かえで」って読まれちゃうよ。って言ったんだけど、


どうしてもってこだわってね。

 

 花火大会の後、ぽっての撮った写真とお父さんが撮った失敗写真を現像した。

全く同じ・・・・ぶれぶれの花火の写真だった。

ぽってと同じだね。そして、暖かい写真だね。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

●感想

脚本は池田眞美子さん。

異国迷路のクロワーゼ・たまゆらと、佐藤順一監督作品携わって見えるだけあって完璧なシナリオでしたね。

いやぁ・・・泣きました泣きました。

竹原憧憬の路回の7話

も大泣きしましたが、この回もそれに匹敵します。

(ちなみにその7話も池田眞美子脚本。しかもたまゆらでは唯一の。やっぱりね・・・)

浴衣。

初めて作ってもらい、初めて着る予定だった浴衣だったのに・・・その年にお父さんが亡くなってしまう。

そして、時が止まる。

それ以降浴衣を着ることがなかったぽって・・・いや、着たくなかったのでしょうね。

花火大会もちひろちゃんと行った前の年の横須賀の花火以降行っていない。

これは、7話の憧憬の路もそうでした。

ぽっての止まっていた憧憬の路の時間はかおちゃんが動かした。

お父さんと一緒に見るつもりだった憧憬の路。かおちゃんがかわりをつとめた。

そして、今回は花火と浴衣。

これはちひろちゃんがぽっての止まっていた時間を動かした。

そして、止まっていた時間がいつか動くのをじっと待ち、準備をしていたおばあちゃん。

もう、これだけで感動なんですよね。

時間は止めたままではいけない。

OVAのたまゆらがぽっての時間が動き出すまでのお話なら、

テレビ本編の~hitotose~は動き出したぽっての新しい生活を描いたお話。

5.5話は、そんなぽっての名前、楓(ふう)という名前の由来がわかる、

OVAと~hitotose~をつなぐような回、そんな風に思いました。

それにしてもすごいですねこのエピソード。

木漏れ日を流れる暖かい風=木+風で楓。

最初からこのエピソードを考えて、佐藤順一監督はぽっての名前を決めたのでしょうから・・・・

 そのお父さんの失敗写真とぽっての花火の写真が全く同じだった。

カメラだけじゃなく、写真までも、ぽってに「私はお父さんの子供だ」と思わせた瞬間ですね。

もう・・・・泣けて泣けて・・・。

最後に、浴衣の写真をちひろちゃんにメールした4人。

その写真の最後には、あのときちひろちゃんからもらった人形達

が映っていました。

この演出も泣けますね。

ちひろちゃんがいたときだけのその場限りのポーズではなく、

友達の証としてその後もずっと持っていたのですからね。

これはちひろちゃんも嬉しいでしょう。

このシーンでも泣けてしまいました。

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

お涙ちょうだい作品では無い、この作品は癒し系作品なのですが、

それでもこれだけ泣かされます。

でも、この涙は、タイトル通り「暖かい涙」です。

だから、改めてこの作品は「癒し作品」だと痛感させられます。

そしてまた、暖かい気持ちになれる日が来ます。

2013年以降、いつか始まる第2期を、心待ちにしたいと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

 ワンクリックいただけると励みになります

 

たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】

たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】

たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]

たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]

そこあに

2011年12月20日 (火)

たまゆら ~hitotose~ 第12話(最終回) 感想

さすがちひろちゃん!!!



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




モモネコ様すでに自作している!!!


俺にくれぇぇぇぇぇぇ(爆笑)。

・・・うしろのさいころみたいな奴でもいいや・・・笑


それにしても・・・横須賀で友達できて・・・良かったねちひろちゃん。



最終回、感動で泣かせに来るかと思いきや、


とっても暖かく、あたたか~~く終わりました。

終わったら自分の顔が自然とほころんでいました。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






そうだよね、異国迷路のクロワーゼ

もそうでしたが、

こういう作品、涙で最終回過ごしたくないですものね。


最高の最終回でした。








たまゆら ~hitotose~ ラストインプレッション 第12話




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 6話迄




5thインプレッション 7話



6thインプレッション 8話


クライマックスインプレッション 11話迄





第5.5話インプレッション




アニメワン配信ページ




↓公式HP








私達展


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



最初のお客様・・・・は、自称戦場カメラマンのこまちちゃん!!

客ではなく飛び入りで参加させてくれと乱入する。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「しのだこまち 町の戦場写真コーナー」・・・爆笑

のりえちゃんには悪いけど、おれはその写真好きだぞぉぉぉ!


次のお客様・・・・モモネコ様。

肉球に満足なさってお帰りになる(大爆笑)。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



どうなることかと思った私達展・・・・その後は盛況でした。


・沢渡楓写真展

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・橘かおるのポプリと香りの世界

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・OKAZAKIのりえちゃんスイーツ喫茶

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・桜田麻音朗読劇 タケノコの妖精 ノコちゃんのキケンな冒険

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・沢渡香画伯美術展&しのだこまち 町の戦場写真コーナー



たまゆらの世界で登場したキャスト達がいっぱいいっぱいやってきます。

楽しく、そして、あたたかい気持ちになる瞬間です。

ここはブログで文章にする力が私にはありません。


一つ一つのシーンが本当に心暖まります。

是非ともアニメ

でご覧になって欲しいです。


私達展・・・それは・・・

彼女たちの~ひととせ~一年間のあかし。


盛況のうちに終わることが出来ました。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




アンケートに一喜一憂する彼女たち。

この顔になるだけでも、やって良かったよね。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そして、そのまま4人で年越し。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・・・お待たせしました!!

さよみさん無双!!はっじまるよ~~~爆笑


年明け早々の朝5時、さよみさんの携帯でたたき起こされる4人!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



初音ミクになっているさよみさん(大爆笑)


初日の出で朝日山に登るとか!!!

しかも非常に危険なさよみさんの運転で。


新春運試し!!

妹のかおるのおみくじは「大凶!!」

すでにやべぇぞ~~~~!!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



とろとろと走ったのに・・・・脱輪(笑)

のりえちゃんの顔wwww


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「いつもお世話になっています。」

やはりレスキューにいつもお世話になっているのか・・・さよみさん。


ぐらぐら揺れるさよりの車・・・

こっちはぽっての顔wwwwww


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




山の色が変わっていきます。

ここの作画は圧巻ですよ!!!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「きっと、あの山は自分があんなにきれいって知らないわね。みんなと同じ。」

そういうさよりさん。

さよりさんの言葉はいつもとっても良いのですが・・・車脱輪して言う言葉じゃないよね(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





記念写真を撮ろうとするぽって。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



ファインダーをのぞいたら思い出すおばあちゃんの言葉。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「楓の写真は、カメラの四角い窓を通して、楓が見つけた宝物ね・・・・」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そしてオーバーラップしてお父さんが現れる。

それって・・・・お父さんと同じ・・・・。


何故写真をお父さんが撮ったのか・・・楓の心におりてきて・・・ 

お父さんと風の心をつないでくれた・・・・


これからも・・・・よろしくね


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




・・・元旦の朝なのに・・・・


レスキューを待っている彼女たち5人の周りには


いつのまにか近所の人たちが集まってきて・・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そして・・・物語はフィナーレです。


おかえりなさい。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





4話インプレッション

のとき、この作品のテーマは「誰かを思いやる気持ち」ではないだろうかって書きました。

人と人とのつながり。見知らぬ人でも、困っている人を見ると手伝いたくなる。助けたくなる。

今の時代、日本人に少なくなってしまった心。


それを最後まで徹底して追求しましたね。

変な話、都会だけでなく、自分の家がある田舎でも、脱輪してJAF待っている人にストーブや温かいものを持ってくる思いやりのある人なんて。。。残念ながらいないですよ。




自分も実際お恥ずかしながらやらないです・・・・


いや、もしかしたら、そう言うところを見たらそう言う気持ちになるのだと思う。

でも、それを行動にするかと言えば・・・



・・・そうですね・・・



道ばたでおばあちゃんが転んだ


自分を含めて、手をさしのべる人がどれだけいるのだろう・・・・

本当はそれがとっても大切なことなのに・・・・


それを普通にアニメの中でやれているキャラクター達。

だからこそこの作品が心に響く、涙が出てくる作品だったのでしょう。


ネット配信だったのが本当に悔やまれます。

たまゆら~hitotose~。今期の中でも屈指の脚本だった作品だったと思います。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]







2011年12月11日 (日)

たまゆら ~hitotose~ 第11話迄 感想

「こどもの時、ここで一人で物語を書いてたの」


「わたし、小さい頃この公園で迷子になったことある」


「わたしはここでのりえと大げんかした」


「うえ~?そんなことあったっけ?」


 


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






うわ~~!!


演出きったね~~~!!


雪が降るクリスマス、クライマックスのこのタイミングで!!!


4人この場所に集まるんですか!!!





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





6話インプレッション

で、なんで4話の時


4人ここに集まるシーン無かったの?


ってがっかりしたのですが、、、、ここでもってくるとは・・・・


そしてそのまま特殊エンディングへ!!!


おかげで最後の最後で泣いちゃった!!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








12月30日開催!!「私達展(仮)」

「みんなで作り上げたら、きっとその日は特別な日」


そして、それはリアルに竹原で(たまゆら展)やるから聖地巡礼しにきてねってことでしょうか(笑)。


最終回はぽってのお父さんの命日かなって思っていましたが・・・

私達展、そして年越しが最終回になりそうなかんじですね。






たまゆら ~hitotose~ クライマックスインプレッション 第11話迄




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 6話迄




5thインプレッション 7話



6thインプレッション 8話


ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション

 



アニメワン配信ページ




↓公式HP










 人間からみればのんびりして平和で幸せそうに見えるモモネコさま。

それを聞いたモモネコさまは、どうやら不機嫌みたいです。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



しかし、モモネコさまからみればそんな事はない!

毎日大変で、一生懸命生きているよ。

だから、皆さんも○○さんはいいなぁ~~って陰口をたたかないように。

そして、あまりに過度な期待をかけてプレッシャーをかけないようにね。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



猫もいろいろ大変なんだよ・・・


っていうお話でした。

モモネコさまに癒されましたね~~。


そして・・・のりえちゃん、

「デスティニー」

は、苹果ちゃん

の口癖だったんだよ(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




ほぼろさんでお好み焼き10枚→20枚平らげた女の子。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



 彼女は・・・マエストロのところにちょくちょくやってくるカメラ女子。

たけはら憧憬の路の回

で告白しようと企てていた子ですね。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



お名前は飛田志麻子さん(cv斎藤千和)。

残念ながら振られたみたいで・・・・でも、親友の保志まなみさん(cv中島愛)には強がってみせる。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



大丈夫と言うが、みんなはほっておけず、またもやOVAの時

のように朝日山に登る。

そこで、その男との写真をカメラから全部デリートして、吹っ切れたと・・・・

最後まで志麻子さんは強がるが・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



しかし、親友のまなみはわかっていました。

どんな気持ちで志麻子が告白したのか、努力したのか・・・


「たまには、思いっきり泣けばいいのに・・・」


その言葉とともに、一気に気持ちが崩れ落ちる志麻子。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「とってもきれいよ」と言って、志麻子の泣き顔を撮ってあげるまなみ。


C3

同様、ここでも泣きの千和発動!!

千和さん、最近泣きキャラ多すぎ!!!

と言うより泣かせたいキャラの時、ほとんどの監督・脚本家、千和さん起用してるよね。

まどか☆マギカ

のほむらだって、10話の泣きのシーンのために斎藤千和さん起用したって脚本家の虚淵玄さん言っていたし)


・・・・そしてここでももらい泣きする自分。

千和さんの泣き演技はずるいって!!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




・・・でもね、このシナリオ、ちょっと納得できないんですよね。

私が男だからそう思うのかもしれませんし、脚本は「けいおん」の吉田玲子さんだから、女性の心理としてはこれが正しいのかもしれませんが・・・・


志麻子さんとまなみさん二人ならこれで良いのですが、現地でちょこっと知り合っただけの高校生4人とさよみさん達の前で(一晩泊めてもらったからといっても)、泣いた顔撮ってていうかなぁ。

みんなの前でこんなに泣けるものなのかなぁ・・・


しかも一人だけ大泣き・・・みんなはその顔を見てほほえんでるって・・・もらい泣きするならまだしも。

・・・女性ってこういうシチュエーションで、こうなるものなんだろうか?


そして・・・志麻子さんのカメラで志麻子さん自身を撮っているまなみさんは良いけど、

失恋の泣き顔を許可無く撮っているぽって・・・・これはいくらなんでも失礼でしょう・・・

フィルム取り上げられても文句言えないレベルのような気がします。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



・・・・そうじゃないのかな・・・・。私の感性がおかしいのかな??

ちょっと納得のいかないシーンだったのでした。



 ぽぷり作りが大好きなかおちゃん。

でも、ふとしたことがきっかけで、スランプに陥ってしまいます。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



麻音はサイン会、ぽっては志保美さんと写真、のりえはスイーツ作り。

・・・では、私の本当にやりたいことは何?

ぽぷり作りは趣味のレベルであって、本当に将来やっていきたい事ではない・・・のかな??


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



そこから自分の将来について考えはじめ、わからなくなってしまうかおちゃん。

そして、逆にみんなのやりたいことの邪魔してはいけないと思ってしまう・・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



かおちゃんの様子がおかしいと思った3人は、心配してかおちゃんに気を遣うが・・・・

このパターンはかおちゃん、全拒否してしまいますよね。

かおちゃんの気持ちはよくわかる。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



こういう時はそっとしておいてあげて、復活するのをまつ・・・のが正しいと思うのですが、

私の考えとは違うみたいで3人は徹底的にかおちゃんが気になってしまいます。


みんなが気にしてくれるからこそ・・・・その気持ちがわかるからこそ自分という人間がイヤになる。

このあたりの表現はホント痛いほどわかりますね。


そんな中の清涼剤!!

こまちちゃん、良い味出してます!!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



君なら「戦場カメラマン」になれますよ!!

がんばれこまちちゃん(笑)。


結局日曜日、姉のさよみさんにcafeたまゆらに連れて行かれる。

そこにいる3人。かおちゃんを元気にしたいという気持ち・・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



いい友達とお姉さんですね・・・

それに心をうたれ、自分の気持ちをみんなに伝えるかおちゃん。

正直に打ち明けると、正直な気持ちで帰ってくる友達達。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



周りのことばかり考える性格のかおちゃん。

でも、幼稚園時代それに助けられたのりえちゃん。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



だからこそ正直に話して欲しいと、怒るのりえちゃん。


そして、魔法美少女かおちゃんは見事復活!!!


さらに、

このみんなで何か一つのことをやれたらな~って考えて・・・


"私達展(仮):12月30日開催"


を企画する。


・・・・これで最終回に向けてのイベントが出来ましたね。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 麻音ちゃんが、その私達展で口笛ではなく、なんと朗読をしたいと言い出した!!




この子、ほんとその場の雰囲気で感動し、気持ちが一気に入っちゃう子なんですね。


本番の前に、実家の大崎下島で、両親を前に練習したいということで、ぽって達は宣伝に協力する。




そしたら・・・・どんどんと話が大きくなってしまって!!!


どんどんと人が集まってしまって!!!




会場は麻音ちゃんの子供の頃から夢だった舞台「乙女座」。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・・・・こういうことありますよねぇ~~。


自分の思惑とは別にどんどんと話だけが大きくなってしまうこと。


まだ話さえも作れていないのに・・・・(^^ゞ




どんどんとプレッシャーが大きくなって行く麻音。


そう言うときちゃんとフォローしてくれるのは・・・のりえちゃんでした。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






彼女、すごいですね。10話かおちゃんの時は怒鳴りつけてかおちゃんを元気づけ、


麻音ちゃんの時は優しく諭して元気づける。


相手をちゃんと見ています。どういう反応をしたらその子が一番元気になるか知っています。




そもそもこの4人がつるむことになったのものりえちゃんがいたから。


麻音とのりえが友達で、かおるとぽってが友達で、のりえとかおるが級友だったから。

(だからぽってを勇気づけるのはのりえではなくかおるである。このあたりの徹底ぶりはすごい)



この作品、のりえちゃんのような子がいなかったら成り立っていないです。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






物語の最後が出来ていないまま始まる、本番よりも盛大になってしまった朗読会予行練習。


勢いで買った文房具、消しゴムはとっても小さくなってしまっていました・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






物語は自分語りでした。


とっても大切なお友達が出来たこと、お父さんお母さんへの感謝の気持ち。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






なんとか最後までは朗読できた麻音。


出来ていなかった物語の最後は・・・お父さん、お母さんの顔を見たら自然と出てきました。




朗読会予行練習を見事にやりきった麻音ちゃんでした。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







 麻音ちゃんのすごいところは、口べただけど、度胸がハンパ無いところです。


それは、あの幼稚園の時でも一緒。


みんなが泣いているのに口笛を吹いたり。




今回は物語を書くのに必死で、朗読の練習・・・多分していないはず。


それなのに、この大勢の人の前で、ちゃんと朗読できている。


自分なら絶対に出来そうにありません。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






本番に強い度胸を持った麻音ちゃん。


4人の中で本当に強いのは彼女かもしれません・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






そして・・・


物語は最終回、私達展へ・・・・・





 タイトルの hitotose 、辞書で調べると

ひととせ = 一年(一歳)

と言う意味なんですね。

ぽってが竹原に戻ってきた一年間という意味。

たまゆらな一年間・・・



そして、次回タイトル


「新しいひととせ、なので」





本当に良い作品です。

これ、もし二期があるのならそれは たまゆら~futatose~ になるのだろうか・・・・


それとも、たまゆら~あたらしいひととせ~だろうか・・・・

二期やって欲しいですね。

今度は愛知県でも地上波で。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります



2011年11月22日 (火)

たまゆら ~hitotose~ 第8話 感想

「夢が変わったのではない・・・・私は欲張りなんよ。」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










行き先のない切符・・・・






OVA2話から続いていた、写真家志保美りほさんのスランプは、まだ続いていました。




「やりたいことや夢が一杯あって、でも全部ふわふわしてて。。。」


「夢がふわふわしていても、許される時期はそう長くないから・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






OVA2話でぽってにそう言って行き先がない切符を贈った志保美さん。




「いつかは行き先を決めないといけないときが来る。その時まではその切符で良いのよ・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








では、行き先が決まった人たちは


 (すでに行き先に向けて歩いてしまっている人たちは)




・・・・その行き先を見失ってしまったとき・・・・




どうすればいい???




本当にこの作品はアニメを普段視ない方にも視てほしい、人と人とのつながりを大切にする物語です。


傑作です。


無料でインターネット配信


していますので、是非とも視てほしいです(アニメワン要登録:無料)




たまゆら ~hitotose~ 6thインプレッション 第8話




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 6話迄




5thインプレッション 7話




クライマックスインプレッション 11話迄




ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション




アニメワン配信ページ




↓公式HP









ニコンF


 だぁぁ!!!!


私が大学生時代からコレクションとして欲しかったクラシックカメラ!!


当時の最新鋭機ニコンF3


の新品よりもニコンFの中古の方が高かった!!!


こまちちゃんうらやましぃ~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






結局貧乏高校生の私はF3が買えず、ペンタックスsuperA


を買ったんですよね~~。


今でも程度の良いニコンFの中古は高価です・・・・一番高いのはF2ですけどね。




とはいえクラシックカメラ。今時の若い人はかえって扱えないですよね。


小学生のこまちちゃんはこう君の為とはいえ、


初めて使うフィルムカメラ(しかもピントと露出は自分で合わせないといけない)でこれほどの写真を写すとは!!


こまちちゃんすげぇ~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 デジタルカメラと違って、フィルムカメラにはフィルムと現像・プリントというコストがかかります。


36枚の写真を撮ると、どんなに安くみても1000円以上かかります。


デジタルカメラと違い、1枚の重みが違います。小学生や高校生・・・学生ならなおさらです。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






若い子が写真を上達するには、フィルムカメラを使った方が良いのではないでしょうか・・・


久しぶりにしまってあるペンタックスsuperAを使ってみたくなりました。








かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 憧憬の路


が終わっても、竹原に残っている写真家の志保美りほさん。


どうやらお好み焼き屋ほぼろのお姉さんと意気投合、居候しているみたいで・・・・


なんで?と疑問に思う4人。


(ここで、ほぼろのお姉さんの名前が八色ちも(やくさちも)さんと言うことが明かされました。)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






もともと、ぽっては志保美さんの空の写真集が好きで志保美さんに写真を送った。


当時写真にスランプになっていた志保美さんは、


ぽっての写真を見て、自分の原点を見た気持ちになり、ぽってに返事を出し、二人は知り合いになった。




それは、OVA2話でぽっても聞かされていて・・・・


(そうそう、OVAでの写真展・・・ちゃんと空の写真展なんですよね)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「私ね、今は、空の写真、撮ってないの・・・行き先のない切符なんだよね」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






どうやら、志保美さんのスランプはまだ続いているみたいです・・・・


それを後ろで聞いているちもさん。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






3人は、ちもさんの友人で喫茶カサブランカを経営しているみそのさんに会いに行く。


ちもとみそのは、なんとイラストレーターだった。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「住んでいると、気がつかなかった事が見えてくる」




二人はお好み焼き屋・カフェと仕事をしてはいるけれど、イラストは描き続けている。


夢が変わったのではない、夢が破れたのではない・・・・欲張りなのだ。






なるほど・・・・




志保美さんが竹原に住んでみようと思った理由はコレだったのですね。


その場所を好きになると、見えない物も見えてくる。


そして、変わらないもの・・・それは人と人とのつながり。


一枚の写真でつながったぽってと志保美さんのつながりは、


ちもさんとみそのさん二人のつながりと同じなのでしょう・・・・これからも・・・・




「写真は、まだ、やめないよ」




という志保美さん。




欲張りである以上・・・・いつだって行き先は自由・・・・・


・・・そして、その行き先を決めるのは・・・いつも自分なんだ・・・・




切符に行き先を入れる必要は無いのかもしれませんね。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 本当にこの町とその周辺が、登場人物達の聖地になってしまってますね。


地方ならではの良さ。若い人は、都会に夢を追って出て行き、そのままの人もいますが、戻ってくる人もいます。




 この作品の面白いところは、ぽっての周りにいる若い人たちが、この町を好きで、


この町でやりたいこと、夢を見つけて生活していると言うことにあります。


 今回のちのさん、みそのさんがそうです。ぽってもそうですよね。お父さんを亡くした悲しみから立ち直って好きだった町に戻ってきたのですから。


そして、かおるちゃん、麻音ちゃんをはじめとするこの町で夢を見つけようとしている若者達がいます。




 その人達と、夢破れたり、夢に迷ったり、悲しみと出会った人たちがこの町で元気をもらっている・・・という構図になっています。


ぽっての親友ちひろちゃん、前回の昌子さん、そして、志保美りほさん。




迷子の人たちにとって、元気をもらえるこの町は、聖地になるのでしょう・・・・






 竹原周辺をあえて「この町」と書いたのは、これは何処でも同じだと思うからです。


たまゆらの舞台は竹原でなくてもいい・・・。


山陰だって、四国だって、北陸だって、もちろん東北だって・・・・・




そこに住んでいる人々が居て、その場所が好きで、そこに夢を見つけて生きている人がいて・・・・




こじつけかもしれませんが・・・・




「だからみんな・・・・今は苦しいけど、がんばろうね。夢に欲張りになってね・・・」




という、佐藤順一監督の声が聞こえてくるような・・・・そんな感じがした第8話なのでした。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]








2011年11月15日 (火)

たまゆら ~hitotose~ 第7話 感想

「ぽってにとっても・・・あたしにとっても・・・特別な年なのに・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「なんで雨降ってンだよ・・・・バカ・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








かおちゃんにもらい泣きした・・・・










そして・・・おじさんの涙腺にトドメを刺したのは、なんとゲストキャラの昌子(しょうこ)さんだった・・・・





天国の大切な人に、竹灯りと共に届け・・・・昌子さんの涙と想い・・・



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








最後まで涙腺が緩んだままだった・・・・




涙が止まらなかった・・・・




今回はそれがすべて・・・・




たまゆら知らない方にも、そして、アニメなんか視ないという方にも・・・




すべての人に視てほしい・・・そんな、最高の第7話。








たまゆら ~hitotose~ 5thインプレッション 第7話




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話




3rdインプレッション 4話迄




4thインプレッション 6話迄




クライマックスインプレッション 11話迄




ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション




アニメワン配信ページ




↓公式HP









たけはら憧憬の路(しょうけいのみち)




今年は10月29日・30日に行われたそうで・・・・


竹まつり


とは違うんですね。竹まつりは初夏にやります。


物語の時間軸は狂っていません・・・




いやぁ!!!すごいですよ。


公式ページ


に2010年の写真があり、youtubeには動画


がありました。




すごくきれいです。


機会があれば、ぽってちゃんじゃないですが・・・見にいきたいです




 ↓公式ページ


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








今回、ストーリーはたけはら憧憬の路オンリー。


OVAキャラ集合!!




とてもきれいだという噂を聞き、ぽってに会いに来るのもてつだってやってきたカメラマン志保美さん。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






きれいなのを利用して、いっちょ告白しようと企むカメラ屋さん常連のお二人。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






同じくほぼろのお姉さんを口説こうと、生徒を利用とする堂郷先生。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








そして、もう一人・・・かおちゃんの幼なじみでぽっても一度会ったという広野昌子(ひろのしょうこ)さん。


みんなで願かけ灯籠を書いているときに突然登場する。




どうやら憧憬の路を見たいためだけに、横須賀から生まれ故郷の竹原にやってきたのだそうだ・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






何故いきなりこんな新キャラが・・・と思ったら・・・ラスボスでした。


ぽって達より大人っぽいので、さよみさんと同い年かな??






 お父さんと一緒に来たときは、寝てしまっていて憧憬の路を見られなかったぽって。


次に来たときは絶対に見たい・・・と思っていたが、結局見られずじまい。


お父さんの思いを胸に、でも当時のことはあまり覚えていない憧憬の路を見るのが楽しみです。




でも、もっと・・・もっと楽しみにしていた人がいました。








かおちゃんです。




OVAや2話で演出されましたが、かおちゃんとお姉ちゃんのさよみさんは、幼き頃ぽってのお父さんに遊んでもらった記憶が強い。


しかも、とってもいい想い出になっていた。


そして、それは憧憬の路もいっしょで・・・当時寝てしまったぽってを知っているからこそ・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






再会をしたぽってにみせたい。いや、一緒に見たい。


ぽってのお父さんの分まで・・・・




そして気合いを入れて姉妹で作ったてるてる坊主




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





・・・・イカちゃんと良い勝負ですね(笑)






でも、当日はあいにくの雨になる・・・・


そこで悔しがるかおちゃん。。。。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「悔しい・・・ぽってが戻って来て初めての憧憬の路なのに・・・」




又見れなかったみたい・・・でも大丈夫だよ。


シンクロするぽっての夢・・・・




ここで涙ぶわぁ・・・・・(×_×)


ぽっては泣かなくて良くなったんだけど、視聴者の私は泣きまくりです。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






でも・・・

てるてる坊主はがんばってくれました。




「雨、あがったよ!行こう」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






このかおちゃんの顔見てさらにぶわぁ~~~~(×_×)


よかったなぁ、かおちゃん。




そして、二人手をつなぎ、cafeたまゆらをでて・・・この景色!!!!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





あのときと同じ・・・上の子供の時の写真も3人手をつないでますものね・・・



また、ぽっての夢の中のお父さんのポジションにかおちゃんが手をつないでいるんです。



3段演出にもう・・・ぶわぁ通り越して・・・(×_×)(;>_<;)ビェェン




願かけ灯籠、ぽってのはお父さんへのメッセージ。


かおちゃんの灯籠がにくい!!


「やっぱりみんな笑顔 一番だぁ」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








ぽってちゃんとかおちゃん二人の絆が本当に良くわかる、そして、竹原の観光案内にも一役買う(笑)、良回でした。








ところが・・・ここで話は終わらない・・・・




志保美さんの願い事の隣に・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








   あなたと 


   過ごした時間


   ずっとずっと


   宝ものです


   ありがとう


           昌子




うわぁ・・・・・やられました。


ここで大泣きです。




大切な人と別れて・・・ふるさとの憧憬の路の願かけ灯籠に気持ちを書きたくて・・・


ぽってと同じ横須賀から・・・・昌子さん、戻って来たんですね。




振られたのでしょうか・・・それとも別れないといけない何かがあったのでしょうか。





でも、ぽってのお父さんの話を聞いたときに目を潤ませながら言った言葉・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「だから、灯籠に思いを書いたら、天国にいる人のところに届くと良いなぁ・・・絶対に




この言葉を考えると・・・死別!?


恋人か、いや、本当に心から話せた大親友か・・・



そして・・・エンディングと共にその昌子さんの涙・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








この辺りが個人的に泣きのピークだったので、ここでもう崩落・・・




(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(;>_<;)ビェェン






このまちの特別の顔・・・それは・・・ひとりひとりの人たちの特別の顔。






この回専用エンディングテーマの「星空」もじーんと来ました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






もう、ずるいですよ・・・・この作品。。。。。




それにしても・・・7話でこれですよね・・・・最終回まで・・・本当、どうなっちゃうんだろう・・・涙腺。




傑作です。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]










2011年11月 7日 (月)

たまゆら ~hitotose~ 第6話迄 感想

「友達作るのって・・・難しいなぁ・・・・・」



友達作りが苦手な女の子が二人いました。


一人はとっても泣き虫で、もう一人はとっても恥ずかしがり屋さんでした。


泣き虫さんは手先がとっても器用で、恥ずかしがり屋さんは口笛を吹くことが出来ました。


二人とも、自分の気持ちを人に伝えるのがとても苦手でした・・・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



でも、そんな二人にも大切な友達が出来ました。


泣き虫さんの友達はふうにょん(ぽってちゃん)、口笛さんの友達はのりえちゃんといいました・・・・




たまゆら ~hitotose~ 4thインプレッション 第6話迄


たまゆら(OVA)レビュー1


たまゆら(OVA)レビュー2


ファーストインプレッション 1話


2ndインプレッション 2話


3rdインプレッション 4話迄



5thインプレッション 7話



クライマックスインプレッション 11話迄




ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション


アニメワン配信ページ


↓公式HP




1話


で登場した、泣き虫ちひろちゃんが竹原の町にやってきました。




 ふうにょんに会えるのがあまりに嬉しかったのか、


駅名聞き間違え、手前の忠海駅で降りてしまう始末・・・3つ手前の駅かぁ~~。




 自分たちは当たり前ですが、都会の人にしてみればすぐ次の電車・・・って気持ちになるよね。


簡単に1時間待ちですわ~(笑)




お話の後半で、竹原から歩いて忠海~黒滝山に来るけど、


海沿いの道歩いて地図上で約8キロ・・・・2時間かかるかなぁ・・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








夏休みだから、お別れしてから4ヶ月・・・

その程度ではパーソナリティは変わりませんよね(笑)。




「ふうにょんがふつうに笑って・・・明るく暮らしているから・・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





ちひろちゃんは嬉しくて涙ぐみます。


ちひろちゃん、やっぱ幼なじみの親友ですよね~~。




ところが・・・・


「わたしも・・・・」




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






ちひろのようすがちょっとおかしい。


表情がすぐれません・・・




それは次の日みんなと会っても同じ。


一生懸命友達になろうとするみんなですが・・・・ちひろのストライクゾーンがわからない。


ももねこさまのおかげでなんとかちひろの好みがわかる。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






そして・・・・ピクニックで打ち解け、友達になるみんなでした。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










・・・じつは、この回、初めて視たときは自分にとって残念回だったんですよ・・・


今までの脚本が秀逸だっただけによけいがっかり・・・・。





 ちひろというキャラクターがとっても残念になってしまったんです。


都会っ子といえばそうですが、残念ながらこの子は友達をうまく作れない。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「よかった~~。」とふうにょんの事を心配して泣いているように見えますが、


実はちひろの方がひとりぼっちなんですね。


ふうにょんという友達がいなくなり、そのままひとりぼっちの高校生活・・・・


それを隠すための涙。そして、自分を取り繕うために発した言葉。




ふうにょんの事気にしてやってきたんだよ~~




みたいないいわけに見えて、本当がっかりしました。




変な言い方だけど、竹原に逃げてきたみたいな感じ。


逆に、そんなちひろを見抜いたぽってと、友達3人衆。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





竹原まで遊びに来たちひろのことを一生懸命考え、もてなそうとし、友達になろうとした3人のほうがすごく引き立ちました。


3人がすごく良い子だと言うことが強調されましたよね。


逆に言うと、もしそのためだけにちひろというキャラクターを出したのだったら、すっごい残念です。



もともとぽってもちひろも子供の頃から友達作りが苦手・・・という面ではほぼ同じ子だったはず。

中学卒業して離ればなれになった後、


ぽっては竹原で友達を見つけて成長し、ちひろはそのままということか・・・?




 中学のときの最後、ちひろはぽってのために泣かず、ぽってのためにカメラケースや切符入れを作り、お別れをしました。その時のちひろちゃんは泣き虫だけど、強かったはずです。


今出ている涙とは違っていたはずです。(1話視たとき、自分はそう思いました)



 最後、ちひろが竹原から帰るとき、本音を言います。


「私・・・ふうにょんに友達が出来たってきいて・・・ホントはちょっと寂しかったの・・・でも、今はもう!!


この言葉を信じて・・・・



冬休み・・・・もう一度ちひろが来たとき(そういう回があるのなら)、


中学のときの、人を思いやって涙を流す方の泣き虫ちひろちゃんに戻っていてほしいな・・・・




このままではちひろちゃんのイメージが悪いままなのです・・・・




・・・・ところが、そう思った第5話は、第6話を視て一気に感想が変わります。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




 「むかしむかし、にじのうえに、とってもきれいなくにがありました。

そのくににはとってもやさしく、はずかしがりやのおひめさまがいました」


幼稚園の頃の麻音ちゃん、この頃はマンガ家になりたかったのかな。

4話の柱絵では、一番下でしたね。


でも、恥ずかしがり屋さんはこの頃からで、自分は話したいのに、人に聴かれるのはとっても嫌だったのです。

麻音の作った物語は、麻音ちゃんそのものなんですよね。幼稚園の頃ってそうですよね。


そんな麻音ちゃんの作った物語を、聴いてくれたのは・・・ぽってちゃんでした。

とっても嬉しそうに、そして興味津々で。


それにしても麻音ちゃんの恥ずかしがりは相当なものですね。

幼稚園でこれは・・・・(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



でも・・・麻音ちゃんの作っているお話はまだ途中・・・

麻音ちゃんは展望台で見知らぬお姉さんが吹いてくれた口笛に感動して・・・


見知らぬ二人の女の子が泣いているのをみた麻音ちゃんは・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



「こんなときお姫様は、口笛を吹くの!!」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



ここでぽってちゃんはもらい泣きするのですが、麻音ちゃんは泣かないんですよね。


初めて吹けた口笛・・・それは、3人の女の子の涙をきれいに洗い流してくれました。

「海がステージになったみたい・・・」


麻音ちゃんが初めて人に思いを伝えられた瞬間です。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



その4人が高校になったら仲良し4人組になることは、みんなまだ知らない・・・

でも、


「ピラミッドについたお姫様が口笛を吹くとたくさんの人が集まってきて・・・みんなともだちになりました。」

麻音ちゃんの物語には、そう綴られました。



 そして、中学生になり、竹原に来た麻音ちゃんは、のりえちゃんと再会します。

二人ともあのときの子だとは知りません・・・・


「人に気持ちを伝えるの・・・難しいね・・・」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



のりえちゃんも好きだった男の子に気持ちが届かなかった時だけに、二人は何故か意気投合します。


・・・そして、麻音ちゃんの口笛は二人の気持ちをシンクロさせてくれます。


キーワード・・・あのときと同じ・・・


「海のステージだ・・・」

「このメロディ・・・どこかで・・・」


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



二人は幼稚園の時大崎下島で会っているのをしらないのに・・・あの時の気持ちが・・・


偶然でも・・・人に気持ちを伝えられるのはうれしい・・・


麻音とのりえ・・・二人が友達になった瞬間です。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





4~6話・・・・すごいですよ!!!

6話を視た後、4話→5話→6話の順に視直すと新しい発見があります。


5話で自分が思ったこと・・・180度感想が変わりました。




 のりえちゃんとかおちゃんは幼稚園のとき「のどか亭」で泊まっているのですが、すっかり忘れてしまっています。

・・・が、着くと何となく記憶が・・・・


そんな描写や会話がのりえちゃん・かおちゃんから出てきます。


惜しむらくは・・・・


このシーンの場所、4話でもみんなで行っていたら最高だったのに・・・・

ここがちょっと残念。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






 そして、柱の絵でわかる麻音ちゃんの心変わりですが、


幼稚園の時はマンガ家 → 小学3年生の時手品師 → 中学2年で音楽家(実質は小学校高学年で観た乙女座の舞台)

(着ぐるみ師はいつなんでしょうね。小学校1・2年ぐらいかな・・・そしてお笑いに興味があったのは・・・いつ?)


と来ています。

でも、幼稚園のあの日、口笛を吹き出したということは、心変わりと言うより原点復帰した感じもします。



 さて・・・・もし、麻音ちゃんがちひろちゃん同様、のりえちゃんと中学卒業と同時に別れていたらどうだったのでしょうか・・・・


やはりちひろちゃんのように高校でも友達を作れなかったのでしょうか・・・・

麻音ちゃんものりえちゃんと会う中2までは友達作れなかったわけだし・・・・


そうして考えると、麻音ちゃんとちひろちゃんは似たもの同士。


そして、今の二人の境遇は紙一重
・・・そんな気がします。


5話ではちひろちゃんにがっかりしたのですが、6話視てそんな風に思えました。

逆に言うと、そんな過去があるから、のりえちゃんや麻音ちゃんは5話で一生懸命ちひろちゃんと友達になろうとしたのではないでしょうか。

自分たちがそういう思いをしてきたからこそ・・・ちひろちゃんの本当の気持ちがわかったのでしょう・・・・


ちひろちゃんの伝えたい気持ちをつかみたい

ちひろちゃんの気持ちを受け止めて友達になりたい


そう思ったのでしょう・・・・

そういう背景を知ってから5話を視ると、麻音とのりえの行動がすごく心にささってきます。

初めて5話を視たときと全然違います!!じ~~んときます。


今の子達は友達、人間関係を築くのが苦手と言われています。


昨日日記

に書いたイカ娘の「ひとり遊びしなイカ!?」も、それがテーマでした。



友達の出来ない子は、ぬいぐるみなどを友達にしてひとり遊びします。

高校生になってもそれは同じ。


ちひろちゃんのともだちはふうにょんの他にはぬいぐるみの「ぶゆすけ」とこの人形達だけだったのです。。。。。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


そして・・・ちひろは大切な友達を、人間である本当の友達に渡します。

なおかつ、もらったみんなはすぐに携帯に取り付け、友達だよっていう意思表示をします。

6話視た後、5話のこのシーンを視ると本当、じ~~んとして涙腺が緩みます。



かめラスカルのアニメ&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言



(人間の)友達の作り方、友達がいることの良さ・大切さ


おそらくそれをこの4~6話では表現したかったのではないかな~。


友達作りが苦手な子達は、逆に友達になるとかけがえのない相手になる・・・


そのかけがえのない大切な友達と離ればなれになったちひろと、そうならなかった麻音



たった4ヶ月で、ちひろと麻音の心は、こんなにも違うものになってしまうのです。


友達がいなくなっただけで・・・・そして、新しく友達を作れなかっただけで・・・



ちひろちゃんと自分を重ね合わせられる若い子達は、今いっぱいいるのではないでしょうか・・・



誰かを思いやる気持ち、人と人とのつながりがテーマなこの作品の中で、

さらに中核をなす「友達」と言う存在と、その大切さ。



6話視て、4~6話視直して、イカ娘の5話を視て・・・・

おじさんは心からそう思ったのでした。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

  

 ワンクリックいただけると励みになります





2011年10月24日 (月)

たまゆら ~hitotose~ 第4話迄 感想

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






諸星あたる&ラムちゃん 旅館で夫婦に!!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






いや、びっくりした!!


そして嬉しかった!!!




佐藤順一監督声優起用GJ!





かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






実際には、麻音ちゃんご両親夫婦のcvが古川登志雄さんと平野文さんだっただけなんですけどね。


でも絶対うる星やつら狙ったなと・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






わたしゃ~、この後父ちゃん3人の女子校生達口説いて、

母ちゃん怒って電撃するかと思いましたわ・・・(笑)


(父ちゃんの泣き方が諸星あたるそのものでしたが・・・)






たまゆら ~hitotose~ 3rdインプレッション 第4話迄




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話




2ndインプレッション 2話



4thインプレッション 6話迄


5thインプレッション 7話



クライマックスインプレッション 11話迄


ラストインプレッション 12話






第5.5話インプレッション




アニメワン配信ページ




↓公式HP









のりえちゃんのライバル登場!!




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・・・ちがった(笑)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




こまちちゃん!(cv広橋涼)


この作品の中で唯一モテ男のショタ、香ちゃん(こうちゃん cv宮本佳那子:ぽっての弟)が大好き。






 先日みんなで食べたとき撮った、たまゆらランチの写真が気に入らないぽって。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






食べ物をおいしそうに撮るのは難しい・・


光の使い方とか、技術面ではいろいろあるけれど、大切なのはおいしいという気持ち


気持ちを込めて写真を撮ったら?とマイストロは言う。




 パティシエ志望ののりえちゃんは、ぽってのおばあちゃんにたまゆらランチのスイーツの作り方を教わろうと、cafeたまゆらにやってくる。


 そこへこまちちゃんも登場!香君の為に作るスイーツバトルへと発展する。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






のりえちゃんは桃のゼリー、こまちちゃんはホットケーキ。




焦がしたりして失敗しながらもおばあちゃんに教わりながら一生懸命ホットケーキを作るこまちちゃん。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






おばあちゃんは、




「どんなスイーツでもおいしく食べるには・・・


誰かにおいしく食べてもらいたいっていう気持ち。それが一番大切。




と教えてくれる。




勝負ではない、気持ちが食べ物をおいしくする。


こまちちゃんは学びました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






「どっちもおいしいよ~~」




勝負は引き分け。




のりえちゃんのパティシエ志望の理由は子供の時の病気に食べた二重焼きから。


甘い物は、優しい気持ちでできている


それがのりえちゃんの作るスーツ。




作る人も、食べる(写真を撮る)人も笑顔にする・・・私の写真でもいつかそんな事ができたら素敵・・・なので。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 夏休み・・・・


麻音は実家に帰れるのでうれしそう・・・麻音の実家がある大崎下島にはぽってのおじいちゃんも住んでいる。


ということで、夏休み、みんなは麻音のいる大崎下島に泊まりに行くのだった。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








竹原から結構離れてますね~。


大崎下島は呉市だから呉の高校ってわけでは無いのですね。




 麻音の実家は旅館だった。


麻音ちゃんの仲居姿、かわいいですね~~~。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






手伝いをしている麻音を見て、


3人は「もしかして麻音は高校卒業後旅館の女将にならなくてはいけないのかな?」


両親と自分の夢と板挟みになっているのでは・・・と心配になる。




そこへ(偶然)あらわれるこまちちゃん。ぽって姉弟同様、おばあちゃん家がこの島らしい。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・・・・のりえちゃん大人げないよ(笑)




ぽっての挨拶するとき緊張するのは、おじいちゃん譲りだったらしい(笑)。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






旅館に戻ると、麻音は一生懸命仲居の仕事をしていた。


手伝おうとするみんなを止めるおじいちゃん。


「ここは旅館だ。おもてなしの心を持った人が、お客様をもてなすところだから・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






ホントにいいとこ取りしてきますね。この作品は。


花咲くいろはも真っ青ですよ(笑)




食事の後、みんな(のりえ)は麻音の両親に尋ねる。


麻音の将来について。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






お父さんは言う、


麻音がお客様をもてなしたいと言う気持ちは、ちゃんとお客様につたわっとる。


麻音が好きな道に進めばいいよと、わしらは思ってるよ・・・」




麻音は子供のころに乙女座で見たコンサートに感動して音楽をやりたいと・・・・


口笛師になりたいと。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






いいはなしだな~~と、思ったところにオチが。


子供の頃からなりたかったもの・・・マンガ家・着ぐるみ師・手品師・・・気変わりの子だったのですね(笑)。


(※そうそう、キャスト欄、原画に麻音のcvの儀武ゆう子さんの名前が!!多分柱に書いた麻音ちゃんの夢の絵達でしょうね。このあたりもおいしい演出ですね)




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言









そんな親娘をみて、


「私のお父さんも、こんな目をして私のことを見守っていてくれたのかな・・・」


そう思うぽってちゃんなのでした・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








 この作品のテーマ・・・それは「誰かを思いやる気持ち」ではないでしょうか。




今の時代に薄れているもの・・・人を人が思いやる気持ち。




1話ではちひろちゃんがぽってちゃんに・・


2話では堂郷先生が生徒達に、そしてかおる姉がぽってちゃんに・・


3話ではおばあちゃんがこまちちゃんに、そしてマイストロがぽってちゃんに・・


4話では麻音の両親が娘に、そしておじいちゃんが3人娘に・・




とにかく思いやる気持ちを強く訴えています。


そして、ぽってちゃんは基本的にその思いを受ける方で、

ぽってちゃんからの思いは「写真にして返す」というスタンスになっているような気がします。



それが、視聴者である自分たちの胸に突き刺さってくるのでしょうね。


現実の世界ではなかなかそう言う事に巡り会いにくい現代。




だから、何でもない普通の癒しアニメなのに、その思いやる気持ちが出てくるシーンに、


何故か涙が出てきてしまうのでしょう。




癒し作品と言うよりは、心にしみいる・・・じーんと来る、そんな作品なんだと思います。




 来週はいよいよ1話、中学の時に別れた泣き虫ちひろちゃんが竹原にやってきます。


来てくれたちひろちゃんに・・・ぽってちゃんはどんな思いやる気持ちで迎えるのでしょうか。




とっても楽しみです。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります











たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]










2011年10月12日 (水)

たまゆら ~hitotose~ 第2話 感想

お父さんが好きだった竹原の町にやってきて、ひと月がたちます。


みんなでお父さんが残してくれた写真の風景を探して、朝日山に登ったりして・・・


おかげでとっても仲良くなれたので。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






アバン、朝日山での写真描写は1話


の逆=OVAのラストシーン(1話はみんなこっちを向いていた)。


うわぁ~~、やるなぁ。演出!!


これだけで涙こぼれちゃうよ・・・・(人間の配置が違うところがにくいですね)






さて、これでストーリーの時間軸がわかりましたね!!




第1話 → OVA → 第2話以降




という流れです。


ということは、OVAの内容はテレビで同じ事もう一度はやらないってことです。




これは・・・・もし、OVA視ていない場合、おもしろさ半減間違えないです!!


このOVAがヒットしたからアニメ化したのですから!!




なんと今公式ページ


アニメワン


では、


そのOVA全話(1~4話)を期間限定無料配信しています。


期間は10月16日(日)まで。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言








たまゆら~hitotose~面白いと思ったならば、これは絶対視ないといけません。


以降の話の理解度が全然違ってきます!!!




※たとえば、1話で志保美さんから送られてきた、宛先のない切符の意味とか、


  1・2話アバンに出てきた上の写真の場所、朝日山に登った理由とか。




忙しくて時間がない??


いやいや、4話と言ったって、1話15分なので全部視ても1時間6分。




無料なのですから、たまゆら面白いなと思ったら、絶対に視ておいてください。


また、過去に視た方でも1・2話視た後視直すと新しい発見があるかもしれませんよ。




OVA、絶対に視るべき!!なので。




そうそう、タイアップしている広島県竹原市の広報、今月の表紙

はなんとたまゆら。

市の広報の表紙がアニメなんて前代未聞かと。

町の活性化に一役買えるほど、人気作品になるといいな・・・・





たまゆら ~hitotose~ 2ndインプレッション 第2話




たまゆら(OVA)レビュー1




たまゆら(OVA)レビュー2




ファーストインプレッション 1話



3rdインプレッション 4話迄



4thインプレッション 6話迄

5thインプレッション 7話



クライマックスインプレッション 11話迄




ラストインプレッション 12話





第5.5話インプレッション



アニメワン配信ページ




↓公式HP









ぽって、見えちゃうぞ!!


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






ぽって、見えてるぞ(笑)


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










竹原での幼なじみで親友、かおちゃん 


& のりえちゃん・まおんちゃんの同級生たちが本格的に絡んできました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言




※かおちゃん(中):塙 かおる(はなわかおる cv阿澄佳奈)


  のりえちゃん(左):岡崎 のりえ(cv井口裕香)


まおんちゃん(右):桜田 麻音(さくらだ まおん cv儀武 ゆう子)






初登場、オヤジギャグ&根性の持ち主堂郷先生(cv間島 淳司)・・・・


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






あかん!自分も一時期乱発していたけど・・・こんなにも寒いものだったんだとは・・・


オヤジギャグはキレが勝負で何度もだらだらやっては・・・・(^^ゞ








マイストロ店長(cv中田 譲治)。楓がいつも行く写真屋の店長。


いい人なんだけど・・・異国迷路のクロワーゼのオスカーの日本版というほど女ったらし。


紳士的なエロオヤジ。


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






・・・・カメラの位置がアブナイ・・・・笑


でも結構自分も気づかぬうちにやってるなあ・・・あの位置のカメラw








 かおるが一人の日に合わせ、4人はお泊まり会を計画する。




cafeたまゆらの二階を使ってのお泊まり会。


ところが、当のかおるが竹祭り準備の手伝いで遅れる(もしかしてこれないかも)。




3人では楽しさ半減だし、もともとはかおるが元で決まったお泊まり会。


みんなでかおるを手伝うことにする。




・・・・お好み焼き人形・・・ひでぇ(笑)


お好み焼きのこだわる理由は・・・・先生・・・青春だねぇ。


でも、生徒の前でそれはさすがにダメでしょうww。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言





ちなみにお好み焼き店員、cv松来 未祐さん。


広島出身だけあって広島弁がすっごく自然なんじゃけん!!






そして、パジャマパーティのお泊まり女子会開始。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






ぽっての写真見て、怪談して・・・・何故か帰れない筈のかおる姉(cv大原さやか)登場。


この人が来ると、天然ボケがさらにぶっ飛ぶからなぁ(笑)


しかし・・・あんたが帰れないからのお泊まり会なのにね・・・




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






そのお姉さんから出る意外な言葉。


堂郷先生は結構みんなを見ていて、気が利いてくれる良い先生だと。




そんな笑いの中、女子会は続き・・・夜は更けていく・・・・




ストロボがないぽってちゃんカメラ。


ぶれて活動的にも見える写真のなかにも・・・・たまゆらは揺らいでいました。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言






でもよかった・・・ここへまた来てくれたって事は、


お父さんのこと、悲しい想い出から暖かい想い出に替わったってことだものね。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言










なんかね~~~、本当に良いですよ。




おねえちゃんの言葉と共に画面に映し出される幼かった時の楽しい日々。


お父さんがまだいた頃、ぽって姉弟と塙姉妹、お父さんが連れて行ってくれたいろいろなところ、想い出。




かめラスカルのアニメ&趣味の戯言


かめラスカルのアニメ&趣味の戯言







もうね・・・・ラストで今回も泣けてきてしまいました・・・・


かといって悲しい涙ではないんですよ。


本当に心暖まる、涙腺崩壊の涙なのです・・・・




このアニメで自分はいったいどれだけ泣くんだろう・・・






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


  


 ワンクリックいただけると励みになります
















たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】




たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第2巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第3巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第4巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第5巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第6巻 [Blu-ray]




たまゆら~hitotose~第7巻 [Blu-ray]